長野転職で使ってはいけないエージェント!使うべきエージェント一覧!

北アルプスの大自然に囲まれ、避暑地としても人気スポットの長野県。

長野で転職を成功させたいのなら、長野転職に強みがありあなたに合った転職エージェントをしっかりと選びましょう。

転職エージェント選びから転職活動が始まっており、転職の行方を左右する大事なポイントになります!

実は長野での転職では、“使ってはいけないエージェント”と“使うべきエージェント”がハッキリ分かれていること、知っていますか?

ここでは長野転職で使うべきではないエージェントを始め、長野転職におすすめの転職エージェント、長野転職を成功させるポイント、長野の転職最新事情など、転職初心者の人にも分かりやすく解説していくので是非参考になさってください。

長野転職で使ってはいけないエージェント

長野で転職をするのであれば、地元ならではの情報や求人案件が手に入りやすい長野に拠点を構える転職エージェントに登録することをおすすめします。

しかし、いわゆる【網羅型】と言われる大手転職エージェントは全国の求人を保有していますが長野に拠点を構えているサービスは殆どありません。

このような場合は、長野に拠点のある地域特化型転職エージェントと併用して大手転職エージェントにも登録が理想です。

長野転職は”長野に特化したエージェントを利用”しましょう!

長野転職で利用べきではない転職エージェント
  • 長野に拠点がない
  • 長野の求人が少ない大手以外の中小転職エージェント

長野に特化した転職エージェントとは!?

長野を得意とする転職エージェントは登録すると、専任のアドバイザーがつき求人紹介・書類作成・面接対策など、就職活動の全般をサポートしてくれます。

1人で就職活動するよりも内定を獲得しやすいメリットがあります。

長野県の求人も豊富なため、地元情報にも詳しいです。

長野転職におすすめ転職エージェント5選

自分に合った転職エージェントを上手に選ぶためには、転職エージェントそれぞれの特徴を理解しておくことが大切です。

さらに長野転職を効率良く進めていくために、
【網羅型】全国に拠点を構え幅広い求人情報を保有する転職エージェント
【地域特化型】特定の地域に密着したサービスと求人案件を保有する転職エージェント

このような特徴がある転職エージェントをバランス良く併用することもポイントの一つとなります。
長野転職に強みを持つ転職エージェントを【網羅型】【地域特化型】に分けて幾つか紹介していきます。

網羅型転職エージェント

圧倒的な求人!【リクルートエージェント】

業界最大手の転職エージェントと言っても過言ではない実績と実力を誇るのがリクルートエージェントです。

公開求人約10万件に加え、一般には公開されることのない非公開求人も10万件以上!圧倒的な求人量であなたに合った求人に出会える可能性が広がります。

転職に不安がある人、自信がない人でもサポートに定評のあるリクルートエージェントのキャリアアドバイザーとなら理想的な転職を叶えられるはずです。

  • 長野の求人数:約1,700件
  • 長野で求人の多い業種:機械・電気業界、不動産・建設業界
  • 長野の拠点:なし
  • HP:https://www.r-agent.com/

地元優良企業の求人多数【doda】

非公開求人も含み約10万件となる豊富な求人数と、転職に役立つバラエティに富んだサービスが魅力的な転職エージェントがdodaです。

キャリアアドバイザーのサポートが受けられる「エージェントサービス」、あなたに興味のある企業から直接スカウトが届く「スカウトサービス」と転職活動に合わせdodaでは2つの求人紹介サービスを提供しています。

dodaには地域別のサイトもあり、それぞれの地域ごとの転職動向をしっかりキャッチしているので長野転職でも心強く感じられるでしょう。長野の優良企業求人を多数掲載しているので、地元企業に安定して長く勤めたい方におすすめです。

  • 長野の求人数:約1,200件
  • 長野で求人の多い業種:メーカー(機械・電気)、建設・プラント・不動産、技術系アウトソーシング
  • 長野の拠点:なし
  • HP:https://doda.jp/consultant/

長野で高年収を目指す【ビズリーチ】

転職を機にキャリアの可能性を確かめたい人や長野でハイクラス求人に出会いたい人は、年収1,000万以上、高ポジション、高待遇‥などクオリティーの高いハイクラス転職を実現させるためのサービスであるビズリーチをおすすめします。

ビズリーチでは企業やヘッドハンターからのスカウトをきっかけに転職活動を進めていくため、転職成功率が高く効率の良い転職活動が可能!

