就活の適性検査で落ちる人の特徴とは?検査の種類と合格対策を解説!

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

就活はESや履歴書を準備し、面接からが本番と考えている方も多いかと思います。しかし、書類選考や面接に並んで大事になるのが適性検査です。

適性検査は企業に合った人材かどうか判別し、業務遂行に必要な能力を備えているかどうかを把握するための大切なステップです。

そこで今回は就活の適性検査で落ちる人の特徴、適性検査で落ちやすい原因・理由、適性検査に向けた対策などを詳しく解説していきます。

なぜ企業は適性検査を行うのか

そもそも企業が適性検査を行う目的と理由は何か、何のために実施しているのかをみていきましょう。

企業と相性の良い応募者を発見するため

適性検査は企業が求める人物像と応募者がマッチしているか、必要な能力を備えているかを把握するために行います。

適性検査で企業の求める人物像から著しく乖離していれば、落とされる可能性もあります。

書類選考や面接対策に力を入れる就活生は多いですが、適性検査対策も行わなければ、志望通りの企業から内定をもらうのは難しいでしょう。

業務遂行に必要な能力を備えているか確認するため

適性検査の能力検査に関しては、企業の業務を遂行するのに必要最低限の能力を備えているかどうかを判断する基準になります。

能力検査で基準を満たせていなければ、企業の採用候補からは外されるでしょう。

適性検査の段階で落とされないように対策を行い、問題に素早く対応する能力を持っていることを証明しなければ、落とされる可能性は高くなります。

また、仮に合格ラインを満たしていても、採用人数によっては落とされることもあるため、しっかりと対策をして臨むことが大切です。

志望者の足切りを行うため

適性検査は志望者の足切りとして行うこともあります。特に大企業の場合、多くの志望者を詳しく把握するのが難しく、客観的な足切りの判断基準に適性検査を用いることがあるからです。

書類選考や面接で優れていても、適性検査で落とされることも十分にあり得ます。検査という客観的な情報だからこそ、厳正な判断基準にもなる点に注意しましょう。

適性検査は大きく分けて2種類

企業が行う適性検査には、大きく分けて能力検査と性格検査の2種類があります。どちらもセットになった検査もありますが、本項ではそれぞれの検査の違いについてご紹介します。

能力検査

能力検査は国語力や計算力、英語力など、個人の持つ能力を測定する検査です。検査の種類によって問題は異なりますが、いずれも難易度自体は高くありません。

ただし、問題数が非常に多く、読み解くのに時間がかかる問題が出される検査があるため、事前に検査への対策をしておかないと高得点を獲得するのは難しいでしょう。

また、外資系やグローバル企業では英語力が問われることも多く、英語対策も必須です。

能力検査の中でも特に有名なのがSPIです。適性検査と言えばSPIと言われるほど有名ですから、対策を行うならSPIの形式に慣れておくのは必須になります。

性格検査

性格検査は受けた人の性格傾向、本質的な人間性、人柄などを見る検査です。性格検査は能力検査のように対策することは難しいため、基本的に誠実な回答を行うことが望ましいです。

ただし、企業理念や採用の傾向から、ある程度の求められている人材の傾向がわかるため、企業に合わせて回答することはできます。

自分が企業の求める人物像に合っているか、自分の性格傾向とマッチしているかどうかが性格検査で把握できるでしょう。

性格検査は極端な回答をしない限り落とされることはないため、嘘はつかないように意識することが大切です。

就活で代表的な適性検査5選

就活で多くの企業が活用する適性検査の中でも、代表的な5つをご紹介します。

SPI3

適性検査の中でも国内で最も広く活用され、シェアも高いのがSPI3です。就活の場面では単にSPIとも呼ばれます。

検査方式は複数あり、ペーパーテスト、インハウスCBT、Webテスティング、テストセンターなどの方式があります。

SPI3は能力検査と性格検査がセットになっており、受験者も多いことから全国と比較した正確なデータを得られる点が特徴です。テストは検査方式にもよりますが、1~2時間ほどかかります。

学歴や転職歴によっては、SPIの別バージョンを行うことがあり、対象によって幅広い検査内容が用意されている適性検査です。(*)

