こんな「志望動機」はいやだ!失敗した履歴書をまとめてみた。

書類選考は第一関門であり、まずはここを通過しなければ面接にも進むことができないという大変シビアなものですよね。

多くの企業は書類選考を設けており、
書類選考→1次面接→(2次面接)→最終面接→内定→入社という流れがあります。

企業やタイミングにもよりますが、書類選考率は30%といわれていて狭き門となっています。
書類選考の段階で落とされる履歴書はどんな履歴書なのでしょうか?

無事面接までたどり着ける、書類選考率を上げる履歴書の書き方をご説明します。

履歴書とは、最初のアピールの場である

履歴書は、あなたの分身であり、あなたをイメージさせる取扱説明書ともいえるでしょう。

書類選考の段階で、企業の採用担当者は履歴書を見てあなたという人材がどのような人物なのかをイメージし、スキルやキャリアを見て求める人材として適格か、社風に合うかどうかを判断します。

履歴書は書式が決まっていますので、他者と差別化した内容であることが求められます。

採用担当者が履歴書を見て良いイメージを持ち「会いたい」と感じてもらえるポイントを抑えた履歴書を作成することが大切です。

一般的に求められる誤字脱字がなく、丁寧に書かれた履歴書であることはもちろん、内容についても採用担当者へ意欲をアピールできる内容であれば書類通過率アップに繋がるでしょう。

特に「志望動機」については、やる気や面接希望者の意欲がイメージできるものなので、重視している企業は多くあり、企業に対する理解や研究、キャリアビジョンを把握するものとしてもチェックされている項目です。

企業が求める人材と、面接者が望むキャリアビジョンとの相違が生じないためにも適切に記入しなければいけません。

ダメな履歴書とは

採用担当者として書類選考に携わってきた経験から、評価が低いダメな履歴書のポイントを挙げてみます。

いくら優れたスキルやキャリアを持った人材であっても、企業が求める人物像とミスマッチなら書類選考は通過できません。
自社の求めている人物像をイメージできていないという印象を持ち、自社の方針や今後のビジョンも理解していないという悪い印象を持たれてしまいます。

「社風に惹かれました」というような具体性のない志望動機ではなぜ入社したいのかが伝わりません。
入社後、自分自身の強みをどのような形で企業に貢献できるかという内容を具体的に記入することが大切です。

入社後、どのような仕事をして将来的なゴールは一体どういうものなのか?というキャリアビジョンをイメージできる志望動機になっていない、夢や野望は大きいけれど具体性がない等は口だけの人というイメージを持たれ、印象は良くありません。

ダメな履歴書実例

よくありがちな志望動機のひとつですが、この書き方は学生の方に多くみられます。企業としては〇〇が好きな人材を求めているのではなく、〇〇の仕事に携わりたいと思っている人材を求めています。
入社希望する企業の〇〇が好きなことは大前提として、その仕事に携わって何がしたいのか、なぜ携わりたいと思うのかという部分にまで掘り下げて記入してもらいたいのが本音です。

これも学生に多く見受けられる志望動機のひとつですが、学びたいという意欲は評価しますが、入社してしなければいけないのは仕事で勉強ではありません。
その企業に入社してからの具体的なキャリアビジョンや、なぜその企業でのキャリアビジョンを描いたのかという理由、何をゴールに目指すのかといった内容を構成し、相手に伝えることが大切です。

そもそも志望動機は、その企業へ入社したい理由を記入しますが、入社したい企業と他社を比較したり、前職を批判したりするのは良くありません。特に給与や福利厚生、休暇といった内容を前面に出して比べ、志望動機とするのは仕事への意欲を感じることができず悪い印象が残ります。企業は組織として、入社後に他社とトラブルを起こすのではないか…という懸念材料となります。

魅力的な履歴書とは

魅力ある履歴書は、企業が「会ってみたい」「一緒に仕事をしてみたい」と思わせるものです。どのような志望動機が採用担当者の心を動かすのでしょうか。

言葉の選び方や文章の構成などが読みやすく具体的でセンスがある方は「これを書いた人はどんな人なんだろう」と一緒に働いている様子を想像しながらワクワクして読み進めることができます。箇条書きで淡々と記入するのではなく、志望動機となる背景のエピソードを記入したり、企業とのエピソードがあれば記入したりするのも効果的です。

抽象的な志望動機は「結局なにが言いたいんだろう」と採用担当者も悩んでしまうことがあります。企業の魅力や自分自身の強みについて客観的に記入されているような志望動機は、企業研究をしていることや自己分析力を評価します。自分自身が何を目指して何がしたいのかという自己覚知を行い、志望動機を考えてみましょう。
面接で「もっと掘り下げて聞いてみたい」と思わせるように書くことが大切です。

志望動機に過去のスキルやキャリアを記入する方は多くいらっしゃいますが、今後のキャリアビジョンまで適切に書かれている方は多くありません。入社して培ったスキルやキャリアをどう活かし、どんな仕事をして、この方はどんなゴールを目指すのだろうと採用担当者が想像できるような記入をしましょう。
そして、そのゴールを目指すためには、自社でないとだめだと納得されることが大切です。

魅力的な履歴書実例

書類選考の際に評価される履歴書「志望動機」の例をご紹介します。

入社してどんな仕事をして何にチャレンジしたいのかという具体的なキャリアビジョンが描かれている志望動機は、入社希望者が採用担当者から会社の一員として「この方は入社したら〇〇に配置しよう」とイメージしやすいのです。企業の具体的な事業を挙げてやりたいことを伝え志望動機を記入します。具体的な事業を提示することで、自社研究できているという印象も受けます。

入社後、仕事を通じてゴールしたいことを記入し、その企業でないと達成できないという強みを具体的に記入します。そして、その強みがある企業でならキャリアビジョン達成できるということを明確に結論づけます。

多くの履歴書を見る中で特別なスキルを持つ入社希望者は注目されます。どのようなスキルを持ち、企業のどこで活かすことができるのか、企業の求める人物像をイメージしながら記述していきます。特に転職から中途入社する方は、前職でのスキルやキャリアを面接で聞かれる場合が多いですので、それを自社でどうしたいかを明記します。

まとめ

やる気を伝えるための志望動機を書くためには、自己分析が欠かせません。
自分自身を知ることで価値観や自分の状況を客観的に理解することができます。自分自身を知った上で、企業研究し、本当に入社したいのか、採用担当者に自分自身の何を理解していただくかということがポイントになります。
「あなたと一緒に働きたい」という企業、その企業に対して貢献したいと思うあなたにとっても採用が成功となるように、魅力ある履歴書作成を心がけましょう。

このページの先頭へ