介護テンショク鉄板ガイド > 介護職の悩み > 介護職は人間関係が転職理由でも大丈夫?

介護職は人間関係が転職理由でも大丈夫?

1397 views

「まだ入職して間もないけど人間関係が辛い」
「スタッフとのコミュニケーションにストレスを感じる」
「職場の人間関係がギスギスして居心地が悪い」

こんな悩みを抱えながら仕事をしている介護職員がたくさんいます。

介護職の離職理由でもトップの「職場の人間関係」ですが、1日の中で長い時間過ごす職場の人間関係が良くないとストレスが溜まり辞めたいと思うようになるでしょう。

今回は、人間関係は退職理由になるのか、人間関係がギスギスする理由などについてご紹介させていただきます。
人間関係の辛さで介護職を続けるか悩んでいる方、今の職場を辞めたいと思っているけれど人間関係を理由に辞めてもいいのか悩んでいる方、ぜひご参考にしてください。

介護職を辞めたいと思う理由

介護職は離職率が高く、介護職を辞めても再度介護の仕事に就く方は少なくありません。介護業界では転職は当たり前のようになっていてスキルアップやキャリアアップ転職も頻繁に行われています。

介護職の方が退職を決意する理由として最も多いものは実は職場の人間関係。
人が人をケアする介護現場では職場内の人間関係が密接なためトラブルが起きやすいとされています。

公益財団法人介護労働安定センターの平成28年度介護労働実態調査結果によると、介護職を辞めた理由の第一位が「職場内の人間関係に問題があったため」、第二位が「結婚・出産・妊娠・育児のため」、第三位が「法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があったため」と報告されています。

「職場の先輩が苦手…」「人間関係に疲れた…」という理由で辞めるのは自分が弱いからではないかと悩む方がいますが、決してそんなことはありません。

人間関係で辞めるというのは珍しくないことです。

介護の仕事は利用者を中心にチームケアを行うことが基本です。そのため、人間関係にトラブルがあったりぎくしゃくするような関係ではより良いケアを行うことはできません。

お互いを尊重し、フォローし合うことで利用者にとって最善のケアを進めることができるのです。人間関係が悪い、辛いと感じたならば良いケアが行えていないということになります。

介護現場が引き起こす人間関係トラブル

離職率が高い介護職では先述したように職場の人間関係が辛くなり退職する方が多くいらっしゃいます。その理由として5つ挙げてみました。

1.深刻な人手不足

介護を必要とする方の多さに比べ、介護現場はいつも人手が足りていないという現状。1人のスタッフにかかる負担が大きく、業務量も多いことが挙げられます。
人手不足の中、利用者のケアをする中で利用者の急変や転倒事故など想定外の事態もあり、少ないスタッフでイレギュラーな事態に対応しなければいけません。

介護の仕事はただ「介護」するだけでなく、利用者の命を預かっている仕事です。人手不足はスタッフの平静を乱しイライラを引き起こしてしまうため、人間関係を悪くさせる原因となってしまいます。

2.技術力の不足

人手が少ないため、技術の不足しているスタッフでも採用している介護現場では、入職したばかりのレベルの低い介護士に対してイライラした態度をとってしまいます。
通常業務を行う人手が少ないため入職者に対して十分な指導ができず、正しい情報や業務内容を伝えられないこともあり、新入職員の早期離職につながってしまいます。せっかく入職したのにイライラをぶつけられる対象となってしまうのが、レベルの低い新入職員です。

3.介護観や介護スキルの差

介護士として仕事をされている方も1人1人がもつ介護観は異なり、そのスキルにも差が出て、車いすへの移乗動作ひとつをとっても声かけの方法や手順に違いがあります。

介助を行う前にしっかりと利用者の観察や声かけをする方、流れ作業のような介護をする方、利用者様の負担を少なくする工夫を考えている方と十人十色です。

介助の内容は同じでも人によって方法が異なりお互いの介助方法に難をつけ、人間関係がギスギスすることもあります。

4.余裕がない

人手不足、業務量過多…と仕事に追われる介護の現場ではいつも余裕がありません。気持ちに余裕がないことから同僚に対しても思いやりをもって接することができないこともあるでしょう。

新人研修や定期研修をする余裕がない、笑顔を作る余裕がない…その中で起こる少しのミスも許せるゆとりがありません。もちろん命を預かる現場でのミスは事故につながるものもありますが、指導力不足からのミスや事故につながらないミスもあります。

ゆとりがないことから、ささいなミスも許せず居心地の悪い職場環境となってしまいます。

5.噂話・派閥争い

特に年配の女性は噂話を好みます。少し話した内容も大幅にストーリーが変わって噂されるのも多々あることです。
ミスをしたスタッフの陰口や噂をしているのを聞き「決して悪い人達ではないんだけど…」と、コミュニケーションに距離を置きたい気持ちになってしまうのは仕方のないことです。

時にはスタッフ同士の派閥争いに巻き込まれることもあるかもしれませんが、当たり障りのない話をして決して人の悪口を言わないことを心がけて仕事をしていれば避けることのできるトラブルです。

人間関係が最悪…どうしたらいい?

職場内の人間関係が悪いと感じたとき、どのような選択肢があるかというとポイントは2つ。人間関係を改善し、仕事を継続することと改善の余地がないため退職するという選択です。

「今さら人間関係が良くなるなんて…」と諦めるのはちょっと待ってください。

人間関係を修復するのに遅いことはありません。時間はかかりますが、少しずつ会話の頻度を増やしたり積極的にコミュニケーションをとることで自然に改善されることは多いものです。

何をやっても修復できそうにない場合、もしかすると自分自身に原因があるのかもしれません。日々の行動や介護の在り方、コミュニケーションの取り方など振り返ってみましょう。

いつも人間関係が悪くなる原因!あなたはどんなタイプ?