*参照:『SPI3公式サイト』

玉手箱Ⅲ

玉手箱ⅢはSPIと並ぶ有名な適性検査です。玉手箱Ⅲも能力検査と性格検査を両方兼ねており、大企業から中小企業まで幅広く活用されています。

テスト方式はWebテストのみで、所要時間は約50分ほどです。3~5肢択一の形式をとっており、テストには四則演算や図表の読み取り、論理性、英語の長文読解などがあります。

新卒採用の場面では一般的な適性検査ですから、SPIと同様に対策しておくことをおすすめします。(*)

*参照:SHL『日本エス・エイチ・エルの商品』

内田クレペリン検査

内田クレペリン検査は作業検査法という心理検査の一種で、検査結果から個人の能力や性格、行動の傾向を把握できます。内田クレペリン検査も能力検査と性格検査を兼ねており、作業量や正誤の結果で個人の特性が把握できるものです。

テスト内容は非常にシンプルで、制限時間の間、ひたすら足し算を続けるだけです。テスト方式は筆記試験またはWeb方式の2種類があり、筆記試験は約50分、Web方式は約80分かかります。

国内の適性検査でも歴史が長いことから、信頼のおける検査として就活では広く用いられています。(*)

*参照:『内田クレペリン検査公式サイト』

CAB

CAB(キャブ)は主にコンピュータやIT関連を中心にした適性検査です。IT企業やゲーム業界、金融業界、コンピュータを使用する事務・総務職の採用で用いられます。

能力検査と性格検査がセットになっており、事務処理能力やバイタリティ、チームワークなどを把握するのに役立ちます。マークシートの5肢択一の出題形式をとっており、所要時間は約1時間30分です。

Web方式の場合は英語受験にも対応しており、外資系企業やグローバル企業の採用にも用いられることがあります。

GAB

GAB(ギャブ)は新卒総合職の適性を見極めるための検査です。玉手箱ⅢやCABと同じく日本エス・エイチ・エル株式会社が提供しており、能力検査と性格検査がセットになっています。

新卒総合職向けに開発された検査ですが、研究・開発職、コンサルティングファーム、営業職など幅広い業種で活用されています。CABと同じくマークシートの5肢択一方式です。

短時間で多くの課題を処理する事務処理能力を測定可能で、同時にマネジメントの適性も把握できます。

適性検査で落ちやすい原因・理由5選

適性検査で落ちることはないと考えている方もいますが、企業によっては検査結果次第で選考から落とすこともあります。就活で落ちやすい原因、理由について解説します。

問題の解法・傾向を熟知していない

特に能力検査で起こりやすい原因が、問題の解法や傾向を熟知しておらず、回答が間に合わずに時間切れになるケースやミスを繰り返すケースです。能力検査の内容は企業によって変わりますが、一定の傾向はあります。

どのような問題が出ても対応できるように、代表的な能力検査の解法や傾向は理解しておくべきです。そのため、志望企業が過去にどんな能力検査を行ったか、問題の傾向も調査したうえで、素早く正確に回答できるように練習しておくことが大切です。

問題を解く練習をしていない

適性検査の中には1時間以上の制限時間で、大量の問題を解くものもあります。しかし、問題に回答するには、日頃から問題を解く練習をしていなければ、瞬時の判断で答えを出すことは難しいでしょう。

また、公式を用いる問題が出たとしても、普段から使用して問題を解いていなければ、答えにたどり着くまでに時間がかかります。未回答のまま時間切れになれば得点になりませんから、適性検査であっても問題を解く練習をしっかりとしておく必要があります。

検査の時間配分ができていない

適性検査は制限時間の中で大量の問題を解くため、検査中は常に時間を意識しなければなりません。1つの問題に時間をかけすぎれば、最後の問題に間に合わなくなるでしょう。

適性検査の概要を知り、事前に対策を取っておくことで、1問あたりどの程度の時間がかけられるかが判断できるようになります。また、Web方式の適性検査には、回答時間によって問題のレベルが変わるものもあります。

志望企業に好印象を与えるためにも、検査中の時間配分を意識することは重要です。

性格検査で嘘を答えている

性格検査でも能力検査と同じく多くの質問に答えますが、その中には似たような質問内容が出てくることがあります。その際、他の質問で嘘をついていると、次の質問で回答内容に矛盾が生じてしまうおそれがあります。

志望企業に好印象を与えようと嘘をついた場合、嘘が判明すれば評価は大きく下がるでしょう。実際に自分を良く見せようと嘘をつき、後で判明して落とされる事例も少なくありません。

