期間工が稼げる理由とは?正社員・派遣社員との違いはどこにある?

期間工の仕事は、工場未経験の方や新卒の方でも働けるうえ、一般的な会社員よりも稼ぎやすいため人気があります。仕事内容も単純作業が多いことから、誰でも働ける点も魅力の一つです。

では、なぜ期間工は誰でも働きやすく、高収入が期待できると言われるのでしょうか。本記事では期間工がなぜ稼げると言われるのか、その理由に迫っていきます。

また、期間工と正社員・派遣社員にはどんな違いがあるのか、期間工の収入や手当についても詳しく解説します。期間工という仕事はどのような働き方なのか、これから働き始める方は参考にしてください。

なぜ期間工の年収は高いのか

なぜ期間工の年収は高いと言われているのか、その理由について詳しく紹介します。期間工の仕事は実際にもらえるお金以上に、お金を貯めやすい環境にあることを確認しましょう。

平均年収は400~500万円

期間工の平均年収はメーカーによっても大きく異なり、平均は400~500万円程度と幅が広いです。ただし、500万円を超える期間工の仕事は滅多になく、あったとしても大手の自動車メーカーなどがほとんどです。

そのため、大手ではないのに年収500万円以上を謳っている求人には、十分警戒しましょう。

平均年収が400~500万円と差がある理由として、メーカーによる働き方や手当の違いが大きく関係しています。期間工は日勤がほとんどの場合と、深夜勤務も入るケースがあります。

残業や深夜勤務のある期間工の場合、基本給に割増賃金が支払われるため、毎月の収入が大きく変わるからです。逆に言えば、残業や深夜勤務のない期間工の仕事は、平均年収も低くなるため注意してください。

どのような仕事を選ぶかで、平均年収には大きな差が出ることを理解しましょう。

メーカーによって各種手当が充実している

期間工の仕事では、雇用主のメーカーも可能な限り好待遇で雇用しようとしています。メーカーによって各種手当も充実しており、手当も年収に関係しています。

多くのメーカーで色々な手当制度を採用し、入社祝い金、満了慰労金、勤続ボーナスなどがあり、各社で多くの人材を確保しようと必死です。というのも、期間工の仕事は退職者も多く、高収入を保障することで人材を集めているからです。

メーカーによっては、仕事を休まずに続ければ皆勤手当、食事の費用補助、赴任・帰任の旅費支給なども行い、働いてくれる期間工を募集しています。

毎月の安定した収入に加えて、各種手当も充実していることから、期間工の仕事は平均的な会社に比べても高収入な仕事です。

寮完備で生活費がかからない

会社に勤める正社員の場合、ほとんどの方は自宅やアパートで生活し、毎月の賃料や固定資産税、光熱水費、食費などを支払っているはずです。しかし、期間工の仕事はほとんどの会社で寮が完備されており、基本的に賃料も光熱水費も不要です。

アパートを借りると1DLでも4~5万円必要なうえ、光熱水費に食費などまで合わせれば、もっと大きな出費になります。一方、期間工として寮で生活すれば、賃料も光熱水費も不要で、備え付けの家具・家電まであります。

食費はかかりますが、メーカーが食費を補助している会社もあるため、ほとんど負担にはなりません。つまり、毎月の収入がほぼそのまま自由に使えるため、短期間でもお金を効率的に貯められます。

加えて、一定期間毎に手当も支給されるため、長く続けるほどお金を稼げるのが期間工の仕事です。毎月の家賃等が発生しないということで、相対的に自由に使えるお金が増え、高収入にも繋がっています。

多くの人材を必要としている

期間工という仕事がこれほど高収入・好待遇な背景には、メーカー側の深刻な人材不足があります。工場の仕事はかつて「3K」とも呼ばれ、きつい・汚い・危険という三拍子であまり人気がありませんでした。

今では肉体労働というイメージはあっても、以前ほど悪いイメージはないはずです。それでも工場という閉鎖された環境で、肉体労働をすることから人材が定着しにくいことも事実です。

そのため、雇用するメーカーとしても、せっかく入ってくれた人材を流出させたくないと考えています。工場での労働そのものは変えられませんが、変えやすいものが給与や手当などの金銭面でした。

雇用するメーカーにも、期間工は生産性を上げる大事な存在であり、多少のお金を払っても続けてもらいたいと考えています。その結果、期間工の仕事は金銭面や生活面で、多くの優遇を受けられるようになっています。

