就職浪人は不利?

卒業後に自分の夢や理想にあった就職先を見つけ、社会人デビューを果たすのは、就活生の憧れですよね。けれど、必ずしも理想通りにいかなかったり、また就活を必死に頑張ってきたのに、全然内定がもらえない…。内定がもらえないままとうとう卒業…。なんていう現実もないとは言い切れません。

そんな時に「就職浪人になるってどうなんだろう?」と考える就活生もいるのではないでしょうか?
今就職できないなら、もう1年就職浪人をして、また来年改めて就活をしたら、今度こそ憧れの業界で仕事ができるようになるかもしれない。就活のノウハウも今回で理解したし、来年こそは内定をもらえるかもしれない。

でも、「就職浪人は不利」なんて言葉、聞いたことはありませんか?
就職浪人は本当に不利なんでしょうか?就職浪人を選択するメリット・デメリットも含め、一緒に考えてみましょう。

就職浪人と留年はどう違うの?

就職浪人とは言いつつ、留年とはどう違うんだろう?と疑問に思っている人はいませんか?結局1年見送った上で就職する年齢が一緒であれば、違いはないのでは?そう思えますが、その違いは企業側の印象などに大きく関わってきたりします。

留年は学校を卒業せずに、もう1年在学をすること。ですから、就活時には留年していようと新卒という扱いになります。一方、就職浪人は既に学校を卒業しているので、既卒の中途採用扱いとなります。

新卒であれば、留年した理由などを面接で聞かれることもあるかもしれませんが、履歴書に空白期間がないので、職歴の面では面接官からの追求を受けることはないでしょう。ですが、就職浪人は卒業から1年の間に、履歴書に空白期間が生まれてしまいます。

その一年間にアルバイトをしていたとしても、それはあくまでアルバイト。フリーターです。「なぜ就職しなかったのか」「その間に何をしていたのか」など、突っ込まれた質問を受けることはほぼ間違いないことと思います。

今年は全然内定がもらえなくて、就職することができなかったけど、今年の経験を活かせば来年こそは内定がもらえるはず!といった安易な考えで就職浪人を選ぶのは、リスクが高いことを理解しておく必要があるのです。

就職浪人を選択するデメリット

・新卒ではなくなるため、企業側の印象が変わる
・就職浪人を選択した事に明確な理由がないと、「就職を失敗した人」とレッテルを張られる可能性がある
・前年からのスキルアップが求められる

先にも言っていますが、企業側の面接官は仕事に対する意欲や熱意を見ています。新卒者に関しては資格や学校で何を学んだのかなどを見ていますが、加えて既卒者に関しては更に付随する経験を求めているのです。

そこで第二新卒、または転職者であれば一度社会に出た経験を評価できますが、就職浪人に関してはそんな社会人としての経験があるわけでもなく、けれど第二新卒や転職者と立ち位置が一緒。そう考えてみれば、どう見ても不利であると言わざるを得ませんよね。逆に、就職に失敗して、就職せずに何をしていたのだろう?と見る面接官は、決して少なくはないと認識しておく必要があります。

その上で、企業にとってメリットになるスキルを身につけていたということであれば評価されることもあると思いますが、もしそうでない場合は、逆に評価が下がってしまう恐れもあります。

ですから、「自分の希望する職種で採用されなかった」「頑張ったのにどこにも就職できなかった」といった曖昧な理由だけで就職浪人を選択するのは、とてもリスクが高いということを認識すべきと言わざるをえません。

内定をもらうためには自己分析が鍵!

就活をする上で重要なのは、自己分析をしっかりと行うことです。
・自分にはどんな作業をするのが向いているのか
・どんな職場環境で働きたいのか
・得意とする分野をどんな職種でなら活かせるのか
・希望する職種で自分は何ができるのか

自己分析をしっかりとすればするほど、自己PRは魅力的なものになりますし、面接でも質問に詰まることは減ることになると思います。なぜなら、自己分析をすることで、志望する企業も明確に選ぶことができるからです。自分が企業に何を求めているのか、また企業にどんな貢献ができるのか、自分の意志でしっかりと比較選択した企業なら、質問にどう答えればいいのか、自分的にも分かりやすくなりますよね。

面接官はあなた一人ではなく、たくさんの就活生を相手にしています。テンプレ応答はすぐバレるので、自分の言葉で伝えればそれはしっかりと印象に残るはずです。

例えば就職浪人をしてでも、どうしてもこの企業じゃなければダメ!この業界でどうしても働きたかったという意志があれば、それは逆に熱意として好意的に受け取ってくれる場合もあります。

まずは自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、自分の魅力と足りないものをしっかりと自己分析しておくのが、就活成功の鍵です!

