引きこもりでも続けられる仕事はある!不安に向き合い就職するためのステップ

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

引きこもりの人の中には、現状を変えたいと思うに至り、何か仕事に就きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ただ、「本当に自分は仕事に就けるのか」「何から始めたらいいのか」「どんな仕事が向いているのか」、わからないことがたくさんありますよね。

本記事では、引きこもりの人が抱える不安に寄り添い、向いている仕事や仕事に就くまでのステップを解説します。

引きこもりの人も正しく探せば活躍できる仕事はきっとあります。
就職を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

引きこもりの人が抱えがちな仕事への不安とは

長期間に及んで引きこもりの生活が続いている人には、いざ仕事に就こうと思い立ってもいろいろと不安があって当然だと思います。

以下では、みなさんが抱える代表的な不安とその向き合い方について説明します。

引きこもりの人が抱えがちな仕事への不安
  • そもそも新たに就職できるか、業務をこなせるか
  • 上手くコミュニケーションをとれるか
  • 他の人にどう見られているか

そもそも新たに就職できるか、業務をこなせるか

引きこもりの人は、採用してくれる企業はあるのか、実際に働き出してもしっかりと業務を完了することを継続できるか不安になるかもしれません。

引きこもりの期間が長期に及んでいる場合、スキルを積み上げられていない状態であったり、年齢が高くなっている、規則正しい生活に慣れていないこともあるからです。

不安への向き合い方

  • 未経験者や初心者でも採用している企業や、教育制度が整備されている企業はあるので心配しなくて大丈夫。
  • 生活サイクルを少しずつ戻して行動を起こしていけば、採用してくれる企業もみつかるでしょう。
  • 実際に働く企業は、一つ見つかれば良いのです。
  • 不採用になることを一つ一つ気にする必要はありません。
  • 上手くコミュニケーションをとれるか

    業務上だけでなく業務外の時間でも、同僚と上手くコミュニケーションをとれるか不安な人も多いかもしれません。
    実際に引きこもりの原因自体がこの問題で、今後払拭できるのか気にしている方も多い印象です。

    不安への向き合い方

  • まずは、コミュニケーションを多く取る仕事は避けましょう。
  • それでも、全く取らないで良い職場はあまりないでしょう。
  • 話しかけられれば共通の話題である業務内容や日常会話程度の話をすれば良いのです。
  • 誰かに愚痴を吐き出したり、「ダメならまた違う企業を探せばいい」くらいに気楽に考えて、自分を追い詰めないことです。
  • 他の人にどう見られているか

    新たに入社すると色々な人に経歴を聞かれたりして、引きこもりの期間についてどう評価されるかが気になることもあるかもしれません。

    不安への向き合い方

  • 他人からの評価を想像すること自体は社会性の一要素であって、ダメではありません。
    ただし、それを気にしすぎる必要もありません。
  • そもそも他人はそこまであなたに興味を持っていないことがほとんどです。
  • 与えられた業務を淡々とこなしましょう。
  • そうすれば職場におけるあなたの評価は自然に上がっていきます。
  • 引きこもりに向いている仕事とは

    引きこもりの人と一口に言っても、それぞれ引きこもりになった原因が異なるように、当然それぞれ向いている仕事も異なります。

    具体的には、引きこもりに至るまでの経歴やスキル、年代、希望する業務内容が体力系か事務処理系かなど、様々な要素によって向き不向きも決まるでしょう。

    以下では、未経験からでも就職しやすく、引きこもりの人に向いている仕事を挙げて、その理由と就職のためのエージェントを紹介します。

    引きこもりの人に向いている仕事

    期間工 寮付きの高収入で、大企業へ正社員登用のチャンスもある
    介護職 就職しやすく、体験も活かせる
    清掃員 人と接する場面が少なく、経験を積めば自由度も高い
    警備員 中高年からでも採用されやすく、夜勤もある

