社会人3年目は悩みが尽きない!その不安、転職で解消できる?

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

社会人2年目までは、ビジネスマナーや仕事、環境に慣れるので精一杯で、考える暇もなく過ぎ去っていったと感じる人は多いでしょう。

そして3年目、仕事や環境、人間関係にまで慣れて良くも悪くも視野が広がってくる頃です。

同期と気づけば差がついていた、自分は全然成長できていないのではないか、後輩教育を任されたが上手くいかないなど、様々な社会人3年目ならではの悩みや不安に襲われてしまう人は多いようです。

仕事上での悩みを解消するには、転職するしかない!と考えがちではありますが、実際に解消できるものでしょうか?他にもっといい解消法もあるかもしれません。

社会人3年目、悩みや不安に心当たりがある人は、一緒にどうすれば解消できるか考えてみませんか?

社会人3年目ならではの不安や悩み、実際の声

社会人3年目人によって様々な悩みがあり、やはり社会人3年目といっても当然悩み不安に思う理由は様々なものがあります。

実際に社会人3年目で悩んでいる声を元に、みんなどんな事で悩んでいるのか一緒に見ていきましょう。

仕事に対する悩み

3年目だからこそ、仕事ができて当たり前。ミスして失望されたくない。そんな風に考えてしまい、逆にプレッシャーや焦りで集中力が欠けてしまい、ミスをしてしまう。

そしてちゃんと教育してくれる上司や先輩にも恵まれるかは、成長にも大きく関わります。

仕事が理解できてきたからこそ、自分に向いていないのではないかと気がついてしまうというパターンもあります。

同僚は評価されているのに…2年目の後輩に追い抜かれてしまった…3年目なのになかなか仕事の成果が出せない。視野が広がったからこそ気づいてしまうこともあります。

キャリアに関する悩み


毎日慣れない仕事に追われる日々だった1年目、2年目。3年目に入って、ようやく仕事や環境に慣れてきて、心にも仕事にも余裕が出てきた。

そんな時にふと心をよぎるのは、「ずっとこのままこの職場で働いていくのかな?」といった疑問…そんな人も多いのではないでしょうか。

ただ毎日漠然と仕事をするだけ、特に将来の目標もないという人は、友人や同僚など楽しく仕事をしてプライベートも充実していてという姿を見て、「自分はどうなんだろう」となりがちです。

金銭面についての悩み


毎月決まった額の収入が入っていて、入社してから計画的に貯めていればかなりの貯金額になっているはずなのに、生活費に交際費、被服費その他諸々、社会人3年目でふと気づくと全然貯まってない…と焦ってしまう人も多いことでしょう。


社会人3年目ともなれば、ボーナスもきっと2年目までよりももらえるはず!と思っていたのに、思っていたより貰えなくて期待外れという人もかなり多いのではないかと思います。

このように、社会人3年目なのだから働きに応じた収入があるはず!と予想していたのに、思ったほど貰えていないと給与明細を見てがっかりし、職場に不満を抱くようになるパターンは多いです。

社会人3年目の悩みは転職で解消できる?

職務や職場、人間関係など仕事に関することで悩んだり、不満に思うことがあった時には転職を考えてしまう人が多いと思います。

しかし、その悩みは転職することで解消するのか、まずは一度冷静になって考えてみることをおすすめします。

たとえば、職場でのいじめやハラスメントで悩んだ場合、しっかり相談に乗って対応してくれる上司や先輩がいればいいですが、逆に相談すべき相手が加害者だった場合や、対応が下手な上司たった場合はよりこじれてしまう場合もあります。

社会人3年目の悩みに多く見られるような、この職場ではもうキャリアアップや将来性が頭打ち、昇給やボーナスも見込めない、やりたい仕事をさせてもらえず異動願いも聞いてもらえないなど、転職することでしか解消できない悩みはもちろんあります。

しかし、例えば転職しなくても異動で解消できる見込みがある場合は、転職が逆にリスクになることもあるため、気をつけなければいけません。

【20代の転職】何もかもが不安!どう解消する?
20代はじめての転職はみんな不安がつきもの。後悔しない転職にするにはどうしたらよいのか、悩んだ時にはぜひこちらも見てみてください。

社会人3年目のチャンス!アドバンテージを生かした転職が可能

この悩みは転職することでしか解決はしない!ということでしたら、実は社会人3年目は転職に対してアドバンテージが高いということを知って欲しいです。

どういうことなのか、みていきましょう。

転職市場でのニーズが高い

社会人として、3年働いて身につけたビジネスマナーや社会人基礎スキル、即戦力として活躍できる可能性が評価され、人材不足の担い手として企業からの採用ニーズが高いことが特徴です。

