> リクルートエージェント VS デューダ

リクルートエージェント VS デューダ

346 views

結局どっち?!転職エージェント対決、リクルートVSDODA

今や転職活動に必要不可欠な存在となった転職エージェント。
会社選びから自己アピール力の向上、キャリアカウンセリング、面接のシミュレーションまで、さまざまなサポートを無料で受けることができます。

しかし、転職エージェントとひとくちに言ってもサービスがたくさんありすぎて選べずにいる方もいることでしょう。

というわけで今回は、大手転職エージェントを大解剖! 転職支援業界内の超大手二社「リクルートエージェント」「DODA」を徹底的に比較したいと思います。

>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

■リクルートエージェント
「株式会社リクルートキャリア」が運営する日本最大級の転職エージェント。
リクルート系列のサイトでは「リクナビNEXT」も有名ですが、2つのサービスには大きな違いがあります。自主的に求人情報や転職ノウハウを収集するリクナビネクストとは異なり、リクルートエージェントではキャリアアドバイザーとの面談からスタートします。
転職市場を知り尽くしたキャリアアドバイザーの意見やアドバイスが、あなたの可能性や自分では分からなかった魅力を引き出してくれますよ。

■DODA(デューダ)
DODAは「今よりもいい会社で働きたい」というシンプルな願いを叶える転職エージェントです。運営元は多彩な人材サービスを手掛ける「パーソナルキャリア株式会社」。アルバイト・パート情報サイト「an」を運営していることでも知られます。
DODAは転職のプロによるサポートをはじめ、条件に合う企業からオファーが届く「スカウトサービス」、転職イベントへの参加など独自の特典が多数。今後のキャリアの可能性を広げたい方は必見です。

公開求人数はDODAの勝利!

公開求人数

30,000

バーサス

40,000

公開求人の数はDODAの勝利!

転職エージェントは基本的にキャリアコンサルタントが求人情報を紹介してくれますが、実際にどんな求人を取り扱っているか分からないと登録をためらってしまうものです。WEBサイト上で閲覧できる公開求人数は、いわば転職エージェントの名刺であり、重要な判断材料となります。

1万件以上の差は大きく感じられますが、数万件もの求人情報を公開している転職エージェントはなかなかありません。約3万件というリクルートエージェントの公開求人数も素晴らしく、引き分けに近いと言ってもいい結果だと言えるでしょう。

DODAは「営業」「ITエンジニア」「企画・管理」「建築/土木/不動産/プラント/設備」の求人が豊富。リクルートエージェントはIT業界・医薬品・各種メーカー系の求人に強みがあります。このように公開求人をチェックするだけでも、転職エージェントの方向性がわかりますよ。

非公開求人数はリクルートエージェントの勝利!

非公開求人

約17万件

バーサス

約8万件

公開求人数ではDODAに勝利を譲ったリクルートエージェントが圧勝する結果に。

非公開求人は求人サイトや求人情報誌には掲載されず、条件がマッチした転職希望者にしか公開されません。
リクルートグループが保有する非公開求人には独自の案件が多いため、転職の可能性を広げたいならば利用しない手はないでしょう。

非公開求人の中には応募者が殺到しがちな好条件求人や企業の極秘プロジェクト、社内でも非公開のポジション募集が含まれています。
即戦力として活躍したい方や年収アップを希望する方、前職の経験を活かして未知のジャンルにチャレンジしたい方は、少しでも多くの非公開求人にふれる機会を作りましょう。

拠点数が多いのはリクルート!

拠点

16カ所

バーサス

8カ所

リクルートエージェントは国内に16ヶ所の拠点があり、求人情報も全国各地をカバーしています。

首都圏の求人に偏っている転職支援サイトとは異なり、日本のどこにいても希望に近い求人情報に出会えるのが魅力です。
タイ・台湾・シンガポール・韓国などアジア圏を中心に海外での勤務もあり。グローバルな活躍を夢見る方は要チェックです。

DODAも全国の求人情報を取り扱っています。拠点数ではリクルートエージェントに負けてしまいましたが、DODAは「北海道」「東北」「北信越」「関東」「東海」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」と全国8エリア別にイチオシの求人を紹介しています。
住み慣れた街や憧れの街で、自由度の高い求人探しが実現します。

関西での勤務ならリクルートエージェント!

