【理学療法士の年収】年収1000万円は可能なのか?世代別の年収を紹介!

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

リハビリテーションの専門職である理学療法士(PT)は“給料が安い”と言われることがありますが本当にそうなのでしょうか?

ここでは、理学療法士の平均年収や世代別の年収、理学療法士として年収1000万円は可能なのか?年収アップの方法は?‥など、理学療法士の給料事情について解説していきます。

理学療法士を目指している人、すでに理学療法士として働いていて年収アップさせたい!と思っている人は是非参考にしてください。

理学療法士の平均年収

厚生労働省が公表している令和4年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士(※作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士を含む)の平均年収は約430.6万円であることが分かります。

同じく令和4年賃金構造基本統計調査の産業全体の平均年収が約496.5万円なので、この調査からは理学療法士の年収が全体平均よりもやや低めと捉えることができます。

【平均年収の比較】※()内は平均年齢

産業全体 理学療法士など
男女計 496.5万円(43.7歳) 430.6万円(34.7歳)
男性 554.9万円(44.5歳) 447.8万円(35.4歳)
女性 394.3万円(42.3歳) 412.2万円(34.0歳)

参照:厚生労働省『令和4年賃金構造基本統計調査』

このように表にしてみると、男性の理学療法士は平均以下であり女性の理学療法士は平均以上であることが分かりました。

しかし、ここで注目すべきは平均年齢です。

理学療法士は平均年齢が35歳程度と産業全体と比べ若いことが特徴なので、平均年収が低くなる理由の一つと考えられます。

そこで、世代別の平均年収も見ていきたいと思います。

【世代別】理学療法士の平均年収

男女計 産業全体 理学療法士など
20~24歳 327.1万円 335.7万円
25~29歳 403.5万円 392.0万円
30~34歳 456.8万円 421.4万円
35~39歳 508.6万円 455.4万円
40~44歳 540.6万円 497.5万円
45~49歳 563.5万円 517.9万円
50~54歳 587.7万円 515.0万円
55~59歳 590.2万円 570.1万円
60~64歳 444.8万円 462.8万円

参照:厚生労働省『令和4年賃金構造基本統計調査』

理学療法士は産業全体と同じように年功序列型の傾向があり、年齢が上がっていくにつれ給料も上昇していき役職がつくことが多い55~59歳が年収のピークとなります。

20代、30代の若い世代が多い理学療法士ですが、30代以降で産業全体と年収の開きが目立つようになっています。

理学療法士は“給料が安い” “年収が低い”と感じる前に自分がどのような行動を起こしていくのかがポイントとなるのではないでしょうか。

理学療法士の年収は低い?他職種との比較

産業全体と比較すると理学療法士の平均年収は約65万円低い結果となりましたが、理学療法士と同じ職場で働く機会が多い医療・介護系の他職種の平均年収の中ではどうでしょうか?

職種 平均年収(平均年齢)
医師 1428.8万円(44.1歳)
薬剤師 583.3万円(41.1歳)
診療放射線技師 543.7万円(41.5歳)
臨床検査技士 508.9万円(39.8歳)
看護師 508.1万円(40.7歳)
理学療法士 430.6万円(34.7歳)
准看護師 418.1万円(51.2歳)
介護支援専門員(ケアマネージャー) 405.7万円(51.6歳)
介護職員 362.9万円(44.2歳)
訪問介護従事者 353.1万円(49.1歳)

参照:厚生労働省『令和4年賃金構造基本統計調査』

理学療法士を含む10の職種と比較するとこのようになりました。医療・介護系職種の中でも平均年収は低めの印象を受けるかもしれません。

なぜ理学療法士の年収は低め?

  • 理学療法士によるリハビリは時間単位で診療報酬の点数が振り分けられており、単位数に上限もあるため数をこなして点数を稼ぐことができない
  • 経験年数やスキルは診療報酬の点数に関係ないので、経験を積んでも昇給しにくい
  • 理学療法士が飽和状態(理学療法士の数が多くなりすぎると給料に影響が出る 需要<供給)
  • 理学療法士|年収1000万円は可能?

    年収1000万円と聞くと“”成功者“や“勝ち組”といったイメージを持つ人が多いと思いますが、理学療法士として勝ち組になることは可能なのでしょうか?

    理学療法士に限らず年収1000万円を稼ぐ人の割合はどのくらいか知っていますか?

    【給与階級別分布】

    理学療法士年収

    参照:国税庁『令和3年分 民間給与実態統計調査』

    給与所得者全体で年収1000万円以上はわずか4.9%!

