プログラミングスクールに通っても就職できない人は?失敗の原因と対策

プログラミングスクール

エンジニアやプログラマーなどIT業界に就職したい!とプログラミングスキルを身につけるためにプログラミングスクールに通う方は少なくありません。

プログラミングスクールに通えばIT業界への就職が成功すると思われがちですが、スクールに通ったにも関わらず転職失敗する方も多数いらっしゃいます。

せっかく高いお金を負担して通ったスクールですので、無駄にしないためにも転職を成功させたい!即戦力として活躍できるスキルを身につけたい!と思うのは当然です。

プログラミングスクールの失敗と対策!スクール選びの基準は?プログラミングスキルを身につけるためにプログラミングスクールに通うのは有効な手段ですが、成功と失敗の分かれ道は考え方やスクールの選び方にあります。

今回は、プログラミングスクールに通っても就職できない人に焦点を当てて失敗するポイントや失敗しないプログラミングスクールの選び方、就職できるプログラミングスクールについてご説明させていただきます。

プログラミングスクールに行くべきか迷っている方やスクール選びが分からないはぜひ参考にしてください。

プログラミングスクールに通っても就職できない人は?失敗の原因と対策

「プログラミングスクールに行けば就職できる」と思われている方も多く就職や転職に結びつかないとスクールが悪いと思われがちです。

就職、転職に失敗する人には以下のような特徴があります。

目的が不明瞭で受け身な人

プログラミングスキルを身につけたいとプログラミングスクールに通うのは良いことですが、失敗する人の中には学習の姿勢が受け身な方が多くみられます。

安くない授業料を払って勉強しているのだから結果はついてくるはずだと、義務的にプログラミングスクールに通うだけでは確実にスキルは身に付きません。

プログラミングスクールでの学習を効果的にするには、まずどの程度のプログラミングスキルを身につけたいか目的を定め、積極的な学習姿勢で挑みましょう。

プログラミングの基礎的なスキルを身につけたいだけなのか、プログラマーとして給料を得たいのか…そのためにはどのレベルのスキルを身につければいいのかを明確にし、積極的に努力する必要があります。

スクールの学習だけで満足している人

プログラミングスクールに通えば、高いスキルが自然にみについて即戦力として活躍できると勘違いされている方が多いのも事実。
IT業界で使える人材となるためのプログラミングスキルを身につけるなら、高いスキルとセンスを養わなければいけません。

そのためにはプログラミングスクールに通う前に事前学習としてプログラミング言語に触れておくことも重要です。

スクールに入校し、超基礎的な学習をスキップして応用的なスキルからスタートすると学習スピードや知識の吸収率もアップされるでしょう。
最近は無料のオンラインスクールが充実しているので併用して学習し、自主的にスキルとセンスを高めていくことも大切ですね。

プログラミングに向いていない人

プログラミングは向き不向きが顕著にあり、向いていない方はいくらプログラミングスクールで学習してもスキルが身につかず、途中で挫折してしまうケースもみられるため、自分自身にプログラミングの適正があるか判断することも重要です。

200種類以上あるといわれるプログラミング言語で、活用されているのは20程度です。
この中からC言語・C++・Java ・HTML・Rubyなどプログラミング言語の基本とされているものに触れ、自身の向き不向きを見極めてみるのもおすすめです。

もし、プログラミングに面白さを感じなかったりどうしてもコードの意味が理解できずついていけないと拒否反応を起こしてしまうならプログラミングには向いていないのかもしれません。

プログラミングを学んでみて、実はプログラミングのセンスがあったという方も多いためポテンシャルを知るためにもまずはプログラミング学習に挑戦してみましょう。

プログラミングスクール選びも成功のひとつ!選ぶ基準は?

