第二新卒が人生終了といわれる理由3つ│転職を成功させるコツとは?

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。


第二新卒が人生終了といわれる理由3つ│転職を成功させるコツとは?
「第二新卒は人生終了なの?」
「第二新卒の就活は厳しいって本当?」
「転職を成功させるコツはある?」

第二新卒は、「人生終了」「やばい」とネガティブな表現をされることがあります。
しかし、すべての第二新卒が人生終了するわけではありません。

今回は、第二新卒が人生終了といわれる理由を解説します。

第二新卒が転職を成功させるコツや、おすすめの転職エージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒が「人生終了」「やばい」といわれる理由3つ

ここでは第二新卒が人生終了といわれる理由を3つ紹介します。

  • 採用担当者にマイナスなイメージを持たれやすいから
  • 即戦力としては期待できないから
  • 新卒カードを無駄にしたと思われるから

それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

採用担当者にマイナスなイメージを持たれやすいから

第二新卒は、採用担当者にマイナスのイメージを与える可能性があります。

ほとんどの企業では、採用した人材に多くの時間と経費を費やして、人材育成を行います。
人材に投資した時間や経費が無駄にならないように、採用した人材には長期的に働いてほしいと考えているでしょう。

早期離職した第二新卒者は、企業に「忍耐力がなさそう」「すぐに辞めてしまいそう」と評価されやすくなります。

応募書類に書かれたこれまでの経歴をみて、書類選考の時点で不採用になるケースも少なくありません。

即戦力としては期待できないから

第二新卒はスキルが身に付く前に離職したと判断されるため、即戦力として期待できません

新卒で入社してから数年で離職した第二新卒は、多くの企業から実務経験不足と判断されます。

特に前職が専門職の場合、専門的なスキルや経験がなく、転職活動中は価値を低くみられる可能性が高いでしょう。

第二新卒を採用すると、新卒と同じように一から研修が必要になります。
即戦力に期待できない人材であれば、新卒を採用したいと考える企業も一定数存在するでしょう。

新卒カードを無駄にしたと思われるから

第二新卒は、豊富な求人数があり、就職も有利な「新卒カード」を無駄にしたと思われる可能性があります。

多くの企業では、新卒採用のための人材育成制度やフォロー体制が整っています。

一方で、第二新卒の育成やフォロー体制はあまり整っておらず、第二新卒の採用に積極的でない企業も一定数存在します。

株式会社マイナビが公表した「中途採用状況調査2023年版(2022年実績)」によると、全体の9.6%の企業が、経験者・未経験者問わず第二新卒の採用に消極的と回答する結果となりました。(*)

新卒と比較すると、求人数も少なく転職が難しい可能性が高いため、第二新卒は「新卒カードを捨てた」と判断されることもあるでしょう。

*参照:中途採用状況調査2023年版(2022年実績)『マイナビキャリアリサーチLab』

実際、第二新卒は人生終了なのか?

第二新卒は、「人生終了」「やばい」といわれることがあります。
しかし、すべての第二新卒が人生終了とはいい切れません

最近では、若手の人材不足の影響もあり、多くの企業から第二新卒の需要が高まっています。
そのため、第二新卒だから就職できないということはありません。

求職者のがんばり次第では人生終了にならず、転職を成功させることができるでしょう。

ここからは、実際の第二新卒の転職事情について紹介します。

  • 第二新卒の就活は厳しいのか?
  • 第二新卒が大手を目指すのは無理?

第二新卒で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒の就活は厳しいのか?

第二新卒は企業からの需要も高まっており、就活のコツをおさえていれば、短期間で就活を成功させることができるでしょう。

近年では日本の高齢化社会の影響を受けて、新卒者の数が年々減少しています。

新卒者が減ることで若手人材が不足している企業が多く、第二新卒の需要が高まっています。

また、第二新卒は一定期間企業に勤めていた経験があるため、基本的なビジネスマナーが身についていることが強みです。

新卒を採用した場合、ビジネスマナーなどの教育をゼロから行う必要があります。
第二新卒には基本的な教育が必要ないため、積極的に採用を行っている企業も多くあります。

実際に株式会社マイナビが公表した「2022年度 既卒者の就職活動に関する調査」によると、既卒者の内定保有率は44.8%となっており、2年連続で上昇していることが分かりました。(*)

若手で社会人経験のある第二新卒は、一定の需要があると考えてよいでしょう。

*参照:マイナビキャリアリサーチLab『2022年度 既卒者の就職活動に関する調査』

第二新卒が大手を目指すのは無理?

