社会人3年目の選択は転職?将来を左右する成功のターニングポイント

社会人3年目の選択は転職?将来を左右する成功のターニングポイント社会人3年目となれば日々の業務にも余裕が出始め、新人教育を任せられる人もいるでしょう。
3年目としての役割や責任の重さを感じながらキャリアプラン実現に向かって働く毎日。

…なのにどうでしょう?

新卒で入社した当時に描いていた社会人生活とは異なり、仕事への意欲は失い悩みを抱え、辛い毎日から逃げだしたいことで頭がいっぱい、という方も多いのではないでしょうか。

3年目の壁といわれるこのタイミングで転職を決意する人は多いもので、3年目の壁をどう乗り越えるかによってこれからの人生が大きく左右されていくでしょう。

今回は、社会人3年目の転職について、成功している人と失敗している人の特徴を挙げて詳しくご紹介させていただきます。
入社して3年経ち今の仕事に充実していない方、転職を考えている方はぜひご参考にしてください。

社会人3年目のチャンス!アドバンテージを活かした転職が可能

社会人3年生には転職の優位性が高いことが特徴です。
どんなアドバンテージがあるのかみてみましょう。

転職市場でのニーズが高い

社会人として3年働いて身につけたビジネスマナーや社会人基礎スキル、即戦力として活躍できる可能性が評価され、人材不足の担い手として企業からの採用ニーズが高いことが特徴です。

第二新卒カードで勝負できる

社会人3年目の最大のアドバンテージといえば第二新卒でしょう。第二新卒は卒業後から3年以内が目安となりますが、若さや柔軟性、将来性、ポテンシャルを求める企業からの積極的な採用が多いとされています。

フレッシュでありながら行動力がある

社会人3年目の強みは若さですが、新卒との違いは3年の経験からの行動力です。3年目ともなれば会社の中核として人材育成やプロジェクトのリーダーを任せられる役割をもちます。
キャリアビジョンの実現に向けた転職というプランニングと行動力は高く評価されるでしょう。

たかが3年、されど3年

「たかが社会人3年で転職するなんて忍耐力がない」とネガティブな評価をする人もいますが、されど3年です。
新卒で入社して1年目や2年目で退職する人が多い中、厳しい環境で3年継続できたと評価する企業も多いでしょう。

キャリアチェンジの可能性が広がる

「思っていた仕事内容ではなかった」と職種や業種を変えた転職を考える方も多い社会人3年目。
未経験から新しい世界へ飛び込むチャンスにはリミットがあり、年齢を重ねるごとに求人数は少なく、経験者が優遇され道のりは厳しい状況になります。

もし、未経験の業界や職種へチャレンジしたいなら社会人3年目のタイミングが大きな転職のチャンスとなるでしょう。

【20代】ジャンル・目的別で探す!おすすめの転職エージェント
20代の転職は、目的・ジャンルで転職方法が大きく異なります。あなたに最適の転職エージェントを選んで登録しましょう

社会人3年目の転職で成功している人の特徴

社会人3年目のアドバンテージを活かして転職成功している方、転職に失敗している方と様々です。では、転職している方にはどんな特徴があるのでしょうか?

社会人としての基礎スキルが身についている人

採用する企業としては不足している人材の補填として転職者を採用したいと考えています。そのため採用コストや育成コストをできるだけかけずに、即戦力として活躍できる人材を求めている傾向があります。

仕事の進め方は企業によって様々ですが、基礎スキルが伴っていればスピーディーに業務に取り組むことができるでしょう。

実績がある人

転職活動で重要な点は、前職での実績と転職先企業への貢献度のアピールです。

入社3年目であれば、それなりに責任のある仕事を任せられ3年目の役割を担ってきたはず。
これまでの実務経験で達成した実績や成功体験を企業へ伝え、“貢献してくれる人材”だとポジティブな入社後のイメージを持ってもらうことで採用に近づくことができるでしょう。

コミュニケーションスキルが高い人

採用する企業側が重視しているポイントは、入社後会社に適応し社員間で良好なコミュニケーションがとれるかどうかです。

採用面接では仕事で重視していたコミュニケーションのポイントや面接官とのやり取りの中で円滑な会話のキャッチボールを心がけ、コミュニケーションスキルの高さをアピールしましょう。

