就活で履歴書に書 かないほうがいい特技とは?なぜ特技が聞かれるのかから考える正攻法

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。


就活していると、履歴書やESに特技を記述する場合がありますよね。

「特技であれば何でも書いていいのかな」と思う人もいるかもしれませんが、実は書かないほうがいい特技も存在します。

でも、何を書いてはいけなくて何を書いたほうがいいかなんて、よくわからないですよね。

本記事では、企業が特技を質問する目的を明らかにして、そこから導かれる書いてはいけない特技を紹介します

正攻法としてはどのように特技について答えれば良いのかも解説するので、しっかり実践できれば採用に近づきますよ。

企業が特技を質問する目的

履歴書やES、面接において質問するということは、企業には採用に関係する何らかの目的があるはずです。

では、企業が履歴書へ特技の記述を求めたり、面接で特技を質問する目的とは何でしょうか。

特技を質問する目的

  • 緊張をほぐすこと
  • コミュニケーションスキルをみること
  • 企業に合った人材かをみること

緊張をほぐすこと

最も大きな目的は、応募者の緊張をほぐすことです。

面接で提出書類に記載された特技について触れるのは、その後の本題について余計な緊張をせずに答えられるようにするための配慮です。

冒頭で話題に出すのは、いわゆるアイスブレイクということ。

企業としても、すばらしい考えやスキルを持っているのに、単にあがり症のために面接ではうまく自分を表現できないという人を逃したくはないでしょう。

応募者に自分の得意な話をさせることでリラックスさせて、採用するかをしっかり判断したいという目的が大きいのです。

コミュニケーションスキルをみること

特技という身近な話題について語らせる中で、基本的なコミュニーケーションや論理性を評価する、というのも一つの目的です。

大半の企業の業務はチーム作業であるため、他のメンバーとのコミュニケーションは必須となってきます。

相手に伝わるように話せるかという基本や、その話し方はわかりやすいものであるかという論理性 は、チームワークの効率において重要なポイント。

特技について回答する中でも、コミュニケーション能力について意外と差はつくものです。

企業に合った人材かをみること

具体的にその企業に合った人材かの一端をみることもできるでしょう。

回答した特技が、その企業の社風に合う人柄を形成するものか、ひいては求めている知識やスキルにつながるようなものか、垣間見える場合もあるからです。

例えば、スポーツ用品メーカーへスポーツ経験者が応募した場合。

商品を愛用していることを伝えれば、予備知識は既にあるので即戦力になりうるとイメージされやすいかもしれません。

回答された特技の内容によっては、自社とマッチする人材か判断する材料になるメリットもあるのです。

就活で履歴書に書かないほうがいい特技とは

特技についての質問は、あくまで企業が採用するか判断する過程の中でしているものです。

したがって、採用に悪影響を及ぼしそうなことについては、特技として書くのを避けるべきでしょう。

以下では書くのを避けるべき特技のうち代表的なものを紹介しましょう。

就活で履歴書に書かないほうがいい特技

  • ギャンブル
  • 嘘の特技
  • 特になし、無記載

