ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を目指すならどんな勉強法がよい?独学・通信・通学のメリットデメリットを比較!

ファイナンシャル・プランナー(FP)はお金のスペシャリストです。ファイナンシャル・プランナーの資格を取得することで、金融系の仕事でのキャリアアップ、転職に役立てることができます。

また税金や保険など生活に必要なお金の知識を体系的に学ぶことができるため、ファイナンシャル・プランナーの資格は節約志向の主婦や子育て中のママにも人気があります。学ぶ知識が生活に直結しているため、興味を持って勉強することができるでしょう。

一方で試験には細かい数字や複雑な法律がたくさん出てくるので、計画的に学習を進めていくことが大切です。
この記事では、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得するための勉強法をご紹介します。独学、通信講座・通学制スクールそれぞれのメリット、デメリットを具体的に見ていきましょう。。

ファイナンシャル・プランナーとは

ファイナンシャル・プランナーとは、年金、保険、税金、相続、預金、株式投資などお金に関する様々な悩みの相談に乗ってくれるお金の専門家です。

相談を受ける立場なので、相手に信頼感と安心感を与える人がファイナンシャル・プランナーに向いているといえます。また数字を比較したり、計画を立てる能力がある人にも適しています。

ファイナンシャル・プランナーの資格を取って活躍する方法は2つあります。

1つは金融関係の企業に就職する方法です。

例えば、銀行・証券会社・保険の外交員などお金を扱う職業では顧客から信頼を得ることで契約数を伸ばすことができます。ファイナンシャル・プランナーの資格は、お金のスペシャリストとして顧客にアピールする材料になるのです。またお金に対する総合的な知識を持つことで、商品説明がしやすくなります。

もう1つは独立してファイナンシャル・プランナーの事務所を持つ方法です。

顧客のお金の悩みについてアドバイスをしたり、資産運用や保険知識についてセミナーを開いたりして収入を得ることができます。他にもお金に関する書籍を執筆したり、メディアの金融顧問として監修をしたり、多様な働き方ができます。

さらにファイナンシャル・プランナーの資格は日常生活に生かすこともできます。預金や株式投資の知識は個人の資産運用に、税金の知識は節税に、社会保険の知識は失業や病気といった万が一の事態にとても役に立ちます。ファイナンシャル・プランナーの資格は国家資格ですが、社会保険労務士等に比べ比較的取得しやすいため、節約や節税に興味がある人にも人気があります。

ファイナンシャル・プランナーの勉強法を比較!

ファイナンシャル・プランナー資格試験の勉強法には主に3つの方法があります。メリットとデメリットを比較しながら、自分に合った方法を選んでください。

独学で勉強する

独学での勉強法はテキストを購入し、内容を頭にインプットすることから始まります。ある程度内容が頭に入ったら、問題集を利用して知識の確認をしていきます。

スキマ時間に利用できるアプリもいろいろリリースされていますので、家ではテキスト、外出先ではアプリ学習という方法で勉強時間を確保していきましょう。アプリには無料のものが多く、有料でも価格はおおむね1000円代と安価です。

さらに時間に余裕があれば、予想問題集を購入して試験に備えます。
金財で試験を受けるか、日本FP協会で試験を受けるかによってテキストの選び方や勉強範囲が変わってきます。試験範囲を間違えないようにしましょう。

メリット

費用を格安にできる

独学で勉強する大きなメリットは勉強法次第で費用を格安にできることです。

本屋にはたくさんのファイナンシャル・プランニング技能検定向けテキスト、問題集が並んでいます。テキスト・問題集の価格は数千円程度です。

自分にあったテキストを見つけることができれば1万円以下の出費で試験合格を目指すこともできます。テキストはイラストが可愛いものや、コンパクトに内容がまとまっているものなどいろいろなタイプが出版されていますので、自分のフィーリングに合った1冊を探すのも楽しいです。

勉強期間が自由に設定できる

さらに勉強時間も勉強期間も自由に設定できるというメリットがあります。休みの日にまとめて勉強したり、仕事が忙しい時は試験の日程を見送ったりすることもできます。

デメリット

独学で勉強することにはいくつかのデメリットがあります。

法改正についていけない

1つ目は、法改正についていけない可能性があることです。ファイナンシャル・プランニング技能検定では、法律に関する問題が度々出題されます。

テキストや問題集のバージョンが古いと法律の情報も古いままで間違った知識を覚えてしまう可能性があるのです。特に、オークションサイトなどで中古のテキストを入手する場合は要注意です。