ポテンシャルの高い人

社会人3年目では実務経験やスキルが浅いのは当然ことです。
では、何が評価されるのかというとポテンシャルの高さです。

ポテンシャルとは本人の資質や潜在能力を表し、最近の若手人材における転職業界ではこれからの成長や将来性、期待される貢献度などが重視されています。

たとえスキル不足で即戦力が望めない人材であっても、今後即戦力として貢献できる人材かどうかを判断するのがポテンシャル採用で、伸びしろのある20代転職ではポテンシャルの高い人が転職成功されています。

社会人3年目の転職で失敗している人の特徴

社会人3年目社会人3年目で転職成功した人の特徴を説明しましたが、社会人3年目のアドバンテージをうまくいかせず失敗している人も少なくありません。転職失敗している人にはどのような特徴があるのでしょうか。
転職活動がうまくいかない、転職先選びを間違ってしまったなど後悔のない転職をしないように失敗した人を反面教師に気を付けましょう。

“隣の芝生は青く見える” 人

インターネットやSNSで入手した情報や友人の話だけで「あっちの方がいいかも」と勢いだけで転職してはいけません。

様々な企業の情報を知るのは良いことですが、いい情報だけに飛びついて転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった」とミスマッチ退職のリスクが高まるだけです。

転職する際は、企業研究をしっかり行い企業と自分自身のキャリアビジョンがマッチングしているか考えて決めましょう。

逃げの転職をした人

仕事が辛い・上司のパワハラに苦しんでいる・職場の待遇が納得できないなどネガティブな理由で転職する方も多いですが、現状からの逃げだけでは転職はうまくいきません。

モチベーションが上がらず転職活動でも不利になりがちなので、退職の理由はネガティブであっても転職をポジティブに捉えることが大切です。

将来どんな自分になりたいのか?目指すキャリアプランをイメージし、前向きな転職活動を進めていきましょう。

妥協した転職をしてしまっている人

一般的に転職活動は在職中に進めていきますが、仕事を決める前に退職してしまう方もいます。
すぐに転職先が見つかれば良いのですが、なかなか納得できる職場と出会えない可能性もあります。

転職活動中にお金の心配をしなくてもいいように十分な貯金があれば問題ありませんが、貯金をしていなかったという方は思うような転職活動を進めることができません。
収入がないために経済面での負担が大きく早く仕事を見つけなければと焦りの気持ちから、仕事探しを妥協してしまう恐れがあるでしょう。

転職活動で妥協してしまうと、情報収取が不十分で入社後にミスマッチを感じるケースが多いため、妥協した転職へのリスクを減らすためにも在職中に転職活動をスタートさせましょう。

社会人3年目の転職を成功に導くポイントは?

社会人3年目転職活動では誰もが失敗したくないと思いますが、特に社会人3年目の転職には慎重にならなければなりません。
社会人3年生はキャリアプランを左右する大切なタイミングであり、今だからこそニーズが高く年齢的な恩恵を受けることができる時期だからです。

転職を考えている方は、これから説明する3つのポイントを網羅して転職成功を目指してください。

客観的な自己評価ができているか?

入社3年目の転職市場での市場価値はどれくらいあるのか考えたことはありますか?
新卒入社のときにされたかと思いますが、まず自己分析を改めて行い自分自身を把握しましょう。

キャリアやスキルの棚卸しを行い、今の自分が目指すキャリアビジョンを見つめなおすことでスキルを活かし自分に合った企業はどこなのかが判断する目安ができます。
これまでの社会人経験3年で培った強み、ウリはいったい何か自己評価してみてください。

自己評価がうまくできていれば、アピールポイントを伝えやすく企業に入社してどのような貢献や活躍ができるか企業側がイメージしやすいため面接にも有利です。

転職活動する前にやっておくべき自己分析ツール10選
シンプル・簡単な自己分析ツールで転職を成功に導きましょう。

明確な転職軸をもっているか?

“一本筋の通った人” “シンが強い人”はしっかりしているといわれますが、転職でも同じ。
転職活動でも転職軸がしっかりある人は有利に進めることができます。

転職活動では、自分のスキルやキャリアを求めている企業に決めてしまいがちですが、求められている企業へ安易に決めてしまうのは失敗の原因になります。

自分自身の意向や希望を明確にし「どんな風に働きたいのか」「譲れないこと」を転職軸として強くもつことが大切です。

情報収集はしっかりできているか?

