> > 既卒就職のコツを解説!既卒は本当に人生終了!?

既卒就職のコツを解説!既卒は本当に人生終了!?

162 views

「既卒は就職できない」という噂は本当なのでしょうか?学校を卒業後、なかなか就職が決まらず人生終了!厳しくて無理!と諦めてしまっている人もすくなくありません。

今回は、既卒の就職事情と既卒でも就職できる就活方法について、既卒が就職できない理由についても併せて解説します。

既卒からの就活に不安を感じている方、諦めかけている方は、ぜひご参考にしてください。

既卒の就職は厳しいが、就職はできる

既卒とは、就職できずに高校や大学を卒業してしまった人のことをいいますが、既卒の就職は厳しく正社員になれないともっぱらの噂。
でも結論から言うと…既卒でも就職できます!

下記はマイナビが既卒者を対象に調査した内定率の結果です。約5割の方が内定を獲得していることがわかります。

引用元:マイナビ 2018年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査
https://saponet.mynavi.jp/release/student/kisotsu/2018%E5%B9%B4%E5%BA%A6-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93%E6%97%A2%E5%8D%92%E8%80%85%E3%81%AE%E5%B0%B1%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB/

既卒の就職が厳しい・人生終了と言われる理由

既卒の就職は厳し、就活方法次第では就職できるというのがポイントです。

なぜ、既卒は就職できない人生終了と言われるのかというと、既卒というポジションが難しくさせています。

大学を卒業した既卒は
・一緒に就活をする仲間がいない
・大学のキャリアセンターを利用できない
・就活のアドバイスをもらえない
・相談できる人がいない

といった理由から一人で就活しなければいけないプレッシャー状態になり、人生終了と思われる原因になってしまいます。

そうすると、就活の相談ができてプレッシャーのない就活ができれば、人生終了とならないわけですね。

既卒になって3年以上経っていると就職は無理?

既卒は学校を卒業後3年以内なら新卒扱いとなりますが、3年以上経ってしまっていた場合の就活ではやはり年々就職状況は厳しくなってきます。

企業面接では「卒業後何をしていたのか?」という質問を必ずしてきます。学校を卒業してからの空白期間に何をしていたかが重要になりますが、このブランクを企業が納得できる理由で説明できれば問題ありません。

例えば、就職に活かせる資格取得、留学、フリーターと様々ありますが、ブランク中にどれだけ自分を成長させられたかをアピールできなければ厳しいものとなるでしょう。

しかし、企業の中では「フリーター・ニート可」とし、社員の育成に積極的な企業もありますので、企業の選び方によっても就職率は変わってくるでしょう。
フリーター・ニートの就活に特化した転職エージェントなどでは、このような企業とのマッチング率や就職率も高いので、既卒になって3年以上経っていて就職に不安を抱いている人は利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

既卒は就職できないは過去のモノ

既卒ってどんなふうに企業からみられているのか気になりますよね。新卒枠で採用されるといっても新卒と同じ目線の評価をしてもらえるのでしょうか。

企業がもつ既卒のイメージは多くの場合、「新卒で就職できなかった人」というネガティブなイメージでしょう。

新卒の就活に比べるとマイナススタートになってしまうのは事実。
新卒で就職できなかったことについて「本人に何か問題があって就職できなかったのではないか?」と既卒に偏見を持つ企業も少なくありません。

どちらかというとマイナスイメージの強い既卒は、マイナスイメージを払拭するための理由付けが求められます。

なぜ既卒になったのか、ブランク中何をしてどう成長したのかを説明するためには、新卒よりも自己分析をしっかりと行わなければいけません。

既卒を受け入れることに緩和な企業もある!

しかし、「既卒、未経験」として既卒者の受け入れに緩和な企業もあります。
「どうせブラック企業なんじゃないの?」と疑ってしまいますが、上場企業や大手企業であることもしばしば。

なぜ既卒を積極的に受け入れているのかというと、若手の人材不足が理由です。

就活生に有利な売り手市場の今、いい会社なのに知名度が低いという企業は学生が集まりません。上場企業でも知名度が低い企業は人材不足に陥ってしまうため、若手を確保するため既卒採用を積極的に行っているのです。

