就活がうまくいかない、全落ちで辛いあなたへ。成功の秘訣を伝授

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

学生で「就職活動をしているけれども、どうもうまくいかないなぁ」と、思ったように内定が取れなくて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

周りの友人がどんどん内定をもらうようになると、焦るばかりで相談することすら辛くなっていくことも。

ひとりで悩んでいると、どうすれば就活がうまくいくのか余計にわからなくなっていきますよね。

本記事では、就活がうまくいかない人の特徴や原因に触れ、その上でどうすればうまくいくのか解説します。

対策をしっかり取れば納得がいく就活がきっとできるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活がうまくいかないと感じる瞬間

就活は相手企業がいることなので、自分の望んだように選考が進んでいかないことがたくさん生まれます。

以下では、就活がうまくいかないと感じる瞬間で代表的なものを紹介します。

就活がうまくいかないと感じる瞬間

  • 応募しても全落ちしているとき
  • 過密なスケジュールで体力的に辛いとき
  • 周りが内定をもらい始めたとき
  • 就活の相談をできる人がいないとき

応募しても全落ちしているとき

志望する複数の企業に応募しているけれどその応募が全落ちしているときは、就活がうまくいかないと感じてしまう人も多いはず。

さまざまな企業に就職したい意思を表明しているにもかかわらず、すべての企業から不採用の通知が続いてしまうと全否定されているようで気落ちすることもあるでしょう。

「自分は社会から見るとダメなんじゃないか」とやや自暴自棄の感情が芽生えてしまうかもしれません。

そんなときに就活の壁にぶつかったような気になるわけです。

過密なスケジュールで体力的に辛いとき

就活をしていると、企業への書類提出日や面接が連日続くこともしばしば。

そうしてスケジュールが過密になってくると体力的に辛いため、就活がうまくいかないと感じてくるでしょう。

応募しても内定が取れない状況が続いている限り、さまざまな企業への応募書類の作成・提出や面接は避けて通れません。

通常は大学での授業やアルバイトなどと並行して就活をしている場合がほとんどなので、あまりに書類作成などに費やす時間が多いと忙しくて疲弊してしまいます。

体力的にも落ちてくると、内定のない現状を早く抜け出したいという感情が大きくなり、うまくいっていないという感覚も強くなりやすいという構図です。

周りが内定をもらい始めたとき

自分よりも先に周りの友人・知人が内定をもらい始めたとき、自分は就活がうまくいってないのだと感じてしまうこともあります。

初めのうちは対企業で、就活の大変さを自分の中だけで感じていても、だんだん周りと比較するようになっていくのは自然な流れ。

「自分だけが就活に失敗し続けているんじゃないか」と不安に感じ始める人も出てきます。

周りの成功を意識し始めると、うまくいっていない感覚が顕在化してしまうでしょう。

就活の相談をできる人がいないとき

内定が取れない状況について誰かに相談できないときも、就活全体としてうまく進められていないと感じることでしょう。

日々改善して応募しているつもりが不採用が続くと、客観的な意見を他の人から聞きたくなるものです。

けれども、誰にも相談できない状況に陥ってしまうと、今後どう改善すべきかが見えなくなってしまいます

不採用が続くことで自信を失って、志望している業界のOB・OGや就活を共にしている友人に相談し辛くなると、それは悪循環そのものです。

気軽に相談すらできない状況に陥ってしまったとき、就活がうまくいっていないと再認識させられます。

【ケース別】就活がうまくいかない人の特徴・原因

就活で内定を取れない理由は冷静に分析する必要があります。

うまくいかない人にはケースごとにある程度共通した特徴や原因があるので、以下で代表的なものを紹介しましょう。

ケース 特徴・原因
書類選考がうまくいかない人 志望動機・自己PRの記載内容が薄い
グループディスカッションがうまくいかない人 課題発見力・解決力や協調性が乏しい
面接がうまくいかない人 慌てないための準備が不足
全体的にうまくいかない人 ・応募先を大手企業に絞りすぎ
・不適合な中小企業を選びがち