    期間工

    体力も十分あって、未経験からでも高収入が狙える職に就きたいという意欲のある人には、期間工がおすすめです。

    業務内容は、自動車や電子部品のメーカーの工場内での部品作成のオートメーション作業です。

    引きこもりに期間工がおすすめな理由

    引きこもりに期間工がおすすめな理由は、寮付きの高収入で、大企業へ正社員登用のチャンスもあるということです。

    期間工は大企業の有期雇用の契約社員で、一年目から日本の平均年収かそれ以上の給与である400万円~500万円を得られます。

    寮付きの高待遇のことも多く、現場での姿勢が認められれば引きこもりの経歴に関係なく正社員になれるチャンスもあります。

    体力・気力ともに充実する状態まで復調していれば、チャレンジする価値のある仕事です。

    期間工のホワイト求人を探すなら【期間工.jp】

    期間工を希望する人は内定者実績が魅力の期間工.jpに登録が効率的です。

    製造業に精通した採用カウンセラーがきめ細かく内定までサポート。

    多数の大手メーカーから希望に合う企業を紹介してもらえます。

    公式サイト https://kikankou.jp/
    対応地域 全国
    おすすめポイント 多数の大手メーカーから選べる。

    介護職

    比較的若くて体力があり、コミュニケーションにも今後前向きに取り組む意欲のある方には介護職がおすすめです。

    業務内容は、要介護者の自宅での日常生活のサポートや、介護施設入所者の生活の介助やレクリエーションの企画・運営などです。

    引きこもりに介護職がおすすめな理由

    引きこもりに介護職がおすすめな理由は、就職しやすく体験も活かせるということです。

    介護業界は近年も慢性的な人材不足に陥っています。
    そのため、引きこもりの人のような未経験者でも需要はあり就職はしやすい状況にあります。

    もっとも、要介護者を物理的に補助するため、ある程度の体力とその際のコミュニケーション力は必要となります。

    しかし、まだ若ければ徐々に体力を戻すことも可能であり、介護度の低い方が入る施設を選ぶこともできます。

    なにより引きこもりの人は自分も辛い思いをした体験から、人の痛みがわかる人も多いはずです。

    介護を必要とする人の痛みに寄り添ってコミュニケーションできれば、必要とされる喜びを知って素晴らしい介護従事者になることができるでしょう。

    介護職のホワイト求人を探すなら【レバウェル介護派遣】

    介護職の仕事を探すなら、レバウェル介護派遣を利用しましょう。

    いきなり正社員からスタートするのはハードルが高いですが、派遣なら「週3日」「日払い可」などの条件が選べます。

    登録すれば専任の就活アドバイザーが相談に乗り、書類添削や面接対策も受けることが可能です。

    公式サイト https://job.kiracare.jp/feature/wp4/
    おすすめポイント 事前の職場見学が可能

    清掃業

    比較的若くて体力はあるけれども、コミュニケーションにはまだ苦手意識が残っている方には清掃業がおすすめです。

    業務内容は、人が使い終わった場所(部屋や施設)を清掃することです。

    引きこもりに清掃業がおすすめな理由

    引きこもりに清掃業がおすすめな理由は、人と接する場面が少なく、経験を積めば自由度も高いということです。

    仕事をする場面には既に人がいない又は人が少ないのが接客はあまりないのが特徴です。

    ただし、人と接する機会が全くないわけではありません。
    チームでの作業も多いのでそこは注意してください。

    その点で同僚と作業に必要な最低限のコミュニケーションは必要となりますが、経験を積むと次第に任せられることが広くなり自由度も高くなる傾向も。

    チームのリーダーになれば清掃場所の管理者と基本的なビジネスマナーを持って対応することも出てきます。

    ただし、現場は慣れれば淡々と進めることのできる業務なので、それらを希望する人には向いている職業です。

    警備員

    人と接する機会はあまり望んでおらず、昼夜の自分のリズムにあった時間帯で働きたい人には警備員がおすすめです。

    業務内容は、要人や財産を危険から守るものから、工事現場や公共・商業施設での見回り・交通誘導・施錠などを任されるものまで多種あります。

    引きこもりに警備員がおすすめな理由

    引きこもりに警備員がおすすめな理由は、中高年からでも採用されやすく、夜勤もあるということです。

    簡単な現場であれば、長時間に及び疲れることもありますが体力がそこまで必要とされるわけではないため、未経験でも中高年の方も採用されやすい仕事です。

    基本的に業務も単純で同僚とコミュニケーションを取る必要はあまりないので、それに負担を感じている人にはぴったりです。

    また、夜勤業務も存在するため、夜型の人には勤務しやすく、給与も高くなるというメリットもあります。

    引きこもりの人が仕事に就くためのステップ

    引きこもりの人がいきなり正社員として働き始めることは現実問題として高いハードルなので、あまり長続きしそうになければ避けたほうが良いでしょう。

    以下では、引きこもりの人が継続できそうな仕事に就くまでのステップについて提案します。

    仕事に就くまでの3ステップ

    • まずは自分を肯定し、現状把握する
    • できることから始める
    • エージェントを使って就活

    まずは自分を肯定し、現状把握する

    引きこもりの人には就職するに当たって様々な不安がつきまとうでしょう。
    しかし、必ず向いている仕事はあります。
    まずは、自分を肯定することから始めましょう。