第二新卒が大手企業への就職を目指すのは無理ではありません
しかし、新卒よりも厳しいと考えておきましょう。

現在では、第二新卒の採用に積極的な大手企業が増えてきており、第二新卒でも努力次第では採用される可能性があります。

ただし、新卒の求人と比較するとまだまだ採用枠は少ないため、採用の倍率は高くなります。

実際に第二新卒が応募可能な求人を出している大手企業の一例は、以下のとおりです。

  • JRグループ各社
  • KDDI
  • ソニーグループ
  • トヨタ自動車
  • 富士通
  • Yahoo!

企業によっては研修コスト削減のために、第二新卒者には基本的な研修を行わない場合があります。

新卒者とは入社の時期が異なるため、入社してから慣れるまでに時間がかかることを覚悟しておきましょう。

第二新卒が転職を成功させるコツ4つ

ここからは第二新卒が転職を成功させるコツを4つ紹介します。

  • 在職中に転職活動をする
  • 自己分析をしっかりと行う
  • 転職を前向きに捉える
  • 第二新卒向けの転職エージェントを利用する

第二新卒の転職は、新卒の就活よりもスムーズに進まないと悩むこともあるでしょう。
今回紹介するコツを参考に、転職活動に取り組んでみてください。

在職中に転職活動をする

第二新卒が転職をするときには、現職を退職してからではなく、在職中に転職活動を始めましょう

一度退職してしまうと職歴に空白期間ができ、選考で不利になる可能性があります。

採用面接では、転職活動を始める前に退職した理由を聞かれるケースがほとんどです。
「何か前職でトラブルがあったのではないか」と、採用担当者に疑われることがあるので注意しましょう。

また、現職を退職してから転職活動を行うと、収入がないため「早く職場を決めなければ」と焦ってしまうことも考えられます。

転職活動に成功するためには、在職中に転職活動を始めることが大切です。

自己分析をしっかりと行う

転職活動をする際には、自己分析をしっかりした人のほうが転職に成功しやすいでしょう。

自己分析とは自分の短所や長所、これまで学んだこと、興味があることなどを整理することです。

自己分析を行うと、自分の価値観や将来の目標、自分に向いている職種などの転職の軸を明確にでき、自分に合った職場をみつけやすくなります

また、自己分析によって、アピールポイントや将来像についてスムーズに話せるようになり、採用面接の際に役立つでしょう。

第二新卒でスムーズな転職活動をしたい方は、自己分析をしっかり行うことがポイントです。

転職を前向きに捉える

転職を前向きに捉えることも、転職を成功させるための重要なポイントです。

転職活動の際には、採用面接で必ず退職理由を聞かれます。
このときに「人間関係が嫌だった」「労働条件がよくなかった」などの理由を答えると、採用担当者にマイナスなイメージを与える可能性が高いでしょう。

そのため、転職活動のときには、後ろ向きの退職理由でも、表現を変えて前向きな転職理由を考える必要があります。

採用担当者に前向きな転職と捉えられる転職理由の一例は、以下のとおりです。

  • 仕事の成果を正当に評価してほしい
  • 周りとコミュニケーションをとりながら仕事したい
  • もっと資格を活かせる仕事がしたい
  • ただし、前向きな転職理由を答えるために、うそをでっちあげることは避けた方がよいでしょう。