関西拠点

大阪・神戸・京都

バーサス

大阪

関西圏での拠点数は、リクルートエージェントに軍配!
リクルートエージェントは大阪・兵庫・京都に拠点があり、その地域の求人傾向を把握しているため、きめ細やかな転職支援が期待できます。

海外求人が多いのはリクルート!

海外求人数

約400件

バーサス

約300件

共に全国各地に拠点を持つリクルートエージェントとDODA。
なんと!両社とも海外の求人も取り扱っています。

タイミングにより件数は前後しますが、他のエージェントよりも海外転職に強いと考えていいでしょう。

U・Iターンに強いDODA!

U・Iターン

地域により
少ない場合あり

バーサス

全国各地に
力を入れる

DODAはUターン・Iターンで検索すると合わせて約2.000件の求人があります。

DODAは地方での転職を積極的にサポートする体制があります。
定期的に名古屋・大阪・福岡など地方都市で転職フェアを行うなど、首都圏以外の地域でも企業と求職者がリアルで出会える場を提供しています。

DODAの転職フェアに参加した3人に2人は応募したい企業が見つかったと回答。
ぜひこうした転職フェアなどのイベントを積極的に活動し、Uターン・Iターン転職を成功させましょう。

25歳~35歳ならどっち?

登録者割合

70%

バーサス

48%
(25~34歳)

リクルートエージェントは利用者に年齢制限を設けていません。
そのため利用者の割合は26~30歳が44%、31~35歳が26%、36~40歳が10%、41~50歳が5%、51歳以上が1%、25歳以下が14%と細分化されています。
40代以上でも転職に成功しており、年齢がネックになりにくい点は口コミでも好感触です。

DODAは20代後半と30代に人気がある転職エージェント。
20代前半と40代の利用者はリクルートエージェントと比べると少なめです。

転職活動が盛んな20代後半~30代前半に支持されているということは、実績や使い勝手が信頼に値するということ。鉄板の転職エージェントということで、リクルートエージェントとDODAを併用している方も多くいます。

土日面談OKなのはリクルートエージェント!

面談日

平日・土曜・日曜

バーサス

平日・土曜

リクルートエージェントは平日の夜や土日など、都合がつく時に面談日を設定してくれる貴重な転職エージェントです。
日曜日も受け付けているエージェントは少なく、曜日や時間を問わずリクエストすることができます。
拠点数も多いため、仕事帰りやランチタイムの時間を有効に使うことも可能。

DODAは平日・土曜日のみ面談が可能。平日でも朝9時から夜8時までキャリアカウンセリングを行っています。
リクルートエージェントもDODAも、どうしても面談が難しい場合は電話でカウンセリングできるので安心です。

対応が早いのはどっち!?!

登録後連絡

2~7日程度

バーサス

1週間

WEBから登録後の連絡は、表記の問題でほとんど変わらないですね。
DODAは転職サイトを兼ね、スカウトを受け取ることもできるで、自分でも動きやすいかもしれませんね。

リクルートとDODAの実績を比較!

実績

転職支援実績
約410.000人

バーサス

転職成功実績
約18.000人

リクルートグループは1975年から個人への就職情報発信や企業への人材紹介を行っています。
まだまだ企業への永久就職が当たり前で、「転職」に対するマイナスイメージも強かった時代から転職活動をサポートしてきた実績があるのです。

2017年時点の転職支援実績は、なんと累計41万1,000名以上。「転職支援実績No.1」を謳うのにふさわしい数字です。
リクルートエージェント独占の求人が多い点においても、企業から信頼されていることがわかります。

DODAは転職成功実績を明確にしています。「DODAで転職活動をした人」ではなく「DODAを活用して転職に成功した人」は年間18,000人以上。
求人情報やキャリアアドバイザーの質の高さ、転職イベントの充実度、即戦力重視&未経験者OKの幅広い求人が利用者の高い満足度に繋がっています。

コンテンツが充実しているのはDODA!