スキルアップができる制度を利用するのも手

ハローワークでは給付金制度を利用しつつ、職業訓練を受けることができることは知っている人も多いと思います。その他にも、若年者層の就職支援として、スキルアップを目指しつつ正社員になれるという制度があることを知っていますか?ここではそんな制度を紹介します。

■「わかものハローワーク」「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」
全国のハローワークに設置され、地方にはよりますがおおむね45歳未満の若年者層の就職支援を行っています。窓口には企業の人事などを経験した専門の職員が担当者として、個別に相談に乗ってくれます。通常のハローワークで行われる仕事紹介サービスのほか、カウンセリングを行った上で履歴書などの応募書類・面接対策なども行いつつ、細やかなサービスを受けることができます。

■「若者キャリア応援制度」「若者正社員チャレンジ事業」
派遣会社と提携して行われる就職支援制度です。こちらは派遣会社の「紹介予定派遣」という制度を利用して行われるサービスになります。派遣会社でセミナーや職業訓練を受けた後で、実際に企業で一定期間働き、その後本人と企業同意のもとで正社員雇用のチャンスがあるという、とても実用的な制度になります。

これらの制度は今まで経験がない分野でも、研修や勉強ができた上で、仕事を企業で経験することができ、正社員雇用の前に自分に自信が持てるようになったという声も多く、更に正規雇用の前に会社の雰囲気などを見て、就職を決めることができます。

特に就職浪人で就職ができるのかと不安になった人にはぜひおすすめの制度です!

就職エージェントに相談するのもオススメ

他にも、1人で就職活動しているけれど、まったく内定を貰えず、もうどうしたらいいのか分からない…そんな風に煮詰まってしまった人におすすめなのは、就活のプロに相談してみることです。

就職エージェントとは、個別に担当者が付き、適性や将来設計、本人の希望などをカウンセリングを行った上で、その人その人に合った企業を紹介してくれるサービスです。そして、他にも応募書類の書き方や、面接対策、セミナーの参加などのサポートも行ってくれます。さらに、就職後にも企業との給与面や待遇に関する折衝をしてくれるという、アフターケアまで行ってくれるエージェントが多いのも魅力です。

就職エージェントで就活を成功させた人には、自分一人ではなかなか気づけないような適性やアピールポイントを、第三者の目線で発見してくれたという声も多く上がっていて、内定を貰えず八方塞がりの人にはぜひオススメしたいサービス。

特に就職浪人の人は、企業によっては新卒就活生に対して一歩分のハンデを負っていると考えられることも多いので、エージェントのバックアップはかなり心強い味方になってくれると思います。

でもこういうサービスって高額そう…と思うかもしれませんが、実はアフターケアも含む全サービスを無料で行っているところが多いのです!ネット検索してみれば、たくさんの就職エージェントサイトがヒットしますので、まずは検索してみることをおすすめします。

就職浪人が就職成功のために必要なこと まとめ

就職浪人は不利なの?と考える方へ。はっきり言って、決して安易に選択すべきではないと思います。けれど、どうしても叶えたい夢があるのなら、やむを得ないこともあるでしょう。ただ、その前に就職浪人を選択する上でどんなメリットとデメリットがあるかをしっかり理解した上で、自分がどうするのがいいのかを選択してください。

どうしたら自分の夢をかなえられるのか、そのために自分はどうしたらいいのか、まずは色々調べてみるのが一番だと思います。就職浪人から成功するために何をしたらいいのか、また自分に合った制度を利用するのも手です。

一つの方法に囚われず、色々試してみると視界が開けるかもしれませんよ!