> マイナビエージェント VS リクルートエージェント

マイナビエージェント VS リクルートエージェント

161 views

結局どっち?!転職エージェント対決、マイナビVSリクルート

~結局どっちがいいの?~

転職活動は自分ひとりで進めるよりも、プロの力を借りた方が圧倒的に効率的です。転職エージェントなどの転職支援サービスをどのように活用するかで、今後の働き方のみならず人生まで決まってしまうといっても過言ではないのです。

そこで今回は、転職エージェントの中でも有名な大手二社を徹底比較!

転職を考えている方なら誰もが知っている「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の強みや弱点、利用するメリットなどをご紹介したいと思います。

>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

■マイナビエージェント
人材紹介業界の大手・マイナビグループが運営する転職エージェント「マイナビエージェント」。マイナビグループのネットワークは幅広く、毎日豊富な求人情報が更新されています。
ありとあらゆる業界・企業情報に精通しているため、転職コンサルティングの実力も確かなもの。求人票に書かれた内容だけではわからない、企業や職場環境の内情を事前に把握することができます。

■リクルートエージェント
リクルートキャリアが運営する大手転職支援サービス「リクルートエージェント」
キャリアアドバイザーとのカウンセリングを行うことで、自分ではわからなかったセールスポイントやキャリアビジョンが見えてきます。
担当者が希望やスキルに沿った求人情報を厳選して紹介してくれるので、働きながら転職活動をしたい方には最適。大手といっても対応は丁寧であり、マンツーマンで転職活動をサポートしてくれますよ。

公開求人数はリクルートエージェントの勝利!

公開求人数

7,000

バーサス

30,000

WEBサイトで検索できる公開求人情報の数は、リクルートエージェントの勝利!

2万件以上の差をつけたリクルートエージェントは、「営業・販売」「経営・企画」「マーケティング」「事務系」「IT・エンジニア」「電気・機械」などバラエティに富んだ求人を取り扱っています。
マイナビエージェントも多様な業界・職種を取り扱っていますが、選択肢の数ではリクルートエージェントに敵いません。

公開求人数では劣るものの、マイナビエージェントは「春に年収を20%上げたい」「企業特集」といった具体的な特集を組んでいます。さまざまな視点から求人情報を探すことができるため、楽しく転職活動をしたい方は必見だと言えます。

非公開求人数もリクルートエージェントの圧勝

非公開求人

2万件

バーサス

17万件

リクルートエージェントは「業界最大級の非公開求人数」を誇る転職エージェントであり、他の追随を許しません。
一般的な求人サイトや他の転職支援サービスには掲載されておらず、リクルートエージェントでしか出会えない非公開求人が山のようにあります。

取り扱っている案件の80%が非公開求人となっているので、まずはリクルートエージェントに登録しないと転職活動が始まらないとも言えるでしょう。
企業が求人情報を非公開にするのにはさまざまな理由があり、「好条件のため応募者が殺到してしまうから」「公にできない新規プロジェクトの募集だから」といった裏があります。

非公開求人は即戦力を求める案件が多いため、前職の経験を活かして働きたい方や資格・スキルなどの武器がある方は見逃せません。

歴史があるのはマイナビ!

歴 史

1973年

バーサス

1977年

数年の差ですが、マイナビの勝利!
歴史がある方が地域に根付く人脈があったり、独自の実績やノウハウがあります。

リクルートエージェントもマイナビエージェントも大本の会社は古く、どちらも信頼できる転職エージェントと言えるでしょう。

転職エージェントとしての実績を比較!

実績

「20代に信頼されている
転職エージェントNo.1」
を獲得

バーサス

41万人以上の
転職支援

マイナビエージェントの運営元であるマイナビグループは40年以上の歴史があり、人材紹介サービスとしてはかなりの老舗企業です。
楽天リサーチ2018において、「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得した実績もあり、20代から絶大な支持を得ています。

リクルートエージェントは公開求人・非公開求人ともに業界トップクラス。
転職支援実績は2017年の時点で累計41万名以上であり、業界No.1として知られています。
マイナビグループもリクルートグループも人材紹介業界では独自の地位とパイプを築いています。

どちらの転職エージェントも確かな実績があるだけに、口コミなどは利用者の好みに左右される部分が多数。サイトの使い勝手やコンサルタントとの相性など、実際に使ってみてから判断することをオススメします。

25歳~35歳ならどっち?