書類選考がうまくいかない人のケース

書類選考の段階で落とされてしまう人には、書類に記載する志望動機や自己PRの内容がしっかり練られていないという特徴があります。

企業側が初めて目にするのは、書類に記載されている文面です。

その内容は、人事担当者に「ぜひこの人を面接に呼んで話をしてみたい」と思わせるものでなくてはなりません。

書き方の体裁や伝え方も大切ですが、内容が練られていない薄いものだとしたらそのことを見透かされてしまい選考に通ることは難しいでしょう。

グループディスカッションがうまくいかない人のケース

グループディスカッションがうまくいかない人は、課題を発見し解決へ導く力や協調性が乏しいという原因があることも。

企業側は、実際に働くとなればチーム作業になることを踏まえて、複数人の中でどう課題を見つけ出しチームとして解決に持っていけるかを評価しています。

必ずしもリーダーになる必要はありませんが、発表者や書記、タイムキーパーなど自分の役割を全うしメンバーを巻き込んでどう結論を出すかが大切。

そのような能力をあらかじめ身に付けておかなければ、グループディスカッションで高評価を受けることはまずないでしょう。

面接がうまくいかない人のケース

面接がうまくいかない人は、予想外の質問が来ても慌てないための準備ができていない特徴があります。

普段のコミュニケーション能力も大切ですが、質問されたことに筋の通った自分なりの答えを正面から返せることが面接においては最も大切です。

「緊張するな」というのは無理な話で、それよりも志望動機・自己PRや企業情報について面接までにしっかり準備してきたことを示すことに注力しましょう。

準備ができていないことに自覚があったり、それが面接官に伝わったりするようではうまくいくものもうまくいきません。

全体的にうまくいかない人のケース

全体的にうまくいかない人のケースは、応募を大手企業に絞りすぎていたり、本当は自分に合っているそれ以外の企業に注目していないという特徴があります。

大手企業に応募することそれ自体は特に否定されるものではないですが、実は大手でなくても自分のやりたい仕事はできるかもしれないのです。

内定が取れるかは企業との相性や運という面もあるので、競争相手の多い大手にばかり応募していては確率は上がってこないのです。

また、大手以外の企業に応募していても、自分に合っていない企業にばかり応募していることもありますね。

自分のやりたい仕事が実現できる企業であると同時に、企業側のニーズに自分が合ってもいなければ内定には至りません。

つまり、仕事の規模や安定などを理由に大手にこだわりすぎている、また中小企業の中で自分にマッチした企業を選べていないと、内定が取りにくくなるのです。

就活を成功させるためにできること3つ

あまりに不採用の通知が続くと、就活自体のモチベーションが下がってしまいます。

そうなる前に、就活を成功させるためにできることに取り組んでみてください。

就活を成功させるためにできること3つ

  • まずはしっかり自己分析
  • 企業・業界研究をして、幅広く応募
  • 就職エージェントの利用

まずはしっかり自己分析

書類選考がうまくいかない人、グループディスカッションがうまくいかない人、面接がうまくいかない人は、まずはしっかり自己分析をすることから始めましょう。

さまざまな就活での悩みを解決するのに、自己分析はとても重要です。

自分が仕事として何がやりたいのか、何ができるのかしっかり分析しましょう。
その上で、今後は仕事をどこまで重視するのか、優先順位も明確にしなければなりません。

それらによって、自分はどのような姿勢で就活に取り組むかが明確になり、選考に向かう自分なりの考えの基礎を作ることができるでしょう。

自分なりの考えの基礎が固まれば、志望動機や自己PRの記載内容も深まり、良い書類が書けるようになります。

さらに、面接での突発的な質問にも慌てずに答えられるでしょう。

自分の強みを理解しているので、それを活かせば、グループディスカッションでもメンバーと強調して課題発見力・解決力をアピールできる可能性も高くなりますね。

これらを頭の中で事前に整理しておけば、ブレずに就活に取り組めるようになるのです。

企業・業界研究をして、幅広く応募

全体的にうまくいかない人は、具体的な企業や様々な業界の研究は怠らず適宜行って、幅広く複数の企業に応募してみることにしましょう。

内定を取れるかは実力の他に相性や運の要素も関係するので、応募先を大手企業に絞りすぎてはいけません。

逆に、自分には不適合な中小企業を選ばないことも大切。

自分は仕事として何がやりたいのか、できるだけ具体的に考えてみましょう。

例えば「目の前のお客さんを笑顔にしたい」という場合など、さまざまな業界が志望先になり得ることもあるのです。

また、大手企業だからこそ携われる大きなプロジェクトもありますが、中小企業は若手時代に希望した業務に抜擢されるチャンスがあるというメリットもあり、一長一短と言えます。

