こんなに高いの?!外資コンサルの年収ランキングと「高年収」の稼ぎ方

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

コンサルタントは高収入の職業の一つですが、実際にはどのくらいの給料がもらえているのか?!気になる方も多いでしょう。

本記事では、外資系コンサル企業の年収TOP5をランキングで紹介します。

外資系コンサルレベルの年収を稼ぐ方法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

外資系コンサルの平均年収ランキングTOP5

まずは、外資系コンサルの年収ランキングを紹介します。

外資系コンサルは世界的な大企業と取引する機会も多く、平均年収は高めです。

企業名 平均年収
1位 マッキンゼー・アンド・カンパニー 890~1,565万円
2位 ボストン・コンサルティング・グループ(BCG) 870~1,200万円
3位 ベイン・アンド・カンパニー 840~1,100万円
4位 アクセンチュア 800~1,100万円
5位 ローランド・ベルガー 780~1,000万円

参照:エンワールド『転職で人気の外資系企業ランキング』

年収ランキングをみると、外資コンサルの年収が非常に高いことがわかります。

外資系コンサル業界では、マネージャー以上になると大幅に年収が上がります。

マネージャーなら5,000万円以上・パートナーやプリンシパルなら年収1億円を超える例もあるため、高年収を目指すなら外資系コンサルを目指すことをおすすめします。

とはいえ、外資系にはインセンティブがあるため年収には幅があることをおさえておきましょう。

外資系コンサルティングファームの主な種類

外資系コンサルティングファームの主な種類を5つご紹介します。

総合系(大手日系BIG4もココ)

総合系はクライアントに対し、幅広いコンサルティングを行うタイプです。

経営戦略の立案、組織改革のアドバイス、システムの開発・運用・保守などにも対応します。

クライアントの課題を一手に引き受ける特徴があり、高い課題解決力と対応能力が必要なコンサルティングファームです。

日本のBIG4と呼ばれる大手コンサルティングファームも総合系で、大規模な企業が多い傾向があります。

「日本のコンサルBIG4」とは?

日本の4大コンサル会社は、下記の4会社を指します。

・デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
・PwCコンサルティング合同会社
・KPMGコンサルティング株式会社
・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