期間工の給与・手当はどんなものか

期間工の給与の制度や手当はどんなものなのか、詳しく解説していきます。働き方や福利厚生の面も見ていきましょう。

基本は日給制度を採用

期間工は正社員とは若干異なり、日給制や時給制が採用されています。基本は日給制のところが多いですが、例外的に時給制を採用しているメーカーもあります。

期間工の仕事は日給で8,000円~1万2,000円ほどで、時給に換算した場合は1,200~1,500円程度となることが多いです。ただし、限度はあるものの長い期間働くほど昇給もあり、時給換算で2,000円程度の収入となる方もいます。

給与は大手メーカーほど高く、中小メーカーになるほど低くなる傾向が強いです。そのため、お金を重視して働くのであれば、大手メーカーの期間工に応募するのがよいでしょう。

大手メーカーであっても、期間工は学歴やキャリアに関係なく採用されますから、思い切って応募してください。

残業・深夜勤務・休日出勤もある

メーカーの工場にもよりますが、期間工の仕事では残業・深夜勤務・休日出勤もあります。法律上は、残業(時間外)手当と夜勤手当は25%増、休日出勤手当は35%増で給与を支払うことが決まっています。

メーカーによってはより多くの割増賃金を支払っており、残業や深夜勤務、休日出勤が多い職場ほど稼ぎやすい仕組みです。ただし、その分体力的には大変ですから、体調の自己管理を心がける必要があります。

期間工にとって残業や夜勤は大きな収入源ですから、短期間で稼ぎたい方は残業時間や深夜勤務の有無等をチェックしましょう。

入社祝い金や満了慰労金などがある

期間工に採用されると、最初の給与と共に入社祝い金という手当が支給されます。入社祝い金はメーカーによって金額も大きく変わり、少なくとも5万円程度、多いと30万円前後支給するメーカーもあります。

メーカー側からの「これからも頑張って働いてください」というお気持ちですから、金額にかかわらずありがたく受け取っておきましょう。

また、期間工が3~6カ月毎に契約を更新すると、その都度支払われるのが満了慰労金です。満了慰労金と聞くと、退職金と似たイメージを思い浮かべる方も多いと思いますが、正社員で言うボーナスや賞与に近いものです。

期間工の契約は3~6カ月で更新になるため、その期間を満了した時に支払われるのが満了慰労金と考えてください。もちろん、35カ月を経過していなければ契約更新できることから、続けて同じ職場で働くこともできます。

こうした手当等もあることから、期間工は通常の給与以外にも多くの収入を期待できます。

福利厚生も充実している

期間工は一定期間だけ働く従業員ということから、派遣社員と似たイメージを持たれる方も多いはずです。しかし、期間工はメーカーから雇用される立場であるため、大手メーカーの福利厚生も受けられます。

健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険のほか、40歳以上なら介護保険などの社会保険にも加入できます。このほか、無遅刻無欠勤なら皆勤手当てがあるほか、働き次第では正社員登用もあり、福利厚生では正社員とほぼ変わりません。

お金を稼ぐために期間工を目指す方も、将来のためにお金を貯めたい方も、期間工なら福利厚生が充実しているのでおすすめできます。

正社員・派遣社員との違い

期間工の特徴を知るために、正社員・派遣社員との違いも知っておきましょう。それぞれどのような点に違いがあるのか、詳しく解説していきます。

期間工と正社員の違い

期間工と正社員の大きな違いは、社会的な信用の高さとキャリアです。期間工は各種手当が充実しており、家賃も不要でお金を貯めやすいですが、スキルやキャリアには繋がりません。

クレジットカードやローンを組む際も、期間工では審査に時間を要することも多く、色々なデメリットがあります。

一方、正社員なら一時的には期間工より収入が減少するものの、定期的な昇給とボーナス、退職金の支給もあるため安定した生活を送れるでしょう。仕事への責任も重くなりますが、正社員という選択をする以上はどの仕事でも責任は伴います。

短期的なお金を目的とするなら期間工の方が優れていますが、将来的な安定を目的にするなら正社員という判断になります。

期間工と正社員、双方のメリット・デメリットを理解したうえで、自分の目的に合わせた選択をしてください。

期間工と派遣社員の違い

期間工と派遣社員は、どちらも期間を定めて働くという点で似た部分があります。ただし、雇用主は全く異なり、期間工はメーカーからの直接雇用、派遣社員は派遣会社と契約して、別の会社に派遣されるという違いがあります

どちらも期間限定という点は同じでも、働いてからの待遇に大きな違いがある点にも注意が必要です。派遣社員の場合は、あくまで派遣会社の雇用となるため、メーカーからの満了慰労金や福利厚生などはありません。

また、最大のデメリットとして、期間工のように正社員登用を受けられない点も大きいです。メーカーで色々な優遇を受けながら働くのであれば、派遣社員よりも期間工をおすすめします。

期間工の仕事は本当にきついのか?

