4歳児になると、就学を意識した外遊びの練習が始まります。

また、今までは上の月齢の子達にサポートして貰っていた立場から、今度は自分達がサポートし、年下との接し方を学ぶ時でもあります。

今回は4歳児の発達に応じたオススメの外遊びについて紹介していきます。
是非とも普段の保育で取り入れて行ってくださいね。

縄跳び

4歳児になったらまず始めて欲しい遊び、それが縄跳びです。

就学すればもう一段階上の大繩も待っています。
授業で縄跳びも勿論ありますし、最低でも二重跳びが出来る様にと言われてしまいます。
縄跳びに親しんでおく事、自分で回しながら飛ぶ感覚を身に付ける事は大切です。
4歳児からは二つの事を同時に徐々に出来る様になるので、縄跳びも出来る様になります。

また、大繩の前段階として、『ゆうびんやさん』遊びなどで、左右に揺れる縄を跳ぶ事も覚えていくと良いでしょう。

けいどろ

役割を意識する事、ルールを意識するにはおすすめの遊びです。
けいどろは一度捕まっても、仲間に助けて貰う事が出来れば再び逃走する事が出来ます。

そうしたルールの中で、仲間との協調の大切さや、泥棒を追いかけつつも捕まった方も気にしなければいけないと様々な方面に気を配れる様になってきます。
遊びの中でも、これだけ学ぶ事があるのです。

しかし、まだまだトラブルの原因も多く、喧嘩になりやすい月齢でもある為、保育士はしっかりと把握をしてルールの徹底に勤めましょう。

色鬼

色彩感覚を養う事、役割を意識して動くには持って来いの遊びです。
子ども達の中に潜む意識のずれや間違い、そして色盲も見抜く事にも繋がります。

子ども達は色を絵本や日常生活の中で徐々に身に付けていきます。
しかし、色と名前が一致していなかったりする事も多々あります。

現在は様々なアニメや特撮で登場する特殊な色を見て育ち、『赤はこれ』とずれて覚えている子もいるようです。
色鬼を楽しむ中で、色と名前の認識を行い、『これも赤なんだ』と知識を広げるきっかにも使えます。

また、子ども達の中には色盲の子もいます。遊びをする中で、明らかに色の違いが分かっていなかったり、色に反応できない場合は保護者へと早めの専門機関の受診を勧めます。

馬跳び

4歳児では設定保育の中で跳び箱を取り入れていきます。
その前段階、仲間との協調性を高める為にも馬跳びがおすすめです。

馬跳びは跳んだ後にすぐに次の馬になる動作を取らなければならず、瞬発力や判断力を養う事にも繋がります。
また、『跳びやすい様にくっつかない』『低くする』など、相手の事を考えて馬の体制を取る事で、相手の立場に立ったものの考え方が身に付きます。

馬跳びは子ども達にも人気で、競争にも使えます。競争で負けてしまっても、そこで得た悔しい気持ちや、『どうすれば勝てるのか』という事を話し合って次に繋げる事で、子ども達も悪い点を改良していく姿勢が身に付きます。

かごめかごめ

4歳児からは自分達だけでかごめかごめも出来る様になります。
クラスが変わって子ども達同士がよそよそしい場合などに、仲間を増やす遊びとして重宝されます。

手を繋いでくるくる回るのは、意外と難しい事ですし、自分だけが先行して走ってしまうと相手に負担がいってぶつかったり、輪が崩れる原因となります。
単純そうに見えますが、相手のペースに合わせて動く事を身に付けるには非常に有効な遊びです。

ドッジボール

3歳児で中当てを経験している子も多いでしょうが、更に4歳児では上に進みます。

ドッジボールは中当てよりもルールが複雑になりますが、保育士が見守っていれば子ども達だけでも十分遊びを展開していけます。

ドッジボールを行う中で、瞬発力を磨き、とっさの判断力も身に付きます。
また、ボールを回し合う事で少しずつ協調性も身に付けていき、ドッジボールだけでも沢山の学びがあります。

しかし、4歳児は力も強くなりますし、ボールを投げるにしてもコントロールが失敗する事も多々あります。
その為、使うボールはビニール製などの柔らかな物にしておきましょう。