テキスト選びが難しい

2つ目はテキスト選びの難しさです。相性の良いテキストがすぐに見つかればよいのですが、場合によってはテキストを買っては挫折し、次に手を出すといったループ状態に陥ることもあります。たくさんの教材に手を出せば、その分学習コストも勉強時間も消費されていきます。

学習効率

3つ目は学習効率です。市販のテキストは試験範囲を広く網羅し、まんべんなく学習できるように作られています。

しかしその分テキストの分量は多くなり、勉強時間も長くなります。この傾向は級の難易度が上がるほど大きくなり、3級ではさほど負担に感じなかったテキストが2級、1級と進むにつれどんどん分厚くなっていきます。

独学での学習ではどこが出やすいのかがわかりづらく、疑問を感じたときに質問できる先生もいないので、難易度が高まるにつれ学習効率はどうしても悪くなっていきます。

挫折率の高さ

4つ目は挫折率の高さです。独学は勉強時間も勉強期間も自由なのがメリット。しかし、逆に言えばいつでも勉強をやめられるというデメリットにもなります。

仕事が忙しい、勉強がなかなか進まないなど理由を付けて、「試験は次回に受けよう」とだらだら試験日を伸ばしてしまう危険性も高いのです。

通信講座を利用する

通信講座を使った勉強法は、各通信講座によって若干の違いがあります。基本的には講座オリジナルのテキストを読み、内容をインプットしてから、添削問題や確認テストを解いていきます。

分からないところがあったら質問サポートを利用して、つまづきを解消します。DVD教材や試験対策セミナーを提供している講座もあるので、最大限利用して試験合格を目指しましょう。

通信講座ではコースの内容が金財受験・日本FP協会受験のどちらかに固定されているものもあります。自分の希望に合ったコースかどうかをあらかじめ確かめてから申し込みをしましょう。

メリット

通信講座でファイナンシャル・プランニング技能検定の対策をするメリットは5つあります。

時間を選ばず勉強ができる

その1は、いつでもどこでも時間を選ばず勉強ができることです。「働きながら資格取得を目指したい」「家事と受験勉強を両立させたい」という人は、勉強時間が不規則になったり、通学時間が負担になりがちです。しかし通信講座を利用すれば自宅で試験対策ができるので、忙しい人でもスキマ時間での学習が可能です。

フォロー体制の充実

メリットその2はフォロー体制の充実です。いつでもどこでも勉強できるのは独学も同じですが、通信講座を利用することで様々なフォローを受けることができます。

例えば疑問点を講師に質問できたり、添削指導で弱点を発見することで効率の良い学習が可能です。また法改正や時事問題に随時対応し、試験問題傾向を分析した上での学習プランを提供してくれるので、安心して勉強ができます。

厳選された教材

メリットその3は厳選された教材をすぐに手に入れられることです。通信講座はオリジナルのDVDやテキスト教材を提供してくれますので、受験者が本屋であれこれ悩む必要はありません。

コストパフォーマンスの良さ

メリットその4はコストパフォーマンスの良さです。確かにテキストと過去問だけで勉強すれば独学の方が学習費用を抑えられますが、教材選びに失敗すると勉強の効率が悪くなりがちです。

そんなときにちょうど良いのが通信講座の料金です。だいたい教材費込みで数万円から受講ができます。

通信講座の中には、教育訓練給付制度を利用できるものもあります。これは雇用保険の被保険者に学費の20%を支給するという制度です。最大10万円まで学費が還元されるので非常にお得です。

受給には一定の条件がありすべての通信講座が該当するわけではありませんが、働きながら資格取得を目指している人は一度チェックしてみることをお勧めします。

AFP認定者を同時に目指せるコースがある

メリットその5はAFP認定者を同時に目指せるコースがあることです。例えばユーキャンの「ファイナンシャル・プランナー(FP)講座」では、講座受講後2級資格に合格し、FP協会へ登録するだけでAFP資格を取得することができます。

さらには実務検定無し、3級見受験でも、ユーキャンの講座を受講すればいきなり2級受験が可能になります。なるべく早く上位資格を手にしたいという人には魅力的ですね。

デメリット

挫折しやすい

通信講座で試験対策をするデメリットは、挫折しやすいところです。独学に比べればフォロー体制がしっかりしていますが、まわりに一緒に学ぶ人や激励してくれる講師はいません。

そのためついつい添削課題をほおっておいたり、テキスト学習をさぼりがちになってしまう人もいるでしょう。

通信講座に申し込むと教材がまとめて届きます。たくさんの教材に圧倒されることなく、どのように勉強を進めていくかある程度計画を立てて臨むとよいでしょう。

サポート期間が限られている

もう1つのデメリットはサポート期間が限られていることです。質問ができる期間や法改正情報が届く期間が「○○年の○○月まで」と決まっているので、フォロー終了までに合格しなければなりません。

