> > おすすめの主婦の働き方って?

おすすめの主婦の働き方って?

6316 views

専業主婦として家事と育児だけを完璧にこなしていく。昔のように女は家庭に従事する考えではなく、主婦となっても、また働く人がとても多くなってきています。

そこでここでは「働こう」とお考えの主婦の方に主婦が働くメリット・デメリットをお伝えした後、賢く稼ぐポイントや主婦におすすめの働き方をご紹介します。

主婦が働くメリット・デメリット

専業主婦ではなく主婦が働くことにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット① 家庭の総収入が増える

やはり一番のメリットは家庭の総収入が増えることです。たとえ主婦が稼ぐ金額が少ないにしても、わずかでも家計の足しにできます。家族旅行の機会が増えたりお出かけの際少しリッチなご飯を食べたり、子供の習い事や学費代に充てたり、また自分で稼いだお金で自分の好きな物を買うこともできます。

メリット② 人間関係や価値観が広がる

専業主婦となると家庭や近所だけの閉鎖的な生活になってしまいます。しかし働くことで職場や職場外の人達と関わることができ人脈が広がります。また、様々な人と関わったり、仕事内容を通して今まで知らなかったことを知ることができたり新しい発見ができたりと価値観が広がることにも繋がります。

メリット③ スキルGET

どんな仕事に就いたとしても職歴や何らかのスキルが得られるのは確かです。これらがあることで、もしこれから先離婚してしまったり1人になってしまった際、または夫がケガや病気で働けなくなってしまった際の不安が少しは和らぐでしょう。

デメリット① 負担が増える

夫も協力してくれるといっても、やはり女性の方が家事や育児の負担が多くなってしまうのではないでしょうか。また、両親の介護なども増えてくるとなると働くことでそれらに充てられる時間が減り、時間的にも体力的にも負担が増えてしまいます。

デメリット② 家庭内に支障がでることも

子供との時間が減ったり、子供に寂しいおもいをさせてしまうこともあります。また、遠足や運動会などのイベントに参加できなかったり、子供の病気などに十分対応できなかったりすることもあります。

賢い働き方とは?

主婦が働くことにはデメリットもありますが、メリットも沢山あります。これを考慮したうえでこれから働きたいとお考えの主婦の方が賢く働くために注意しなければいけないことが、配偶者控除制度や税金についてです。

これまで妻の年収が103万円以下なら夫は38万円の所得控除を受けることができた配偶者控除制度が、2018年1月に改正され、妻の年収が150万円以下に引き上げられました。これがよく言う「103万円の壁」が「150万の壁」になったのです。

一見すると妻が稼げる金額が増えて得をするように感じますがそう上手くはいきません。配偶者控除制度は改正されましたが社会保険や所得税を負担するボーダーラインは変更されていないのです。

こちらがそれぞれのボーダーラインです。

  • ・住民税
  • 年収93万円から100万円(地域によって異なる)

  • ・所得税
  • 年収103万円

  • ・社会保険
  • (従業員数501人以上の大企業の場合)
    年収106万円を超えると社会保険に強制加入が義務化
    (従業員数500人以下の中小企業の場合)
    年収130万円以内

このボーダーラインを超えてしまうと、夫の社会保険の扶養から外れてしまい自分自身で国民健康保険と国民年金を支払はなくてはいけなくなります。
住民税や所得税はそれほど大きな金額ではないのですが、社会保険の扶養から外れてしまうと働き損になってしまう年収のゾーンができてしまい、大変もったいないのです。
減少分を解消しようとするなら106万円や103万円を大幅に超える必要があります。

パートで働く

主婦の方の働き方として正社員で働く方も多いと思いますが、ここではパートで働こうとお考えの方方へパートの良い点や悪い点、おすすめ職業をご紹介します。

メリット

主婦が正社員としてではなくパートで働くことのメリットとして

  • 働き始める際のハードルが低い
  • 正社員より求人が多い
  • 時短、就業時間が選べる仕事が多い
  • 未経験OKの仕事が多い
  • 転勤がない

正社員と聞くと重圧が重い気がしませんか?しかしパートならそれほど気張らなく働き始められるのではないでしょうか。また、家事や子育てと両立させたい主婦にとって時短で働けたり就業時間が選べるのはとても助かります。

デメリット

一方でパートで働くことにはデメリットもあります。

  • 収入が安定しない
  • 賞与、退職金が出ない
  • 正社員と比べると福利厚生や有給が不利な場合がある

家庭の事情や職場側の調整などにより思った通りの勤務時間が得られず、月によって収入にバラつきが出てしまうことがあります。また、会社にもよりますが、正社員が受けられる待遇に比べると劣る部分があることもあります。

おすすめのパート

ではここから主婦の方におすすめのパートをご紹介します。

主婦の方が数ある求人からパートを選ぶ際におすすめしたいポイントがあります。
それは、自由度が高い仕事です!
中でも時間、服装、休みの自由が利く仕事を選ぶことをおすすめします。