若手人材である既卒の採用は、ポテンシャルが重視されるため職歴や実務経験が問われず既卒であっても不利になりません。

実は既卒を採用する企業にとってメリットがあります。

特定求職者雇用開発助成金は、既卒者や中退者が採用、職の定着をしやすくすることを目的にした企業への助成金制度です。

企業が既卒者等を新卒求人で募集を行い、採用後一定期間雇用した場合、事業主に対して助成金が支給されます。

厚生労働省 特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158397.html

既卒を雇用することで企業にもメリットがあり、新卒と比べると厳しい就職活動ですが、既卒だからといって就職できない環境ではないということです。

既卒で就職できない人の特徴と原因5つ

既卒で就職できる人、就職できない人がいますが「就職できない人」はどんな人でしょうか?またその原因はいったい何でしょうか?

説得力がない人

企業が最も気になる卒業後のブランク期間について、説明できない人はNG!

「既卒になった理由・ブランク期間について」新卒での面接ではされない質問ですが、既卒の面接では100%される質問です。

この質問にうまく対応し、相手を納得させられるアピールができなければ採用を見送られることとなるでしょう。

既卒になった理由・ブランク期間は企業が最も問題視する部分ですので、問題のある人と思われてしまうからです。

行動力不足

既卒者の就職内定率は新卒の約半数ですが、そもそも就活での行動力が足りていないということが挙げられます。

新卒の就活に比べて時間的な余裕がある既卒ですが、新卒よりも就活の時間が少なくなった人が多くいます。

一緒に就活する仲間がいないことや、大学でのセミナーやイベントに参加できないため、1人でスケジュールを立て就活しなければいけいことが原因となります。

新卒以上に頑張らなければ、満足のいく結果はでないでしょう。

自己分析不足・企業研究不足の人

自己分析が不十分なため自分自身を十分に理解できていないことが原因です。

自己分析をすることで自分自身の強みやキャリアプランが見え、企業研究をしっかりと行うことで、自分に合った企業を見つけることができます。

自己分析や企業研究が不足している人は、マッチングする企業と出会えず入社後にギャップを感じ早期退職してしまうことも少なくありません。

視野が狭い人

大手企業が有名企業ばかり応募している人や、「自分はこうあるべき」「自分に向いている職種はこれ」と決めつけてしまっている人は就職できない人が多いでしょう。

客観的な自己評価ができておらず、自分の適性でない企業ばかり応募してしまったり、志望動機や自己PRなども根拠のないものになりがちです。

知名度が低い企業にも実はマッチングする企業や、自分に合った業界や職種が隠れている可能性もありますので、就活では、視野を広くし決めつけや思い込みで行動しないことが大切です。

1人で就活している人

既卒の就活は仲間もいなくて、頼れる場所もない1人の戦場のようなもの…と思われ1人で就活を頑張り続けている人がいます。

新卒と違い、就活ノウハウがなく情報収集も難しくなるため、1人での就活は失敗のもと。

既卒の理由やブランク期間についてどう説明すればいいか、志望動機や自己PRはどうアピールすればよいか、既卒ならではのアピール方法があります。

決して1人で頑張ろうとせず第三者を頼って就活を進めていくことをおすすめします。

既卒の就職を成功させる5つのポイント

既卒の就職は新卒に比べると厳しいとされていますが、既卒が就活に成功させるポイントは5つあります。

説得力

なぜ既卒なのか?という理由についてしっかりと説明し、企業の採用担当者を納得させなければいけません。

曖昧な理由はネガティブなイメージを持たれてしまいますので、海外留学や資格取得、家庭の事情など具体的なエピソードを説明しましょう。

自己アピール

新卒の就活にも必須な自己分析は、既卒の就活にももちろん必須。

既卒の就活ではポテンシャルが重視されますので、自己分析をしっかり行い、客観的な自己評とキャリアプランアピールすることが大切です。

企業研究

自分自身の理解を自己分析で深め、企業の理解を企業研究で深めます。

既卒の採用に積極的な企業かどうかというのも重要なポイントでしょう。企業研究を行い自分自身が企業にどう貢献できるのかを伝えていきましょう。

複数・同時応募

既卒の就活では視野を広げ、幅広い就活をすることが大事です。

「この企業じゃないとダメ!」と1社に絞るのではなく、複数の企業に応募し、同時に就活を進めていくことが就職成功のポイントです。

就職サポート

新卒に比べ就職サポートが少なくなる既卒の就活。

既卒者に特化した就職サポートを行っている就職エージェントなどを利用し、企業の紹介や応募書類のアドバイス、面接対策を受けることで就職成功率を高くすることができるでしょう。