ただし、これはある意味で目標意識をしっかり持って勉強することに繋がり、一概にデメリットとは言えない一面があります。

学習費用が高い

独学に比べれば学習費用が高い点もデメリットです。3級レベルなら独学で合格する人も多いので、自分で学習ができるという人にとっては一括で数万円の出費が必要になる通信講座は高額に感じるかもしれません。

ただし、2級、1級になれば独学の壁も高くなります。自分が目指す資格の難易度や確保できる勉強時間を考慮に入れながら、学習方法を選択しましょう。

通学制スクールを利用する

通学制スクールでは、学校に通い、講師やたくさんの仲間とともにファイナンシャル・プランナーを目指していきます。

スクールでは選択したコースのカリキュラムの中で講義によるインプット、模試などによるアウトプットをこなします。

学校が作成した学習スケジュールの中で勉強していくので、自分で計画を立てる必要がありません。自主学習は苦手だが、学校の授業では集中できたという人には向いている勉強法です。

メリット

集中して勉強ができる

通学制スクールを利用するメリットは集中して勉強ができることです。自宅学習では気が散ってしまうという人には、目の前で生の講師が講義をする通学制スクールは向いているといえるでしょう。

また、通学制スクールには一緒に通うたくさんの仲間がいます。一人では挫折しそうな勉強でも、真面目に授業を受けている受講生の姿を見ることで励まされる日もあるでしょう。

始めは見知らぬ人同士でも、講義で何度も顔を合わせる中で声を掛け合う仲に発展するかもしれません。通学制スクールは勉強へのモチベーションを上げやすいのです。

また通学制スクールの場合、コースごとにあらかじめカリキュラムが作成されています。自分で学習計画を立てなくてもカリキュラムの流れに沿って行けば、試験日までに一通りの学習を終えることができます。

もちろん自宅に帰ってからの復習は必要ですが、スクールは試験勉強の良いペースメーカーになってくれるでしょう。
質問がすぐできるというのも通学制スクールのメリットの1つです。独学では質問する相手がそもそもいませんし、通信講座での質問サポートは郵送やメールが中心。

回答にどうしても時間がかかってしまいます。その点通学制スクールでは目の前の講師に口頭ですぐ質問ができるため、疑問点をあとまわしにしない勉強が可能です。

AFP認定研修の指定を受けている講座がある

もう1つのメリットは通信講座と同じく、通学制スクールにもAFP認定研修の指定を受けている講座があるということです。例えば大原の「3級から学ぶ2級(AFP)合格コース 教室通学」はこのような講座にあたります。

この講座を受講することで、初学者でもすぐに2級合格やAFP登録を目指すことができます。

デメリット

場所や時間が固定されている

通学制スクールのデメリットは場所や時間が固定されている点です。会社から遠い場所にスクールがあったり、講義のある日に仕事が入ってしまったりすると、受講途中でリタイアという羽目になりかねません。

スクールを選ぶ際は、場所や日程を考慮して自分が最後までカリキュラムを受講できるかを熟慮する必要があります。

生の講義は時間とともに流れていってしまう

もう1つのデメリットは、生の講義は時間とともに流れていってしまうことです。講義中の聞き逃しやノートの取り忘れにストレスを感じる人は、通信講座での学習の方が向いているでしょう。

費用の問題もあります。教室の維持費、人件費などがかかる通学制スクールでは、受講料がどうしても高くなる傾向にあります。10万円代の料金が必要になる場合もあるので、あまりお金をかけたくないという人には不向きです。

もちろん誰かと勉強するのが苦手、自分の好きな場所で勉強したいという人は無理にスクールを選ぶ必要はありません。

ファイナンシャル・プランナーの資格試験概要

ファイナンシャル・プランナーに関する資格には、大きく分けて2種類あります。1つはペーパーテストメインの「ファイナンシャル・プランニング技能検定」、もう1つは研修受講や実務経験が求められる「日本FP協会認定資格」です。

「ファイナンシャル・プランニング技能検定」は3級、2級、1級の3段階に、「日本FP協会認定資格」はAFP認定者とその上位資格CFP認定者の2段階に分かれています。AFP認定者になるためには、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級の合格者であることが前提条件になります。また日本FP協会認定資格者は協会会員登録や資格更新の必要があり、初心者が目指すには難易度が高くなります。

