施工管理の資格は7種類!気になる試験概要や合格率を種類別に解説!

建築関係の仕事でキャリアを積もうと考えているなら、ぜひ挑戦したいのが施工管理技士の資格です。

国家資格である施工管理技士の資格をとることで実力を客観的に証明でき、現場でより重宝される人材になることができます。

ただし、施工管理技士の資格は7種類もあります。「それぞれの資格の違いが分からない」という人向けに各資格の特徴、受験概要、合格率について解説しました。

これから施工管理技士を目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

施工管理とはどんな仕事?

工事現場をまとめるのが施工管理の仕事です。具体的にはどんなことをするのでしょうか。

施工管理の仕事内容

工事現場では1つの目標物を作るため、様々な人たちが協力して仕事を行います。

目標物を工期内に完成させるには、人員と工程を総合的に把握し、全体の流れを統括管理する人間が必要です。この仕事を行うのが施工管理者です。

施工管理の仕事内容をいくつか具体的に見てみましょう。

・安全かつ予算内で行える施工工事の計画を立てる(協力業者選びや現場の把握など)
・予定通りに工事が進むよう工程管理をする(職人のスケジュール調整、資材の調達など)
・工事現場での安全管理をする(器具の安全チェック、健康管理、安全教育など)
・設計図通りに目標物が出来上がるよう品質管理をする(設計図の補完、修正など)

職場の種類

工事は、電気工事、土木工事、造園工事、内装工事など様々な分野に分かれています。再開発事業や災害復興の場でも需要のある建築関係の仕事は需要が高い仕事です。

施工管理の仕事はこれら工事現場にはつきものなので、工事を行う幅広い企業で必要とされます。

ゼネコンや建築会社はもちろん、内装工事会社でも重宝されるでしょう。

また施工管理の仕事を経験した後は、建築物の開発や企画を行ってゼネコンへ発注する「ディベロッパー業界」へ転職をするという道もあります。

施工管理技士の資格とは

施工管理関係の資格には「施工管理技士」という資格があります。

施工管理技士資格の種類

施工管理技士は国家資格です。一口に施工管理技士といっても、その資格は7つの分野に分かれています。

①建築施工管理技士
②土木施工管理技士
③電気工事施工管理技士
④電気通信工事施工管理技士
⑤管工事施工管理技士
⑥造園施工管理技士
⑦建設機械施工技士

階級について

それぞれの資格は1級と2級に分かれています。

1級取得者の場合、携われる工事現場の規模に制限がありません。高層ビル、大型ショッピングモールなどかなり大規模な現場にも関わることができます。

2級の場合、管理できる工事の規模は中小程度になります。関われる仕事の規模は1級に比べて小さくなりますが、その分受験のための条件が緩い傾向にあります。

学科試験と実地試験

資格試験で施工管理技士の資格を得るには、学科試験と実地試験に合格する必要があります。

学科試験と実地試験の両方を受験するには、基本的に実務経験が必要です(ただし試験によっては、特別な資格を持っている場合のみ実務経験を問われないこともあります)。

また2級の学科試験だけを受験する場合、「試験年度において満17歳以上ならだれでも受験できる」という特別なルールがあります。

最初に学科試験に挑み、学科試験合格後に実地試験だけを受験する方法もあります。
ただし実地試験を受験する場合には、「学科・実地試験」の受験条件を満たしていること(所定の実務経験年数等)が必要です。

学科試験の有効期限内に実地試験の受験資格を得られるようにしましょう。

資格なしでも施工管理の仕事はできる?