もっとも、何がやりたいのかで広げた選択肢とこれからの自分ができることで、一定の折り合いを付ける必要もあります。

とにかく大きな目標を掲げているだけではいつまでも内定が取れないので、現実的に内定の可能性がありそうな自分に合った企業に絞りましょう。

そして、自己分析をしっかり完了できていれば、自ずと応募のターゲットとなる企業や業界は絞られて、その研究は事前に努力できる範囲のことですね。

ぜひ自分に合った中小企業にも目を向けて応募しましょう。

就職エージェントの利用

自己分析や企業研究を充分にがんばっていても、就活がうまくいかないときもあるでしょう。

「自分の考えや、やりたいことがうまく整理できない」
「どういう企業に自分はニーズがあるのか相談したい」
「実際の選考過程で必要な書類作成や面接の対策を、専門家が教えてくれたらなぁ」

そんな悩みを抱えている方は、ぜひ積極的に就職エージェントを利用しましょう。

応募はやみくもに増やすのではなく、企業を見極めて応募するのが肝心。
また、就活の方向性が定まっても、それを改善したり訓練する場も必要です。

本当にやりたい仕事を見つけるには|キャリアチケット

大手であるか有名であるかだけにこだわらず、あなたが本当にやりたい仕事ができる企業を探すならキャリアチケットがおすすめです。

「自分ひとりで自己分析をしていても行き詰まってしまうな」と感じることありませんか。
キャリアチケットのアドバイザーに相談すれば、客観的な意見をもらえて効率よく自己分析が進みます。

キャリアチケットのこだわりは、やみくもな就活をしないこと。
納得して応募できる企業に出会うためにも、「有名企業だし、とりあえず応募してみよう」というやり方を見直しませんか?

選考書類や面接などの実践的なセミナーも開催されているので、選考前にしっかり準備して臨めるため就活を送れることでしょう。

\ うまくいかない就活を成功へ! /キャリアチケット/公式HP

まとめ|必要な準備をして応募すれば自分に合う企業はきっとみつかる

本記事では、就活がうまくいかない人の特徴や原因を示した上で、どうすれば成功するのか解説しました。

就活にとって必要な準備をして応募すれば、きっと納得できる内定先と出会えるはずです。

まずは自己分析をしっかり行って、自分のやりたい仕事ができそうな応募先の幅を広げる基礎固めをするのが大事です。

この就職でこの先の全てが決まるわけではないので、今の自分にとってベターな就職先をみつけるくらいの気持ちで探しましょう。

他人の成功と比べて現状を悲観する必要はないので、しっかり納得がいく応募先をみつけていってください。

応募先が決まれば、企業・業界の研究や選考でのスキルを磨く際に転職エージェントをうまく利用してくださいね。

このように着実に努力すれば、内定を獲得する日はもうすぐそこです。


新卒・就活生におすすめ関連記事

大学生のなりたい職業ランキングと就職先の見つけ方
就活を進めていく中で、「周りはどうしているんだろう」「どんな職業を目指していこうか」と悩む就活生は多いと思います。ここでは、ランキング形式で大学生がなりたい職業を紹介しています。
履歴書の特技欄で使える特技10選
履歴書の特技欄に悩まされる人は多いのではないでしょうか。特技欄にも意味があり、選んだものによっては強みとなります。「すごい特技ですね」といわれたい人必見です。
就活やっておけばよかったランキング
最初は誰も就職活動のやり方について教えてくれません。後悔しない就職活動にするために先輩から集めた、就活でやっておけばよかったことについてまとめています。
法学部女子におすすめの就職先とは
自分に向いている仕事は何だろうと悩む学生は多いです。せっかく苦労して入った大学で学んできたことを活かせる職業が見つかるかも。悩める法学部女子におすすめな就職先の紹介をしています。
新卒で働きたくないと考えるのはダメなこと?
仕事へのやる気が出ない。働きたくない。そう思う新卒社員の人も多いのではないでしょうか。そう思うことは決してダメなことではありません。働きたくないと考えてしまう理由や、働きたくないときの対処法などについて紹介しています。
新卒でもクビになることはあるのか
「仕事で何回も同じミスを繰り返してしまう」「よく上司から注意されたり怒られたりする」そんな悩み・不安を持つ新卒1年目社員は少なくありません。このままだとクビ…?と心配になる気持ちもわかりますが、この記事を読んで冷静になりましょう。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