歯科助手になるために資格は必要?試験の難易度は?おすすめ資格を紹介

オフィスワークをしたいけど、一般事務は競争率が高いし給料もそれほど高くない。経理は簿記とか持ってないと難しいらしいし、何かいい事務系の仕事はないかな?

そんな風に考える方に最近人気なのが医療系事務。その中でも女性に人気が高いのは歯科助手です。でも歯医者さんの助手って医療の知識がダメなのでは?やっぱり医療系の資格が必要?資格試験の難易度はどれくらい?

歯科助手になりたいけれど、まずはどうしたら良いのか分からないという方に、歯科助手の資格についてご紹介します。

歯科助手の仕事内容

歯科助手と歯科衛生士の違いを知っていますか?

そもそも歯科助手の仕事内容とは、どんな事をするのか詳しく知っているでしょうか?歯医者さんには歯科医師、歯科衛生士、歯科助手という立場の方が居ます。中には歯科衛生士と歯科助手がごっちゃになっている方も居るのではないでしょうか?

歯科衛生士と歯科助手には、明確な違いがあります。それではどう違うのか、分かりやすく比較して書き出してみましょう。

歯科助手がOKなこと、NGなこと

歯科衛生士

・資格:『歯科衛生士』の資格が必要(国家資格)
・仕事内容:虫歯チェック、歯石・歯垢除去、詰め物や被せものの装着、レントゲン撮影、歯ブラシ指導 など
・患者さんの口腔内に直接触れる施術:OK

歯科助手

・資格:必要なし
・仕事内容:治療に使う器具の準備・洗浄・消毒、治療中の口腔内の唾液・水を吸引、ライトの調節、歯型を取るための印象材を練るなどして準備、受付、電話対応、診療報酬の計算・精算と言った会計処理、カルテファイル作成・整理、院内の清掃 など
・患者さんの口腔内に直接触れる施術:NG

いかがでしょうか?いくつか歯科衛生士の仕事の中で、歯科助手がやっていると思っていたことはありませんか?

分かりやすく言えば、歯科衛生士は国家資格が必要で、口腔内に直接触る施術が可能。歯科助手は資格は不要で、口腔内に直接触る施術はやってはいけないという違いがあります。
歯科衛生士が歯科医師のサポート、歯科助手は歯科医師と歯科衛生士のサポート及び、会計・雑務をする仕事なのです。

歯科助手に資格は必須ではない

歯科助手には必ずしも資格が必要というわけではありません。なりたいと思えば、誰でも求人に申し込み、採用されればすぐにでも働き始めることができます。

実際に資格を持っていなくても、求人に応募して採用される方は多く居ます。経験者はもしろん、未経験者でも業界の知識を独学で勉強して、分からないことも働きながら勉強できる熱意があり自己アピールにも自身がある!という方は、時間や労力を使って無理に資格を取る必要はないでしょう。

しかし、歯医者さんはあくまで医療の業界です。専門性が高い用語が飛び交い、実際に専門器具に触れて準備をし、仕事をこなさなければなりません。会計業務もカルテ作成から診療報酬の計算は医療系の業界特有のデスクワーク。

最初から何も分からないので教えて貰うのが当然!という姿勢で求人に挑んでも、懇切丁寧に付きっきりで教えていたのでは仕事になりませんから、採用側は当然使えそうな人を積極的に採用します。「何もわからない」状態では、まず求職者の競争で負けてしまう可能性大!

資格は『未経験者』ほど取っておくと武器として利用できるものと考えてください。資格を取る労力を費やすだけの熱意がある。やる気があるというアピールにできますし、最低限の用語や機材の名称、やるべきこと、知識を持っていることで、いざ採用された時に効率的な成長が見込めるでしょう。

歯科助手の資格の種類

歯科助手認定制度

●公益財団法人 日本歯科医師会
●受験資格:
◇甲種、・甲種歯科助手訓練基準による訓練を修了した者(420時間以上)
    ・乙種第一歯科助手の資格を有し、3年以上の業務経験を有する者であって、補充研修訓練基準にとよる訓練を修了した者
◇乙種第一、主として診療室内の仕事に従事する者(52時間以上)
◇乙種第二、主として事務的な仕事に従事する者(40時間)
●難易度:★☆☆☆☆
●試験の内容

都道府県歯科医師会がそれぞれに行っている講習を受講する事で交付される資格です。甲種・乙種第一・乙種第二の三種があり、それぞれに院内の実務経験により受験内容及び、受験資格が違っています。あなたがどのような歯科助手としての知識や技術を得たいかにより、受講項目を選択してください。

歯科助手の資格としては一番メジャーですが、どの種別も実務経験が必要になるので、未経験者は取得することができません。経験者向けの資格となります。
受講料、受講会場、実施日などの詳細は、都道府県歯科医師会の定めによりますので、気になる方は該当地域の医師会に問い合わせてください。