最近の転職活動は情報戦ともいわれ、業界研究や企業研究はしっかり行いましょう。

企業の経営方針や業績だけでなく、業界でのポジションや関連企業の研究、将来性といったことも分析する必要があります。
転職活動で得た十分な情報は面接対策にも役立ちますし、入社後のミスマッチ退職防止にもつながります。

社会人3年目は転職エージェントのサポートで有利?

在職しながらの転職活動、さらに転職について相談できる人がいない場合は思うような転職活動を進めることができず転職活動の闇に陥ってしまうことも…

自己分析、情報収集や仕事探し、さらにキャリアプランの見直すとやることがたくさんあり、いくら時間があっても足りない!と焦らないためにはサポーターの存在が必要不可欠。

転職エージェントの利用をおすすめする理由には3つあります。

転職活動の手間や時間短縮ができる

転職エージェントは企業と太いパイプで繋がっているため膨大な企業情報を保有しています。

また、企業の採用情報や採用ニーズなど内部情報にも精通しているため個人で情報収集をしても知り得ない情報を提供してもらうことができます。

専任のキャリアアドバイザーが情報提供してくれるため、情報収集の手間や時間を割くことなく転職活動に集中することができるでしょう。

キャリアカウンセリングの充実

転職エージェントの強みといえばキャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングです。

業界や業種に精通したキャリアアドバイザーと話すことで気付かなかった自分自身の強みやスキルを発見することもできるでしょう。

キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングによって客観的な自己評価や転職軸の確立もスムーズです。

社会人3年目に特化した応募書類・面接対策

社会人3年目の転職で大切なことは、応募書類対策と面接対策です。

根拠ある応募書類の作成や、魅力をアピールできるような面接にはキャリアアドバイザーのアドバイスが不可欠。

面接対策では、本番を意識した模擬面接を実施するので面接当日も焦らず落ち着いて対応することができるでしょう。

dodaは社会人経験のある20代・30代を対象としており、まさしく上記のサービスが受けられる業界最大手の転職エージェントです。

doda転職エージェントの特徴

  • 採用担当者を惹きつける書類作成アドバイス
  • 書類だけでは伝わらない転職希望者の魅力を推薦時に添えて書類選考通過率をアップ
  • 「模擬面接」を実施して、事細かな面接のアドバイスを受けられる

どんな転職エージェントを選べば失敗しない?

社会人3年目転職エージェントは数多く存在し、それぞれ強みや得意分野があります。

どんな転職エージェントが社会人3年目の転職に向いているのかというと、求人数が多い転職エージェント・第二新卒に特化している転職エージェントに注目しましょう。

求人数が多い転職エージェントは、dodaを見ていくと、幅広い分野、多様な求人ニーズの案件を保有しているためマッチングする企業と出会いやすいメリットがあります。

そして、第二新卒の強みや特性への理解がある企業と出会うことが転職成功のポイントといえるでしょう。

第二新卒に特化している転職エージェントでは、第二新卒のニーズが高い案件が多数あり、社会人3年目の特性に合った転職ノウハウに精通しているため希望に合った転職ができる可能性が高いのです。

第二新卒に特化している転職エージェントで特に評価が高い転職エージェントは、DYM就職。就職成功率96%、書類選考なしなどのサービスが魅力ですが、有名優良企業への就職も可能な転職エージェントなので利用しない手はないです。

【まとめ】3年目の壁を乗り越えるのは自分自身

まだ3年しか働いていないのに転職を考えるなんて…と自己嫌悪に陥っている方も多いかもしれませんが、社会人3年目は長い仕事人生で転職に有利なタイミングのひとつ。

成功できるか失敗するかは自分次第です。
あと半年あと1年…と今の環境で頑張り続けるのも、限られた時間を無駄にせずキャリアプランの実現に前進するのもひとつの選択です。

社会人3年目で「3年目の壁」にぶつかったとき、人生のターニングポイントの選択を誤らないように熟考することが大切です。

迷ってなかなか答えが出ない場合は転職エージェントで気軽に相談してみましょう。
プロのアドバイスを聞くことで転職についてだけでなく今の仕事や自分自身の視野が広がり、どの道に進めばいいのか答えが見つかりやすくなります。

ぜひ納得できる答えを出し、有意義な転職活動をスタートさせてください。


20代におすすめ関連記事

20代の再就職・転職について徹底解説
20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
【タイプ別】20代向け転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
派遣から正社員になる時に気を付けたいこと
派遣から正社員になる時の注意点や、就職活動など詳しく解説します。派遣から正社員へ転職して、有意義な時間を過ごしましょう!

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