介護事務の資格にはどんなものがある?資格の種類や必要性を解説!

介護の資格といえば、介護福祉士やホームヘルパーを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。この2つの資格は介護の世界でとても重要視されるものですが、事務職しか経験してこなかった人にとっては福祉の仕事ができるのかどうか不安に感じる人もいるかもしれませんね。

そんな人にとっておすすめなのが介護事務の資格です。実務経験を問わず受験できる上、難易度も低いため介護業界未経験者でも取得がしやすいという特徴があります。すでに介護業界で働いている人がステップアップの一環として取得する場合もあります。

一方民間団体主催の介護事務資格は種類が多く、どれが良いのか選ぶのが難しい面も存在します。

この記事では介護事務の仕事内容や、介護事務資格の必要性、資格の種類と選び方などを解説していきます。これから介護事務の仕事を目指したい人はぜひ参考にしてみてください。

介護事務とはどんな仕事?

介護事務とは文字通り、介護施設専門の事務作業を行う仕事です。介護事務の仕事に特徴的なのが介護報酬請求業務(レセプト)です。

介護施設は利用者に様々な介護サービスを提供しています。しかし、介護施設では普通のお店のように、サービスを提供したその日に利用者から対価を受け取ることはありません。日本には介護保険があるので、利用者が負担する介護サービスの費用は1~2割程度です。残りの料金は国民健康保険団体連合会(国保連)から支払われます。

施設が国保連から介護サービスの費用を受け取るためには「介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」という書類を毎月1回、期日までに提出する必要があります。

この書類を作り、介護報酬を請求するのが介護事務の仕事です。介護報酬の請求が滞れば介護施設は収入が得られず、経費や職員の給料が支払えなくなってしまいます。介護報酬業務は非常に重要な仕事なのです。

また介護事務員は、施設窓口で利用者の対応をしたり、施設にかかってきた電話に応答したりもします。備品の整理や予算管理も仕事の1つです。さらに介護現場の手伝いや関係各所との連絡代行など、介護事務の仕事内容は多岐にわたります。

介護事務の仕事に向いている人

介護の世界で働いてみたい人

事務職とはいえ介護施設で働くのですから、お年寄りに関わったり、介護の専門用語を理解する必要があります。そのため、介護事務は介護に興味がある人に向いている仕事です。今まで事務職の経験しかないため、介護の世界に二の足を踏んでいたという人にはぴったりかもしれません。

また業務を通じて介護保険の仕組みなどを知ることができるため、家族や自分の将来のために知識をつけたいと考えている人にもおすすめの職業です。

人とのコミュニケーションが苦にならない人

介護事務では、介護施設の受付や電話対応も大切な仕事です。利用者や利用者家族の窓口となる存在なので、人とのコミュニケーションが苦にならない人に向いています。

また業者や関係施設、介護士との連絡係を勤めることもあるので、情報を正確に分かりやすく伝える能力が高い人は重宝されるでしょう。

計画性があり、数字が嫌いではない人

介護報酬請求は国によって締め切り(毎月10日まで)が厳密に定められています。この期限を破ることは許されませんので、締め切り前には介護事務の仕事は大忙しになります。そのため介護事務は計画的に仕事を進行でき、締め切りを確実に守れる人に向いているといえるでしょう。

また介護報酬請求や予算の管理を行う際は、たくさんの数字を正確に扱う必要があります。専門的な数学知識を持っている必要はありませんが、四則演算を繰り返し正確に行うことが求められます。そのため、数字が嫌いではない人の方が仕事に向いています。

パソコンが得意な人

介護報酬請求は複雑なため、多くの事業所でパソコンソフトを利用した計算が行われています。また予算管理、施設のお便り作り、報告書の作成など事務作業の様々な場所でパソコンが使われています。

そのためWordやExcelなどのオフィスソフトの扱いになれている人、パソコン作業が得意という人に向いている仕事です。

介護事務資格の必要性は?

