> イチから始める!ハローワークかんたん登録ガイド

イチから始める!ハローワークかんたん登録ガイド

ハローワークは公的機関という安心感がありますが、雇用保険(失業保険)受給手続き以外であえて利用する必要があるのかと感じる人も居るのではないでしょうか?ここでは、ハローワークの登録方法、求人を探す手順など分かりやすく解説します。ハローワークを利用すべき人、利用しない方がいい人とは?
392 views

イチから始める!ハローワークかんたん登録ガイド

就職・転職先を探す手段として公共職業安定所(職安)、いわゆるハローワークを利用する人も多いと思います。ハローワークは国(厚生労働省)が設置する行政機関であり、求職者の求職申込み、就職・転職相談(指導)や職業紹介、雇用保険の受給手続きなどを行っています。

ハローワークは公的機関という安心感がありますが、就職・転職活動の方法にはハローワーク以外にも転職サイトや転職エージェント、求人誌など様々なものがあり、あえてハローワークに登録する必要があるのかと疑問に感じる人も居るのではないでしょうか?

就職・転職活動に於いてどんな方法にもメリット・デメリットがあるので、大切なのはいかに自分に合った方法で就職・転職活動を進めていけるかだと思います。

就職・転職活動の一つの候補としてハローワークについて知っておくことは決して損にはなりません。ハローワークの登録場所や登録方法、求人を探す手順など分かりやすく解説していくので参考にしていただければ幸いです。

ハローワークの登録に必要な持ち物・服装

【登録手順】

まず、ハローワークを利用するためには求職者登録をする必要があります。最寄りのハローワーク(※雇用保険の手続きをする人は住所を管轄するハローワーク)に行き「求職申込書」を記入します。

「求職申込書」‥氏名・住所・連絡先・希望する仕事・希望就業形態・希望勤務時間・希望収入・条件、その他希望・学歴・経歴・直近の勤務先等を記入

求職申込書の記入時間を短縮したい人やゆっくり落ち着いて考えながら記入したい人は自宅などのパソコンからハローワークインターネットサービスを利用し、仮登録をすることも可能です。あくまでも仮登録なので仮登録日を含む1週間以内にハローワークの窓口で手続きを完了させ本登録となります。仮登録後は仮登録番号を控えておきましょう。

求職申込書を提出し受理されると「ハローワークカード」を渡されます。ハローワークカードは就職・転職相談や希望求人の紹介の際に使用するので、ハローワークに行くときには必ず持参しましょう。
※受け付けた求職申込みの有効期間は、原則として受理した日の翌々月の末日までとなっています。

【持ち物】

求職者登録をするために初めてハローワークへ行く場合、身分証明書や印鑑が必要なのかと思うかもしれませんが特に必要な持ち物はありません。

しかし、求職申込みには学歴や職歴を記入するところがあるので記入済みの履歴書や職務経歴書があると便利です。

※雇用保険(失業保険)受給手続きの場合には、「離職票」「雇用保険被保険者証」「本人確認書類」「写真(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの)2枚」「印鑑」「本人名義の普通預金通帳(郵便局は除く)」が必要となります。

 

【服装】

服装にも特に決まりはないので普段通りの私服で大丈夫です。
ラフな服装で来る人も居ればスーツで来ている人も居ます。ただ、服装が自由とは言え常識の範囲内で行くようにしましょう。

ハローワークの開庁時間、登録に掛かる時間

ハローワークは原則、平日8:30~17:15まで開庁しており各種窓口を利用することが出来ます。土曜日・日曜日・祝日・年末年始は業務を行っていませんが、施設によっては平日8:30~19:00とサービス提供時間を延長しているところ、土曜日も開庁しているところがあるので「全国ハローワークの所在案内(厚生労働省)」などを利用し最寄りのハローワークの開庁時間を事前に確認をしてから訪問しましょう。

また、ハローワークの求職者登録では求職申込書の記入・記入した求職申込書に沿った確認や相談で概ね30~40分、待ち時間なども考慮すると1~2時間程度掛かることが予想されるので時間に余裕を持って行くようにしましょう。

ハローワークでは9:00~17:00の間の利用を勧めています。少しでも待ち時間を少なくしたいのであれば朝の早い時間帯がおすすめです。

求人検索~面接、採用までの流れ

ハローワークで求職者登録を済ませた後の流れは以下のようになっています。

1.ハローワークにある求人情報提供端末(求人検索用パソコン)を使い求人情報を探す。または、オンラインシステムを使い窓口職員と一緒に求人を探すことも出来ます。ハローワークインターネットサービスを利用すれば自宅やスマートフォンからも求人検索が可能です。
※ハローワークの窓口では、「具体的な求職活動の仕方」「応募書類の書き方」「面接の受け方」など就職に関するあらゆる相談を受け付けています。
 
2.応募したい求人が見つかったら、窓口の職員にその旨を伝えます。資格・経験等が求人票の要件に満たして居ない場合でも、窓口職員から応募できるように求人事業所へ働きかけを行うこともあるので、諦めずにまず相談をしてみましょう。
求人事業所へ連絡を取った上で「紹介状」を渡します。
 
3.紹介状を持ち、ハローワークから指定された日時・場所へ面接を受けに行きます。
※ハローワークでは予約形式での個別相談や求職活動で必要な履歴書、職務経歴書の作り方や面接の受け方などが受けられる各種セミナーも実施しています。
 
4.選考の結果、採用されると紹介先から連絡があります。選考結果はハローワークにも必ず連絡を入れましょう。不採用の場合は1~3を同じように行います。

 

ハローワークの疑問あれこれ

在職中でもハローワークに登録できる?