    どんな職種でも年収1000万円は簡単ではないことが分かると思いますが、理学療法士の平均年収から考えても年収1000万円を稼ぐのは難しいのが現実。

    しかし、年収1000万円までは無理であっても年収アップを目指すことは十分に可能です!次に理学療法士の年収アップ方法について紹介します。

    理学療法士の年収アップ方法

    理学療法士として年収をアップさせたい人は以下の方法を参考にしてみてください。

    高い専門性を持つ

    理学療法士として専門性を高めキャリアアップを目指すことは年収アップに繋がる可能性が高まります。

    日本理学療法士協会が設ける「認定理学療法士」や「専門理学療法士」といった資格を取得すると理学療法士としての高い専門性を証明することができるため、資格手当や昇進、転職を有利に進めていくことが可能です。

    また、「ケアマネージャー(介護支援専門員)」の資格を取得すると介護の現場で役立つので常にスキルアップを心掛けることが大切です。

    独立・起業する

    独立・起業することも年収アップになる場合があります。

    しかし、理学療法士の資格は独立開業権がなく医療保険の対象になる事業を開業できないため民間療法の「整体院」や「介護予防事業所」「ボディサロン」として開業することは可能です。

    柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師の資格があれば「接骨院」として開業することも可能なので、いずれは独立したいと考えている人は開業権のある資格の取得がおすすめです。

    転職をする

    理学療法士は働く場所によって待遇や給料に違いがあります。新たに資格取得を目指すことや独立・起業のリスク面を考えると転職が最も実行しやすい方法です。

    一般的に施設規模が大きくなるほど年収が高くなる傾向にありますが、公立病院と民間病院のように同じ病院でも給料や昇給率などが異なるので総合的に判断する必要があります。

    医療分野だけでなく介護分野でも理学療法士の需要は高く、訪問リハビリはインセンティブ制度がある場合もあるので働き方によっては大幅な年収アップも期待できます。

    最近ではスポーツ・フィットネス分野でも理学療法士の知識を活かして活躍できます。

    転職と一口に言っても様々な可能性があるので、理学療法士の転職に特化したサービスを利用するなどして理想的な転職を叶えましょう。

    理学療法士が使うべき転職サイト

    年収アップはもちろんのこと、スキルアップを目的としている理学療法士におすすめしたい転職サイト厳選2社を紹介します。

    転職サイトを利用するメリット

    • すべて無料で利用できる
    • 在職中から効率良く転職活動を進めていくことができる
    • 希望条件にマッチした求人を紹介してくれる
    • 好条件の非公開求人からの紹介が受けられる

    1.サポート力に自信あり!PTOT人材バンク

    PTOT人材バンクは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士専門の転職サポートサービスとしての実績が豊富で、人気転職サイトの一つです。

    PTOT人材バンクを運営する株式会社エス・エム・エスでは、リハ専門職以外にも看護師や介護士、ケアマネなど医療・介護関連職種の人材紹介も行っているため医療機関や介護施設との繋がりが深く、PTOT人材バンクだからこそ出会える求人や知れる情報が満載!

    また、PTOT人材バンクでは非公開求人の紹介はもちろんのこと、求人募集がない施設へのアプローチもOK!職場の雰囲気や詳しい業務内容なども事前に確認できるので、理学療法士として理想的な職場に出会いたい、職場へのこだわりが強い人はPTOT人材バンクに相談すると◎。

    公式サイト https://www.ptotjinzaibank.com/
    対応エリア 全国
    おすすめポイント 好条件の求人が豊富!

    2.自分のためになる転職を!レバウェルリハビリ

    医療・介護業界に特化した転職支援サービスを数多く手掛けるレバレジーズが運営する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けの人材紹介サービスがレバウェルリハビリ(旧 リハのお仕事)です。

    理学療法士としてステップアップ・スキルアップしたい、プライベートも充実させたい‥など『自分のためになる転職』を応援するサービスであり、一人ひとりのキャリアプランやライフスタイルに合わせた求人を探し提案してくれるので条件も環境も揃ったリハビリ職の職場が見つかると評判!

    レバウェルリハビリは休日や勤務時間外の面談・メール相談なども受け付けてくれるので、仕事が忙しく転職活動の時間が取りにくい人でも安心して利用できるサービスです!

    公式サイト https://levwell.jp/profession/pt/
    おすすめポイント 高時給・好条件求人多数!細やかなサポートが◎

    【まとめ】理学療法士の年収にこだわるなら転職も視野に

    理学療法士の年収について紹介しました。

    ここまでの内容から、特別なことをせずに同じ職場で働き続けても大幅な年収アップは難しいことが分かると思います。

    理学療法士として活躍していくためには、

    • 他者との差別化(高い専門性、資格取得など)
    • 仕事の幅を広げる(様々な分野の仕事を検討する)
    • 年収が高い、待遇が良い職場へ転職

    このようなことを意識していく必要があります。
    人のためになる“理学療法士”という国家資格を活かして、納得のいくキャリアを進んでください。


    おすすめ関連記事

    知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
    転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
    女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
    女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
    履歴書でも使える特技ストック10選
    履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいませんか?
    あなたのそばにもいる?無能な上司
    無駄に部下の足を引っ張る能力が高い上司=無能な上司。ダメ上司チェックリストを使った特徴と対策方法をご紹介します。
    40代の転職失敗は地獄。なぜ?
    残酷なことに転職にチャレンジした40代が転職に失敗し後悔する人が後を絶ちません。転職で年収136万円ダウンした例も!ここでは40代の転職で勝つヒントをご紹介します。

    参考サイト
    厚生労働省
    内閣府
    ハローワーク
    職業情報提供サイト
    日本経済連合会
    転職コンサルタント
    中谷 充宏
    梅田 幸子
    伊藤 真哉
    上田 晶美
    ケニー・奥谷