プログラミングスクール選びも成功のひとつ!選ぶ基準は?プログラミングスクールでの学習姿勢を心がけ失敗しないことと、プログラミングスクール選びも就職・転職成功のポイントです。

プログラミングスクールはオンラインとオフラインなど多々ありますが、学習内容や学べるスキル、プログラミング言語、サポート内容は千差万別です。

では、どんな基準でプログラミングスクールを選べば良いのでしょうか?

学ぶ内容

プログラミング学習で大切なことはどのプログラミング言語を学ぶか?ということです。
プログラミングスクールによって学べる言語は異なり、選ぶ言語によってはスクールの受講が終わりいざ就職となったときに「使えない!」と就職できない可能性も…

せっかく学んだ言語が役に立たないのでは、学んできた時間やお金がもったいない!努力を無駄にしないためにも自分の目的に合ったプログラミング言語を学ぶ必要があります。

例えば…

  • アプリ開発Java・Swift
  • Webサイト作成PHP ・Ruby・JavaScript
  • AI開発Python・R

目的がまだ明確でない方は、求人数が多く比較的難易度の低いJavaScriptや PHPから始めてみるのもおすすめです。

受講スタイルとカリキュラム

プログラミングスクールでは、プログラミングスクールに通う通学タイプと自宅で好きなタイミングで学ぶオンラインタイプに分けられます。

通学が難しい場合や金銭的な負担が大きい場合はオフラインタイプがおすすめですが、プログラミングを学んで転職したいという強い意志がないと挫折してしまう可能性があります。

反対に通学タイプでは、同じ目的や夢をもつ仲間の存在は大きく学習意欲が向上したり、お金を無駄にしたくないと継続される方が多くみられます。
通学タイプのプログラミングスクールでも24時間のオンラインサポートが充実しているスクールもありますので、自分の向き不向きを考えて選ぶようにしましょう。

また、カリキュラムもスクールによって自習中心のところから講義中心、マンツーマン指導など様々。学ぶ環境も大切ですので、自分に合った学習スタイルをしているスクールを選ぶことで、挫折することなくプログラミング学習を継続させることができるでしょう。

学習期間

プログラミングスクールによって受講期間も様々ですが、あまり長い期間だと途中でルーズになってしまったり、挫折してしまったり失敗の原因にもなりますのでおすすめは短期集中型スクールです。

仕事をしながら学びたいという方には夜間、土日開講のスクールも継続しやすくおすすめです。

費用

もっとも気になるのがプログラミングスクールにかかる費用ではないでしょうか?
無料で受講できるスクールから100万円近い費用がかかるスクールまで料金体系は様々です。

受講費用が高いからといって就職に直結するわけではないし安いからといってスキルが身につかないわけでもありませんが、無料と有料のスクールでは学習内容や就職・転職サポートの充実度が異なります。

受講費用が高いスクールでは現役講師やサポート体制、紹介される案件の充実、受講生自身のやる気度が高いなど、学習環境が整っています。受講期間の長さやサポート内容を比較して納得できる費用のスクールを選びましょう。

就職・転職サポート

プログラミングスクールによって、ただプログラムの学習をサポートするだけではなく就職・転職支援が充実しているスクールもあります。
多くはスクールと企業が提携し、スクールで学べば就職・転職をサポートしてくれます。
プログラミングスクールで身につけたスキルを活かしてIT業界で活躍したい!という方は、就職サポートが充実しているスクールがおすすめです。

また、フリーランスとして活躍する方のために案件の受注をサポートしてくれるスクールもありますので、企業で働くのかフリーランスで働くのかといったこともイメージしながら決めましょう

スクールによっては履歴書や職務経歴書の添削や面接対策まで実施しているところもあるため、スクール卒業後の就職・転職活動も心強いですね。

失敗しないプログラミングスクール2つのポイント

プログラミングスクールの選ぶ基準について先述しましたが、より詳細に選ぶには2つのポイントを参考にしてください。

プログラミングを学ぶ目的

学んだプログラミングを仕事に活かしたいなら就職・転職サポートが充実しているスクール、フリーランスで活躍したい方は受講中にポートフォリオができるスクールがおすすめです。

