ガクチカがない学生必見!プロセス重視でESに差をつける就活術

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

コロナ禍が明け、就活に取り組む中で「あれ?大学時代になにもしていない」と悩む学生の方は多いのではないでしょうか。

コロナ禍のため、入学してすぐにオンライン授業が始まり、学校生活のほとんどを自粛して過ごすなど、大学生にとって大きな影響を及ぼしました。

大学時代がほぼコロナ禍だった就活生にとって「ガクチカ」を尋ねられても答えられない方は多く、ガクチカの見つけ方が分からない学生の方も少なくありません。

そこで今回は、「ガクチカ」について企業の視点やガクチカがないときのESの書き方・例文、ガクチカがない場合の対処法について解説します。

「ガクチカがない、就活でガクチカをアピールできない」と悩む就活生の方は、ぜひ参考にしてください。

ガクチカってなに?

ガクチカとはESや面接でよく尋ねられる質問であり「学生時代に頑張ったことや経験したこと」を意味する就活用語のひとつです。

混同しやすい言葉に自己PRがありますが、自己PRは「目標を達成するための強みをアピールすること」であり、質問の意図や重視するポイントが異なります。

企業の「ガクチカ」5つのチェックポイント

企業はガクチカで就活生の何を見ているのか?というと、「入社後、貢献してもらえる人材かどうか」ということです。

ガクチカから以下5つのポイントを評価し、採用の見極めを行っています。
質問の意図をしっかり理解することで、評価されやすいガクチカをアピールすることができるでしょう。

ポテンシャル

就活生は実践的なスキルや経験に差がないため、「ガクチカ」で仕事に対するポテンシャルを判断することになります。

  • どうやってガクチカに取り組んだか
  • なぜそれをしようと思ったのか

この2点を見極めて「入社したらどんな風に仕事に取り組んでくれるのか」または「目標に対する意欲や姿勢はどうだろうか」を見極めています。

人柄

企業は、学校生活やプライベートなど様々なガクチカから、自社の企業風土に合った人柄かどうかもチェックしています。

「入社後にチームで良好な関係を築ける人材かどうか」「難しいプロジェクトでも諦めない根気強い性格かどうか」などです。

目標達成への姿勢

企業が重視しているのは、ガクチカの経験談ではなく取り組む姿勢や意欲です。

ガクチカから、入社後にも意欲的に働ける人材かどうか、最後まで諦めずにやり抜ける人材かどうかを判断しています。

例えば、チームで目標達成できたエピソードなどがあれば、「入社後もプロジェクトチームで活躍してくれるだろう」と想定するのです。

実行力

ガクチカで「就活生の実行力がどれくらいなのかを知りたい!」というのもポイントのひとつです。

企業は、ガクチカの計画・行動の過程から実行力をチェックしています。

実行力のある方は、仕事に対して明確な目的をもって積極的に取り組み、将来性が期待されます。

ガクチカに対して、計画性をもち、目標達成に向けて段階的に取り組んでいたことや、ゴール達成までのプロセスを話すとよいでしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルも、ガクチカで企業が見ているポイントです。
ガクチカの説明を通じてスムーズな対話ができる人材か、以下の2点をチェックしています。