期間工の仕事はきついという評判をよく聞きますが、実際にはどう大変なのかを解説していきます。どのような点が大変なのか、見返りはあるのかなどを詳しく見ていきましょう。

単純作業が非常に辛い

期間工の仕事は工場の生産ラインを担当することですが、仕事中はひたすら1つの作業を繰り返します。組み立てや塗装、検品、プレスなど、どこかの工程を担当したら、単純作業の繰り返しとなるため、肉体的・精神的に大変な仕事です。

期間工を辛いと感じる理由の中でも、単純作業の辛さが最も多く挙げられます。どれだけ単調作業を苦にしない人でも、毎日同じ作業の繰り返しは辛いものです。

そのため、「お金のために働く」という割り切った考えで仕事をすることが大切です。

仕事がきつい分の見返りはある

単調な作業が辛い期間工の仕事ですが、その分だけ見返りも多いです。給与が多いだけでなく、福利厚生や寮の完備など待遇面で優遇されています。

メーカーとしては仕事がきつい分、早期離職のリスクも高いため、離職のリスクを避けるための対策として必要な見返りと考えています。期間工として働く以上は仕事も大変ですが、仕事に見合う報酬も得られることから、バランスを考えて仕事を選びましょう。

待機期間なしで失業保険も受給できる

あまり知られていませんが、期間工で働けば待機期間なしで失業保険を受給できます。失業保険とは、雇用保険に12カ月以上加入すると、退職後に支給される保険金のことです。

期間工の場合は12カ月間働けば、期間満了によって「満了退職」という扱いになり、失業保険を1か月後に支給されます。

自己都合退職の場合は、失業保険の受給までに3カ月の待機期間が必要となり、実際に受け取るのは4カ月後です。そのため、3カ月の待機期間がない期間工の仕事は、次の仕事を探すまでの生活の余裕も得やすい仕事です。

もちろん、12カ月経過後も双方合意のもとで契約更新して働くこともできます。失業保険はあくまで、転ばぬ先の杖だと考えるべきでしょう。

スキルアップや将来のキャリアには繋がらない

期間工を大変と感じる方が多い理由には、スキルアップや将来性のあるキャリアにならないため、「働いて得たものがお金しかない」と感じることも大きいです。

期間工は単純作業をひたすら繰り返す仕事で、特別なスキルや経歴も必要ありません。その代わりに誰でもできる仕事であり、働いてもスキルアップやキャリアに繋がりません。

期間工ばかりを続けて、30歳を過ぎた頃には何もスキルとキャリアのない人材になる可能性もあります。そのため、期間工として働くなら目的を明確に持つこと、そしてできる限り短期で終わらせることが重要です。

大変な割に稼げない仕事もある

期間工の仕事は稼げるイメージを持つ方も多いですが、すべての仕事が稼げるわけではありません。本当に稼げるのは大手メーカーの仕事くらいで、多くの仕事は期待できるほど稼げないことが多いです。

特に中小のメーカーは大手のように資金力がないため、期待しすぎて後悔することもあります。そのため、お金を稼ぐことを目的にするなら大手メーカー、仕事への面白さを求めるなら中小メーカーがおすすめです。

中小メーカーは資金面では大手には敵わないものの、独自の技術を生かした生産を行っていることがあります。お金だけでなく、色々な工場を経験したい方は、独自の技術を持つ工場で期間工として働いてはいかがでしょうか。

まとめ:派遣社員よりも期間工でお金を稼ぐのがおすすめ

期間工の仕事は大変なこともありますが、その分高収入も得られます。派遣社員と似た部分もありますが、派遣社員よりも好待遇と高収入を得やすいため、期間工の方がおすすめです。

期間工を続けることで正社員登用のチャンスもありますから、キャリアアップの観点でも期待できます。ただし、基本的に立ち仕事で中腰姿勢をすることも多いため、体力的には大変な仕事です。

期間工として働くなら何のために働くのか、いつまで働くのか、目的を明確にしたうえでモチベーションを維持してください。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗は地獄。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