第二新卒カードで勝負できる

社会人3年目の最大のアドバンテージといえば第二新卒でしょう。

転職市場では大学卒業後から3年以内を目安に、『第二新卒』と呼ばれます。新卒と変わらない若さや柔軟性、ポテンシャルを持ちながら、新卒にはない社会人経験を求める企業から積極的な採用が多いとされています。

フレッシュでありながら行動力がある

社会人3年目の強みは若さですが、新卒との違いは3年分の社会人経験で培った知識や経験、スキルから来る行動力です。

3年目ともなれば、新人教育やプロジェクトのリーダーを経験した人も多くなります。キャリアビジョンの実現に向けた転職という、プランニングと行動力は高く評価されるでしょう。

たかが3年、されど3年

「たかが社会人3年で転職するなんて忍耐力がない」とネガティブな評価をする人もいますが、されど3年です。

新卒で入社して1年目や2年目で退職する人が多い中、厳しい環境で3年継続できたと評価する企業も多いでしょう。

キャリアチェンジの可能性が広がる

「思っていた仕事内容ではなかった」と、職種や業種を変えた転職を考える方も多い社会人3年目。

未経験から新しい世界へ飛び込むチャンスにはリミットがあり、年齢を重ねるごとに求人数は少なく、経験者が優遇され道のりは厳しい状況になります。

もし、未経験の業界や職種へチャレンジしたいなら、社会人3年目のタイミングが大きな転職のチャンスとなるでしょう。

【これさえ見れば安心!】20代におすすめの転職エージェント
20代の転職でおさえておくべきエージェントを紹介しています。転職を決意した人はエージェントの力を借りながら転職を成功させましょう。

社会人3年目の転職で成功している人の特徴

社会人3年目のアドバンテージを活かして転職成功している方、転職に失敗している方と様々です。では、転職している方にはどんな特徴があるのでしょうか?

社会人としての基礎スキルが身についている人

採用する企業としては、不足している人材の補填として転職者を採用したいと考えています。そのため採用コストや育成コストをできるだけかけずに、即戦力として活躍できる人材を求めている傾向があります。

仕事の進め方は企業によって様々ですが、基礎スキルが伴っていればスピーディーに業務に取り組むことができるでしょう。

実績がある人

転職活動で重要な点は、前職での実績と転職先企業への貢献度のアピールです。

入社3年目であれば、それなりに責任のある仕事を任せられ3年目の役割を担ってきたはず。これまでの実務経験で達成した実績や成功体験を企業へ伝え、“貢献してくれる人材”だとポジティブなイメージを持ってもらうことで、採用に近づくことができるでしょう。

コミュニケーションスキルが高い人

採用する企業側が重視しているポイントは、入社後会社に適応し社員間で良好なコミュニケーションがとれるかどうかです。

採用面接では、仕事で重視していたコミュニケーションのポイントや、面接官とのやり取りの中で円滑な会話のキャッチボールを心がけ、コミュニケーションスキルの高さをアピールしましょう。

ポテンシャルの高い人

社会人3年目では、実務経験やスキルが浅いのは当然ことです。では、何が評価されるのかというと、ポテンシャルの高さです。

ポテンシャルとは本人の資質や潜在能力を表し、最近の若手人材における転職業界では、これからの成長や将来性、期待される貢献度などが重視されています。

たとえスキル不足で即戦力が望めない人材であっても、今後戦力として貢献できる人材かどうかを判断するのがポテンシャル採用で、伸びしろのある20代転職ではポテンシャルの高い人が転職成功の可能性が高くなります。

社会人3年目の転職で失敗している人の特徴

社会人3年目で転職成功した人の特徴を説明しましたが、社会人3年目のアドバンテージをうまくいかせず失敗している人も少なくありません。

転職失敗している人にはどのような特徴があるのでしょうか。

転職活動がうまくいかない、転職先選びを間違ってしまったなど、後悔のない転職をするために失敗した人を反面教師に気を付けましょう。

”隣の芝生は青く見える“人

インターネットやSNSで入手した情報や、友人の話だけで「あっちの方がいいかも」と勢いだけで転職してはいけません。

様々な企業の情報を知るのは良いことですが、いい情報だけに飛びついて転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった」とミスマッチ退職のリスクが高まるだけです。