  • ガクチカを具体的に伝えらえるか
  • 面接官からガクチカについて質問があった際に、スムーズに答えられるか

ガクチカの内容だけではなく、きちんと面接官と対話しながら説明できるかが大切です。

ガクチカがない人必見!ガクチカ作成の対処法

2020年からはじまった新型コロナウイルスの感染拡大は、当時の大学生にとってコロナ禍の影響に見舞われました。

大学の授業がオンラインになり出席も数回程度、部活動やサークルは活動自粛。

さらに、飲食店など営業自粛のためにアルバイトの制限もあり、「ガクチカ」といえる活動ができなかったと嘆く学生も少なくありません。

また、実はガクチカのエピソードを持っているのに自分で気づいていない方もいらっしゃいます。

ガクチカがない人に向けて、ガクチカへの対処法をみていきましょう。

無理やりガクチカを作るのは逆効果

企業にアピールできるガクチカがなくても、無理やりガクチカを作るのは逆効果です。

無理なガクチカエピソードは、面接官との対話の中でボロが出るリスクが高いため避けておいたほうが良いでしょう。

大切なことは、ガクチカそのものだけにこだわらず、企業が選考で知りたいポイントを見つけ、自分らしいガクチカエピソードを作ることです。

自己分析を行う

就活では必須の自己分析ですので、「もうやっているけど、ガクチカがない!」という方もいるかもしれません。

そこで、もっと深く掘り下げた自己分析を行い、これまでの実体験を感想とともにできるだけ書き出していきましょう。

【自己分析の例文】

  • 学業:コロナ禍でオンライン授業、週に1度だけ対面授業で出席。リモートでのコミュニケーションをスムーズにするにはどうしたらいいか考えた。
  • 趣味:友人と遊びに行けないため、読書の習慣がついた。
  • 習いごと:自宅での生活に変化が欲しいと思い、小さい頃に習っていた書道を再び始めた。
  • 模様替え:オンライン授業のため、部屋を整理整頓し、オンライン仕様にした。
  • 友人関係:不安なコロナ禍で励まし合った、友人がコロナに感染したときは買い出しに行き、必要な物品を玄関まで届けた。
  • 留学:コロナ禍で語学留学できなくなった。オンライン英会話で勉強することにした。
  • サークル活動:活動が自粛され、新入生勧誘ができなくなった。SNSで勧誘活動し、例年と同じくらいの新入生が勧誘できた。
  • アルバイト:営業自粛でシフトが減った。新たにアルバイトを探すもなかなか見つからない。テイクアウトでお弁当を始めるようになり、お客様に感謝される。仕事のありがたさややりがいを感じた。
  • プライベート:コロナ禍で家族とも会うのも自粛した。離れて生活し、会えないとなると寂しくなり、家族のありがたさを実感。

このように書き出してみると、コロナ禍でもいろいろなできごとを経験していたことが明確になりますね。

プロセスを説明できるエピソードを探そう

ガクチカがなくて困っている方は、これまで自分が体験したことや挑戦したことの中で、プロセスを説明できるエピソードを探してみましょう。

エピソードの中で自分らしい取組みがあれば、具体的なガクチカが伝わりやすいですね。

ガクチカがない企業もチェックしよう

企業にとってガクチカを質問するのは、取組み方から就活生のポテンシャルや価値観を知るのが目的です。

そのため、コロナ禍をきっかけにガクチカを質問しなくなった大手企業もあります。
例えば、日立製作所。

2024年度採用から、ガクチカに関する質問を廃止し、最終面接では5分間のプレゼンテーションに変更されました。

ガクチカがないと悩む方は、ガクチカが選考に含まれていない企業を検討してみるのもよいでしょう。

ガクチカがないときのESの書き方・例文

「ガクチカがないからアピールできない!」と落ち込む前に、自己分析を掘り下げ、エピソードを絞りこんでみましょう。

ここでは、コロナ禍でガクチカがない方やガクチカを見つけられない方に向けて、ガクチカがないときのESの書き方・例文を紹介します。

ぜひ参考にしていただき、就活で活用してみてください。

【ガクチカ例文】コロナ禍での学業

私が学生時代に力を入れて取り組んだことは、オンライン授業です。

学生なので学業に力を入れるのは当たり前ですが、コロナ禍で入学後すぐにオンライン授業がはじまり、友人との交流もないまま学生生活がスタートしました。

ゼミでも十分なコミュニケーションがないままでのオンライン授業は、意見交換が難しく、パソコン上からでも退屈な雰囲気を感じていました。

そこで、ゼミが終わった後にオンラインでコミュニケーションを深めようと提案。

自己紹介やゼミのテーマを話し合う中で、お互いのことが分かるようになり、つながりが深まったと感じます。

コロナ禍が落ち着き、対面授業が増えてきた頃には、あまり会っていないにも関わらず、ストレートな意見交換ができ、交流が深まっていました。

学生生活を通じて、工夫や実践する大切さを学びました。

Point

困難を乗り切る実行力が評価されやすく、円滑なコミュニケーションがとれる人柄が分かりますね。コミュニケーションスキルが高い方は、採用ニーズが高い傾向です。

【ガクチカ例文】サークル活動

私サークル活動に力を入れて取り組みました。

コロナ禍で大学構内に入ることができなくなり、新入生の勧誘活動が制限されましたが、なんとか新入生に参加してもらいたいと考え、ホームページを作り、部活動の様子を動画で紹介。