家事や育児と両立しなくてはならない主婦にとって時間や休みを選べたり自己申告できるシフト制の仕事は働きやすいです。また、服装が自由な職場であれば仕事前の身支度の時間が省けますし帰宅後にそのまま家事をすることができます。

自由度の高い仕事としては

  • コンビニ、スーパー、ドラッグストアのレジ
  • チェーン店などの飲食店のウエイトレス
  • 軽作業
  • コールセンター

などがあります。レジやウエイトレスはシフト制の場合が多く、軽作業は早朝シフトや短時間の勤務など時間の自由が利きます。コールセンターも数時間からのシフトが選べ服装も私服OKの場合が多いです。

休みに関してはシフト制なら希望を出すこともできますが、子供に合わせて土日休みを取りたいとするとサービス業などは難しいです。ですので基本土日休みの役所や団体職員の事務職や銀行、生命保険会社の事務職、一般企業のバックオフィス系の業務も検討してみましょう。サービス業でも「平日のみOK」と載っている求人もあるのでチェックしてみてください。

在宅ワークで働く

主婦の働き方として最近多くなっているのが在宅ワークです。個人事業主として仕事を請け負うのが在宅ワークであり、内職とは異なります。ここから在宅ワークのメリット、デメリットとおすすめの在宅ワークをご紹介します。

メリット

まずは在宅ワークのメリットですが、以下のような点が挙げられます。

  • 働く時間を自分で決められる
  • 人間関係のストレスがない
  • 無駄な会議がない
  • 通勤時間が0
  • 服装が自由

在宅ワークなら仕事をする時間、曜日などが自分で決められます。家事を済ませた空いた時間や小さいお子さんがいる場合、子供がお昼寝している間など短時間の仕事もでき、自分のペースで働くことができます。

会社やパート先での人間関係に悩むこともありませんので、人間関係が上手くいかずストレスを抱えることもないでしょう。

また、自宅で仕事ができるので通勤時間はかかりませんし服装や化粧も自由です。
他には自宅という慣れた落ち着いた環境で仕事ができるので仕事がはかどるというメリットもあります。

デメリット

一方デメリットもあります。

  • 大抵の場合パソコンやインターネット環境が必要
  • 収入が不安定
  • 信頼関係が築きにくい
  • 自己管理が必要
  • 残業手当がもらえない

在宅ワークではパソコンを使って作業をすることが多いと思います。ですので自宅にパソコンがない方や、インターネット環境が整ってない場合、始める前の初期投資が多くかかってしまうでしょう。

また、低単価の仕事で消耗してしまったり、クライアントから急に仕事が来なくなったり、いつも決まった量の仕事があるわけではないので収入が安定しません。仕事に時間がかかってしまい夜遅くまで仕事をしたとしても残業手当などは出ません。

自宅で仕事をするのでクライアントや会社の人たちと直接会うということはほとんどなく、連絡は大抵メールやチャットでします。ですので信頼関係が築きにくいという点もあります。

おすすめの在宅ワーク

では次に、これから在宅ワークを始めようとしている方へおすすめの在宅ワークをいくつかご紹介します。

  • データ入力
  • アンケートモニター
  • webライター
  • コールセンター

データ入力は主にクラウドソーシング会社を経由して案件をもらいます。正確で速いタイピングができる方ならある程度の金額を稼ぐことが可能です。
アンケートモニターはパソコンやスマホでも出来ますが単価が低いのでまとまった金額を稼ぐのは難しいですが、スマホがあれば気軽に始めることができます。

最近人気なのがwebライターです。文書を書くのが得意な人や専門的な知識がある方にはうってつけの仕事でしょう。未経験の方でも取り組める仕事も多くあるので初めての方でも挑戦できます。

在宅でできるコールセンターもあります。これは通販やカタログ販売などの注文を受けたりサポートセンターとしてのインバウンド系と販売業務などのアウトバウンド系の2種類あります。研修がしっかりある場合が多く、納期などもないので未経験の方でも気軽に始めやすいです。また、在宅ワークの中では比較的多く稼ぐことのできる仕事です。

在宅ワークに向いているのは・・・

様々な種類の在宅ワークがありますが、どんな在宅ワークでも重要なのは自己管理が自分でしっかりできることです。働く時間やペース、お金の管理など全て自分でやらなくてはいけません。ですので計画的に物事を進められ自己管理ができる方、また、コツコツ一人で仕事をこなしていける方が在宅ワークには向いています。

自分に合った働き方を!

少しでも家計の足しにするため、自分のお小遣いのために、昔みたいにまた働きたいから、、。
主婦の方が働く理由は様々あると思います。

外に働きに出て色んな人と関わって気分転換したい方。自宅にいながら少しの空き時間を有効活用したい方。それぞれの働く目的や自分の向き不向きに合わせ、自分に合った働き方で無理なく働きましょう!

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
332,117views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,669views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
78,325views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
4
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,366views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,608views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,995views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
70,057views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,696views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,411views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,725views
ページのトップへ