戦略系

戦略系は主に経営戦略の立案とアドバイス、実行のサポート、新規事業・プロジェクトの将来予想や道筋を立てるのが役割です。

主に企業の経営層と関わることになり、大企業のトップと関わることも多いです。

経営に関する専門知識が必要となるため、他のコンサルと比べても難易度が高いとされています。

会計・財務アドバイザリー系

会計・財務アドバイザリー系は、会計・財務・税務分野に特化したタイプです。

お金に関する専門知識が必要とされ、所属するのは公認会計士や税理士などの有資格者が大半です。

コンサルティングファームによっては、M&Aや企業再生などを専門で行うチーム、不正会計調査、会社所有財産の売買譲渡手続き支援などを行っているところもあります。

IT系

IT系は企業のIT戦略、組織課題をICTで解決するためのアドバイス、システムの開発・運用・保守などを専門的に行うコンサルティングファームです。

広義には業務用ソフトウェアの販売を行う企業も含まれ、IT系は種類が豊富です。

コンサルティング知識だけでなく、企業の課題に合わせたシステムの提案、開発依頼も行うことから、プログラミングの専門知識も求められます。

また、システム導入後の動作確認やフォローアップもIT系の仕事に入ります。

専門系

専門系は特定の分野に特化し、企業に対し専門的なアドバイスとコンサルティングを行うタイプです。

総合系が企業課題全般に対応するのに対し、専門系は特定の分野に関する戦略立案や業務改善計画のアドバイスを行う点で大きく違います。

医療、製造、Web開発、法務など様々な専門性があり、ビジネス環境の変化に伴って他社と差別化したコンサルティングファームが多数登場しています。

外資系コンサルの役職と残業時間

ここでは、外資系コンサルの役職と残業時間についてご紹介します。

4段階の役職

外資系コンサルは、4つの階級で役職が分けられています。

  • アナリスト
  • …新卒や中途採用されて間もない社員の階級。
    主に情報収集や資料作成、データ分析などを行う。

  • コンサルタント・アソシエイト
  • …アナリストの仕事に加えてプロジェクトの担当者を任される。3年程度の経験を積んだ社員が多い。

  • マネージャー・シニアマネージャー
  • …プロジェクト責任者。顧客との重要な交渉や新規開拓・人材採用・部下のマネジメントを行う。

  • パートナー・プリンシパル
  • …企業の意思決定責任者。マネージャー業務・大手クライアントからの依頼受注・コンサルティングファームの経営などを行う。

企業によって呼び方は異なりますが、主に上記の形で分けていることが多いです。

<

残業時間

外資系コンサルの残業時間は企業によって差はありますが、月50時間以上のところが多いとされています。

中には月の残業時間が100時間を超える企業もあるため、日系コンサルに比べると残業は多めの傾向があります。

しかし、外資系コンサルは休暇も多いため、プロジェクト稼働中は多忙になるものの、終了すれば穏やかになるパターンが一般的です。

そのため、日系のように常に忙しい働き方とは違い、一過性に忙しくなる分休みも多いという特徴があります。

外資系コンサルへの転職成功のコツ

外資系コンサルへの転職を成功させるコツをご紹介します。

論理的思考力を高める

外資系コンサルで働く人材の学歴を見ると、MARCHや早慶、東大など高学歴の方が大半です。

高学歴の人が採用されやすいわけではなく、論理的思考力の高い方が採用されるからです。

コンサルタントは企業経営に携わる責任ある仕事であり、論理的に物事を考えられる人ほど高い適性があるとされています。

面接でも思考力を試されることが多く、日頃から物事を順序立てて論理的に考えることがポイントです。

英語でのコミュニケーション能力を身に付ける

外資系コンサルで働くなら、英語でのコミュニケーション能力を磨いておくことをおすすめします。

その理由には、社内の公用語が英語になっていたり、プロジェクトチームで英語が必要になったりするからです。

また、コンサルタントは自分の意思をクライアントに伝える必要もあり、英語ができないと海外のクライアントとコミュニケーションできません。

特にマネージャークラス以上は英語が必須レベルになるため、仕事で不自由しない程度の英語力を身に付けましょう。

業界軸と業務軸の一貫性をもつ

外資系コンサルで働くには、自分の業界軸と業務軸に一貫性をもつことも成功のコツです。

業界軸とは、情報通信・自動車・食品・不動産・医療などの業界のことです。

業務軸はその業界で担当した専門職種のことで、2つの軸に特化した知識・スキルがある人材ほど、外資系コンサルでは採用される傾向があります。

自分がどの業界のどの分野、どういった職種の経験があるか明確化し、専門性をアピールすることが重要です。

外資コンサル以上!?高年収求人を探すなら「LHH転職エージェント」

LHH転職エージェント
今より年収を上げたい方、とにかく高年収の働き先を探したい方は、誰でも無料で利用できるLHH転職エージェントに登録しましょう。

LHH転職エージェントは、大手アデコグループの有名転職サービス。

LHHで転職した人は年収が平均101万円アップ※しているという実績があります。
※2023年4月自社調べ。

さらには、利用者の10人に1人が年収1000万円以上の企業に転職しているとのこと!

外資グループならではのパイプの強さで、年収の高い企業を多く取り扱う転職エージェントです。

公式サイト https://jp.lhh.com/
特徴 高年収の外資コンサル求人が豊富
利用料金 無料
おすすめポイント 利用者の3人に2人が年収アップ。登録&退会も簡単
\ カンタン1分無料登録 /LHH転職エージェント/公式HP

まとめ:外資系コンサルはキャリアと年収アップを両立したい方向け


外資系コンサル(外コン)は、日本企業の平均年収を大きく上回る高年収の仕事です。

収入に見合う成果も求められますが、実力主義の業界でキャリアアップしたい方には向いています。

業務は多忙になりやすいですが、ビジネスへの意識の変化に伴い、ワークライフバランスを重視する職場も増えてきています。
ハードルの高さを感じる方も多いかと思いますが、挑戦する価値のある仕事です。

コンサルタントの道を選びたい方は、本記事を参考に外資系コンサルでアナリストやコンサルタントになる将来もご検討ください。


外資系におすすめ関連記事

【海外勤務が多い企業ランキング】外資系?日系?チャンスがあるのは?
海外で働くなら、"海外勤務が多い企業に入る"ことも近道です。海外勤務が多い企業をランキングで紹介。外資系・日系企業はどちらに海外勤務のチャンスが多いのか解説していきます。
【外資系年収】なぜ日本の約2倍の年収なのか?
外資系企業の給料はなぜ高い?!外資系の平均年収は800万円以上で日本全体の平均年収と比較すると約2倍です。なぜそんなに高収入なのでしょうか?
英語ができなても入れる外資系企業がある?!
外資系だと英語は必須と思われがちですが、企業によっては"英語が話せなくても大丈夫"な職場が存在します。まったく英語ができなくても憧れの外資系企業に転職するには?

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