ギャンブル

特技としてギャンブルを挙げるのは避けるべきでしょう。

パチンコや競馬などの公営ギャンブルは合法であるため、プライベートで楽しむのは個人の自由です。

もっとも、それで稼ぐことができるかどうかはともかく、金銭感覚がだらしないという印象を抱く人が面接官の中に一定数いることに着目すべきでしょう。

さまざまな特技が考えられる中であえてギャンブルを選択するという行為が、企業によっては堅実な社風に合わないと判断されかねないのです。

場合によっては賭け麻雀のような犯罪を想起させる可能性もあり、そのようなリスクを企業側が採用時に背負うはずがありません。

嘘の特技

全く嘘の特技は書かないほうがいいでしょう。

企業は、内容面もさることながら、特技について語るあなたのリラックス度やコミュニケーションスキルをみています。

何度か会話のキャッチボールをすることになる中で、嘘の事柄についてあたふたせずに語り続けるのは困難でしょう。

かえって緊張が増したり、本来のコミュニケーションの持ち味も発揮できぬまま会話を終えることになりかねません。

存在する事実を大きく見せてアピールすることは時に必要ですが、全くの嘘はいただけません。

特になし、無記載

特になしと書くことや、何も書かないことは避けるべきです。

面接は企業に対してのアピールの場です。

何もないとアピールすることは、うまくアピールできるか以前に企業側とコミュニケーションを取ること自体を放棄していると思われてもしかたありません。

特技の有無について真剣に考えすぎたがゆえに書けなかったというようなことは、書類や面接では何も伝わりません。

難しく考えすぎて書けないくらいなら、主にアイスブレイクのための話題だと開き直って何か回答しましょう。

正攻法として 面接官のウケがいい特技とは

緊張をほぐすことや受け答えの上手さ以外に、どんな特技を回答するかは内容面で採用に有利に働くものも実際にあります。

以下では、正攻法として面接官のウケがいい特技を紹介します。

面接官のウケがいい特技

  • 部活動系
  • スキル系
  • 面接日程の調整、面接対策

部活動系

面接官にウケがいい特技として、学生時代に真剣に取り組んでいた部活動が挙げられます。

面接官も話題として取り上げやすく、企業の社風や求める人材に合うと評価されやすい場合もあります。

運動系であれば、チームスポーツで他のメンバーとの協調性をアピールできたり、個人スポーツであれば誰にも頼らず解決する忍耐力をアピールできます。

文化系でも、音楽や絵画などで継続して一つのことを突き詰める力や、仕事のジャンルによってそれに直結するような感性をアピールできるかもしれません。

趣味系

部活動としてはあまりないけれど、趣味として続けているものがあれば特技として面接官にウケる可能性は十分あります。

それは必ずしもポピュラーである必要はなく、むしろニッチなものだからこそ興味を引く場合もあるので、本当に情熱を傾けているものを伝えましょう。

要は、ネガティブなものではなく、そこにかけた労力から何か前向きな姿勢を学びとれていれば、仕事のモチベーションなどに結びつけやすくなります。

たとえば、ポピュラーなものであれば、釣りやキャンプ。

おそらく面接官の中にも好きな人も多いため話が盛り上がる可能性も高く、いろいろな器具を使いこなして自然の中に身を置くという趣味にポジティブな印象を受ける人も多いでしょう。

