「営業、向いてない。辞めたい」どうしたらいい?向いていない人の特徴とは

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

「自分は営業に向いてないのでは」
「営業もうしんどい、辞めたい。でも甘えなのかな」

このように悩んでいる方、たくさんいるのではないでしょうか。

営業に向いてないと自身で感じている方は、本当にそうなのでしょうか?

本記事では、営業に向いてない人の特徴・大事な心構え・辞めたい方の対処法を解説します。

これからのキャリアプランの参考にしてください。

営業に向いてない人・できない人の特徴

職種によって向き不向きは当然あり、営業職もその例外ではありません。
以下では、営業に向いていない人の特徴で代表的なものを紹介します。

営業に向いていない人の特徴

  • 内向的で人と接することが苦手
  • 計画性がない
  • ノルマや競争が嫌い
  • 切り替え下手でストレスを溜めやすい

内向的で人と接することが苦手

内向的で人と接することが苦手な人は、営業には向いていないでしょう。

営業の業務は、社内・社外どちらもコミュニケーションを取る場面が多くあります。

社内では、販売する商品の仕様について技術部門と、クライアントとの契約関係では法務部門と、書類作成については営業事務などと、多くの部署と連携して業務を行います。

社外では、アポ取りや契約~アフターフォローまで多くのクライアントと接することでしょう。

交渉上手かどうかという前に、人とのコミュニケーションが苦でない人でないと務まらない仕事です。

計画性がない

自らが抱える業務に対して、計画性を持って臨める人でないと営業に向いていないともいえます。

営業職は、同時に何十件~何百件もの顧客を抱えることが一般的です。
それらの顧客とのアポ取りや商談など、複数のスケジュールを計画的に管理する必要があります。

また、ノルマを安定的にクリアし、より営業成績を伸ばしていくには、どのような顧客を獲得しけば良いかを中長期的に計画していかなければなりません。

このような意味で、営業の仕事に計画性は必須となります。

ノルマや競争が嫌い

営業ではノルマ達成や同僚との成績争いという負荷が常にあります。
それらを前向きに捉えられないと業務に向かないでしょう。

目標を達成することにやりがいを感じられたり、同僚に成績で勝ってどんどん収入を上げたいといった上昇志向の方には合った職種といえます。

逆に、それらが嫌いでマイペースで地道に仕事をしたい方には不向きな部分があります。

切り替え下手でストレスを溜めやすい

営業活動が成功しなかったときに切り替えられずストレスを溜めていってしまう人は、営業に向いていないでしょう。

新規の顧客などでは特に、成約どころかアポ取りすら断られることもしばしば。

また、顧客からは会社の顔として見られているため、自身の責任ではない部分のクレームを直接受けることもあるでしょう。

そのようなことは日常的に発生するため、メンタル的にもすぐに切り替えて他の業務に取り掛かることができなければ営業を続けられません。

「営業に向いていない」と感じるきっかけ

本人が「自分は営業に向いてない」と感じてしまうのはどんなときでしょうか。

営業に向いてないと感じるきっかけの代表的な例について紹介します。

営業に向いてないと感じるきっかけ
  • 人間関係に疲れたとき
  • ノルマ達成だけが目的の営業に疑問を持ったとき

人間関係に疲れたとき

社内外での人間関係に疲れるようになっていくと、営業に向いてないと感じるようになる人が多いでしょう。

営業は職種の特性上、社内・社外でさまざまな人と関わらなければなりません。

理不尽な対応の顧客や取引先とのやりとり・価値観の合わない他部署の人との連携・同僚との競争に伴う歪み合いが生まれることもあります。

このようなストレスをうまく切り替えて発散できず悩み始めると、営業の仕事自体に向いているのか懐疑的になることでしょう。

ノルマ達成だけが目的の営業に疑問を持ったとき

結果だけを重視され過程を評価されない状況に疑問を持ったとき、営業に向いてないと感じる人も少なくありません。

顧客の抱える問題を、自分事として親身に解決することに営業としてのやりがいを感じる人もいるでしょう。

けれども、顧客にいくら感謝されても、それが企業の利益として反映されていなければその仕事は評価されにくいのが現実です。

そういった方はノルマを達成するためだけの営業行為に段々疑問を持ち、自身の営業スタイルと数字との狭間で苦しむ方も多いでしょう。

営業として働き続けるための心構え

営業には向き不向きを悩んでしまう要因がさまざま存在します。
では、営業を続けるためにはどのような心構えで取り組めば良いでしょうか。

以下では、営業として働き続けるための心構えを3つ提案します。

営業として働き続けるための心構え

  • 営業職のメリットを思い返す
  • 「一喜一憂しなくていい」と割り切る
  • 自分の営業スキルに自信を持つ

営業職のメリットを思い返す

営業という職種のメリットを思い返して、向いてないと悩んでいるデメリットと比較してみましょう。

もちろんどの職種にも一長一短があり、営業にもメリットとデメリットがあります。

デメリットよりもメリットが大きいと認識を整理できれば、営業として働き続けることもできるのではないでしょうか。

例えば、営業として売り上げの成果を出すことができればインセンティブ給として高収入を得られることが多いでしょう。

顧客から直接嬉しい声を聞けることも、営業職の醍醐味といえます。

このように、1度営業職と働くメリットを思い返してみれば、営業として継続する意欲が再燃する可能性は十分あります。

「一喜一憂しなくていい」と割り切る

アポ取りや商談の成否・社内外のコミュニケーションに一喜一憂しないことも大切な心構えの一つです。

相手が新規の顧客か否か、法人か個人か、契約内容の規模の大きさなどによっても、自身の営業が成功する確率はバラバラです。