介護事務の仕事に就くために資格は必要なのでしょうか。

結論から言えば、介護事務の仕事は資格がなければできないものではありません。資格なしの人からの求人応募を受け付けている介護施設はたくさんあります。また介護事務は未経験でも事務職の経験があれば、評価してくれる職場も存在します。

ただし、介護事務の仕事は一般の事務職とは異なる面があります。

介護報酬請求業務では、介護サービスごとに細かく定められた点数を正確に、かつ期日までに計算することを求められます。また介護施設の利用者から介護についての質問を受けることもあるので、介護保険に対する知識を持っていることが望ましいです。

介護現場で介護士たちのサポートをする機会も多いため、専門用語を理解しておくことも大切です。

介護事務の資格取得は、就職の絶対条件ではありません。ただし介護現場で働く上で必要な知識を身につける方法としては資格取得はおすすめです。

介護事務の資格は在宅受験が可能だったり、短時間で取得できるものもあるので、勉強時間があまりとれないという人にも挑戦しやすいでしょう。難易度もそれほど高くないので、無理なく目指せる資格です。

なお介護事務の知識自体は独学で勉強できますが、知識が身に着いたことを証明するのは難しいものです。介護事務資格を取ることで、転職活動の際目に見える形で実力をアピールできます。

また、介護事務の資格はホームヘルパーや介護福祉士として働いている人のキャリアアップにも使えます。介護保険の仕組みを詳しく知ることで、仕事への理解をより深め、職業選択の幅を広げることに繋がるでしょう。

介護事務資格の種類

介護事務資格には様々な種類があります。ここからは、主な介護事務資格試験について具体的に紹介していきます。

ケアクラーク(R)技能認定試験

ケアクラークは日本医療教育財団が認定している介護事務資格です。ケアクラーク技能認定試験に合格することでケアクラークを名乗ることができます。在宅受験が可能なので、忙しい人でも受験しやすくなっています。

資格試験概要

受験資格

特になし

試験日程

1月、5 月、9 月

試験内容

■学科試験
1.人間関係(コミュニケーション)
2.高齢者・障害者の心理
3.社会福祉
4.老人福祉
5.地域福祉
6.社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)
7.介護概論
8.介護技術・障害形態別介護技術
9.リハビリテーション
10.医学一般
11.介護保険制度
12.介護事務業務

実技試験

介護報酬請求事務
(引用元:http://www.jme.or.jp/exam/cc/criteria.html)

試験形式

在宅受験
学科試験 択一式 25問
実技試験 介護給付費明細書作成 2問

合格基準

学科試験、実技試験ともに70%以上で合格

試験時間

学科試験 50分
実技試験 60分

受験費用

6,900円(税込)

合格率

約70%

ケアクラーク(R)技能認定試験の勉強方法

ケアクラーク技能認定試験専門の問題集は一般の書店では売られていません。勉強方法は独学ではなく、主に講座を利用したものになります。ケアクラークの対策講座としてはニチイの介護事務講座が上げられます。通信制と通学制から受講方法を選ぶことができる点が魅力です。

■ニチイ 介護事務講座の概要
■受講方法 通学もしくは通信
■受講料 通学 71,245円 通信40,333円(共に税込)
■学習期間 通学約1.5ヶ月 通信約4ヶ月
■就職サポート 求人サイト「きゃりあネット」の利用、個別就職相談

介護事務管理士(R)技能認定試験

介護事務管理士技能認定試験は、技能認定振興協会(JSMA)が主催する試験です。合格すると介護事務管理士を名乗ることができます。介護事務管理士の試験は合格基準が厳しく、難易度はやや高い傾向にあります。

資格試験概要

受験資格

特になし

試験日程

奇数月に1回

試験内容

学科試験
1.法規
2.介護請求事務
実技試験
1.レセプト点検業務
2.レセプト作成(在宅・施設)
(引用元:「JSMA」技能認定振興協会https://www.ginou.co.jp/qualifications/kaigo-jimu.html)

試験形式

会場受験・在宅受験
学科試験 択一式 10問
実技試験 レセプト点検1問 
      レセプト作成2問

合格基準

学科試験 約85点以上
実技試験 3問それぞれの得点率が約60%以上+3問の合計得点率が約85%以上
※学科試験と実技試験の合格基準がすべて満たされると合格

試験時間

学科試験+実技試験で2時間

受験費用

6,500円(税込)

合格率

約50%

介護事務管理士(R)技能認定試験の勉強方法

主催団体のJSMAは医療福祉の人材派遣などを行っている株式会社ソラストと業務提携をしています。介護事務管理士技能認定試験の試験問題集や過去問は、通常の書店で手に入れることはできません。ただしソラストの通販サイトを利用すると問題集を2,000円代で購入することができます。

ソラストでは介護事務講座も開催しています。この通信講座を利用することで、介護事務管理士技能認定試験の勉強を確実に進めることができます。また介護事務管理士技能認定試験の通信講座はユーキャンでも開講されています。