    また、転職を前向きに捉えていると、前向きな気持ちが言動にもあらわれ、企業にも評価されるケースも少なくありません。

    第二新卒が転職するときには、転職が新しいチャンスと考え、前向きに行動しましょう。

    第二新卒向けの転職エージェントを利用する

    第二新卒が転職を成功させるためには、第二新卒向けの転職エージェントの利用が不可欠です。

    転職エージェントは、豊富な知識を持つキャリアアドバイザーが転職をサポートするサービスです。

    求人紹介だけでなく、書類添削や面接対策などさまざまなサポートを受けることができます

    自己分析や転職先の希望条件などにも的確なアドバイスがもらえるため、自分に合った就職先をみつけられるでしょう。

    転職を成功させたい方は、転職エージェントの利用を検討してみてください。

    人生終了させないために第二新卒が使うべき転職エージェント2選

    ここからは、第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

    転職エージェントの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

    求人が多く安心感があるのはマイナビジョブ20’s

    ※マイナビのプロモーションを含みます。

    マイナビジョブ20's

    マイナビジョブ20’sは、あの大手マイナビが運営する第二新卒向けの転職エージェント

    業界大手ともあり求人数が多いのがポイント。求人数が多いということは、マイナビジョブ20’sを利用するだけで選択肢が広がることになります。

    キャリアアドバイザーも経験が豊富で、20代の転職事情を熟知している担当者ばかり。

    「自分に合っている会社がどんな企業かまだわからない」
    「たくさんの求人を見てから一社に絞りたい」
    そんな人には、マイナビジョブ20’sの利用がおすすめです。

    おすすめポイント 求人数が多い・第二新卒の利用者が多い

    手厚い転職サポートを受けるなら第二新卒エージェントneo

    第二新卒エージェントneo
    手厚い転職サポートを受けたい方には、第二新卒エージェントneoの利用がおすすめです。

    第二新卒エージェントneoは、対象年齢を19~29歳に限定しており、第二新卒や20代既卒などの若手人材の転職サポートに特化しています。

    初めて転職するときには、「自己分析のやり方がわからない」「面接対策は何をすればいいの?」など、新卒の就活とは勝手が違い、戸惑う人も多いでしょう。

    第二新卒エージェントneoでは、経験豊富なキャリアアドバイザーから、手厚いサポートが受けられます

    求人紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策などの手厚いサポートがあるので、初めての転職に不安を感じている方におすすめの転職エージェントです。

    おすすめポイント 若手人材の転職サポートに特化。初めての転職でも手厚いサポートが受けられる。

    「第二新卒 人生終了」についてよくある質問

    ここでは、「第二新卒 人生終了」によくある質問を2つ紹介します。

    • Q. 第二新卒と呼ばれるのはいつまで?
    • Q. 第二新卒で人生終了になりやすい人の特徴は?

    それぞれの質問に対する回答をみていきましょう。

    Q. 第二新卒と呼ばれるのはいつまで?

    A.第二新卒は、一般的に新卒で入社した会社の勤務期間が3年以内の人を指します。

    しかし、第二新卒という言葉には公的な定義がなく、各企業によって基準が異なります。
    企業によって、勤務期間や年齢にばらつきがあると考えてよいでしょう。

    Q. 第二新卒で人生終了になりやすい人の特徴は?

    A.しっかりと準備をしてから転職活動を行わなかった人は、人生終了になりやすいでしょう。

    近年では若手人材への需要が高まっているため、第二新卒でも就職できる可能性が高い状況です。

    しかし、自己分析をしなかったり、何となく選んだ企業に転職してしまったりすると、転職先の企業でも長続きせず、転職を繰り返すことになるケースもあります。

    転職を繰り返すと、どんどん就職が難しくなっていき、人生終了になることも少なくありません。

    【まとめ】第二新卒は転職エージェントを利用して転職を成功させよう

    第二新卒は就業期間が短いため「忍耐力がなさそう」とマイナスなイメージを持たれる可能性があり、転職に時間がかかることも少なくありません。

    しかし、現在では少子高齢化の影響で、若手人材の需要が高まっています。
    第二新卒が応募できる枠を増やしている企業も多く、転職のコツさえ掴めば、再就職は難しくないといえるでしょう。

    転職を成功させたいと考えている第二新卒には、第二新卒向けの転職エージェントの利用がおすすめです。

    転職エージェントでは、経験豊富なキャリアアドバイザーから、さまざまな転職サポートを受けられます。

    ぜひ転職エージェントを利用して、自分に合った就職先をみつけましょう。


    20代におすすめ関連記事

    【2024年最新】20代におすすめの転職エージェント一覧
    20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
    20代の再就職・転職について徹底解説
    20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
    第二新卒が使うべきでない転職エージェント
    第二新卒が一般の就職エージェントを使うのはもったいない!?第二新卒に特化した転職エージェントをご紹介しています。

    参考サイト
    厚生労働省
    内閣府
    ハローワーク
    職業情報提供サイト
    日本経済連合会
    転職コンサルタント
    中谷 充宏
    梅田 幸子
    伊藤 真哉
    上田 晶美
    ケニー・奥谷