学生の時に幼稚園教諭の免許を取って、過去に働いてはいたものの現在働いておらず、更新しようか迷っている人もいるでしょう。
しかし、幼稚園教諭の免許更新は現在使っていないとしても、今後少しでも使うかもしれない可能性があるならば、更新した方が良いでしょう。

更新した方が良い理由としては、今後将来働きたくなった時に幼稚園で働く場、認定こども園で働く場合に免許がある人とない人では、出来る仕事や給料の面で待遇が違うからです。

学生の時に学んだ知識も更新と共に思い出したりしますし、免許は持っていて無駄にはなりません。

免許更新に必要な講習は、誰でも受けられるのか

教員免許更新制度は、平成21年4月1日に文部科学省がスタートさせました。
現職の教員だけでなく、過去に教員として勤務したことがある人も含めて更新が義務づけられています。幼稚園教諭もこれに該当するので、免許更新の必要が出てきます。

講習が受講できるのは、教員、採用内定者のほかに、過去に教員として経験がある者、臨時任用(または非常勤)教員リスト登載者など、受講対象者である事が条件です。
過去に教員経験がなく、また教員になる予定もない方は、免許状を持っていても受講する事が出来ません。

申請する場合は、自分が勤務する都道府県の教育委員会に申請します。
また、免許の更新は、有効期限満了日の2年2カ月から2カ月前までの2年間の内に行う様にと指定されています。

更新方法は、まず大学などで開校されている30時間以上の免許更新講習を受講・修了する事、そしてその受講を終えて、都道府県教育委員会に申請します。

有効期限延長が可能な理由に該当する場合や、講習の免除対象者に該当する場合には、そのために必要な申請などの手続きを行わなければいけないので、自分がどれに該当するのか把握しておきましょう。

参考:教員免許更新制の概要|茨城県教育委員会

幼稚園教諭免許はなぜ行うのか?

・保育士と違って幼稚園教諭は文部科学省の管轄である。
・ちなみに保育士は、厚生労働省の管轄である。
・幼稚園は、学校としての機能がある。
・学問を教えるためには、幼稚園教諭として高い性質が求められてくるのだ。
・定期的に必要な最新の知識や技術等を習得することを目的に、平成21年度から免許更新制が導入されたのだ。
・免許更新制度の導入によって、幼稚園教諭として求められる能力や資質を高め、自信を持って子ども達と関わる事が出来る
 ようにという考えがある。
・しかし、一方で更新制度には反対意見もある。
・それでなくても、毎日が忙しいのに何時間も時間を使って勉強して…そんな時間があるなら他の仕事をしたいと思っている
 人も沢山いる。
・結局大学に申し込んでも、人数制限があるのでキャンセル待ちになる事もあるそうだ。
・申し込みが出来るようになったら、すぐに申し込んでおかないといけない。

期限切れに注意!更新申請の手続きについて

では、今回は私が住んでいる茨城県を例に出して説明していきます。

まずは、都道府県の教育委員会のホームページを開きます。そして、その中に必要書類があるので、ダウンロードして必要事項を記入します。

因みに送る場合には忘れずに、各都道府県の収入印紙を3400円分貼らなければいけません。
それと一緒に、更新受講を受けた学校・機関などから送付された証明書の原本を添付しなければいけません。
それ加え、所持している教員免許状を全てコピーし、添付する必要もあります。
もしも免許状を紛失したという人は、教員免許状授与証明書の原本を添付してください。

新しい免許状と、現在の指名または本籍地の都道府県が異なる場合には、戸籍抄本を添付する必要が出てくるので、結婚などで名前が変わった場合は添付を忘れない様に気を付けてください。

そして、県から返信して貰う為に、角2サイズの封筒を入れ、自分の住所と氏名を記載した封筒450円切手を貼ります。

準備が出来たら、県の教育局へ持参するか、簡易書留で郵送します。(※持ち込む場合は送付料である450円分の切手は必要ありません)

更新の証明書は、申請後2~3ヵ月以内に県から送付されるので、それを過ぎても来ない場合は自分で問い合わせる様にしましょう。

通信教育で免許更新

免許更新をする為に受講はしたいという人は多いですが、『中々空いている講座が見つからない…』という人や、『大学まで行っている暇がない』という人も多いです。

幼稚園教諭は私自身も経験したことがありますから、持ち帰りの仕事やサービス残業が重なってしまい、毎日が忙しい為にそんな時間をなかなか捻出するのが難しいというのは非常に分かります。

そんな忙しい人の為に、通信で講習を受講する事も出来る様になっています。
1講座から申し込み出来る所が多く、受講料もそこまで高くはないので、費用面で不安を抱えている人も安心です。

しかし、こうして1講座から受けられるなどの利便性・自分のペースで受けられる事も手伝って受講できる定員がすぐに決まってしまい、受講出来ない場合もあります。
問い合わせをしてしっかりとし、確認して空いている講座を探して申し込みましょう。

また、通信の大学によって受講の仕方も変わってきます。気になった大学をいくつか比較してから受講した方が良いでしょう。

例えば、放送大学ではインターネット通信やテレビ、ラジオ放送で講習を受けることが出来ます。
こうした通信講座で講習を受けた人の場合、受講後に全国の放送大学学習センターやサテライトスペースで修了認定試験を受ける必要があります。
忙しく、仕事があってなかなか大学に通えない人にとってはとても嬉しい措置ですね。

参考:2017年度夏期教員免許更新講習のご案内|放送大学

更新費用負担額はいくらくらい?

皆さんが一番気になっているのは、更新費用の事でしょう。

幼稚園教諭は業務の割に給料が少なく、余裕がある人は少ないです。
『ただでさえかつかつなのに、更新費用までかかるのか…』と、必要な事だと分かりながらもついつい余裕のない私は思ってしまいます。更新費用くらいの給料を出して欲しいものですが、現実は非常に難しいです。

では更新費用は実際どれくらいかかるのか、確認していきましょう。

更新費用は、内容や機関によって多様となっています。
18時間:15,000円や6時間:9,600円という所もありますが、基本は6時間:6,000円の所が多いようです。

講習によっては、別途でテキストなどの教材費がかかる場合もあるので、あらかじめ問い合わせたりホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

幼稚園教諭の免許更新制度の意味

この幼稚園免許更新制度は、改めて教育について勉強するには良い制度だと思います。
しかし、この更新制度でなかなか現場で上手く働けていない教員を選別しようと思っているのであれば、間違いだと言えます。

現在、幼稚園での虐待の問題等もニュースで取り上げられるようになり、世間の注目を集めています。
勿論そうした目がある事で、虐待の抑止力となっている事や、幼稚園教諭や教員の抱える過酷な仕事内容や、取り巻く環境を知ってもらうきっかけとなっており、プラスな面も大いにあります。
しかし、虐待をなくそうと思うのであれば、そうした抑止力を得る事も大切ですが、幼稚園教諭の心のケアをしたり、幼稚園教諭をどうにかして増やすなどの対策を同時に行っていく事が大切です。

教員の心に余裕がないからこそ、そのような問題が増えていくので、根本的に人数不足の問題を解決しなければ、虐待の連鎖は止まりませんし、教員達の負担も大きくなっていきます。

折角『子どもの教育に携わりたい!』と高い志を持って教員になったとしても、こういった現場の過酷な現状に耐えられず辞めていく人が多いのです。
幼稚園免許更新制度は、何を目的としているかをもっと明確にし、免許更新をして教員の意識を高くする事も大切ですが現場の抱える問題にもっと向き合うべきでしょう。