施工管理技士の資格は国家資格です。資格試験に合格しなければ施工管理技士と名乗ることはできません。

しかし、施工管理の仕事に関しては資格が必ずしも必要ではありません。人手不足な建築現場の現状もあり、未経験者、資格なしの人間でも雇い入れ、現場で育てていこうという職場もあります。

もちろん、だからといって資格をとる意味がないわけではありません。
施工管理技士の資格をとると、「施工管理の専門家」の証を手に入れることができます。

職場の中には資格手当を支給しているところもありますし、転職や昇進の際にも有利に働くでしょう。

工事現場で確かなキャリアを築いていきたい人にとって、施工管理技士の資格は取っておいて損はありません。

また、施工管理技士は建設業法で定められた「主任技術者」(2級以上)や「監理技術者」(1級以上)になることができます。

主任技術者や管理技術者は法律で配置が定められているため、資格保有者は現場にとってなくてはならない存在になるわけです。

施工管理技士資格7種類の試験概要

7種類の施工管理技士資格について、試験概要を見ていきましょう。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は建築工事の他、屋根工事、左官工事の現場でも広く活躍します。また内装施工管理にも携わります。

建築施工管理技術検定試験に合格すれば、建築施工管理技士の資格を得ることができます。専門分野により建築、躯体、仕上げの3種別があるのが試験の特徴です。

建築施工管理技術検定2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・所有資格

上記2つの区分で必要な実務経験の条件が違ってきます。
例えば最終学歴が大学(指定学科卒業者)の場合、卒業後1年以上の実務経験で受験が可能です。

※職業能力開発促進法による技術検定合格者の中には、一部実務経験を問われない人もいます(単一等級れんが積みなど)。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:建築学、施工管理法、法規 
実地試験:種別「建設」
施工管理法
種別「躯体」
躯体施工管理法
種別「仕上げ」
仕上施工管理法

受験料

学科・実地試験:9,400円  実地試験:4,700円  学科試験:4,700円

建築施工管理技術検定1級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・所有資格

上記2つの区分で必要な実務経験の条件が違ってきます。
例えば、最終学歴が大学(指定学科卒業者)の場合、卒業後3年以上の実務経験で受験が可能です。

2級試験合格者の場合は、「合格後」5年以上の実務経験で受験資格が得られます。
なおどんな学歴や資格を持っていても、基本的に実務経験がなければ1級試験を受験することはできません。

試験形式

学科試験:択一方式 実地試験:筆記試験

試験科目

学科試験:建築学等、施工管理法、法規 
実地試験:施工管理法

受験料

学科試験:9,400円 実地試験:9,400円
(参考元:「施工管理技術検定」https://www.fcip-shiken.jp/)

土木施工管理技士

土木施工管理技士は土木工事の施工管理を行う上で重要な資格です。主に河川や道路、橋などの土木工事で現場監督を行います。

土木施工管理技士の資格を取得するには、土木施工管理技術検定に合格する必要があります。土木、鋼構造物塗装、薬液注入の3種別があります。

土木施工管理技術検定2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

学歴によって、必要となる実務経験の条件が異なります。例えば指定学科の大学を卒業している場合、求められる実務経験は1年以上です。指定学科の高校を卒業している場合は3年以上の実務経験が必要です。どのような学歴でも実務経験は必須になっています。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

種別「土木」
学科試験:土木工学等、施工管理法、法規
実地試験:施工管理法
種別「鋼構造物塗装」
学科試験:土木工学等、鋼構造物塗装施工管理法、法規
実地試験:鋼構造物塗装施工管理法
種別「薬液注入」
学科試験:土木工学等、薬液注入施工管理法、法規
実地試験:薬液注入施工管理法

受験料

学科・実地試験 8,200円 学科試験:4,100円   実地試験: 4,100円

土木施工管理技術検定1級の概要

受験資格

・学歴
・2級試験合格者
・専任の主任技術者の経験が1年以上ある者
・指導監督的実務経験年数が1年以上+監理技術者による指導を受けた実務経験年数が2年
以上ある者

上記4つの区分で必要な実務経験年数が変わってきます。最も短い実務経験で受験できるのは指定学科卒の大卒者で、実務経験が3年以上であれば受験可能です。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

種別「土木」
学科試験:土木工学等、施工管理法、法規
実地試験:施工管理法
種別「鋼構造物塗装」
学科試験:土木工学等、鋼構造物塗装施工管理法、法規
実地試験:鋼構造物塗装施工管理法
種別「薬液注入」
学科試験:土木工学等、薬液注入施工管理法、法規
実地試験:薬液注入施工管理法

受験料

学科試験:8,200円  実地試験:8,200円
(参考元:「全国建設研修センター」http://www.jctc.jp/exam)