登録者割合

59%

バーサス

70%

マイナビエージェントを利用する年代は幅広く、25~35歳が全体の約6割を占めている一方で、36~45歳の利用者も18%と比較的多数。30代以降は転職が難しいと言われる昨今ですが、実際は36~45歳の転職者も数多くいることがわかります。

リクルートエージェントにも年齢制限はなく、年齢を問わず数々の転職成功実績があります。年代の割合は、26~30歳が44%、31~35歳が26%、36~40歳が10%、41~50歳が5%、51歳以上が1%、25歳以下が14%となっています。

40代以上の転職希望者は受け入れない転職エージェントもある中で、50代が転職に成功しているというのは心強い結果だと言えます。

拠点数はリクルートエージェントの勝利!

拠点数

7カ所

バーサス

16カ所

エリア

関東・関西が中心
全国・海外

全国各地&海外

マイナビエージェントの拠点は全国に7ヶ所。関東地方に3ヶ所、関西・東海地方に2ヶ所、そのほか北海道と福岡にオフィスを構えています。

それに対してリクルートエージェントの拠点数はなんと16ヶ所。関東や関西はもちろん、北海道、東北地方、中国・四国地方など全国各地にオフィスがあるため、地方にお住まいの方でも直接会ってキャリアカウンセリングを受けることができます。

マイナビエージェントは関東・関西エリアを中心に、北海道から九州・沖縄エリアまで全国の求人情報を取り扱っています。シンガポールや台湾、韓国、タイといったアジア圏をはじめ海外勤務のある企業求人も掲載。語学力を生かして活躍したい方は狙い目です。

リクルートエージェントも全国各地に対応。国内16ヶ所に拠点を置いているだけあって、首都圏はもちろん地方在住の方も手厚いサポートを期待できます。マイナビエージェントと同じく、海外での勤務も実現可能。国内トップシェアメーカーのプロジェクトや大手IT企業の支店起ち上げにも携われます。

都内で働きたいならマイナビ!

都内拠点

東京2カ所

バーサス

西東京

エリア

関東・関西が中心
全国・海外

全国各地&海外

マイナビは首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬)特化のエージェントです。リクルートは都内には1カ所の拠点ですが、近隣のさいたま、横浜、宇都宮などに拠点を持つため同じく首都圏に強いと言えます。今回は都内への勤務ならということで、東京都に2カ所拠点を持つマイナビが勝利とします。

関西圏での勤務はどっち?

関西圏拠点

名古屋・大阪・静岡

バーサス

名古屋、京都・大阪、神戸、静岡

エリア

関東・関西が中心
全国・海外

全国各地&海外

I・Uターン

関西U・Iターン希望
者向けセミナーあり

地域により
少ない場合あり

リクルートエージェントは関西圏に多くの拠点を持ち、求人も多く扱っています。
マイナビエージェントは、関西へのUターン・Iターンに力を入れていて、転職相談会やセミナーを行っている ので、関西出身の方には心強いですね。

休日面談しやすいのはリクルートエージェント!

面談日

平日・土曜

バーサス

平日・土曜・日曜

マイナビエージェントの面談可能日は平日と土曜日。平日の夜でも面談が難しいという方は、土曜日でも面談を受け付けてくれます。
しかし、土曜日の面談を希望する人は多く、希望する日時に予約ができないことも……転職活動がずるずると先延ばしになることは避けたいものです。

リクルートエージェントは平日になかなか時間を取れない方の強い味方。土曜日や日曜日でも面談を受け付けています。
日曜日も面談が可能な転職エージェントは少ないため、それだけでもリクルートエージェントを選ぶ決め手の一つになるでしょう。

全国に拠点を持つマイナビエージェントとリクルートエージェントですが、遠方にお住まいの方は両社とも電話でのカウンセリングOK。思い立ったらすぐに転職活動をスタートすることができます。

対応が早いのはマイナビ!