    次に、現在自分が就業することができる健康状態にあるか確認しましょう。

    不規則な生活リズムや運動不足によって体力が低下していたり、場合によっては精神疾患を抱えている人もいるでしょう。

    仕事に就くことが可能な状態まで復調してからでも遅くはありません。
    焦らず前向きに取り組むのが肝要です。

    そして、健康が確認できれば、難しく考えなくていいので自分は何ができるか、どんな能力があるかを考えてみましょう。

    考えてみて特に無いなと思ったら、好きなことや嫌いなことを洗い出すだけでもいいのでやってみてください。

    このようにして継続できる仕事を探すための準備をすすめます。

    できることから始める

    健康状態も含めて継続的な就業ができる状態に戻すために、まずはできることから始めて慣らしていきましょう。

    例えば、決まった時刻に起きて決まった時刻に眠る、食事をしっかり取る、短時間でも良いので家から外へ出て散歩や軽い運動をする、などです。

    その上で、いきなり正社員を目指すのではなく、単発・短期のアルバイトや契約社員などで仕事ができるか試してみるのも良いでしょう。

    仕事に対する小さな成功体験を積み重ねることで自己肯定感を上げて、就職活動を前向きに進めるメンタルを作るのがおすすめです。

    エージェントを使って就活

    応募する企業を探すのにぜひ活用して欲しいのが就職エージェントです。

    正社員として仕事ができる状態まで復調しても、就職活動は何から手をつければ良いのかわからないのが普通だと思います。

    自分ひとりで最初から仕事を探すのは大変で、せっかく湧き上がってきたモチベーションも失ってしまう危険性すらあります。

    就職エージェントに登録し、専門家のサポートを受けながら就職活動を負担なく進めてください。

    【まとめ】引きこもりでも向いている仕事は必ずある

    本記事では、引きこもりの人がどういうステップを踏んで、どんな仕事に就くのが向いているのか解説しました。

    なぜ引きこもりの期間が生まれたのか、もう仕事に就くまで復調できたのか、就業意欲が湧いてきたならば冷静に分析しましょう。

    その分析結果も含めて、まずは自分を認めてあげることから始めるのはいかがでしょうか。
    辛い思いをしたからこそ、引きこもりの人の活躍できる仕事が必ずあるはずです。

    その上で、他人と関わることへの意欲や、体力、興味に応じて仕事を選ぶのがおすすめです。

    大切なのはいきなり難しいことに挑戦するのではなく、できることから始めて継続を目指すことです。焦って引きこもりの生活に逆戻りすることにならないように、中長期的に考えて成功体験を積み重ねましょう。

    他人を気にする必要は全くありません。

    就職エージェントもうまく活用して、あなたに合った仕事を見つけてくださいね。


    ニートにおすすめ関連記事

    職歴なしニートの就職活動で『使ってはいけない』転職エージェント
    CMでよく見るあのサービスはニート向きではない?
    【専門家監修】ひきこもりニートは履歴書の空白期間をどう書くべきか?
    脱ニートに向けて、履歴書の空白期間と面接への対策を徹底解説。
    40代ニート引きこもりからの大脱出。無職からはいあがり就職するには
    親にももう頼れなくなってきてしまった40代ニート。これがラストチャンス…!
    ニート・引きこもりに職業訓練は不向き。おすすめできない理由とは
    社会復帰への第一歩として職業訓練校に通おうとしていませんか?職業訓練は脱ニートに不向きかも。
    ニート・引きこもりは無意味に資格取得を目指すべきでない
    安易に「資格を取得すればニートでも就職に有利だ」と思ってはいけません。
    【現実】ニート、引きこもりの末路が悲惨すぎる
    ニートのまま無収入生活を続けていくと、どのような末路を迎えるのでしょうか?
    引きこもりニートからの脱出方法は年齢によって異なる!自分に合ったやり方を探そう
    脱ニートを決意した方のために、ニートの脱出方法を徹底解説します!
    【年代別】ニートが社会復帰できる就職支援とは
    社会に復帰したいニートのために専門家が解説
    脱ニートの壁…バイトの面接と志望動機の対処法
    いきなり正社員になるのはちょっと抵抗が…。そんなニートの為に、バイトについて詳しくご説明します。
    ニートが無職でも収入を得る方法【ネオニートになるには?】
    いつまでも無収入ではいられない…ニートが収入を得る方法とは?

    参考サイト
    厚生労働省
    内閣府
    ハローワーク
    職業情報提供サイト
    日本経済連合会
    転職コンサルタント
    中谷 充宏
    梅田 幸子
    伊藤 真哉
    上田 晶美
    ケニー・奥谷