登り棒

遊具の中では特に身に付けておきたい遊びです。
上り棒は3歳児から地道に練習していて欲しい遊具です。

手足の力をつける事は勿論、全身の体重移動の方法や、身近に達成感を味わう事の出来る遊びなのです。
小学校でも体育の授業に登り棒を使用する学校もある為、なるべく早めにマスターしておいた方が子どもの為でもあります。

最初はなかなか上手く行かず、『自分には無理だ』と諦めてしまう子も多いですが、そこで保育士の出番です。
『ここまで頑張れたの凄いね』など、子どもの頑張りを認めて褒める事で、子ども達は更にやる気を持って取り組む様になります。

保育士がお尻を支えてある程度まで登らせ、一度達成感を味わわせるのも良いでしょう。
子ども達の性格を見ながら、対応を変えて子ども達の発達を援助しましょう。

ポイント① 保育士ごとでルールを曖昧にしない

自分の考えがしっかりしてきた4歳児だからこそ、理不尽には特に敏感に反応します。
保育士の中には、『これくらいでいいだろう』『〇ちゃんは普段から乱暴な一面があるから、きっと〇ちゃんが悪い』など、思い込みで動いている人もいます。

子どもの普段の様子を把握し、性格傾向を知るのは大切な事です。
しかし、それをきっかけに決めつけへと運んでいくのは大きな間違いです。
そして、『これくらいでいいだろう』という曖昧な気持ちで、その場限りの判断をするのも大きな間違いです。

子ども達が次にトラブルになった際に、『〇先生は〇って言った!』『でも〇先生は〇だよ!』と、保育士が原因となって喧嘩へと発展してしまう事もあります。
また、その場その場でころころと意見を変える事は、子ども達に大人への大きな不信感を持たせるきっかけになってしまいます。

遊びが原因で保育士と信頼関係が崩れてしまう子もいる為、必ず保育士同士でルールを徹底する様にして、誰が話しても同じルールになる様にしましょう。

ポイント②トラブルを理解し、子ども達の納得いく話合いを補助する

常に子ども達が納得できる話し合いを心掛けましょう。
状況を見てもいないのに、『〇ちゃんが〇したんでしょ?聞いたんだよ、謝らなきゃ』など、周りから聞いた事を事実の様に伝えて、一方的に叱るのは間違いです。

まず、全く関係のない第三者の子どもから報告を受けた場合には、『教えてくれてありがとう、〇ちゃん達と話し合ってみるね』と伝えて、一旦場から離れて貰います。
そうしなければ、『〇ちゃんが〇してたから!』と、話合いの合間に隣から声を掛けてくる事もあり、余計に場が混乱してしまいます。
あくまで話し合うのは当事者同士のみにしましょう。

そして、次にトラブルになった子達を隔離して、一人ずつの話を順番に聞いていきます。
『そんな事言ってない!』など、話の途中に感情が高ぶって割り込んでくる子もいますが、そういう場合は、『分かった、でも今は〇ちゃんがお話ししているから聞こうね』と声を掛けて、一人ひとり全員に喋らせる事が大切です。

自分の気持ち、あった事を言葉にして伝え、状況を整理する能力を身に付ける大切な過程です。
こうした話し合いを重ねる中で、段々と事実が見えてくるので、その事実を納得するまで話し合い、子ども達にすっきりして次の遊びに取り組ませるのが大切です。
もやもやを残してしまうと、後に保護者を巻き込んだトラブルに発展する場合もありますし、子ども達は何でも内側に溜め込んでしまう人間に成長してしまいます。

『言葉に出して聞いて貰える』という安心感を子ども達に与えましょう。
何でも保育士が先行するのではなく、4歳児からは見守る事も大切にしてください。

【まとめ】ルールと協調性を身に付ける

上記で紹介した遊びのほとんどが、ルールと協調性を必要とするものです。

就学前という意識を持ち、他人と上手く関係を作る事の出来る様に子ども達の発達を援助しなければいけません。
また、自分の意見をしっかり相手に伝え、相手の意見にも耳を傾けられる様に、遊びのトラブルの際もきちんと双方の意見・状況説明を聞いた上で、納得出来るまで子ども達が話し合う姿を見守りましょう。

4歳児からは自分達で解決する力をつけなければいけません。
保育士はあくまで見守り役だというのを意識しておきましょう。