> > 【社会人】未経験からエンジニアへ!独学か?プログラミングスクールか?

【社会人】未経験からエンジニアへ!独学か?プログラミングスクールか?

8356 views

就職活動が思うように進まず、自分が希望していた業界とは異なる仕事に就職したもののどこかしっくりこない。IT化・機械化が急速に進んでいる状況からも将来性のあるIT業界への転職を目指したい。

社会人として日々働いている中で、このような気持ちを抱いている人も多いのではないでしょうか?
実際に私の知人にも就活時にIT業界を希望していたが上手くいかず飲食業界で働いている人がいます。自分が目指していたものと違う環境で切磋琢磨し頑張ってきたものの、限界を感じIT業界への転職を視野に独学で勉強を始めたと言っていました。

IT業界への転職には知識・技術・スキルが必要であり、未経験者では難しいのでは?と思いがちですが、未経験からでもIT業界への転職のチャンスはあります。

ここでは主に手に職を付けるためプログラミングの勉強をしたいと考えている社会人に向け、独学で学ぶべきか?スクールに通うべきか?経験がない人でも働きながら効率良く勉強をする方法、短期間でスキルを身につける方法を紹介していきたいと思います。

プログラマーの種類

プログラマーは幾つかの分野に分かれています。簡単ではありますが種類ごとに紹介していくので具体的に目指すプログラマーをイメージしましょう。

  • Web系プログラマー
  • Webサービスのプログラミングとシステムを開発する。

  • ゲームプログラマー
  • ゲームの開発をする。

  • アプリケーションプログラマー
  • パソコンやスマートフォンのアプリケーションを開発する。

  • エンベデッド系プログラマー(組み込み系)
  • 電化製品や電子機器のマイコン(小型コンピュータ)に組み込まれるプログラム、ソフトウェアの作成。

  • 汎用系システムプログラマー
  • メイン業務は1台のコンピュータで全ての処理を行うシステムを開発すること。(金融機関や官公庁の基幹システムなどに利用される)

  • オープン系プログラマー
  • ネットワークに繋がった複数のコンピュータでシステムを構築する。(店舗の顧客情報、病院の患者データベースなどに利用される)

  • 通信系プログラマー
  • Wi-Fiルータ・モデム、テレビ会議など通信に関連した製品のプログラムを開発する。

開発するシステムによって必要なプログラミング言語が異なるため、目指したいプログラマーを決めておくことで学ぶべきことが明確になってきます。

独学?プログラミングスクール?

では実際にプログラミングの勉強を始めるにあたり、「独学」か「プログラミングスクール」に通うといった点が迷うポイントだと思います。

独学

メリット

  • 費用が掛からない(パソコンとインターネット環境があれば、本やオンライン教材の購入のみ)
  • 自分の好きな時間に勉強できる(スクールに通う手間が省ける)

デメリット

  • 相談できる相手が居ない(分からないことがあっても質問できない)
  • 挫折しやすい(勉強につまずき先が見えなくなる)
  • 時間が掛かる(基本的なことを理解するまでに200~300時間、プログラミング取得まで1,000時間程度が必要)

プログラミングスクール

メリット

  • サポートを受けながら学べる(質問できる環境があり挫折しにくい)
  • 転職がしやすい(就職・転職サポートを併せてしているところが多い)
  • 短期間でプログラミング取得可能(300~500時間程度)

デメリット

  • 費用が掛かる(15万円~)
  • 通うだけでスキルを身につけられるだけではない(自ら学習する意欲が大切)
  • スクールに通う手間がかかる(移動時間も含め、働きながらでは時間の確保が難しい)

このように、独学とプログラミングスクールではそれぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらが良いのかと迷ってしまうと思います。もちろん独学でもプログラミングスキルの取得は可能ですが、「質問できる相手がおらず挫折しやすい」「時間が掛かる」といったことを考えると、プログラミングスキルを身につけ就職・転職に役立てたいと思っているのであれば費用は掛かってしまいますがプログラミングスクールに通う方が効率良く、短期間で勉強を進めていけるのでおすすめです。

プログラミングスクールの特徴

プログラミングスクールと言っても、教室に通うプログラミングスクール、Webで完結するオンラインプログラミングスクール、転職サポートが付いた無料プログラミングスクールと様々なものがあります。
教室型とオンラインを併用しているスクールもあるので、自分の都合や目的に合わせてプログラミングスクールを上手に選んでいきましょう。

Point効率の良い学習が出来る

独学の難しいところはエラーが発生してしまったり、つまづいてしまったときに一人で解決しなければいけないことです。一つのエラーを解決するまでに何時間も掛かってしまうことも‥。
その点、プログラミングスクールではエラーやつまづいた時に講師に質問することで無駄な時間を掛けず解決することが可能です。

また、プログラミングで必要な知識はたくさんあるため、独学で隅から隅まで勉強をしていてはどれだけ時間があっても足りません。しかし、プログラミングスクールでは現役プログラマーをはじめ、その道のプロが講師を務めているため必要な知識を選りすぐり効率良く教えてくれるため、独学に比べ短期間で内容の濃い学習が可能となります。

