看護師 個人目標

転職の際、履歴書に書く自己PR。「なにを書けばいいのだろう」「どんなふうに書けばいいのだろう」と悩んだことはないでしょうか。人によって自己PRの内容は違うため、例文をみてもピンとこなかったり、難しいと感じたりすることが多いと思います。

そこで今回は、自己PRの内容と面接官に好印象を与える書き方を、ケース別にご紹介していきます。

看護師が自己PRに書くべき内容とは?

「自己PRはそもそもなにを書けばいいのだろう」と悩む人は多いと思います。盛り込む内容としては、経験のなかで得たスキルや長所です。

しかし、「明るくてコミュニケーションをとるのが得意です」「プリセプターを経験しました」など抽象的な内容ではアピールになりません。

面接官が「この人を採用したら、この長所やスキルを活かして〇〇という点で病院に貢献してくれるだろう」と、採用側のメリットを具体的にイメージできるように書くことが大切です。

  • 看護師として心がけていることやそれに対する取り組み
  • 自分の仕事やその姿勢への第三者の評価
  • 評価によって新たに行われた取り組み
  • 過去の経験やそれを通した学び、看護観
  • 過去の経験から培ったスキル
  • スキルを今後どのように活かし、貢献していきたいのか
  • 自分のなかで自慢できることや長所をどうやって活かしていくのか
  • 苦労して得たもの

「経験や、経験から培ったもの」を「どのように活かし、病院へ貢献していきたいか」をバランスよくアピールしていくことがポイントです。ただの自慢話にならないよう注意しましょう。

面接官に好印象を与える自己PRの書き方とは?

では、自己PR内容を盛り込むにあたって、どのような書き方をすれば、面接官に好印象を与えることができるのでしょうか。

大切なのは「就職・転職先の理念や方針を理解すること」です。以下のポイントをおさえるようにしましょう。

  • 転職先の理念や方針を理解して、自分のアピールポイントと絡めていく
  • 理念・方針に沿った具体的なエピソードを入れる

また、以下の点には注意しましょう。

  • 「がんばります」「努力します」などの抽象的な表現でとどめない
  • 転職理由は人間関係などのネガティブな理由は避け、キャリアアップなど向上心がみえる理由にする

【ケース別】自己PRの書き方

新卒・準新卒看護師は自分の長所をアピール

看護師としての経験がまったくない新卒看護師や経験が浅い准看護師は、「自分の長所」をアピールポイントにしましょう。

たとえば「明るい」「責任感がある」「向上心や探求心がある」などが挙げられると思いますが、それらを病院ではどのように活かしていくのかを伝えると効果的です。

準新卒者の場合、「1年臨床経験があるから」と身に付けた看護技術や経験をアピールポイントにしがちですが、面接官から見れば、準新卒者はまだまだひよっこです。

アピールしても、「たった1年で自信満々だな」とマイナスに受け取られてしまうこともあるので注意しましょう。どうしても経験をアピールしたいのであれば、謙虚さを保ちつつ向上心をみせると、好印象をもってもらえます。

中途採用者は経験をアピール

中途採用者の場合は、今までの経験やキャリアを強みにして自己アピールしていきましょう。

ブランクがある看護師は、臨床から離れていた期間に取得した資格や、今までの経験をアピールすることで、好印象を与えることができます。

また、ママさん看護師の場合は、子どもの体調不良による当日欠勤などを懸念されることがあります。家族内に面倒を見てもらえる人がいるなど、病院側が不安に思わないようしっかりと伝えるようにしましょう。環境的に厳しい人は、院内託児所がある病院を選ぶといいですね。

転職回数が多い人は柔軟性をアピール

よい職場と出会えず転職を頻繁に繰り返している人は、柔軟性をアピールするようにしましょう。

しかし、たんに柔軟性をアピールするのみでは、「柔軟性がないから職場に馴染めずに転職を繰り返しているのでは?」とマイナスに受け取られてしまうこともあります。

柔軟性をアピールするときは、病院の方針、やり方に溶け込めるように努め、スタッフとの連携や協調性を大事にしていることを一緒に伝えることが大切です。

自己PRは自分のメリットを印象付けよう

中堅看護師や準新卒看護師、ブランク看護師など状況はさまざまですが、それぞれの状況に応じてアピールポイントが違います。自己PRの内容は自分の状況次第で変えるようにしましょう。

ただし、経験や長所をただ羅列しただけだったり、自慢話にとらえられてしまうと、マイナスの印象を与えてしまいます。自分のアピールポイントをどのように生かしていくかを具体的に伝え、「採用するとメリットが得られる」ということを面接官に感じてもらえるようにしましょう。