A.在職中でも求職申込をし、職業相談・職業紹介を行っています。しかし、退職時期が明確でない場合は求人企業、現在勤めている会社などとのトラブルを避けるために配慮が必要となる場合もあります。

求職登録カード(ハローワークカード)の期限が切れた場合は?

A.ハローワークカードの有効期限は受理した日の翌々月の末日まで(例:1月20日に受理→3月31日まで)ですが、求職者登録情報がデータとして残る2年間であれば窓口にその旨を申し出ることで何回でも更新することが出来ます。ハローワークカードを紛失した場合も同じく2年の間であれば再発行が可能です。

登録だけすることは可能ですか?
A.出来ます。登録後2年間は求職者登録情報が保存されているので期間内であればハローワークカードの更新のみの手続きで引き続き利用できます。

求職者登録後に引っ越しをした場合はどうなる?

A.仕事探しのみの求職者登録であれば、登録をした場所以外の引っ越し先のハローワークで職業相談・紹介を引き続き行うことが出来ます。ハローワークカードを窓口に出し、住所変更などをしてもらいましょう。
※失業保険を受給している場合は、なるべく早く新住所を管轄するハローワークに住民票と印鑑を持って手続きを行う必要があります。

直接応募は出来ますか?

A.ハローワークインターネットサービスには直接応募が出来る求人もありますが、その場合はハローワークからの紹介とはなりません。基本的には窓口の職員に相談し紹介状をもらってから面接に行く流れとなります。企業によっては紹介状が無いと面接が出来ない場合もあるので、直接応募でなく職員に相談してからが望ましいです。

応募した求人を辞退することは出来ますか?

A.可能です。必ず応募先企業に辞退の連絡を入れ、その後ハローワークにも連絡を入れましょう。辞退を繰り返すとハローワークからの紹介を受けられなくなる場合もあるので注意してください。

ハローワークに登録後でも、他の求人・転職サービスを利用してもいい?

A.問題ありません。積極的に仕事探しをしましょう。

その他ハローワークでできること

ハローワークでは職業相談・紹介、雇用保険の受給手続きなど以外にも求職活動に役立つセミナーや職業訓練(ハロートレーニング)等も行っています。ハローワークのサービスを積極的に利用することで就職・転職活動をより充実したものにすることも可能です。

【自己分析・労働市場分析】

・自己分析‥どのような仕事に就くか迷っている人には適性検査や職務経験の棚卸しを行う
・労働市場分析‥就職したい地域の状況や労働市場情報の提供

【各種セミナー】

・履歴書対策セミナー
・面接対策セミナー
・ビジネスマナー
・コミュニケーションセミナー
・女性のための就職支援セミナー
・シニアセミナー
・介護職セミナー
・就職活動基本セミナー など

【職業訓練(ハロートレーニング)】

”公共職業訓練”と”求職者支援訓練”の2つがあり、どちらも仕事に就くために必要な職業スキル・知識を取得するための講座を無料で受講できる。

(例)
・ITパソコンマスター科
・簿記・税務会計科
・フードコーディネーター養成科
・宅建・FP科
・介護職員初任者研修 など

 

ハローワーク利用すべき人・利用しない方がいい人

ハローワークの求職者登録や求人検索方法、業務内容などについて解説してきましたが、最後に就職・転職活動の方法としてハローワークを利用すべき人、あるいはハローワークを利用しない方がいい人についてまとめてみたいと思います。

ハローワークを利用すべき人

  • 地元で就職・転職をしたい人(ハローワークでは地元の中小企業の求人を多く紹介しているため)
  • 職業訓練を受講しスキルを身につけ就職・転職したい人(無料で受講できるのでおすすめ)
  • 転職エージェントなど人材紹介会社では採用にまで至らなかった人(比較的採用のハードルが低い)
  • パソコンやスマホを使った転職活動が苦手な人(窓口職員に相談すれば問題ない)

ブラック企業に人材紹介するメリットがない

ハローワークを利用しない方がいい人

  • 自分で求人を探すことやハローワークに出向くことが面倒な人(自らが行動に移さない限り先に進めない)
  • 大手企業で働きたい人(ハローワークには中小企業や地元の零細企業の求人が中心)
  • スピーディに就職・転職を成功させたい人(時期によっては応募までに時間が掛かることも)

ブラック企業に人材紹介するメリットがない

まずはハローワークに行ってみましょう

ハローワークの登録から求人検索、応募の流れをまとめました。特別難しいこともないので、まずはハローワークに出向いて手続きを始めてみましょう。

ハローワークで求人を探しながらも他の人材紹介サービスと併行して就職・転職活動を進めていくことも可能なので、自分に合った方法で効率良く仕事探しをしていきましょう。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,973views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
24,144views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,682views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,373views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,198views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,825views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,023views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,186views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,569views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
11,086views
ページのトップへ