他の転職支援サービスには出回っていない求人にもビズリーチなら出会えるチャンスがあります。

  • 長野の求人数:約220件
  • 長野で求人の多い業種:建設・建築・土木、電気・電子・機械
  • 長野の拠点:なし
  • HP:https://www.bizreach.jp/

※拠点・求人数はすべて2020年11月時点のもの

長野特化型転職エージェント

長野の独占案件多数【リージョナルキャリア長野】

リージョナルキャリア(https://rs-nagano.net/)は大都市圏から地方へのU・Iターンを支援する転職支援サービスであり全国26都道府県に拠点を展開しています。

長野にも「リージョナルキャリア長野」を構え長野県内の求人1,300件近くを保有!長野に根付いた転職サポートを行っているため、企業の経営者から直接オーダーされた希少性の高い求人案件を多く取り扱っています。

大手転職エージェントに負けない地域特化型ならではの強みを活かしたサポートが魅力です。

  • 長野転職に特化
  • 地元の独占案件を多数保有!
  • Skypeや電話による面談も可能!
  • HP:https://rs-nagano.net

長野転職15年以上の豊富な実績【イーキュア】

長野県専門の転職支援サービスとして2004年からスタートし15年以上!長野県での就職・転職・Iターンのお手伝いを行っているのがイーキュア(https://www.ecure.co.jp/)です。

イーキュアの特徴として「提案型応募」を実施していることが挙げられます。求人を待つのではなくあなたが興味のある企業に直接売り込むことで転職の可能性を最大限に広げます。

長野県全域(北信・東信・中信・南信)を網羅するスタッフ体制を構築しているため、仕事に関することだけでなく暮らしに関わる相談にも対応しています。

  • 長野県の転職専門として15年の実績
  • 保有求人数:約900件(※公開求人のみ)
  • 実力のあるコンサルタントが多数在籍!
  • HP:https://www.ecure.co.jp/

長野転職で転職エージェントを利用するメリット

令和2年9月分の長野県の有効求人倍率は1.00倍。全国平均の1.03倍にも届かないやや厳しい状況となっています。

このような状況にある理由は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けていることが大きいため長野県に限った話しではありませんが、通常の転職市場・動向よりも読みづらい状況が続くことが予想されるので少しでもスムーズに転職活動を進めていくために転職のプロの力を借りない手はありません。

また、移住先としても人気の高い長野県にはIターン転職をする人も多くいます。移住を伴う転職の場合はもちろんのこと、転職先やその地域の詳しい情報を事前に提供してもらえる転職エージェントのサービスは心強く大きなメリットになります。

転職エージェントのサポート内容

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介(非公開求人を含む)
  • 応募書類作成サポート
  • 面接日程調整、面接対策
  • 雇用条件交渉代行
  • アフターフォロー

転職エージェントではキャリアカウンセリングの中で転職先の希望条件からキャリアの棚卸し、あなたのアピールポイントなど「自己分析」を兼ねた転職活動の土台を作ることができます。

それらをベースに希望条件にマッチした求人紹介、紹介先企業の詳細情報の提供、応募書類作成サポート、面接アドバイス、年収などの雇用条件交渉‥と効率良く転職活動を進めていくことが可能です。

誰でも不安な転職活動も転職エージェントのサポートがあれば安心感を得ながら乗り越えられます。
転職エージェントのサポート・サービスは無料で利用できるので相談だけでもしてみてはいかがですか?

長野転職を成功させるための転職エージェントの選び方

はじめに自分に合った転職エージェントを選ぶためには転職エージェントの“特徴“を理解しておくことが大切とお話ししましたが、”特徴“とはどのような部分をチェックするべきなのかを具体的に転職エージェント選びのポイントとして幾つか紹介します。

求人数・非公開求人の有無

転職エージェントを選ぶ上で“求人数”や“非公開求人数”は確認しておきたいポイントとなります。

求人数が多ければ多いだけ良いという訳ではありませんが、単純に考えて求人の選択肢は一つでも多い方が転職の幅を広げることができるのは確かな事実です。

また、優良案件・好条件案件・希少求人は非公開求人の中にあるケースが多いので非公開求人があるのか?もチェックしておきましょう。

「総合型転職エージェント」or「特化型転職エージェント」

特定の地域に密着した【地域特化型】の転職エージェントがあるように、医療・介護の仕事に特化したサービスやIT・Web業界に特化したサービスなど特定の業種・職種への転職に強みを持つ「特化型転職エージェント」もあります。

