新資格「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」を知ろう

プログラミング言語には多くの種類が存在しますが、その中でも特に人気が高まっている言語が「Python」です。日本のシステム開発の現場では「C言語」や「Java」が長らく優位性を保ってきましたが、近年では「Python」の注目度が急上昇しています。

特にAI(人工知能)や機械学習の分野に強く、「Python」でデータ分析できる人材は企業で重宝されるでしょう。そこで、重要となる資格が「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」です。
今回の記事では、プログラミング初心者に向けた「Python」の概要や資格の種類、「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の勉強法に至るまで詳しく解説していきます。

プログラミング言語「Python」が支持される理由

Pythonは、1991年にグイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語です。メジャーなプログラミング言語の中では比較的新しい部類に入りますが、今やその人気は世界ナンバーワンと言っても過言ではありません。

事実、Google検索エンジンの検索回数からプログラミング言語をランキング化する「PYPL PopularitY of Programming Language」では、2020年8月現在、Pythonのシェアが31.59%と圧倒的な人気を誇っています。

では、なぜPythonはプログラミング言語の中で高い価値を保っているのでしょうか。その理由を大きく3つに分けてご紹介します。

AIや機械学習の分野に強い

近年、AIや機械学習の技術が大いに発達しています。ビジネスにおいても事業に役立つビッグデータの活用が進んでおり、データの収集や分析は企業にとって欠かせない業務になりつつあると言えるでしょう。

Pythonは、AIや機械学習に関するライブラリが非常に充実しています。ライブラリとはプログラムの共通部品を指し、ライブラリを利用するとプログラミングの労力を大幅に削減できます。

つまりPythonでプログラミングすると、AIや機械学習に関する便利なライブラリを多く利用できます。ビジネスにおいてビッグデータを活用するシステムを構築する際も、他のプログラミング言語と比較してより開発期間を短縮しやすくなるでしょう。

読み書きが簡単なため初心者でも理解しやすい

Pythonは、読みやすさや書きやすさを重視したプログラミング言語です。例えば、Pythonは行頭に空白を入れて字下げするインデントにより、実行範囲を示すブロックを定義します。コードが視覚的に見やすくなるため、初心者でも理解しやすいはずです。

また、Pythonはシンプルな文法を採用しています。覚える構文や規則も他のプログラミング言語と比較して少ないため、より短い勉強時間でプログラミングに取り掛かれるようになるでしょう。

将来的に需要が伸びていくことが予想される

Pythonは、AIや機械学習の分野で注目されることが多いプログラミング言語ですが、活躍の場はそれだけではありません。Webアプリやゲーム、データ分析など様々な分野の開発に利用可能です。身近な例を挙げると、「YouTube」「Instagram」「Dropbox」など誰もが知る有名なWebアプリケーションにPythonが利用されています。

また、PythonはIoT(モノのインターネット)やロボット制御といった最新技術との相性も抜群です。将来性の高さから、今後さらに需要の増加が予想されるプログラミング言語と言えるでしょう。

「Python」に関する資格一覧を紹介

Pythonに関してのスキルを認定する有名な資格は主に2つ挙げられます。「Python 3 エンジニア認定基礎試験」と「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」です。どちらも一般社団法人「Pythonエンジニア育成推進協会」が認定する資格で、Pythonエンジニアの育成を目的に実施されています。

では、2つの試験を比較するとどのような違いがあるのでしょうか。本章では、それぞれの資格について概要や難易度を解説します。

Python 3 エンジニア認定基礎試験

「Python 3 エンジニア認定基礎試験」は、Pythonの文法基礎を問う資格です。2017年6月から開始された新しい試験ですが既に大きな注目を集めており、開始から2年1ヶ月で受験者数が5,000人を超えています。

受験の流れは、テスティングサービスである「Odyssey CBT」の公式サイトから試験会場を探し、試験会場に直接申し込む形式です。受験料金は10,000円(税抜き)ですが、学生だと割引があり5,000円(税抜き)で受験できます。