スキル系

仕事に直結するスキル系の経験や習い事なども、ウケがいい特技です。

同じような方向性のマインドを持っていれば、これから一緒に働いて育成していきたいと思ってもらえるため採用に近づきます。

その一方、仕事に直結するようなスキルを採用時点で備えていればそれに越したことはありません。
本音を言えば、企業も即戦力の人材が欲しいでしょう。

具体的には、プログラミングやデザインのスキル、語学力などの特技は歓迎されます。

採用後に未経験からこれらを学んで稼働するまでには、通常それ相応の育成コストを企業が負担しなくてはならないものだからです。

はじめからこのようなスキルを持っていれば、アイスブレイクに収まらないアピールになることでしょう。

特技を思いつかない 就活生はどうしたらいいか

わかりやすい特技がある人はそれでいいでしょう。

では、他の人よりも優れているものがないと思った人は、特技の回答はあきらめるしかないのでしょうか。

そんなことはありません。
むしろ、自信を持って書ける人のほうが全体から見れば少ないはず。

特技を思いつかない就活生はどうしたらいいか、以下で試すべき方法を解説します。

特技を思いつかない就活生が試すべき方法

  • ハードルを下げる
  • 経験・習慣・趣味を思い起こす
  • 周りの人に聞く

ハードルを下げる

特技が思いつかないという人が行うべき方法として最も重要なものは、特技と呼んでいいと自分が思っているハードルを下げることです。

どんな特技でも上には上がいるので、自分より上手い人を見ていては誰も得意なことを特技と主張できないことになってしまいます。

平均より得意とか、労力を割いた、と思えるものくらいで特技と呼んでOKなのです。

そもそも特技を質問するのはアイスブレイクが主な理由。

どういうことを特技として挙げるかよりも、そこから面接官と話が広がるかや、それにまつわるエピソードの中で自分らしさをいかに表現できるかのほうが大切です。

「所詮は大きく選考に関わるものではない」という気楽な気持ちで回答する方が、かえってそれ以降の重要な質問にリラックスして臨めるかもしれません。

「食べ歩きをよくするためおいしいお店を見つけるのが得意」ということでも、面接会場近くの飲食店の話題で意外に盛り上がることも。

経験・習慣・趣味を思い起こす

部活動など典型的なものでなくてもいいので、経験・習慣・趣味から特技につながりそうなことをもう一度思い起こしてみましょう

人柄や志向を伝えることが目的なので、必ずしも能力や経歴として飛び抜けている必要はありません。

たとえば、転校が多かったので自然と人見知りをしないタイプになったとか、チームワークが求められる現場では大きなアドバンテージとしていえるかもしれません。

早寝早起きができることや家事が得意なことも、一見当たり前のようですが健康に勤務を継続する上でとても大切な要素だったりします。

読書が趣味だということなども、伝え方によっては向上心を持って新しい知識を取り入れらることを示す証拠に十分できるでしょう。

特別なことでなくて構わないので、このようなことを特技として自分なりにデザインして伝えてみてください。

周りの人に聞く

自分ひとりではどうしても思い付かないときは、ぜひ周りの人に聞いてみてください

近しい人から客観的な意見をもらうと、他の人より秀でていることが案外すぐにみつかるかもしれません。
謙虚になりすぎて除外していたり、自分の中では当たり前になっていて見逃している場合も多いのです。

家族や古くからの友人であれば、あなたの普段の生活から深く知っているはず。

恩師や先生、アルバイトの同僚などであれば、実際の仕事にもう少し近いコミュニティにおいて発揮した得意なことをみつけてくれていたりします。

まとめ|ネガティブな特技は避け、人柄やスキルが伝わるものを書こう

本記事では、就活で特技を質問する企業の意図を紐解き、履歴書に書くのを避けるべき特技やどういうことを書けばいいのか解説しました。

与える印象としてだらしなさや執着がつきまとうものは、特技として書くのは避けるのが無難です。
そして、アピールの場としての認識をしっかり持って何かしら書いて伝える意識も重要になるでしょう。

足が速い、絵を描くのが上手い、歌を歌うのが上手い、このような学生時代には特技として認められていたことも、実際はほとんどの人が仕事に活かせないことばかり。

今までの人生で他の人より飛び抜けていた能力でなければいけないわけではないのです。

思い付かない人は、周りの人から意見をもらってもいいので、経験・習慣・趣味くらいからあなたの人柄や現状持っているスキルが伝えられるものを探してみてください

しっかり実践すれば、あなたが採用されるのもすぐそこですよ。


新卒・就活生におすすめ関連記事

大学生のなりたい職業ランキングと就職先の見つけ方
就活を進めていく中で、「周りはどうしているんだろう」「どんな職業を目指していこうか」と悩む就活生は多いと思います。ここでは、ランキング形式で大学生がなりたい職業を紹介しています。
履歴書の特技欄で使える特技10選
履歴書の特技欄に悩まされる人は多いのではないでしょうか。特技欄にも意味があり、選んだものによっては強みとなります。「すごい特技ですね」といわれたい人必見です。
就活やっておけばよかったランキング
最初は誰も就職活動のやり方について教えてくれません。後悔しない就職活動にするために先輩から集めた、就活でやっておけばよかったことについてまとめています。
法学部女子におすすめの就職先とは
自分に向いている仕事は何だろうと悩む学生は多いです。せっかく苦労して入った大学で学んできたことを活かせる職業が見つかるかも。悩める法学部女子におすすめな就職先の紹介をしています。
新卒で働きたくないと考えるのはダメなこと?
仕事へのやる気が出ない。働きたくない。そう思う新卒社員の人も多いのではないでしょうか。そう思うことは決してダメなことではありません。働きたくないと考えてしまう理由や、働きたくないときの対処法などについて紹介しています。
新卒でもクビになることはあるのか
「仕事で何回も同じミスを繰り返してしまう」「よく上司から注意されたり怒られたりする」そんな悩み・不安を持つ新卒1年目社員は少なくありません。このままだとクビ…?と心配になる気持ちもわかりますが、この記事を読んで冷静になりましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