先ほど紹介した【網羅型】であるリクルートエージェント、doda、ビズリーチは様々な業種・職種の求人を幅広く取り扱う「総合型転職エージェント」です。※ビズリーチは“ハイクラス転職”に特化した特化型転職エージェントとの捉え方もできます。

就きたい仕事(業種・職種)が決まっている人、特定の分野で専門スキルを磨きたい人は総合型以外にも特化型の転職エージェントを検討してみましょう。

自分が求めるサポートをしてくれるのか?

あなたは転職エージェントを利用するのであればどのようなサポートを望みますか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始めてから、対面形式でのサポートから電話・メールなどでのサポートのみに切り替わったサービスが多くなりました。

相手の顔が見えないと不安と感じる人はSkypeなどオンライン面談OKなサービス、メールよりもLINEで連絡を取り合いたい人はLINEも対応しているサービス、面接対策に力を入れて欲しい、雇用条件交渉をしっかりして欲しい、アフターサポートが充実している方がいい‥など転職活動時の不安や悩みを解消できるサポートに期待できるのか?を確認してみましょう。

優秀なアドバイザーがいる転職エージェント

転職エージェントには様々なタイプのキャリアアドバイザーが在籍し、求職者の転職活動を有利にしてくれる存在です。

しかし目的や自分に合わないキャリアアドバイザーは、反対に転職を不利にしてしまう恐れがあります。

例えば…
・話を聞いて親身に相談にのってくれる
・希望の求人を紹介してくれる
・業界や企業の情報に詳しい
・実績がある
・レスポンスが早い
・自分との相性がいい
など、キャリアアドバイザーに自分の転職を任せても大丈夫なのか、信頼できるのかという見極めが重要です。

求職者の希望に合わない大量の求人案件を出し、早くに内定させようとするキャリアアドバイザーや話していて不安になるタイプは要注意です。

長野転職を成功させるポイント

転職活動を有利にスムーズに進めていくために転職エージェントの活用はとても有効ですが、転職エージェントをフル活用するためにやるべきこと・注意点をお話ししておきたいと思います。

転職エージェントは最低でも2~3社に登録する

転職エージェントの複数登録は地方での転職に限らず必ずすべきことの一つです。
その理由として転職エージェントの質や自分に合っているサービスなのかを比較検討しながら転職活動を進めていくことの方が何倍も効率が良いからです。

・A社は求人数がとにかく多い
・B社は地方求人に強い
・C社はアドバイザーの対応がいい
・D社は提案力が長けている

など、それぞれのいいとこ取りをしていき色々な視点でのアドバイスをもらい最終的に一番良かった転職エージェントに絞り込めばいいのです。
転職エージェントでも他社との複数登録は暗黙の了解であるので気にする必要もありません。

2.自分の希望・意思をしっかり伝える

キャリアカウンセリングの時はもちろんのこと、転職活動の途中でも事情や気持ちが変わった場合はキャリアアドバイザーへすぐに連絡をして転職活動のプランを見直しながら進めていってもらえるように。

キャリアアドバイザーとの意思疎通ができていないと納得・満足のいく転職を叶えることや、自分が求めるサポートを受けることは難しいので自分の希望・意思は遠慮せずにしっかりと伝えましょう。

3.噓はつかない

「少しでも良い条件で転職を叶えたい」誰でもそう思いますが、これまでのキャリアやスキルに噓をつくことは絶対に止めましょう。
万が一、転職を成功させたとしても後々取り返しがつかない事態になる可能性も?

キャリアアドバイザーの前では良く見せようとするのではなく、これからキャリアアップをしていくための最善な方法やキャリアビジョンを一緒に考えていき未来に繋がる転職を叶えましょう。

4.キャリアアドバイザー(担当者)との相性を見極める

転職エージェント選びだけでも転職の行方を左右する要素になりますが、さらに言えば担当するキャリアアドバイザーとの相性でも転職活動に大きく影響します。
転職は人生の大きな決断の一つとなりかねない大事なことですが、信頼できない人にサポートを任せることができますか?