歯科医師会サイト:https://www.jda.or.jp/qualification/

歯科 医療事務管理士®

●(株)技能認定振興協会
●受験資格:規定なし
●試験内容:
学科試験(1時間)レセプト作成及び点検
実技試験(3時間)法規、医学一般、保険請求事務
●試験会場:在宅試験
●試験日:おおよそ2か月ごとに実施
●受験料:7,500円(税込)
●難易度:★★☆☆☆
資格サイト:https://www.ginou.co.jp/qualifications/iryojimu-shika.html

医療事務特有のカルテ管理やレセプト業務の他、医学一般についても学科で出題されるので、歯科助手の方はこちらの資格を取っておくと、知識や技術の面でもアピールの材料に使えるのではないでしょうか。

こちらは受験資格に規定はなく、未経験の方でも受験することができます。また昨今の新型コロナで自粛ムードがあり、資格試験が見送りになることもある中、こちらは完全在宅受験の資格なので、いつでも挑戦できます。

歯科アシスタント検定試験

●全国医療技能検定協議会
●受験資格:規定なし
●試験内容:
3級(1時間)歯科医療の基本的な知識があり、簡単な診療方法を把握している。
2級(1時間)歯科医療に対して広い知識があり、診療方法の応用が身についている。
1級(実技30分・学科1時間)歯科医療に対する認識が深く、診療体制について正確・迅速な対応ができる。
●試験会場・試験日程:協会にお問い合わせください
●受験料(税込):3級3,800円、2級4,500円、1級6,300円
●難易度:★☆☆☆☆
資格サイト:http://an-mc.com/k_shika_assistant.html

他の資格に比べて、受験料が安めの資格です。できるだけコストを抑えて資格を取りたいという方にはこちらがおすすめかもしれません。ただし、こちらは歯科医療に対する資格なので、事務関係については対象外です。

歯科助手資格は独学でも取れる?

歯科助手資格は実際取らなくても就労可能なだけに、全体的に難易度が低いです。自主的に勉強がコンスタントにできるタイプであれば、書店の資格取得コーナーなどにあるテキストでも勉強は可能です。

しかし、仕事をしながら資格を取りたいけど、仕事終わったらのんびりしちゃう。勉強は飽きちゃって、すぐに気が散って他のことをしちゃう。そもそも自分に合った勉強法が分からない。というタイプの方は、独学がそもそも向いていないかも…。

歯科助手は今、特に女性に人気の職種ですし、通信教育や、ハローワークの講習会などで勉強して、その後資格試験までが組み込まているものも多くあります。カリキュラムが組まれていて、次にどんな勉強をすれば良いのか段取りを付けてくれている。試験日も決まっているとなれば、集中もしやすいのではないでしょうか。

歯科助手に将来性はある?

そもそも医療系の業界は、将来的に業界そのものが廃れるという心配がありません。むしろ日々進歩している業界ですから、知識と技術さえ身に着けてしまえば、一生モノとして仕事ができるでしょう。

歯科医院も絶対になくなることはないでしょうから、経験さえ積めば全国各地に働き口は尽きません。更に、歯科助手でキャリアを積み、その後歯科衛生士の資格を取得してキャリアアップを果たす方も居ます。

歯科衛生士は専門の大学・短大・専修学校などの学歴が必要ではありますが、歯科助手は時間に融通が聞きやすい職種としても人気の職種でもあります。まずは歯科助手を目指して、その後働きながらキャリアアップを考えてみるのもアリです。

歯科助手に向いているタイプとは

歯科助手はどんな方に向いているでしょうか。
歯科助手の仕事は多岐に渡り、色々な対応を求められます。

・患者さんの応対
・歯科医師や歯科衛生士のサポート
・器具や薬剤等の準備、清掃、消毒
・院内の衛生管理
・カルテやレセプト等の書類作成、管理
デスクワークから接客まで色々な職種の複合形みたいな職種だといえるでしょう。そのため、細やかな気遣いやフットワークの軽さ、コミュニケーション力など、意外と必要スキルは多いです。というわけで、このようなタイプに歯科助手は向いていると言えるでしょうか。
・コミュニケーション能力に自信がある
・人の先を読んで動ける、気が利く
・清潔感がある
・掃除が好き
・数字に強い
・正確性を大事にする
・細かい作業が好き
・同時に色々なことができ、パニックにならない

患者さんだけではなく、院内スタッフ同士のコミュニケーションも円滑にしなければ、うまく仕事を回すことが難しい職種でもあります。第一はやっぱりコミュニケーション能力が重要かもしれませんね。

歯科助手の資格は未経験者にこそメリットあり

資格なしでも就業可能な歯科助手の仕事。そのため、専門事務を目指す女性の多くがこの歯科助手に注目しています。歯科医院が多いとは言っても、一度に募集する人数はそう多くはありません。そのため、やはり競争率は高い職種だと言えるでしょう。

未経験者の中途採用枠として狙うなら、やはり何らかのアピールできるインパクトがあれば、自分の自信にも繋がります。
試験はそれほど難易度は高くないので、働きながら通信講座などで勉強をして、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