ソラストやユーキャンの介護事務講座を受講すると、在宅での受験が可能になります。

※本来在宅受験は通信講座受講の特典でした。しかし2020年は新型コロナの影響により、すべての受験が在宅受験に切り替わっている実施回があります。

■ソラスト 介護事務講座の概要
■受講方法 通信
■受講料 40,000円 (税込)
■学習期間 約4ヶ月
就職サポート 専門の求人サイト「ソラジョブ介護」の利用

■ユーキャン 介護事務講座の概要
■受講方法 通信
■受講料 一括払い 39,000円  12回分割払い 3,300円×12回= 39,600円(税込)
■学習期間 約4ヶ月
■就職サポート 就職ガイドの送付

介護報酬請求事務技能検定試験

介護報酬請求事務技能検定試験は、日本医療事務協会(JMCA)が主催している検定試験です。会場受験でも、資料や教材の持ち込みは許可されています。

難易度が低い試験を探している人にはおすすめの試験です。またJMCAが開催している通学講座では3日という短期間で介護事務の技能を身に着けることができます。

通信講座の学習期間も短く、すぐに資格を取得したい人に向いている検定試験です。通信講座受講者は在宅受験が可能です。

資格試験概要

受験資格

・日本医療事務協会が認定する介護事務講座を修了した者
・ 受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
・受験申請のあった一般受験申込み者
(引用:医療事務検定情報サイト http://www.japanmc.jp/kaigohoshu.html)

試験日程

偶数月に1回
※日本医療事務協会の通信講座受講者は毎月1回

試験内容

介護保険制度のしくみ
給付管理業務の実際
他制度との関係
介護報酬
居宅サービス(サービスコード表含む)
居宅介護支援
施設サービス(サービスコード表含む)
地域密着型サービス
(引用:医療事務検定情報サイト http://www.japanmc.jp/kaigohoshu.html)

試験形式

会場受験
※日本医療事務協会の通信講座受講者は在宅受験
学科試験 正誤問題 25問
実技試験 介護給付費明細書の作成2題、介護給付費明細書の作成1題

合格基準

基本的に70%以上正答(問題の難易度で合格基準の調整あり)

試験時間
2時間

受験費用

6,000円(税抜)

合格率

78.2%(2019年試験での合格率)
※例年70%~80%程度

介護報酬請求事務技能検定試験の勉強方法

介護請求事務技能検定試験の問題集等は「日本医療事務協会教材のお申込み」ページから1,000~2,000円代で購入することができます。

日本医療事務協会では介護報酬請求事務技能検定試験の対策講座を開講しています。通学講座では、最短3日で資格試験の勉強ができる点が魅力です。また通信講座では、パソコンを使った実践的な介護報酬請求業務を学ぶことができます。

■日本医療事務協会 介護事務講座の概要
■受講方法 通学 通信
■受講費用 通学 45,000円(教材費込・税別) 通信 22,000円(教材費込・税別)
■学習期間 通学 3日 通信 最短1ヶ月
■就職支援 日本医療事務協会就職支援部からの仕事紹介、就職サポートセミナーの提供

介護情報実務能力認定試験

介護情報実務能力認定試験は医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)の認定試験です。

この資格試験は以前は在宅受験等の方法もあったようですが、現段階(2020年10月)ではMEDINの教育指定校における団体受験しか申し込みを受け付けていません。そのためこの試験を受験するなら指定校に入学することが前提となります。

資格試験概要

受験資格

特になし

試験日程

指定機関による

試験内容

■学科
①介護保険法および関連法規
②介護保険制度
居宅サービス・施設サービス
③介護報酬の請求
明細書作成(実技)
介護給付明細書の作成
(引用:「医療福祉情報実務能力協会」https://www.medin.gr.jp/exam_sche/exam_nurs_info.html)

試験形式

学科試験 20問
明細書作成 3問

受験費用

7,700円
※別途資格証カードの発行手数料1,540円がかかります。

合格率

約70%

介護情報実務能力認定試験の勉強方法

介護情報実務能力認定試験は受験資格こそ問われませんが、協会指定校の団体受験のみしか受験方法がありません。そのため現段階では指定校に入学しての勉強が前提となり、独学は不可能です。

なお介護事務関係の資格は名前が複雑ですので、インターネット上では別の介護事務系資格と混同して指定校を紹介しているケースも見られます。正確な指定校の詳細については、医療福祉情報実務能力協会に直接問い合わせることをおすすめします。