中には転職エージェントと提携しているところもあり、キャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングから就職・転職までをサポートしてくれますので、異業種からのキャリアチェンジでも安心です。

また、プログラミングを学ぶことは論理的思考や問題解決能力が身につきますので、自分自身の市場価値アップにつながります。現在のキャリアのプラスαの知識として学びたいという方は、通いやすさや学びたい内容からスクールを選びましょう。

スクールの雰囲気や講師陣

まずプログラミングスクールの通学を続けられることが大切ですよね。そのためスクールの雰囲気をチェックし、質問のしやすさや馴染みやすさから判断するのもひとつの方法です。

また、指導する講師の質もスクールによって様々ですので経験豊富、実績があるなど質が高く現役エンジニアの講師がいるスクールなどがおすすめです。
講師の実践的なアドバイスや実績を聞くことで、よりプログラミングの世界を深く理解でき面白さもわいてきますし、就職・転職のヒントにもなるでしょう。

就職できるプログラミングスクール

多数あるスクールで身につくプログラミングスキルはそれぞれによって異なりますが、いくら学んでも実践で役立つスキルでなければ意味がありません。

エンジニアやプログラマーなどIT業界で活躍できるスキルを身につけ就職するためには、就職に直結するスクール選びが重要です。

そこでWebエンジニアを養成し就職を目指す『RUNTEQ https://runteq.jp/』をおすすめします。

RUNTEQの特徴

ランテック本気でエンジニアを目指したい方や企業からの評価が高いRUNTEQですが、なぜRUNTEQでプログラミングを学ぶと就職できるのか?その理由は独自のカリキュラムにあります。

超実践型!実務レベルのプログラミングスキルを習得!

RUNTEQの強みは“現場ノウハウ”“現役エンジニア”と、実務に対応できるカリキュラム

受講生のプログラミングスキルの習得度や目的に応じたコースを選ぶスタイルで、「Webマスターコース」「Railsマスターコース」「Railsエンジニアコース」と3つがあります。

Webマスターコース

プログラミング完全初心者からWebエンジニアを目指します。
プログラミングの基本であるHTML・CSSを学び、WebアプリケーションフレームワークのRuby on Railsの習得を目指します。

Railsマスターコース

HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方が対象のコースで、Rails初心者から自社サービス開発系のWebエンジニアを目指します。

Railsエンジニアコース

Railsチュートリアルまで学習した方、基本プログラミングスキルとRuby on Railsのベーススキルがある方を対象とし、応用を習得し自社サービス開発系のWebエンジニアを目指します。

開発現場に必須!課題解決型のカリキュラムの実践!

Webプログラマーはただコードが書けるだけではなく、プログラミングスキルやプログラミング理論とともにトラブルへの対応能力が必須!

プログラミングにはバグはつきものですが、プログラムを読み込み理解する力を身につけることで実務でも適切に解決できるでしょう。

開発現場を意識したカリキュラムでは、実務に役立つ即戦力を取得でき就職活動を有利にするオリジナルポートフォリオ開発も魅力的!

アイデアの出し方から企画、システム構成、データベース設計など現役エンジニアに相談しながら修得できます。

経験豊富な現役エンジニアがサポート

IT・Web業界では技術や情報が日々変化しているため、常に最新のアップデートをした時代に合ったアドバイスが重要です。

RUNTEQは学習のサポートを行う講師陣が現役エンジニアなので、初歩的な質問や相談はもちろん、開発現場の的確なアドバイスは学習中も実践でも役立ちます。

好きなタイミングでOK!オンライン学習の充実

RUNTEQは完全オンライン学習となるため、仕事をされている方や通学の時間がない方でも好きなタイミングで学べます

また、slackやzoomなどを活用したオンラインコミュニケーションが重視され、講師や生徒同士のコミュニケーションでモチベーションアップ!