既卒者は、スキルやキャリアは不足していますがポテンシャル採用を重視する企業からするとゼロから育成でき、企業カラーに染められるといったメリットがあります。

意欲や熱意、人柄をうまくアピールすることができれば将来性を期待され採用したい!と思う企業と出会えるはずです。

既卒は就職サービスを上手く使う

大学のキャリアセンターが利用できない既卒にとって、求人情報を得ることすら厳しくなってしまいます。

既卒が就職活動をスムーズに行うためには、様々な就職サービスを活用しましょう。

就職セミナー・イベント・合同説明会

新卒の就活と同じように、就職セミナーやイベントでは既卒者が就職活動を有利に進めることができます。

企業合同説明会なども既卒3年以内なら新卒として参加でき、既卒を対象としたイベントも多く開催されているのでぜひ参加してみましょう。

既卒を対象とした合同説明会では、既卒の採用に積極的な企業が参加していますので、採用のチャンスとなるでしょう。

ハローワーク

就活といえば、ハローワークと言う方も多いのではないでしょうか?手軽に利用でき、求人情報が多く掲載され紹介してもらえますが、自分に合った企業かどうか見極めるのは難しいものです。

求人票と実際の労働条件が異なっていたなどブラック企業の可能性も高いため企業選びには注意が必要です。

就職サイト

希望する業種や職種、条件などを入力し検索すれば求人情報が提供され、幅広い企業から選択できることがメリットです。

しかし応募書類の転職や面接対策などの就職サポートがないことがデメリットとなります。自分のペースで就活したいという方にはおすすめです。

就職エージェント

既卒は相談できる人がいない、1人で就活しなければいけないプレッシャーがあることが就職を厳しくしている理由ですが、就職エージェントを利用すれば既卒の心強いサポーターとなってくれます。

就職のプロであるキャリアアドバイザーが様々な就職支援で既卒者のサポートを行ってくれるのがメリットです。

就職エージェントではこんなサポートを受けることができます。
・キャリアカウンセリング
・自己分析や企業研究のアドバイス
・マッチングする企業の求人情報紹介
・応募書類のアドバイス、添削
・面接対策
・企業との日程調整、やり取り全般
・入社後のフォロー

第三者のサポートを受けて就活をすすめることで、視野を広げ客観的な評価をすることができます。就職エージェントでは、就職サイトやハローワークにはない就職サポートや就活ノウハウが充実しているので、採用率も高いのでスムーズに就活したい方におすすめです。

また、企業との日程調整などやり取りを代行してくれるので、スケジュール調整で悩むことがありません。複数の企業との就活を同時に進めることもできるので応募数を増やすこともできますね。

既卒も就職しやすい時期がある

既卒は新卒と異なり、「通年採用」となり決まった就活スケジュールがありません。言い換えると「いつでも就職できるチャンスがある」ということです。

1年のうちでも、既卒が就職しやすい時期と就職しにくい時期があるので、時期を見極めて就活しなければ苦戦する可能性もでてしまいます。

就職しやすい時期は、ズバリ3月。
3月は企業が来年度の人材確保に備えて、正社員を採用する時期です。既卒を含め、転職・中途採用でもピーク期となります。

新卒枠でエントリーした場合は新卒と同様に、夏から秋にかけても就職しやすい時期となります。

【まとめ】既卒こそポジティブな就活を!工夫して成功を掴もう!

既卒の就職活動は「やり方次第で就職できる」ことをご理解いただけたでしょうか?

既卒採用を積極的に行っている企業はたくさんあります。なかなか就職が決まらなくても途中で諦めないことが肝心です。

身近に相談できる人がいるのといないのとでは、気持ち的に大きく変わります。就活への不安や悩みなどを相談することで、道もきっと開けるはずです。

就職サービスをうまく利用しチャンスを掴みましょう!

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
186,599views
40代で未経験の職種に転職できる?
2
40代で未経験の職種に転職できる?
75,568views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
58,686views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
4
50歳から始める仕事の探し方・選び方
38,642views
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
5
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
38,025views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
6
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
37,388views
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
7
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
30,484views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
30,087views
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
9
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
28,395views
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
10
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
26,960views
ページのトップへ