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、建物の建設や増築時に必要となる電気工事の現場監督をすることができる資格です。
電気工事施工管理技術検定試験に合格すれば、電気工事施工管理技士の資格を得ることができます。

電気工事施工管理技術検定試験2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・所有資格(電気技術主任者、電気工事士)
上記2つの区分で必要な実務経験年数が変わってきます。
例えば、大学の指定学科を卒業している場合は実務経験1年以上で受験が可能です。ほとんどの場合実務経験が必要ですが、「電気工事法による第一種電気工事士免状の交付を受けた人」だけは実務経験を問われません。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:電気工学等、施工管理法、法規 
実地試験:施工管理法

受験料

学科・実地試験:11,800円 実地試験:5,900円 学科試験:5,900円

電気工事施工管理技術検定1級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・所有資格(2級電気工事施工管理技士、電気主任技術者、電気工事士)

上記2つの区分によって必要な実務経験が異なります。
例えば、指定学科の大学を卒業した人は実務経験を3年以上積むことが受験条件になります。ただし、「電気工事法による第一種電気工事士免状の交付を受けた人」だけは受験に実務経験を必要としません。これは2級の場合と同じです。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:電気工学等、施工管理法、法規
実地試験:施工管理法

受験料

学科試験:11,800円 実地試験:11,800円
(参考元:「施工管理技術検定」https://www.fcip-shiken.jp/)

電気通信工事施工管理技士

先に登場した電気工事施工管理技士と間違われやすい資格に、電気通信工事施工管理技士があります。

前者が非常用電源設備や信号設備等の工事を行うのに対し、後者は携帯電話の通信機器、インターネット環境設備といった通信に関わる電気工事を行います。

電気通信工事施工管理技士の資格をとるには、電気通信工事施工管理技術検定に合格する必要があります。

電気通信工事施工管理技術検定2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・電気通信主任技術者資格者証の有無
必要な実務経験は上記2つの区分によって変わってきます。

例えば指定学科の大学を卒業した人の場合、必要な実務経験は1年以上です。また、電気通信技術者資格者証を交付されている人も、実務経験1年以上で受験が可能です。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:電気通信工学等、施工管理法、法規
実地試験:施工管理法

受験料

学科・実地試験 13,000円 学科試験 6,500円   実地試験 6,500円

電気通信工事施工管理技術検定1級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・取得資格(電気通信主任技術者資格者、2級電気通信工事施工管理技士)
・専任の主任技術者の経験が1年以上あるかどうか
・指導監督的実務経験年数が1年以上+監理技術者による指導を受けた実務経験年数が2年以上あるかどうか

必要な実務経験の年数は、上記4区分によって決まってきます。
例えば2級合格者の場合、2級合格後5年以上の実務経験があれば1級の受験が可能です。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:電気通信工学等 施工管理法 法規   
実地試験:施工管理法

受験料

学科試験 13,000円 実地試験 13,000円
(参考元:「全国建設研修センター」http://www.jctc.jp/exam)

管工事施工管理技士

管工事とは、ガス、水、油などを通すための管を設置する工事のことです。空調設備やダクト工事、ガスの配管、冷蔵設備、水洗便所の設置工事なども管工事の一種です。

管工事施工管理技士はこのような工事の管理を行うことになります。

管工事施工管理技士は管工事施工管理技術検定に合格すると、取得することができます。

管工事施工管理技術検定2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・職業能力開発促進法第44条による技術検定合格者
上記2区分によって、必要な実務経験の条件が異なります。
指定学科の大学を卒業した人の場合、必要となる実務経験は1年以上と最も短くなります。技術検定合格者の場合は4年以上の実務経験が必要になります。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:機械工学等、施工管理法、法規 
実地試験:施工管理法

受験料

学科・実地試験:8,500円 学科試験: 4,250円 実地試験: 4,250円

管工事施工管理技術検定1級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・取得資格(2級管工事施工管理技術検定合格者、職業能力開発促進法第44条による技術検定合格者)
・専任の主任技術者の経験が1年以上ある者
・指導監督的実務経験年数が1年以上+監理技術者による指導を受けた実務経験年数が2年以上ある者
必要となる実務経験は上記4区分により異なります。
最も短い実務経験で受験ができるのは、大学の指定学科を卒業した人です。実務経験3年
以上で受験資格が与えられます。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:機械工学等、施工管理法、法規 
実地試験:施工管理法