プログラミングスクール

教室型のプログラミングスクールには、短期集中型や週1回コースなど様々な種類があります。多くのスクールでは体験会などを開催しているのでまずは利用してみると良いでしょう。

メリット

  • 講師と対面でスムーズなコミュニケーションが取れる
  • スクールに行くことで集中でき継続して学習しやすい
  • スクールで一緒に学ぶ周りからの刺激もありモチベーションがアップする

デメリット

  • オンラインプログラミングスクールに比べ費用が高い(30万円程~)
  • 教室に通う手間が掛かる

費用:30万円程~(1ヶ月~6ヶ月 ※コースによって異なる)

スクール例:TECH::EXPERT、DMM WEBCAMP、CODE CHRYSALIS、侍エンジニア塾、TECH::CAMP、ヒューマンアカデミー、リカレントリナックスアカデミー、KENスクール、インターネットアカデミー

※仕事をしながらでは難しいフルタイムで学習するコースもあるため、コース内容を良く確認しましょう。短期集中型は仕事を辞め短期間でスキルを身につけたい人向きです。

オンラインプログラミングスクール

自宅や職場近くにプログラミングスクールがなく通うのが難しい人におすすめなのが、オンラインプログラミングスクールです。オンラインであってもマンツーマンで学べるところもあり、しっかりとプログラミングスキルを取得することが可能です。

メリット

  • どこでも学習できる
  • 教室型のプログラミングスクールに比べ費用が安い(15万円程~)
  • 自分の都合の良い時間に学習できる

デメリット

  • Webを通してのコミュニケーションとなるため、教室型と比べるとスムーズさに欠ける
  • 独学に近いためモチベーションを維持していく必要がある

スクール例:TechAcademy、CodeCamp、TECH::CAMP、侍エンジニア塾、ヒューマンアカデミー、インターネットアカデミー

無料プログラミングスクール

有料のプログラミングスクールでも受講終了後に就職・転職サポートを行っているところがありますが、無料プログラミングスクールは一般的に「プログラミング学習」+「転職サポート」がセットになっています。

メリット

  • 費用が掛からない
  • 転職サポートが受けられる

デメリット

  • 学べるプログラミング言語が限られている
  • 転職先企業が限られている場合が多い(エンジニアを求める企業と提携している)
  • 年齢制限がある(20代限定など)

スクール例:GEEK JOB、ProEngineer、みんスク
※有料のプログラミングスクールでも「転職決定で全額キャッシュバック」「転職が決まらなければ受講料全額返金」など実質無料となるスクールもあります。

プログラミングスクールの選び方

教室型のプログラミングスクール、オンラインプログラミングスクール、無料プログラミングとありますが、「費用」「時間」「環境」「将来」をよく考えた上で上手に選んでいく必要があります。

  • 就職、転職先をたくさんの候補から選びたい
  • ビジネスに直結する高いスキルを身につけたい
  • 将来的にはフリーランスとして独立したい
有料プログラミングスクール

教室型・オンラインともに有料のプログラミングスクールはコースによって受講期間や費用が異なりますが、自分が目指したい道に応じた内容の授業を受けられるので将来性を広げることが可能です。
コース内容によっては60万円以上と高額な費用が掛かる場合もありますが、自己投資と考えましょう。高いスキルを身につけていればスクール代はすぐにでも取り返せるほどの年収も期待できます。

  • エンジニアデビューがしたい
  • すぐにでもエンジニアとして働きたい
  • 費用を掛けたくない
無料プログラミングスクール

「エンジニアとして○○がしたい」「将来的には○○になりたい」といった具体的な希望はないけれど、プログラミングを取得しエンジニアとして働きたいと思っている人は、エンジニアの入り口として無料プログラミングスクールを活用し就職・転職サポートを受けてみてはいかがでしょうか。
無料で学べ、就職・転職サポートまで付いていることはメリットばかりのように感じますが、無料プログラミングスクールは年齢制限があったり、受講場所が東京のみなど限定されている場合もあるので注意しましょう。

いくつかの説明会や無料体験会に参加し比較する

  • 雰囲気や環境を自分の目で確認する
  • 無料相談を受けてみる
  • (教室型の場合)通いやすいのか?

ネット上の口コミをチェックすることも一つの情報として大切ですが、最終的には自分の目で見て、話を聞いて自分に合ったプログラミングスクールを選びましょう。
教室に通うのが難しい人や学習の時間が取りづらい人は好きな時間に学べるオンラインプログラミングスクールを活用してみましょう。オンライン型は働きながら勉強したい社会人のプログラミング学習法として人気があります。

まとめ

独学でもプログラミングスキルを身につけることが可能であり、実際に100%独学でエンジニアとして活躍している人もいます。

しかし、すでに社会人として仕事をしながら独学でプログラミングスキルを取得することは相当な時間と努力、強い気持ちが必要です。
手に職を付け、IT企業への転職を考えているのであればなるべく遠回りはせず自分のライフスタイルに合わせた最短コースとなるような方法で目指してみましょう。

そして、晴れてエンジニアとなったところがゴールではないことも頭に入れておく必要があります。エンジニアは常に新しい知識・技術を勉強し吸収していける人こそ活躍出来る人材です。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,474views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,403views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,013views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,112views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,401views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,934views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,599views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,236views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