キャリアアドバイザーの対応に不満や不安を感じたときは、まず担当者の変更をサポートセンターなどに申し出ましょう。担当者が変わることで転職活動の風向きが一気に変わることもあります。

5.遠距離転職・移住転職の場合は理由を伝える必要がある

自分に合った求人が見つかったらさっそく応募!転職する際に聞かれることのひとつといえば「転職の理由」です。

特に、長野県以外からの遠距離転職や移住転職では「なぜ離れた土地で転職したいのか」ということが重視されるでしょう。

今住んでいる地域で解決できる問題であれば、転職理由の説得力がないため「長野でないと実現しないキャリアプラン」をアピールしなければいけません。

Point

  • 長野県で何をしたいのか
  • 企業で貢献できるキャリアやスキルはなにか

そのため転職活動に必須の自己分析は徹底的に行い、企業研究の結果と自分のキャリアプランがマッチングしているかどうかについても確認しておきましょう。

●転職エージェントでは企業研究・自己分析のサポートも充実
●採用に近づく自己PRのアドバイスもバッチリ!

長野での転職活動の方法

長野で転職する場合の転職方法として転職エージェントを利用する以外の方法を4つご紹介します。

長野県マッチングサイト

先述した長野県移住支援金の対象となる求人情報が掲載されているサイトです。

長野県マッチングサイト
(https://kantan-kyujin.com/feature/nagano_iju)

お伝えした通り、こちらのサイトを経由して就業した場合は移住支援金の対象となるため助成金が支給されるメリットがあります。
また、求人数も160,960 件と豊富で雇用形態や職種・属性など求人検索も充実し、幅広い業種、職種から自分に合った仕事を見つけられることができるでしょう。
しかし、応募から入社までのサポートがないため採用率や給与/キャリアアップについては期待できません。

ハローワーク

全国に設置され求人検索や職業紹介してもらえる就職支援サービスで、豊富な求人数がメリットです。
全国各地から求人検索できるので、移住転職において地元密着型の中小企業での転職を考えている方におすすめです。

また、ハローワークの求人検索で自分に合った求人情報があれば、最寄りのハローワークで対応してもらえますのでぜひ相談してみてください。

ハローワークでは、キャリア相談や求人紹介をサポートしていますが担当者は転職のプロではないことがデメリット。

求人の見極めや応募書類や面接対策、企業情報などのサポートは不十分になってしまいます。

そのため、業界や企業の情報を詳しく知った上で転職したい方、採用率アップにつながる転職活動を進めたい方、マッチングする企業と出会いたい方には向いていません。

転職サイト

転職サイトは、求人情報をメインに転職活動に役立つコンテンツが提供される転職サービスのひとつ。

全国の求人に対応した「大手転職サイト」とエリアを限定した「地元密着型転職サイト」の2パターンあり、それぞれ希望する企業の規模や求人の特徴が異なります。

大手転職サイトでは、大手企業を中心とした企業が多く、地元密着型転職サイトでは求人数は少ないものの地元のローカル企業も紹介されています。

両者とも写真や動画、働いている人のリアルな声なども紹介されているため、入社後のイメージを膨らませることができる点がメリットといえます。

しかし、基本的に求人検索・応募から面接、入社までの自分で進めていくスタイルなので転職活動のサポートは手薄なことがデメリットとなります。

「転職についてアドバイスが欲しい」という方や応募書類の添削や面接対策をサポートしてもらいたい人にとっては不向き。
好きなタイミングでマイペースに仕事探しをしていきたい方には向いています。

転職フェア

長野転職で、Uターン・Iターン転職を考えている方は転職フェア、イベント、面接会に是非参加をおすすめします。地元企業の担当者と話すことで、長野のリアルな転職最新事情を聞くことができます。

日本最大級の転職サイト「マイナビ転職」が主催しているマイナビ転職フェアは、定期的に長野での転職フェアを開催しています。人気企業が多数参加する合同企業説明会で、入場がスムーズ&プレゼントの特典もあるので事前登録がオススメです。

長野県の転職市場について

長野県は大きく北信・東信・中信・南信と4つのエリアに分かれますが、コロナ禍の影響で令和2年の有効求人倍率は全ブロックにおいて前年同月を下回っています。

しかし、概ね1.00倍をキープしているので転職活動の難易度はさほど高くはないでしょう。

長野県の転職難易度!給料ダウンは確実?