受験料

学科試験 8,500円  実地試験 8,500円
(参考元:「全国建設研修センター」http://www.jctc.jp/exam)

造園施工管理技士

公園や庭園を造る造園工事に関わるのが造園施工管理技士です。緑化工事を請け負うこともあります。特に1級を取得することで、自治体が発注する大規模な緑化工事、公園工事に携わることができます。

造園施工管理技士の資格を取得するには、造園施工管理技術検定に合格する必要があります。

造園施工管理技術検定2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・職業能力開発促進法による1級又は2級「造園」の技能検定合格者
上記2つの区分で求められる実務経験が変わります。
指定学科の大学を卒業していれば、必要な実務経験は1年以上です。「造園」技能検定1級合格者(もしくは平成15年度までに「造園」技能検定2級に合格した者)は実務経験年数を記載する必要はありません。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:土木工学等 施工管理法  法規  
実地試験:施工管理法

受験料

学科・実地試験:10,400円 学科試験:5,200円 実地試験: 5,200円

造園施工管理技術検定1級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・取得資格(2級造園施工管理技術検定合格者、職業能力開発促進法による1級「造園」の技能検定合格者)
・専任の主任技術者の経験が1年以上ある者
・指導監督的実務経験年数が1年以上+監理技術者による指導を受けた実務経験年数が2年以上ある者
必要な実務経験は上記4つの区分によって変わってきます。
求められる実務経験の中最も短いのは3年で、指定学科の大学卒業者が当てはまります。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:記述式

試験科目

学科試験:土木工学等、施工管理法、法規 
実地試験:施工管理法

受験料

学科試験:10,400円  実地試験:10,400円
(参考元:「全国建設研修センター」http://www.jctc.jp/exam)

建設機械施工技士

建築機械施工技士とは、建築現場で使われる様々な機械(ショベルカー、ロードローラ等)を使った施工において、監督や指導を行う人です。2級建築機械施工技士の場合は、自身も運転技術者として現場を支えることがあります。

建築機械施工技士の資格は建設機械施工技術検定試験に合格することで取得することができます。試験では今までの施工管理の資格とは一風違い、施工操作を行う実技問題が出題されます。種別は6種類に分かれています。

※選択できる種別は最大2つです。ただし、偶数、奇数の種別から1つずつしか選択できません。

例:第1種と第3種

建設機械施工技術検定試験2級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

学歴によって必要になる実務経験が異なってきます。
なお、建築機械施工技術検定には以下6つの種別があり、選んだ種別に関係する実務経験を求められます。
・第1種 ブルドーザー、トラクター・ショベル、モーター・スクレーパー系
・第2種 パワー・ショベル、バックホウ、ドラグライン、クラムシェル系
・第3種 モーター・グレーダー
・第4種 ロード・ローラー、タイヤ・ローラー、振動ローラー系
・第5種 アスファルト・コンクリート系
・第6種 くい打機、くい抜機、大口径掘削機系

例えば、指定学科の大学を卒業した人は実務経験が1年以上必要です。ただし、その中に受験する種別に関する6か月以上の実務経験を含むことが求められます。

試験形式

学科試験:択一式 実地試験:実技

試験科目

学科試験(共通):土木工学 建設機械原動機 石油燃料 潤滑剤 法規
    (種別):
第1種 
トラクター 系建設機械 
トラクター 系建設機械施工法
第2種 
ショベル系建設機械 
ショベル系建設機械施工法
第3種
モーター・グレーダー
モーター・グレーダー施工法
第4種
締め固め建設機械
締め固め建設機械施工法
第5種
ほ装用建設機械
ほ装用建設機械施工法
第6種
基礎工事用建設機械
基礎工事用建設機械施工法
実地試験:第1種
トラクター系建設機械操作施工法
第2種
ショベル系建設機械操作施工法
第3種
モーター・グレーダー操作施工法
第4種
締め固め建設機械操作施工法
第5種
ほ装用建設機械操作施工法
第6種
基礎工事用建設機械操作施工法 