介護現場で嫌われやすいタイプはこんなタイプの方です。

仕事をしない

どんな職場でも嫌われやすいと思いますが、特に介護の現場では1人にかかる負担が大きくなるので一人一人が積極的に業務に取り組まなければケアをすすめることができません。

例えば、入浴介助や排泄介助の時間になると姿を消してしまう方や記録ばかりしている方、休憩ばかりしている方は「いつも休んでるよね」と噂されてしまいます。

空気が読めない

介護の仕事は他のスタッフが忙しそうにしているなと感じたらサポートに入るなど、周りの状況を把握して行動することが大切です。
利用者に対しても常に周囲を見守り安全な環境であるか、異変はないかと“気づき”の目を持っていなければいけません。

空気を読めないというのは介護職として致命的です。

時間にルーズ

入浴や食事、排泄…と介護士はいつも時間に追われて仕事をしており、1分1秒の遅れが利用者の事故につながる可能性もあります。
いつもギリギリの人員配置で業務をしている現場では時間にルーズな人は敬遠されがちです。

遅刻や欠勤が多い、休憩時間を過ぎて戻ってくる…シフトに穴をあけるような行動は気を付けなければいけません。

報連相ができない

シフト勤務の介護現場では、夜勤から日勤、日勤から夜勤の申し送りはもちろん、利用者の情報共有のため報連相を徹底することが重視されています。

服薬の変更や心身の状態など情報を共有しなければいけないことを報連相をせずに1人で行動してしまう方もいらっしゃいます。

こだわりが強すぎる

自分の介護観をもちそれをモットーにケアをすることは大切なことですが、こだわりが強すぎる方は周囲とのチームケアに馴染むことができません。それぞれの利用者や施設のやり方や方針があるので、自分のこだわりを主張しすぎるのはよくありません。

志が高く自分自身の介護観をもつことは大切ですが、「郷に入っては郷に従え」という精神も仕事では必要です。

ほかにも無駄話が多い、声が大きい、身だしなみに清潔感がないといった方も嫌われやすい傾向です。

身に覚えのない人間関係のギクシャクはどうすればいい?

先述したように自分に問題がある場合は改善する努力が必要ですが、時には全く身に覚えがないこともあります。女性が多く働く介護の職場では、派閥争いに巻き込まれたり人の悪口を聞くことも少なくありません。

自分に問題がない場合は、今の職場を退職し新しい環境で働くというのが最善策です。環境の悪い職場で働いていても良いケアができず辛いだけ。自分自身のスキルやキャリアのレベルアップを考えると心機一転、転職を考えてみましょう。

人間関係を理由に退職…転職理由はどうする?

新しい職場への転職を考えたとき頭を悩ますのは「転職理由」です。職場の人間関係が辛くなったからとそのままストレートに伝えるのはNG!

自分自身に問題があると思われたり、協調性がないと判断されてしまう可能性があり、基本的にネガティブな内容はポジティブに変えて伝えることが大切です。

前職の人間関係の悪さをアピールするよりも、新しい職場でどのようなケアを行いたいか、チームケアを進めていきたいかということを重点的にアピールしましょう。

例えば、「前職では他のスタッフの意見を尊重しながら話し合い、より良いケアを模索して実践してきました。これからもチームケアを大切に利用者様の心身の安心・安全を心がけ協調性をもって介護していきたい」といった姿勢が大切です。

【新しい職場の探し方】次こそは人間関係で失敗しない!

人間関係で悩み退職されて方が悩んでいることは「次の職場での人間関係がうまくいかなかったらどうしよう」ということではないでしょうか?

誰しもが人間関係で悩みながら新しい職場への転職を決めますが、同じ失敗は繰り返したくありませんよね。

「新しい職場の人間関係が不安」に思いながら転職活動されている方は、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントでは、介護業界に精通したアドバイザーが介護職特有の悩みに寄り添って転職をサポートしてくれますので、介護現場での人間関係の悩みにも耳を傾けてくれることがメリットです。

介護現場の悩みは介護経験者じゃないと分からない部分が多々ありますので、悩みに共感し解決に導くアドバイス、求職者に合った職場を提案してくれるのが心強いでしょう。

アドバイザーが職場訪問し目で見た情報から実際の職場環境や待遇を情報提供してくれるエージェントもあるので、気持ちを切り替えて転職にチャレンジできるでしょう。

人間関係での転職理由についても、新しい職場で不利にならないような伝え方をアドバイスしてくれるので安心ですね。

自分に合った職場は必ずある!リスタートしよう !

職場の人間関係に疲れて退職してしまった方、心にぽっかりと穴があいたような気持ちになりますよね。一生懸命利用者の介護を頑張っても人間関係で開いた心の穴は、人間関係でしか埋めることができません。

新しい職場で新しい人間関係を作ってみることを考えてみませんか?

1日の長い時間を職場で過ごすのですから、職場の人間関係やコミュニケーションは人生においても大切なことの一つです。

まずは自分自身の行動を見直し、改善できる部分があれば少しずつ変えていくこと。

「もうしんどい!」「辞めたい」と思う方は少しの勇気を出し、自分自身が行動することで世界観が180度変わります。
職場環境を変えて心機一転、新しい環境でスタートし直しましょう。

ページのトップへ