性格検査では嘘をつかず、誠実な回答を心掛けることが大切です。

応募企業とのミスマッチが起こっている

適性検査で落ちやすい原因には、自分の適性や特徴と応募企業にミスマッチが起こっているケースもあります。自己分析で把握した適性がある場合、適性と応募企業の社風、働き方が自分と合っているか企業研究を行うことが重要です。

ミスマッチが起こっていると理解しながら応募すると、採用率が下がるだけでなく、就職後に苦しむのは自分自身です。企業がどのような人材を求めているか把握し、適性検査でも正直に答えたうえで、自分を必要としてくれる企業を選びましょう。

適性検査で落ちる人の特徴

適性検査で落とされる人には、一定の傾向があるとされています。どのような特徴に当てはまると落ちやすいのか、4つのポイントをご紹介します。

適性検査の対策を怠っている人

企業が採用選考で適性検査を行うのは一般的になっているにもかかわらず、その対策を怠っている人は落とされやすいです。適性検査の目的は業務遂行に必要な能力があり、企業風土への適応ができる人材かどうかを判断することです。

しかし、適性検査への対策を怠っている人は、企業側から見ると「仕事にも真面目に取り組めない人」と評価されてしまいます。適性検査にはある程度決まった解法や傾向がありますから、できる対策を取っておくことが重要です。

企業の求める人物像を把握していない人

企業にはそれぞれ独自の社風、理念、環境があります。適性検査でも企業によって重視するポイントは異なり、求めている人物像は千差万別です。

しかし、適性検査で落ちる人の特徴として、企業の求める人物像を把握しておらず、検査でも的確な回答ができていない傾向があります。企業が過去に行った適性検査を振り返り、検査の傾向や人材採用の傾向を調査することが対策になるでしょう。

自分に合う企業がわかっていない人

就活する際の前提として、自分が働きたい企業や自分の適性に合った企業に応募するのが基本です。しかし、適性検査で落ちる人には、自分に合う企業がわかっておらず、とにかく色々な企業に応募しているケースもあります。

この場合、適性検査を受けても「会社には合わない人材」と評価されやすく、採用率が下がります。応募企業にはその企業でなければならない理由、自分のどの部分が企業に合うと感じたのか、入社後にやりたいことをアピールしましょう。

そして、自己分析で自分の特徴や適性も理解したうえで、相性の良い企業に応募することも重要です。

回答が矛盾している人

性格検査の問題で、質問に対する回答が矛盾している人も落ちやすいです。自分自身に嘘をつくつもりがなくても、似たような質問で回答が真逆になっていれば、嘘をついていると疑われる可能性があります。

自分を良く見せようとする気持ちの強い人ほど、回答内容に矛盾が生じやすい点に注意しましょう。適性検査で重要なことは背伸びをしたり、格好いいところを見せたりすることではなく、正直に回答することです。

適性検査で落ちないためにできる5つの対策

適性検査で落とされないためには、検査前に対策を練っておくことが重要です。就活でできる具体的な5つの対策についてご紹介します。

応募企業が行ってきた適性検査を調査する

応募企業が決まっている方は、過去に応募企業の行った適性検査を調査しましょう。企業の多くはSPIを活用していますが、業界によってはCABやGABなどを実施するケースもあります。

適性検査は実施内容によって解法も制限時間も異なるため、過去にどんな検査を行ったか調べることは重要です。そして、適性検査の内容を調査したら、問題集で練習を繰り返すことが対策になります。

適性検査の問題集を何度も繰り返す

能力検査への対策に問題集を解き、次々に新しい問題集に手を出していく方がいます。しかし、適性検査の問題集は1つのものを何度も繰り返し解き、問題のパターンや解法を理解するほうが重要です。

適性検査は問題の内容こそ違っても、ある程度決まったパターンがあるからです。1つの問題集で解法に慣れておけば、本番でもあまり迷わずに回答できるでしょう。

また、問題集を解く際は本番を意識して、1問あたりの時間配分も意識することがトレーニングになります。適性検査には時間制限があるため、1問にかける時間を測定し、自分なりに余裕を持って回答できる時間配分を覚えておくことがポイントです。