受験料

学科試験:10,100 円 実地試験:21,600円

建設機械施工技術検定試験1級の概要

受験資格(学科試験+実地試験)

・学歴
・2級合格者かどうか
上記2区分から判断して、必要な実務経験を求めます。なお、実務経験の中には「指導監督的実務経験を1年以上含んでいる」必要があります。

例えば指定学科の大学卒業者は、必要な実務経験が3年以上になります。一方中卒者の場合、必要な実務経験は15年以上です。

試験形式

試験式 学科試験:択一式+記述式 実地試験:記述式+実技

試験科目

学科試験(択一式):土木工学 
          建設機械原動機
          石油燃料
          潤滑剤
          建設機械
          建設機械施工法
          法規
学科試験(記述式):土木および機械

実地試験(記述式):建設機械組合せ施工法
実地試験(実技式):
第1種 
トラクター系建設機械操作施工法
第2種 
ショベル系建設機械操作施工法
第3種 
モーター・グレーダー操作施工法
第4種 
締め固め建設機械操作施工法
第5種 
ほ装用建設機械操作施工法
第6種 
基礎工事用建設機械操作施工法

受験料

学科試験:10,100円 
実地試験:2種別 27,800円 
     1種別 21,400円(1種別免除) 
     記述式のみ受験 15,000円 (2種別免除)
     ※2級合格者はもとの受験種別の実技試験が免除される
(参考元:「日本建設機械施工協会」https://jcmanet-shiken.jp/)

施工管理技士資格の難易度

各試験令和元年の合格率を見てみましょう。

建築施工管理技士     1級 学科 42.7%  実地 46.7%
             2級 学科 34.7%  実地 27.1%
土木施工管理技士     1級 学科 54.7%  実地 45.3%
             2級 学科 42.2%  実地 42.6%
電気工事施工管理技士   1級 学科 40.7%  実地 66.3%
             2級 学科 58.7%  実地 45.4%
電気通信工事施工管理技士 1級 学科 43.1% 実地 49.5%
             2級 学科 54.1% 実地 57.1%
管工事施工管理技士     1級 学科 52.1%  実地 52.7%
             2級 学科 69.3%  実地 44.1%
造園施工管理技士     1級 学科 37.0%  実地 39.6%
             2級 学科 50.9%  実地 37.6%
建築機械施工技士     1級 学科 25.1%  実地 不明(平成30年度は63.3%)
             2級 学科 42.4%  実地 不明(平成30年度は84.0%)

合格率で見ると、最も難易度が高いのは建築機械施工技士1級です。1級は記述式問題のハードルが高く、2級に比べて合格率が格段に下がります。ただし実地試験が実技という特徴もあってか、実地試験の合格率は高くなっています。

管工事施工管理技士、電気工事施工管理技士は2級、1級ともに合格率が高く、取得しやすさでいえばおすすめの資格です。

施工管理技士の資格全体で言えば、合格率は40%前後となっています。国家資格の中では難易度が特別高いといえる数字ではありません。しかし2人に1人が不合格になると考えれば、合格のためには十分な対策が必要なことが分かるでしょう。

まとめ 自分に合った施工管理技士の資格を取得して、キャリアアップを狙おう

施工管理の仕事でキャリアアップを狙うなら、施工管理技士の資格をとることがおすすめです。

施工管理技士の資格は7種類あります。どの資格も1級と2級に分かれており、学科試験と実地試験に合格すると資格が取得できます。

2級学科試験だけなら17歳以上という年齢条件を満たせば受験できますが、実地試験を受験するには基本的に実務経験が必要になります。設定されている受験資格は学歴や保有資格別に細かく分類されています。試験勉強を開始する前に、受験資格をよく確かめることをおすすめします。

おなじ施工管理技士とはいえ、資格の種類によって活躍できる工事の種類が異なってきます。手掛けたい工事の内容や難易度などを比較して、自分にあった施工管理技士の資格を選びましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