補講や現役エンジニアどの合同勉強会などオンラインイベントが開催され、エンジニア同士の情報共有は卒業後も参加OKです。

Web業界に近いプログラミングスクール!就職サポートが手厚い

RUNTEQはプログラミングスキルを身につけるだけではありません。
キャリアアドバイザーによる就職支援が行われ、履歴書や職務経歴書のアドバイスや模擬面接など採用に近づくサポートが充実。

業界や企業情報に精通した現役エンジニアへキャリア相談をすることもできるので、就職後のイメージを掴みながら就職・転職活動できることも◎

また、RUNTEQで作成した技術試験である企業選考カリキュラムに合格すればWeb系提携先企業を紹介してもらえる嬉しいメリットがあります。

失敗しないスクールで就職へ!

オリジナルWebアプリ開発、チーム開発の即戦力を身につけ活躍できるプログラマーを目指すRUNTEQ。
完全オンラインということもあり、一人で学ぶことへの孤独やスキルが身につかないのでは…?と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、RUNTEQは月2回の面談や進捗管理、オンラインイベントなど受講生のモチベーションを下げないサポート環境が充実しています。

RUNTEQのウリ

  • 企業から求められる実践的なプログラミング
  • 完全オリジナルなポートフォリオ作成
  • 経験豊富な現役エンジニアによるアットホームな学習環境

Webエンジニアを目指す方にとっては、自走力を身につけ必要な開発経験を積めるプログラミングスクールであり、RUNTEQで身につくスキルは企業からも評価が高く、就職もスムーズ。

RUNTEQ では、GoogleMeetというオンライン面談アプリを使用した説明会/キャリア相談が行われています。
キャリアアドバイザーとのマンツーマンで行われエンジニアの転職事情や悩みなど気軽に相談できますので、ぜひWebエンジニアの一歩を踏み出してください。

【まとめ】ビジョンを明確に自分に合ったプログラミングスクールを選ぼう

いかがでしたでしょうか?
プログラミングスクールに通っても転職できない人が失敗するポイントや失敗しないプログラミングスクールの選び方、就職できるプログラミングスクールについてご紹介させていただきました。

“未経験からでも受講すれば3カ月で稼げる!”などの広告で受講生を集めているあるプログラミングスクールも多いですが、ほぼ嘘と思ってください。

ではプログラミングスクールに通っても意味ないの?受講は必要ないの?と思われますが、やはり知識と即戦力となるスキルを身につけるにはスクールに通ってプログラミングのベースを作ることが目的達成の近道ではないでしょうか。

中には独学だけでプログラミングを習得できる方やセンスがずば抜けている方もいらっしゃいますが、プログラミングを身につけるためには自ら積極的に学ぶ意欲と努力、そして実践的なアドバイスが必要となります。

いくら講師が充実して評判のいいプログラミングスクールに通っても目的がないままでは知識もスキルも中途半端になり、学んだ気になっただけで終わってしまいます。

プログラミングスクールを選ぶときは自分のキャリアビジョンを明確にし、目的に合ったカリキュラムと信頼できるスクールを選び受講しましょう。


IT系におすすめ関連記事

ITエンジニアおすすめの転職サイト一覧
IT・WEB業界特化の転職サイト・転職エージェントをまとめました。
IT業界の職種にはどんなものがあるの?
【IT業界の職種】といっても様々なものがあります。ここではITの職種名と業種、それぞれに必要とされるスキルを詳しく紹介しています。
IT未経験でもホワイト企業に転職する方法は?
ブラックが多いIT業界。でもSE、プログラマーなど手に職を付ける仕事は魅力的。そんなIT業界に未経験でもホワイト企業に入社する方法はあるのか
未経験からwebデザイナーになる方法
未経験から憧れのWeb業界で活躍するために必要なスキルや勉強方法を伝えます。WEBデザイナーに転職するためのポイントは、実はとても簡単?

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