登録後連絡

5営業日以内

バーサス

2~7日程度

月曜日に登録したら金曜日頃がマイナビ、リクルートは月曜日に登録したら来週になる可能性があるというところでしょうか。その時々によりますので、参考程度にどうぞ。

スムーズに転職できる?利用の流れを比較!

フォロー体制

応募書類の添削
推薦状の作成
模擬面接

バーサス

提出書類の添削
面接力向上セミナー

とにかくスピーディーに転職活動を進めたい方にとって、転職エージェントの利用の手順はとても重要です。
「面倒くさい手続きはあるのか?」「適当に求人を紹介されたりしないか」といった疑問や不安は事前に解消しておきましょう。

マイナビエージェントの利用の流れ

STEP 1.お申し込み
STEP 2.面談のご案内
STEP 3.面談・求人紹介
STEP 4.応募・面接
STEP 5.内定・入社
STEP 6.アフターフォロー

リクルートエージェントの利用の流れ

STEP 1.転職支援サービスの申し込み
STEP 2.求人状況の確認・サービスのご連絡
STEP 3.キャリアアドバイザーとの面談・相談
STEP 4.求人紹介・書類添削・面接対策
STEP 5.応募・書類選考・面接
STEP 6.内定・退職交渉・入社

マイナビエージェントもリクルートエージェントも、ステップとしては大きな違いは見られません。

気になるのはマイナビエージェントのアフターフォロー。

転職成功後もパートナーとして長期的にキャリアアップを支援してくれます。
新しい会社でキャリアについて悩むことがあれば、いつでも相談できるというのは嬉しいポイントです。

応募企業に詳しいのはどっち?

求人情報

企業へ直接訪問
生の情報

バーサス

AGENT REPORT
独自の調査情報

どちらも企業情報に力を入れているようです。転職活動をする上で、応募先企業をよく知ることがミスマッチを防ぐことにつながるので、情報収集はしっかりしておきましょう。

コンテンツ充実度はリクルートエージェント

コンテンツ充実度

業界や企業の
内情が中心

バーサス

ランキング・失敗成功談など
ユニークな内容が中心

履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策、自己PRに関するアドバイスなど、転職エージェントの鉄板ともいえるサービスはマイナビエージェントもリクルートエージェントも実施しています。

マイナビエージェントのユニークなポイント

◆円満退社のコツ
◆転職成功事例
◆平均年収ランキング
◆企業代表者などのトップインタビュー
◆キャリアアドバイザーによる転職市場レポート
◆転職相談会の開催
◆企業特集

リクルートエージェントのユニークなポイント

◆転職フェア・企業セミナーの開催
◆転職情報メールの無料配信
◆成功・失敗事例に学ぶ「転職ケーススタディ」
◆転職者の悩みをプロが解決!「転職よろず相談所」
◆各種データ&ランキング
◆10分前でも間に合う面接対策
◆エージェントが語る「コラム転職徒然草」
◆先人にリーダーシップを学ぶ「偉人たちの現導力」
◆最新ビジネスニュース

読み物としてのコンテンツ充実度はリクルートエージェントの勝利。フランクなスタンスで転職者の声やリアルな体験談を知ることができます。マイナビエージェントは業界や企業の内情を取り上げたコンテンツが多く、やや真面目な印象を受けます。”

マイナビVSリクルート 総評

マイナビエージェントリクルートエージェントともに引き分けという結果になりました。

転職活動では企業や業界の情報をリサーチするのはもちろん、やはり「より多くの好条件求人を見つける」ということが重要です。
公開求人・非公開求人が充実しているリクルートエージェントは当然要チェック。
さらに念を入れて、各業界で独自のパイプを持つマイナビエージェントを併用すれば完璧な布陣となるでしょう。

■結論■
首都圏・若手世代にマイナビエージェント
全国対応・定番リクルートエージェント

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

人気の転職エージェント対決 どれを選ぶ?

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
50,156views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,597views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
21,206views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
19,705views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,871views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
14,483views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
14,216views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
12,703views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,491views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9,938views
ページのトップへ