和気あいあいとした明るい雰囲気を伝えるために工夫をし、関心をもってくれた学生とコミュニケーションをとり、サークルの楽しさを伝え続けたところ、多くの新入生がサークルに入ってくれることになりました。

コロナ禍で不自由さはありましたが、この経験を通じて、新しい試みにチャレンジすることの大切さを学びました。

就職後も諦めずに工夫をして積極的に行動し、仕事に取り組んでいきたいです。

Point

問題解決能力やチャレンジ精神を発揮し、成果を出せたことが分かる内容です。コロナ禍で思うように行動ができない中で、工夫しながら行動したことが評価されやすいでしょう。

【ガクチカ例文】習い事(書道)

私は、学業とともに小学生から習い始めた書道に取り組みました。

アルバイトでは宛名や熨斗を書く機会が多く、人の目に触れられることを意識し、温かみが伝わるような柔らかい字で書くことを心がけました。

お客様から優しい字だとお褒めの言葉をいただいたり、あなたに書いて欲しいとリクエストされたりすることもあり、より美しく心に残る字を書きたいと思い、コロナ禍での自粛生活で再び始めることにしました。

書道は、字の視認性を高めるだけでなく、コロナ禍の不安な気持ちが落ち着き、気分転換にもなります。

仕事では字を書く機会も多いと思いますので、これまでの経験を活かして仕事に取り組んでいきたいと思います。

Point

趣味や習い事のエピソードもガクチカで使えます。ここでは、アルバイト先でのお客様とのエピソードが書かれているので、具体的なシーンや姿勢がイメージできますね。

【ガクチカ例文】アルバイト(家庭教師)

私が学生時代に力を入れて取り組んだ経験は、家庭教師のアルバイトです。

担当していた中学生の生徒さんは英語に苦手意識を持ち、意欲も落ち込んでいました。

そこで英語を少しでも好きになってもらい、成績を上げてあげたいと思って英語で交換日記を書くことを提案。

生徒さんが理解できるように分かりやすい英単語を使い、文章を綴りました。
また生徒さん自身も、交換日記を続ける中で、分からない英単語は辞書を調べ理解するようになりました。

その結果、1年で英語の成績を20点上げることに成功し、苦手意識もなくなりました。

ここから、難しいことや苦手なことでも、できることから始め、ポジティブに取り組むことの大切さを学び、御社でも工夫しながら仕事に取り組んでいきたいと思っています。

Point

問題に対してどのように向き合い、解決に導いたかということや、具体的な数字が書かれているので伝わりやすいメリットがあります。目標達成まで段階的に取り組んでいた様子を書くと、分かりやすく伝えることができるでしょう。

ガクチカが本当にない!どうすればいい?

どれだけ考えても「ガクチカがない!」という方は、以下の方法も検討してみてください。

新しいことにチャレンジしてみる

ガクチカがない方は、今からガクチカに取り組んでみるのもおすすめです。

例えば、ボランティアや友人との交流、インターン、資格取得、新しい趣味・アルバイトなど経験したことがない分野にチャレンジしてみましょう。

これまで気づかなかった自分自身の魅力や強みを発見できるかもしれません。

ガクチカで悩む人は多いことを知る

ガクチカがないと就活が不利になる、と悩む就活生は少なくありません。

実はガクチカがあるのに気づかない方や見つけられない方もいますが、中にはコロナ禍では行動制限によって「学生時代に何も経験できなかったと」感じる就活生が多いのです。

ガクチカへの不安は自分だけではない、ということを知っておくだけでも心が楽になりますね。

ガクチカに強いプロに相談してみる

「それでもやっぱりガクチカが本当にない!」そんなときは、就職のプロが心強い味方になってくれます。

新卒向けエージェントを利用することで、自己分析やキャリアカウンセリングを通じて、ガクチカを見つけるサポートや客観的なアドバイスをもらえます。

キャリアアドバイザーと相談しながらESの添削もしてもらえるので、就活のプロの意見を参考にしてみましょう。

ガクチカ対策充実!新卒向けエージェント2社

それではガクチカに悩む方におすすめの新卒向けエージェントを2社紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ES対策を万全にしたい方は「キャリアチケット」