転職する際は企業研究をしっかり行い、企業と自分自身のキャリアビジョンがマッチングしているか考えて決めましょう。

逃げの転職をした人

仕事が辛い・上司と相性が悪い・職場の待遇が納得できないなど、ネガティブな理由で転職する方も多いですが、現状からの逃げだけでは転職はうまくいきません。

モチベーションが上がらず転職活動でも不利になりがちなので、退職の理由はネガティブであっても転職をポジティブに捉えることが大切です。

将来どんな自分になりたいのか?目指すキャリアプランをイメージし、前向きな転職活動を進めていきましょう。

妥協した転職をしてしまっている人

一般的に転職活動は在職中に進めていきますが、仕事を決める前に退職してしまう方もいます。

すぐに転職先が見つかれば良いのですが、なかなか納得できる職場と出会えない可能性もあります。

転職活動中にお金の心配をしなくてもいいように十分な貯金があれば問題ありませんが、貯金をしていなかったという方は思うような転職活動を進めることができません。

収入がないために経済面での負担が大きく、早く仕事を見つけなければと焦りの気持ちから、仕事探しを妥協してしまう恐れがあります。

転職活動で妥協してしまうと、情報収取が不十分で入社後にミスマッチを感じるケースが多いため、妥協した転職へのリスクを減らすためにも在職中に転職活動をスタートさせましょう。

社会人3年目で悩む人がやっておくといいこと

転職をするにしてもしないにしても、社会人3年目で何か仕事に悩みや不安を抱いた人がやっておくといいことを紹介します。

これらのことをやっておくことで、自分のことを客観視することができ、今自分がどう動くべきかも見えるようになってくるはずです。

キャリアプランを立てる

新卒就活の際にキャリアプランを立てた事があるという方もいるかもしれませんね。もしも一度立てた経験がある人でも、今悩んでいる方は改めて今の状況を踏まえてもう一度考えてみましょう。

キャリアプランとは、将来自分がどのようになっていたいか想像し、それを実現するためにはどんなスキルやキャリアが必要なのか道筋を作ることです。

50代60代で自分がどうなっていたいかを想像し、20代のうちにこんなスキルを身につける。そのためにはこの資格と経験が必要。30代では?40代では?とできるだけ綿密にプランを立てることで、今後自分がどのように行動すべきかが明確になります。

自分の市場価値を知っておく

転職市場での『市場価値』とは、知識・経験・スキル・資格など、社会人としてのあなたが企業にとってどれだけの価値があるのかという指標です。

現在自分にどれだけの市場価値があるのか知っておくことで、自分に見合った企業や給料などを割り出すことができます。ただ不満を持つだけでなく、適正値を知ることで妥当なラインを見極め論理的かつ理性的に行動をすることができるようになるでしょう。

ただし注意すべきなのは、市場価値は主観だけで行わないことです。主観に頼ってしまうと、多くの場合自分を過剰評価または過小評価しがちです。

友人や家族に相談しなから行うか、転職サイトの自己分析ツールを利用したり、転職エージェントに相談するというのも手です。

改めて自己分析をやり直す

社会人を経験している以上、誰でも就活時に自己分析を行った経験があると思います。新卒で行った自己分析は、あくまで社会人未経験者としての立場で行った自己分析です。

社会人3年目ともなれば、社会人としての実績などを踏まえた自己分析となるためかなり内容が変わってくるはずです。

今自分に自信が無くなっている方、今後のキャリアに悩んで居る方などは特に改めて今の自分での自己分析を行ってみてください。「意外と自分頑張ってるな…」と気付けるかもしれませんよ。

企業や業界研究を深掘りする

企業や業界研究も経験していることでしょう。こちらも同様で、新卒時には社会に対して長期インターン経験者でない限り外部からのアプローチしかできず、得られる情報も限られていたのではないでしょうか。

社会人として業界に関われるようになった今、業界や仕事の知識も増えて理解度も新卒に比べて段違いになっているはずです。

改めて業界や企業研究を行うことで、自分が目指す方向性や、マッチする企業などを見つけるきっかけになるかもしれませんよ。

社会人3年目の悩み、解消するには自己分析が有効!

社会人3年目仕事に慣れてきた社会人3年目だからこそ出てくる悩みや不安、不満は、必ずしも転職で解消するものとは限りません。

仕事に対するマンネリや、友人や同僚と比較して自分の立場に対する不満、単なる相性による人間関係などは転職しても結局同じような事で悩むことになる場合が多いです。

自分の考え方や働き方で解消できないか考えることをおすすめします。

キャリアアップやキャリアチェンジなど、どうしても転職でしか叶えられない目標があるのだとしたら、社会人3年目という立場は『第二新卒』として、転職市場ではアドバンテージが高いので、まさにベストタイミングだと言えるでしょう。

今の自分がどのような事に悩んでいて、それを解消するにはどう行動するのが必要なのか、今後自分がどのようになりたいのか、そのために必要な経験やスキルは社会人3年目として身につけられているのか、一度しっかり考えてみましょう。


20代におすすめ関連記事

【2024年最新】20代におすすめの転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
20代の再就職・転職について徹底解説
20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
第二新卒が使うべきでない転職エージェント
第二新卒が一般の就職エージェントを使うのはもったいない!?第二新卒に特化した転職エージェントをご紹介しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