代表的な適性検査に慣れておく

適性検査はマイナーなものまで入れれば30種類以上ありますが、その中でもSPIや玉手箱などのメジャーなものには慣れておく必要があります。メジャーな適性検査は問題数が多く、制限時間も比較的長いからです。

長いものでは1時間30分ほどかかり、その間に大量の問題を解く必要があります。ミスを少なくしながら回答するには、適性検査に慣れておくことが重要です。

また、慣れておくことと同時に、性格検査では回答の一貫性を持たせることも意識しましょう。前後の質問で回答が矛盾すると評価が下がりやすいため、自分の正直な考えを回答することが大切です。

自己分析で自分の性格や適性を理解する

適性検査で落ちないためには、あらかじめ自己分析で自分の性格傾向や適性、特徴を理解しておくことも大切です。自分の強み・弱みまで深く理解していれば、検査の回答に一貫性をもたせやすいからです。

そして、自分の性格や適性が把握できたら、企業の傾向はあまり意識せず、自分の正直な回答を行うことも大切な対策と言えます。他の応募者も同じように適性検査への対策をしていると考えられるため、あまりに企業の傾向に合わせると嘘の回答と疑われます。

入社後のミスマッチを防止するためにも、自分のことを正しく理解し、適性検査は正直に回答することを心掛けましょう。

自分に合う企業をプロに紹介してもらう

適性検査で落ちないためには、自分の性格や特徴を掴み、企業の求める人物像にも詳しい就活のプロである就活エージェントに紹介してもらう方法も立派な対策です。就活エージェントは就活生の適性や性格から、希望条件に応じた企業を紹介してくれます。

自分に合う企業が見つからずに悩んでいる場合は、キャリアアドバイザーが相談に応じてくれるため、適性に合った応募先が見つかります。

適性検査対策ならキャリアチケットに相談

自分の適性に合った企業を見つけ、企業ごとの適性検査対策を行うなら、就活エージェントのキャリアチケットを活用しましょう。

キャリアチケットは、うまくいかない就活生を応援しているエージェントです。「適性検査で落ちてしまう」と相談すれば、対策を一緒に考えてくれるでしょう。

まとめ:適性検査対策も就活の一部として臨もう

今回は就活における適性検査について、実施する理由や種類、落ちやすい原因などを解説しました。適性検査は企業の求める人物かどうかを把握するテストですが、結果によっては落ちることもあります。

対策なしに適性検査に臨むと、制限時間内にすべての問題に回答できなかったり、回答内容が一貫しなかったりして不採用になるリスクがあります。そのため、適性検査を単なるテストと思わず、就活の大事な要素と捉えて対策することが大切です。

また、適性検査では嘘はつかず、自分の正直な答えを書くことは就活成功につながります。自己分析で自分自身を理解し、自分の理想とする企業への就職を成功させましょう。


新卒・就活生におすすめ関連記事

大学生のなりたい職業ランキングと就職先の見つけ方
就活を進めていく中で、「周りはどうしているんだろう」「どんな職業を目指していこうか」と悩む就活生は多いと思います。ここでは、ランキング形式で大学生がなりたい職業を紹介しています。
履歴書の特技欄で使える特技10選
履歴書の特技欄に悩まされる人は多いのではないでしょうか。特技欄にも意味があり、選んだものによっては強みとなります。「すごい特技ですね」といわれたい人必見です。
就活やっておけばよかったランキング
最初は誰も就職活動のやり方について教えてくれません。後悔しない就職活動にするために先輩から集めた、就活でやっておけばよかったことについてまとめています。
法学部女子におすすめの就職先とは
自分に向いている仕事は何だろうと悩む学生は多いです。せっかく苦労して入った大学で学んできたことを活かせる職業が見つかるかも。悩める法学部女子におすすめな就職先の紹介をしています。
新卒で働きたくないと考えるのはダメなこと?
仕事へのやる気が出ない。働きたくない。そう思う新卒社員の人も多いのではないでしょうか。そう思うことは決してダメなことではありません。働きたくないと考えてしまう理由や、働きたくないときの対処法などについて紹介しています。
新卒でもクビになることはあるのか
「仕事で何回も同じミスを繰り返してしまう」「よく上司から注意されたり怒られたりする」そんな悩み・不安を持つ新卒1年目社員は少なくありません。このままだとクビ…?と心配になる気持ちもわかりますが、この記事を読んで冷静になりましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