> > 外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?

外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?

62173 views

外資クビ外資系企業への転職を考えている人にとってキャリアアップや年収アップを期待する反面、日系企業とは異なりすぐにクビになってしまうリスクがあるのでは?と不安を抱いている人も多いと思います。

「外資系はそうらしい‥」との噂レベルの情報として捉えているかもしれませんが、実際に外資系企業での突然のクビは珍しいことではありません。

なぜ外資系企業は日系企業よりもクビのリスクが高いのか?どんな人がクビになりやすいのか?など、これから外資系企業で働くことを目指している人が心構えとして知っておくべき情報をここでは詳しく解説していきたいと思います。

また、クビにならないためのポイント、クビを宣告されてしまったときの身の振り方も併せて紹介していきます。

外資系企業は本当にクビ制度があるのか?

先ほど「外資系企業での突然のクビは珍しいことではありません。」とお話しましたが、”クビ制度”があると言ってしまうのは少し大袈裟すぎるのかもしれません。

この後に詳しく説明しますが、日系企業と外資系企業との根本的な違いから日系企業よりも外資系企業の方がクビになるリスクが高いため”クビ制度”が存在しているように感じるのでしょう。

日系企業ではよほどのことがない限りクビ・リストラに遭うことはありませんが、外資系企業では「退職ボーナス(割増手当)を支給するので辞めませんか?」というような退職勧奨を行うことがあります。

退職ボーナスの金額は勤続年数や貢献度によって異なりますが、何百万から多い人では1,000万近くもらう人もいるのでクビになってお先真っ暗‥といった自体にはなりにくい点は救いになるのではないでしょうか。

外資系は日系企業と違い、なぜすぐにクビにできるのか?

外資クビアメリカの雇用制度では“Employment at will”が基本となっており、意味としては「随時雇用・随時解雇」であるため日本にある外資系企業でもこの考えが適用されているケースが多くあります。

雇用は会社と労働者の対等な契約の一つであり、企業側が採用時に提示した契約(職務内容)を遂行できていない場合は解雇することが可能です。

従業員側も他に条件の良い求人があればすぐに転職をすることが当たり前に行われます。

また、外資系企業と日系企業の違いとして雇用制度の考え方以外にも給与制度の違いがあります。

日本では年功序列制度を前提に年齢や経験を重視した「職能給制度」となっていますが、外資系企業では年齢や学歴はあまり関係なく能力に応じた「職務給制度」を採用しています。

職務給制度では能力に応じて担当する職務内容が決まり「この職務内容であれば年俸○○万円」と言ったように給与が決まります。

採用時に提示した職務内容で結果を残せない場合は契約不履行として解雇もあり得ます。

成果主義・実力主義である外資系企業ならではの特徴と言えます。

このような雇用制度・給与制度の違いから日系企業よりも外資系企業の方がクビになりやすい傾向にあるため、すぐにクビになるといった認識が広がってきているのでしょう。

しかし、外資系企業とは言え日本に存在している企業は日本の労働基準法を守らなければいけないため”解雇の日の30日前に予告”をする必要があります。

実際には“即日解雇”という訳ではなく、いわゆる肩たたきをされ合意のうえでの自己都合退職に持ち込まれるケースとなることが多いでしょう。

外資系でクビ対象になる人

まず、ここまでの内容でクビの対象になりやすい人は”仕事で成果が出せない人”であることが薄々でも気付くと思います。

個人理由以外でも会社都合の理由として「業績悪化」「日本市場からの撤退」「部門廃止・解散」などでもクビになってしまうことがあります。

個人理由・会社都合と様々な状況の中でクビの対象となりやすい人の特徴を挙げていきたいと思います。

成果を出せていない人・見込みのない人

成果主義・実力主義である外資系企業に於いて、給料に見合った成果を出していない人やキャリアアップ(出世)する意識と人事評価の低い人。

社内で孤立している人

外資系企業は日系企業以上に上司の指示は絶対!チームワークを大切にしています。

上司との関係が思わしくない人、同僚と上手くコミュニケーションを取れていない人など、社内で孤立してしまっている人は不必要な人材であると判断されクビの対象になります。

行動力のない人

何度も言うようですが、成果主義・実力主義の外資系企業で失敗を恐れ保守的になってしまっている人、積極的に意見を出すことができない人、例え失敗しても取り戻す力がない人‥など行動力・実行力のない人。

外資系企業では日系企業以上にシビアな目線で人事評価をされています。

バリバリ働き昇進するか、クビ対象として肩たたきをされてしまうのかUP or OUT(昇進か?退職か?)が主流となっています。

外資系企業でクビにならないためのポイント

では、外資系企業でクビにならないためにできること、心掛けておくことにはどのようなことがあるのでしょうか?

ポイント

  • 常に仕事に対する向上心を持って働く
  • 仕事で成果を出し続けることができればベストですが、実際にそう簡単なことではありません。成果を出し続けることができなくても向上心を持ち仕事に取り組む姿勢、任された職務に関する専門性を高める努力を見せていくことが大切です。

  • 社内での付き合いを大切にする
  • 仕事で結果を残せないときがあっても、社内人脈を築き上げていることはプラスになります。

    直属の上司と良い関係性を保つことはもちろんのこと、直属の上司以外の幹部や上層部とも日頃から親しくしておくことが大切です。
    また、同僚との付き合い方もクビ対象から外れるポイントになります。

    周りからの評判が悪い人、孤立している人は会社からいなくなっても問題のない人として扱われるため、社内の雰囲気を良くしてくれる人気者はクビになりにくい傾向にあります。

万が一、外資系で”クビ”宣告をされたら…

外資系で”クビ”宣告自分では頑張っていたつもりでも突然”クビ宣告”をされたとき、まずは冷静に受け止め今後どうしていくべきかを考えましょう。

考えようによっては今働く会社では昇進・出世が見込めないからこそのクビ宣告であるので、状況を受け入れずダラダラと働き続けるよりは早めに転職活動を始め次の会社でキャリアアップを目指せばいいのではないでしょうか?

外資系企業はクビを恐れながら働くのではなく、キャリアアップのための転職を前提としたチャレンジとして捉えてみることが大切です。

そもそも外資系企業は雇用の流動性が高く外資系企業間での転職は日系企業に比べ難しいことではありません。

今の会社が合わなかっただけで他の企業では活躍出来る可能性が大いにあります。外資系企業で働いた経験はきっと次に活かすことができます。

クビ宣告をされてしまったら転職情報・求人をチェックし気持ちを切り替えましょう。

外資系企業への転職には転職活動をサポートしてくれる転職エージェントの活用が有効的です。

ビズリーチ」や「JACリクルートメント」、「リクルートエージェント」など外資系転職に強みを持つエージェントもあるので相談してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】経験は無駄にならない

いかがでしたでしょうか?外資系企業は日系企業とは異なり、雇用の流動性が高く人事評価がシビアな環境であることから簡単にクビを切られやすいことが分かっていただけたかと思います。外資クビ

しかし、実際にはクビを切られると言うよりは、このまま留まるよりもキャリアアップを目指し自己都合退職を選ぶ人が多いのです。

雇用の流動性が高いことは社内の活性化に繋がり比較的短い期間でスキルアップを叶えられるため、他の会社でも活躍出来る可能性が広がります。

クビを恐れるのではなく、チャレンジする気持ちで外資系企業に飛び込んでみてはいかがでしょうか?キャリアの幅がグッと広がるかもしれません。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,119views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,282views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