長野労働局発表の発表をみると、令和2年9月分の有効求人倍率は 1.00 倍となり転職難易度は高くはありません。

賃金については都会よりもやや低い傾向があるため給料ダウンは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
しかし、長野県内でもエリアによって年収事情は異なり、優良企業が増えてきたことから都会と地方の賃金格差は少なくなってきています。

特に若い方やスキル、キャリアのある方は必ずしも給料ダウンするとは限りません。
自身の転職軸において何を重視した転職を希望するのか、をしっかり決め給料アップを目指すならそれに対応した転職活動を進めていくことが大切です。

長野にはどんな求人があるの?

野菜、果物などの農業や避暑地、観光のイメージが強い長野県ですが、実はものづくり産業もさかんな地域です。

日本をリードする自動車関連機器メーカーはじめ電子部品、情報機器メーカーが存在し、IT企業も多くエンジニアのニーズも高いことが特徴です。

また、高齢者が多く長寿日本一としても有名で、介護や福祉の求人も充実しています。

セイコーエプソン株式会社・株式会社星野リゾート・ホクト株式会社など大企業も多く、様々な業種、職種の求人から希望する仕事を見つけられるでしょう。

その中でも狙い目の職種は「建設業」です。
9月の産業別(大分類)の新規求人数は、前年同月比-18.7%となっていますが、建設業に関しては+10.5%と増加。

長野県では建設業を中心に幅広い業種で人手不足が続いているため、採用条件を引き上げた正社員雇用の求人が増えていることが特徴。

コロナ禍の影響が継続し、転職しやすい状況とはいえませんが各種政策の効果により厳しい状況からの持ち直しが期待されます。

長野県が移住転職の支援が手厚い!

高齢者が多く働き手となる人材不足が懸念される長野県では、企業の人材不足解消や移住促進のためのサポートが充実しています。

UIJターン転職移住支援事業

長野県への移住転職を考えている方にとって嬉しい「UIJターン転職移住支援事業」は、対象者に移住支援金が助成される政策です。

これまで東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、もしくは大阪府・愛知県のいずれかに5年以上は住み働いていた方が対象で、長野県内の移住支援事業を実施する55市町村に転入することが条件となります。

そして就業先に関しての条件として、長野県が運営するマッチングサイト(https://kantan-kyujin.com/feature/nagano_iju)に掲載された求人に応募して採用されたものであること、となります。

長野県移住支援金の支給金額は下記の通り。

・単身世帯→最大60万円/人
・2人以上世帯→最大100万円/世帯

移住転職では引越し費用や当面の生活費などがかかるため経済的な不安から移住転職を諦める方もいらっしゃいますが、助成金を活用すれば金銭面でのゆとりができるでしょう。

参照:長野県 UIJターン就業・創業移住支援事業のご案内
https://www.pref.nagano.lg.jp/rodokoyo/sangyo/rodo/koyo/kyufukin/20190401.html

【まとめ】転職成功は情報量と転職ノウハウが大事!

いかがでしたでしょうか?
長野の転職事情や転職活動の方法に触れながら、転職成功術についてご紹介させていただきました。

長野県での転職には転職エージェントの活用が有効ということをお伝えしました。
転職活動の方法を間違うと「転職活動に失敗した…」「長野での生活にしんどくなってしまった…」と、後悔の転職になってしまう可能性があります。

転職成功のカギは“情報量”と“転職ノウハウ”です。
どれだけ長野県の業界や求人情報に精通しているか、企業風土や土地柄といった生活面での情報を得られるかにかかっています。
また、業界や企業に合わせた転職ノウハウをどれだけ持っているかということもと重視したいポイントです。

長野県での転職事情に詳しい転職のプロ、転職エージェントを活用することで実際の生活をイメージした転職活動を進めることができるでしょう。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
あなたのそばにもいる?無能な上司
無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
40代の転職失敗率は86%。なぜ?
残酷なことに転職にチャレンジした40代の86%もの人が失敗し後悔しています。なぜ彼らは失敗したのか、そしてたった14%の人が成功したのでしょうか?

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