将来的には日本FP協会認定資格を目指したいという場合でも、まずはファイナンシャル・プランニング技能検定の勉強から始めていきましょう。

ここからはファイナンシャル・プランニング技能検定を中心に説明をしていきます。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の概要

ファイナンシャル・プランニング技能検定を実施している団体は「一般社団法人金融財政事情研究会(通称:金財)」と「NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(通称:日本FP協会)」があります。2つの団体どちらで受験しても、資格の価値に違いはありません。ただし、実施団体によって試験内容や合格率が若干変わってきます。

それでは初心者からでも目指しやすい3級と2級の試験概要を見てみましょう。

ファイナンシャル・プランニング技能検定3級試験概要

    
■受験資格
FP業務に従事している者または従事しようとしている者
(引用元:https://www.jafp.or.jp/aim/fpshikaku/kind/)

■試験内容
学科試験と実技試験
学科試験内容:〇×式30問+3択のマークシート形式30問
出題範囲:以下の6分野

1.ライフプランニングと資金計画
ファイナンシャル・プランナーの倫理規定から社会保険・年金・クレジットカードま で幅広い範囲をカバーした分野
2.リスク管理
保険に関する分野(生命保険、損害保険、第三分野の保険)
3.金融資産運用
預貯金、債券、株式、投資信託など資産運用に関する分野
4. タックスプランニング
所得税を中心に、税金の計算の仕方に関する分野
5.不動産
不動産取引や税金、法律に関する分野
6. 相続・事業承継
贈与税や相続税、財産の評価法に関する分野

実技試験内容:金財 事例形式5題
       ・個人資産相談業務
       ・保険顧客資産相談業務 
                    から1つ選択
       日本FP協会 3択のマークシート形式20問
       ・資産設計提案業務
■試験時間 
学科試験 120分 実技試験 60分

■受験費用
学科試験 3000円 実技試験 3000円(税抜)

■合格基準 
学科試験、実技試験ともに6割以上の正答で合格

■難易度
学科試験合格率70%~80%程度、実技試験合格率80%~90%程度(日本FP協会)
学科試験合格率50~70%程度、実技試験合格率40~80%程度(金財)
金財の合格率がやや低めですが、そこまで難易度が高い試験ではありません。特に国家試験としてはかなり難易度が低いといえます。

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級試験概要

■受験資格
以下のいずれかに該当
・AFP認定研修の受講修了者
・3級FP技能検定合格者
・FP実務経験2年以上
(引用元:https://www.jafp.or.jp/aim/fpshikaku/kind/)

■試験内容
学科試験と実技試験
学科試験内容:4択のマークシート60問
出題範囲:以下の6分野※3級と分野構成は同じだが、内容がより深くなる
1.ライフプランニングと資金計画
3級の内容に中小法人の資金計画が加わる
2.リスク管理
保険に関する分野(生命保険、損害保険、第三分野の保険)
3.金融資産運用
預貯金、債券、株式、投資信託など資産運用に関する分野
4. タックスプランニング
3級の内容に事業税、法人税、諸外国の税制度などが加わる
5.不動産
不動産取引や税金、法律に関する分野
6. 相続・事業承継
3級の内容に事業継承対策などが加わる

実技試験内容:金財 事例形式5題
        ・個人資産相談業務
        ・中小事業主資産相談業務
        ・生保顧客資産相談業務
        ・損保顧客資産相談業務
        から1つ選択
        日本FP協会 記述式のペーパーテスト
        ・資産設計提案業務

■試験時間
学科試験 120分 実技試験 90分

■受験費用 
学科試験 4200円 実技試験 4500円(税抜)

■合格基準
学科試験、実技試験ともに6割以上の正答で合格

■難易度
学科試験合格率40%~50%程度、実技試験合格率50%~60%程度(日本FP協会)
学科試験合格率20~30%程度、実技試験合格率20~60%程度(金財)
3級に比べれば合格率が下がり50%程度になりますが、国家試験としては難易度が高くない部類に入ります。

まとめ 自分に合った勉強法で合格を目指そう

 
ファイナンシャル・プランナーの資格を目指すためには、独学・通信講座・通学制スクールといくつかの勉強法があります。最も学習費用を抑えられるのは独学ですが、法改正へのフォローなどを受けづらいです。

通信講座や通学制スクールを使えば、質問に回答してもらえたり、効率の良い学習教材を手に入れることができます。また、AFP認定研修指定の講座を受講することでいきなり2級からの受験も可能です。

いつまでにどの資格を取りたいかを明確にすれば、どのような勉強法を選べばよいかが分かってくるはずです。自分に合った勉強法で憧れのファイナンシャル・プランナーを目指しましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