コンテンツ

基本的な
レクチャーが多い

バーサス

独自コンテンツ
ツールが多い

DODAは独自コンテンツにおいて「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などの定番から、「人気企業ランキング」「平均年収・生涯賃金」「中途採用の実態」「仕事満足度」「ホンネの転職白書」「転職市場予測」など、求職者が本当に知りたい情報を分かりやすく提供しています。

職種図鑑やマンガで読む「転職成功のススメ」は空いた時間にさくっと読めるのが魅力。
転職フェアや合同転職面談会など、DODAの主催イベントも多数あるので要チェックです。

その他のDODA独自ツール

◆3分で分かる!あなたの適正年収「年収査定」
◆あなたの強みや仕事スタイルを多角的に分析「キャリアタイプ診断」
◆あなたのキャリアはあの企業に適用するか?「合格診断」
◆職務経歴書の作成をサポートするツール「レジュメビルダー」
◆みんなが検討している求人ランキング
◆3カ月集中・転職カレンダー

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーによるサポートに力を入れているのか、WEBコンテンツやツールはあまり目立ちません。

もちろん、履歴書・職務経歴書の書き方指導やレジュメの作成、面接テクニックのレクチャーなど基本的な情報は揃っています。

DODAと同じくリクルートグループは転職フェア・企業セミナーも積極的に開催中。
企業の人事担当者と実際に話すチャンスを見逃さないようにしましょう。

その他のリクルートエージェント独自ツール

◆転職情報メールの無料配信
◆成功・失敗事例に学ぶ「転職ケーススタディ」
◆転職者の悩みをプロが解決!「転職よろず相談所」
◆各種データ&ランキング
◆10分前でも間に合う面接対策
◆エージェントが語る「コラム転職徒然草」
◆先人にリーダーシップを学ぶ「偉人たちの現導力」
◆最新ビジネスニュース

リクルートVSデューダ 総評

公開求人数や独自ツールの数はDODA、非公開求人数や全国の拠点数はリクルートエージェントが勝利するなど、両者がまったく譲らない熱いバトルとなりました。やはり転職エージェント業界をひっぱる大手二社ということで、どちらを選んでも安心・確実なサポートが得られると言えます。

リクルートエージェントには業界トップクラスとなる約470名のキャリアアドバイザーが在籍。経験豊富で質の高いサポートには定評があります。また、リクルートエージェントが開催している面接力向上セミナーは参加した99%が満足と答えており、転職活動を有利に進められるサポートが充実しています。

リクルートエージェント、DODAともに全国の求人に対応していますが、DODAはIターン・Uターンに力を入れているので地方での転職を考えている人にはおススメできます。また、DODAにはスカウトサービスがあります。あなたに興味を持った企業からスカウトメールが届くこともあるので、転職の可能性を広げるチャンスでもあります。

しかし、各転職エージェントにしかない非公開求人や幅広い利用者層の存在を知ってみると、一社だけにこだわるのは実にナンセンスです。実は、転職に成功した人のほとんどは複数のエージェントを活用していました。自分に本当に合う企業・仕事を見つけるきっかけはなるべく増やして、さらに転職エージェントの力で「手あたり次第ではなく求人を厳選する」ということに重きを置きましょう。

■結論■
充実サポートリクルートエージェント
I・Uターンの味方!地方にも強いDODA

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

人気の転職エージェント対決 どれを選ぶ?

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
41,833views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,016views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
16,409views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
14,905views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,679views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
12,588views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
12,437views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
8
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,361views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
9
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
10,841views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
8,866views
ページのトップへ