介護事務資格試験

介護事務資格は日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格です。この資格の特徴は、認定教育機関にて講座を受講した人を受験対象としていることです。キャリアカレッジ通信講座はJADP認定教育機関の1つで、講座を受講すれば自宅で好きな時に受験ができる点が魅力です。

なおJADPの介護事務関係資格試験には介事管理専門秘書検定というものもあり、混乱される方もいるかもしれません。

実は介事管理専門秘書検定は2014年4月30日を境に介護事務資格試験に生まれ変わっています。現在JADPが認定している資格は介護事務資格の方です。

資格試験概要

受験資格

認定教育機関で(※2014年5月1日から)指定されたカリキュラムを開始した人

試験日程

カリキュラムを修了すると随時受験が可能

試験内容(履修内容)

・介護保険制度の概要
・介護に関する基礎知識
・要介護者やその家族のメンタルケア
・介護現場のスタッフのメンタルケア
・介護報酬請求事務の実技
(引用:日本能力開発推進協会https://www.jadp-society.or.jp/course/care-office/)

試験形式

在宅受験(※キャリアカレッジ受講の場合)

合格基準

得点率70%以上で合格

受験費用

5,600円(税込)
※別途認定教育機関の受講料が必要

合格率

不明

介護事務資格試験の勉強方法

介護事務資格試験を受験するには、認定教育機関のカリキュラムを受講する必要があります。独学はできない仕組みになっています。

主な認定教育機関としてはキャリアカレッジの「介護事務」講座があげられます。キャリアカレッジには個別学習サポートシステムがあるため、自分専用の学習スケジュールを立ててもらうことも可能です。

また専門アプリから気軽に質問メールを送ることもできるので、自宅にてマイペースに学習がしたい人におすすめです。

介護事務講座のカリキュラムを修了し介護事務資格試験の受験申し込みをすると、家に試験問題が届きます。好きな時間にテキストを見ながら受験することができるので、試験が苦手な人でも合格しやすいです。また仮に不合格でも、カリキュラム開始時から1年以内なら何回でも受験することができます。

■キャリアカレッジ 介護事務講座の概要
■受講方法 通信
■受講費用 36,000円(税別)
■学習期間 約3か月
■就職支援 専属のキャリアコーディネーター、キャリア支援サイトの提供

介護事務資格はどれが良い?

介護事務に関係する資格は様々な民間団体で認定されており、上で紹介したもの以外にも10種類を超える種類があります。

介護事務の仕事では資格は必須ではないため、特にどの資格をとらなければならないという決まりはありません。ただし介護現場であまり知られていない資格の場合、アピール力が不足してしまう可能性があります。

介護事務の資格を取得する際は、できるだけ一般的に認知度の高い資格を取得することがおすすめです。加えて資格認定団体の規模や理念などをしっかり確認し、持続性のある団体なのかを確認しておくことも大切です。

団体がつぶれてしまっては、せっかく取得した資格が価値のないものになってしまう可能性があるからです。

さらに資格取得予算や合格率、受験方法などを確認して自分にあった物を選んでいきましょう。確実に合格したい場合は、テキスト持ち込みが可能な試験が良いでしょう。

介護事務の資格は、介護業界未経験者が基礎知識をつけるという意味でも重要です。介護事務の資格は通信講座や指定校とセットになっていることがほとんどです。

受験勉強の方法は講座の内容によってある程度決まってしまいます。そのため利用する講座が分かりやすいかどうかも、資格比較時に重視したいポイントといえます。

・勉強時間があまりとれないから、通信講座で少しづつ学び、在宅受験ができるものを選びたい
・通学制の講座で目の前の先生からしっかり教えてもらいたい
・勉強中の質問サポートが充実しているものが良い

など、講座の内容という視点からどの資格が良いのか考えることもできるのです。

まとめ 介護事務の資格は必須ではないが、スキルアップには重要

介護事務の資格は、仕事に就くために必ず求められるものではありません。ただし未経験者が就職活動の際に勉強した知識をアピールするには、資格があった方が便利です。

介護事務資格を取得する中で、実践能力を高めることもできます。また介護事務の資格は、既に介護現場で働いている人のスキルアップにも役立つでしょう。

介護事務関係の資格はたくさん存在しますが、就職の際にアピールするなら知名度が高いものを選ぶとよいでしょう。どれが良いのか迷ったら、指定講座の内容や受講方法によって、資格を選んでみましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