成績が良い人でも、1件ずつみればうまくいかなかった営業もたくさんあるはずです。

失敗ばかりに着目しすぎず、成功に目を向けて自信を持って営業していくことが重要でしょう。

顧客からのクレームや上司からの圧力などにも、正直な人・素直な人ほど真摯に受け止めがちですが、「仕事だから」とある程度気持ちを割り切ってしまうことも大切です。

自分の営業スキルに自信を持つ

営業が向いてないと感じてしまったとしても、今働いていることで確実にスキルや経験は得られていると捉えて大丈夫です。

営業で培ってきたコミュニケーションスキルは、どの職種においても活用できる根源的なスキルであって今後無駄になることはありません。

そもそも世の中では向いている職種に全員が就いているわけではなく、それぞれ経緯があって現在の職種に落ち着いている場合も多いのです。

仮に営業があなたに最も向いている職種でなくても、今後、他の職種に変えたときにもこのスキルや経験は活きるはずです。

そのような心持ちで自信を持てば、今よりは肩の力を抜いて営業として働き続けていけるでしょう。

「営業はもう無理、辞めたい」と感じたときの対処法

営業に向いてない、遂には辞めたいと考えるに至ったとき、その状況に対してどのような対処法が考えられるでしょうか。

以下では、営業に向いてないと感じたときのおすすめ対処法を3つ提案します。
ぜひ前向きに取り組んでみてください。

営業に向いてない・辞めたいと感じたときの対処法

  • 成績の良い人を参考に自己分析する
  • 同僚もしくは上司に相談する
  • 他の会社への転職を検討する

成績の良い人を参考に自己分析する

まずは、同じ営業で良い成績を挙げている人の手法を研究し、今の自分に何が足りていないのか分析してみましょう。

営業に向いてない、そして辞めたいと思っているということは、多くの場合は自身の営業成績が芳しくない状況にあることでしょう。

であれば、営業成績が上向きになれば業務に対して前向きに捉えることができるようになり、営業を続けていける可能性はあります。

自身の成績を改善するには、営業成績の良い人から学ぶのが手っ取り早いです。

その人から直接アドバイスをもらったり、可能であれば現場に同行して手法を見させてもらうと良いでしょう。

学んだことを実践することでスキルが向上し、成績の改善が達成できるかもしれません。
その事実が今後も営業を続けていく活力になることでしょう。

同僚や上司に話してストレスを緩和する

「営業がしんどい」と同じ悩みを持つ同僚に相談することで、ストレスが緩和されることも。

気の知れた同僚に悩みを打ち明けることで、案外スッキリすることもあるものです。

また、上司に相談しやすい環境であれば、思い切って悩みを打ち明けてしまうのもおすすめです。
管理する側からあなたを客観的に見ている上司であれば、現状あなたに足りないスキルを冷静に指摘してくれることもあるでしょう。

それでも営業への適性に疑問が残れば、上司に異動を打診し他部署にて会社に残ることも選択肢のひとつです。

他の会社への転職を検討する

営業手法を学んだり相談したりしても現状が打開できなければ、転職を検討することもおすすめです。

人間関係や社風に不満がある方・営業としての経験を活かしたい方は、営業職のまま他の会社への転職を。

営業という仕事自体への適性に疑問が残れば、他職種&他の会社への転職を検討しましょう。

転職することは、甘えでも逃げでもありません。
辞めたい、しんどいと思いながら働くのは心身共に疲弊してしまいます。

長く働き続けることが美徳とされていたのは、もう過去の話。
思い切って次のキャリアを考えてみることで、新しい自分ややりがいに気づけることでしょう。

営業職の方の転職には|リクルートエージェント

リクルートエージェント営業職の人が転職先を探すなら、リクルートエージェントがおすすめです。

業界大手のリクルートエージェントは、なんといっても圧倒的な求人数が魅力。
営業職はもちろん、様々な業種の求人を偏りなく取り扱います。

「今までの営業経験を無駄にはしたくない。でも他の仕事も見てみたい」
「自分にはどんな仕事が向いてるのか、相談しながら決めたい」

そんな方は、まず大手のリクルートエージェントに登録し求人を覗いてみましょう。

公式サイト https://www.r-agent.com/
対応地域 全国
おすすめポイント 転職成功実績No.1※
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業所のうち無期雇用および4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点
非公開求人件数の多さも魅力。

まとめ|営業に向いてないと思うのは甘えではない

本記事では、営業に向いてない人の特徴&おすすめの対処法についてお伝えしました。

「自分はきっと営業に向いてない。しんどい。」
「なんとか頑張ってきたけれど、もう営業は無理。辞めたい」

こんな気持ちが解消しない方は、いっそ転職を考えましょう。

誤解してほしくないのは、人には誰しも向き不向きがあるので営業に向いてなくてもそう感じることは甘えなどでは全くないということです。

転職エージェントもうまく利用して、他の職種や会社への選択肢がないかをぜひ前向きに検討してみてくださいね。


おすすめ関連記事

【マンが】思わず共感!「営業あるある」言ってみた!
営業職で働いている人はもちろん、営業職へ転職を考えてる人にはぜひ見ていただきたい内容になっています。自分に合った営業職を見つけましょう。
【マンガ】「ルート営業、楽すぎ」ってホント?向いている人は?
ルート営業について実態やメリット・デメリットなどをマンガにして紹介しています。自分に向いているかどうかが分かる内容になっています。
不動産の営業職。年収はいくらなのか
営業職を目指すうえで、必ず不動産業界は選択肢の候補に入ってきます。ここでは、不動産営業の実態について解説しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