「キャリアチケット」はレバレジーズ株式会社が運営する新卒向けの就職エージェントです。
「最高のキャリアスタートを支援する」をモットーに、就活生のキャリアプランをサポートし、その人に合った就職先とのマッチングを実現します。

キャリアチケットが大事にしていることは、就活生の希望やニーズに合った就職先を提案するだけでなく、入社後のキャリアを見据えた就活です。

自己分析のサポートから内定獲得まで、新卒の就活事情に精通したアドバイザーがマンツーマンでサポートします。
また、ガクチカの添削や業界研究、ES対策も実施されているのでガクチカを作ることに不安を感じている学生はノウハウを学べるでしょう。

公式サイト https://careerticket.jp/
地域 全国
選ばれる理由 キャリアの価値観に合った企業とのマッチングが可能なスカウトサービス

首都圏企業に特化した選考対策を受けたい方は「シュトキャリ」

「シュトキャリ」は首都圏企業への就職に特化している新卒向けの就職エージェントで、ヒトツメ株式会社が運営しています。

首都圏での就職を検討している就活生に対して、キャリア相談からESや履歴書のアドバイス、面接対策、面接後のフィードバックなど幅広い就職支援を提供しています。

シュトキャリのキャリアアドバイザーは、企業側と就活生側の双方を担当しているため、業界の動向やリアルな企業情報に精通。

それぞれの企業の選考に合わせた対策や書類選考なしの特別選考が充実しています。
学歴に自信がない方やガクチカでアピールできることがない方も、内定獲得に向けて自己分析や書類添削、面接対策のサポートが充実しているので安心です。

公式サイト https://hitotume.co.jp/shutocari/lp/
地域 首都圏
選ばれる理由 首都圏企業の情報や就活事情に精通しているアドバイザーによる寄り添った就職支援

【まとめ】ガクチカで自分らしさを企業にアピールしよう

「ガクチカがない、就活でガクチカをアピールできない」と悩む就活生の方に向けて、ガクチカで企業が見ているポイントやガクチカがないときのESの書き方・例文、ガクチカがない場合の対処法について解説しました。

ガクチカは、成果や実績よりもガクチカに取り組んできたプロセスや経験して感じたこと、姿勢が重要です。

コロナ禍でガクチカができなかった方やガクチカが見つけられない方は、このままでは就職できないと不安を抱く方も多いかと思います。

しかし、ガクチカに自信がなくても諦めず、自分らしい取組みをガクチカとして企業にアピールすることを意識しましょう。

それでもエピソードが作れない方は、就活のプロであるエージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

自己分析のサポートやES・面接対策で、あなたらしいガクチカエピソードを作成しましょう。


新卒・就活生におすすめ関連記事

大学生のなりたい職業ランキングと就職先の見つけ方
就活を進めていく中で、「周りはどうしているんだろう」「どんな職業を目指していこうか」と悩む就活生は多いと思います。ここでは、ランキング形式で大学生がなりたい職業を紹介しています。
履歴書の特技欄で使える特技10選
履歴書の特技欄に悩まされる人は多いのではないでしょうか。特技欄にも意味があり、選んだものによっては強みとなります。「すごい特技ですね」といわれたい人必見です。
就活やっておけばよかったランキング
最初は誰も就職活動のやり方について教えてくれません。後悔しない就職活動にするために先輩から集めた、就活でやっておけばよかったことについてまとめています。
法学部女子におすすめの就職先とは
自分に向いている仕事は何だろうと悩む学生は多いです。せっかく苦労して入った大学で学んできたことを活かせる職業が見つかるかも。悩める法学部女子におすすめな就職先の紹介をしています。
新卒で働きたくないと考えるのはダメなこと?
仕事へのやる気が出ない。働きたくない。そう思う新卒社員の人も多いのではないでしょうか。そう思うことは決してダメなことではありません。働きたくないと考えてしまう理由や、働きたくないときの対処法などについて紹介しています。
新卒でもクビになることはあるのか
「仕事で何回も同じミスを繰り返してしまう」「よく上司から注意されたり怒られたりする」そんな悩み・不安を持つ新卒1年目社員は少なくありません。このままだとクビ…?と心配になる気持ちもわかりますが、この記事を読んで冷静になりましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