試験方式は、コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式で、40問の選択問題が出題されます。試験時間は60分で、7割以上正解すると合格です。試験終了後すぐに採点が行われ、当日中に合否が判定されます。

試験の合格率は約77%となっており、難易度はさほど高くありません。これからPythonを学び始める方でも十分に合格を目指せる資格と言えるでしょう。

Python 3 エンジニア認定データ分析試験

「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」は、Pythonを使用したデータ分析の基礎や方法を問う資格です。2020年6月から開始されたばかりの新しい試験で、受験者数や合格率はまだ発表されていません。受験の流れや試験方式は「Python 3 エンジニア認定基礎試験」と同様です。

難易度に関しては、主教材である「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」の内容を理解していれば、さほど難しくないでしょう。プログラミング初心者の方でも、教材に沿って学習を進めることで合格を目指せるはずです。

「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の勉強法

「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」は「Python 3 エンジニア認定基礎試験」と比較して、データ分析に必要な数学の知識や、ライブラリを使用した実践的スキルが求められます。将来的に、Pythonを利用してデジタル化した情報を分析したいと考えている方は、初めから「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」を受験することをおすすめします。

本章では「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の勉強法を、独学、オンライン学習サイト、プログラミングスクールと3つの場合に分けて解説します。

独学で勉強する場合

独学で勉強する場合は、まず認定テキストである「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」を購入して学習を進めていくことをおすすめします。Pythonのインストールやデータ分析の環境の整え方から解説しているため、初心者でもスムーズに理解できるでしょう。

認定テキストでの学習を一通り終えたら、続いては過去問題集や予想問題集の学習へと移ります。「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」については、認定スクールである「プライム・ストラテジー」がWebサイトに模擬試験を公開しています。誰でも無料で受験できるので、ぜひ挑戦してみましょう。合格ラインである7割を安定して超えられるようになれば、合格は近いはずです。

オンライン学習サイトで勉強する場合

Pythonはメジャーなプログラミング言語であり、多数のオンラインスクール学習サイトが講座を開設しています。月額料金も1,000円程度と安く、初心者が気軽に勉強を始める手段として最適です。

ただし「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の出題範囲である「ライブラリによる分析実践」は、オンライン学習サイトであまり取り扱っておらず、追加学習が必要です。データ分析用ライブラリ「NumPy」「pandas」「Matplotlib」「scikit-learn」を、実際にプログラミングしながら勉強しておきましょう。

プログラミングスクールで勉強する場合

プログラミングスクールの中には、データサイエンティストを目指す方向けの講座を開催している学校があります。Pythonのプログラミングに慣れるところからスタートするため、初心者でも安心して勉強を始められるでしょう。

プログラミングスクールの利点は何と言っても、共に学ぶ仲間がいることです。競い合って勉強できるため、学習のモチベーションを保ちやすくなります。また、勉強中に分からない点があればいつでも講師に質問できるため、プログラミング中のエラーにつまづくことがなく効率的に学習を進められるはずです。

そして、多くのプログラミングスクールでは就職や転職に関して学校からサポートを受けられます。将来、データサイエンティストとして生計を立てていきたい方にとっては、最適な手段と言えるでしょう。

Pythonの資格取得からデータサイエンティストへの道を切り開こう

Pythonの特徴や資格一覧、「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」の勉強法を解説してきましたがいかがでしたでしょうか。Pythonがデータ分析に向いたプログラミング言語であることや、「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」は初学者でも合格を目指せることが理解いただけたかと思います。

Pythonは世界的に高いシェアを誇っており、これから日本のビジネスにおいても注目される時代がやってくるでしょう。資格取得をきっかけにPythonのプログラミングスキルを伸ばしていくことで、データサイエンティストとしての評価も高まっていくはずです。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