転職がうまくいかない人は、転職成功した人のテクを盗め!

転職理由は人によって様々ありますが、誰でも転職活動をするのはストレスが溜まるものです。一生のうちにそうそう経験するものではないですし、毎回手探りでなんとかやっているという人のほうが圧倒的に多いでしょう。

そんな中で年収アップ、キャリアアップなどの成功を収める人の方が少なく、「うまくいかない」と感じる人の方が多いと思います。

転職がうまくいかない、長期化してもうどうしたらいいのか分からない…現在そんな泥沼にはまり込んでいる方へ、抜け出す方法を一緒に考えてみませんか?

転職がうまくいかない人は、なぜうまくいかないのか

転職がうまくいかなくて長期化してしまうという人には、実はある特徴があります。自分に当てはまっている部分がないか、チェックしてみてください。

自己アピールが下手

転職活動ではこの自己アピールの上手・下手が大きく関わっています。履歴書や職務経歴書などの応募書類、面接といった限られた紙面と時間の中で、あなたがどれだけ価値のある人間かを知ってもらわなければ何も始まりません。

自己アピールが下手な人は、「とにかく他者を凌ぐ経験やスキルを見せればいい」と考えがちです。ここで「自分には技術もスキルも何もないし…」と思ってしまうのは、典型的な自己アピール下手タイプ。

大事なのは、「現在求人を行っている企業がどんな人材を求めているか」という点にあります。

確かに中途採用なので即戦力として知識と技術、業界に必要なスキルを持っていることは前提ではありますが、その他にも例えばコミュニケーション能力、マネジメント能力、企画力や主体性といったポータブルスキル(どこでも通用するスキル)を重視している場合もあります。

自分の持っている能力をどう企業に対して使えるものにするかを考える。それこそが自己アピール上手になるための心得なのです。

アプローチの仕方を間違えている

転職活動といえば、企業にとっては中途採用ということになります。中途採用で求められているものは、即戦力としての人材です。

例えば新卒で社会人になった人が、初めて転職活動を行う時に陥りがちなのは「新卒の感覚のまま転職活動を行ってしまう」こと。

新卒では社会人経験がないために、基本的にはポテンシャル採用と言われ、若さ・やる気・熱意・将来性などを見られます。

しかし中途採用では経験・スキル・応用力などが求められるので、自分には現在業界や企業、希望する職種でどれだけの実績を出すことができるのか、直接的なデータを提示することが求められます。現在自分は即戦力としての人材として使える人間か見定められている、ということは念頭に置くべきです。

また、希望する職種にとってもどんなスキルが求められているか、しっかりと情報収集をしてアピールを行わないと、アピール内容がどこかポイントずれを起こしているという場合もあります。

ルート営業の求人なのに、今まで一般営業にいて新しい仕事をバンバン取って営業成績がとても良かった話をしても、「それじゃあ一般営業の求人にいけば?」と思われてしまいます。その場にピンポイントで合致するアプローチをしなければ、人事担当者には響かないのです。

正当な自己評価ができていない

「自分には何もできることがない」もしくは「自分はできるはずなのにどうして誰も分かってくれないんだ」こんな風に悩んでいる人はいませんか?

極端な自己評価を行っている人は、自分の市場価値を読み違えている可能性があります。
もちろん、こんな風に思っていても転職活動に成功した!というのであれば、それが正当な自己評価だったといえるでしょう。

でも、もしも転職活動がうまくいかないと感じているのだとすれば、それはもう一度自分の市場価値を見直す必要があるかもしれません。

自分の市場価値を知ることは、自分のレベルにマッチした企業を知ることができることに繋がります。

自分の市場価値に合った企業であれば、ベストマッチする企業に巡り会える可能性も高くなるので、自分を正当に評価して正しい市場価値を知るのは、転職活動においてとても大事なことなのです。

転職が成功する人の特徴とは

転職がうまくいかない。どうしてなんだろうと悩んでいるのであれば、ここは逆に成功した人たちの特徴を知るべきだと考えます。

転職が成功する人たちの特徴とはどんなものがあるのでしょうか。

自分には何ができるかを知っている

自分が好きなこと、得意なこと、持っている知識、スキル、得た経験、実績などのポジティブな要因だけではなく、デキる人というのは不得手なこと、嫌いなこと、失敗した体験、自分に足りないものなどのネガティブなものについてもしっかりと分析を行っています。

足りないのであればどのように補えば良いのか、失敗をリカバーした経験、同じことを繰り返さないための工夫など、どのように対応するかといった応用力がある人が多いです。

情報収集をしっかり行っている

転職活動を行う上で、情報収集もかなり大事です。業界・企業・職種・社内や社員の雰囲気など、できる限り細かく情報収集を行っています。

できる限り細かく知っておくことで、面接時のアピール方法も綿密に準備しておくことができますし、またブラック企業や業績不振といった内情も知って回避することもできます。
また、やはり詳細を知ることは入社後の「こんなはずじゃなかった」というミスマッチも自主的に防ぐことができます。

メンタルコントロールができている

転職がうまくいかないタイプでよく見られるのは、不採用になると「自分はやっぱりダメなんだ。誰も認めてくれない」とネガティブになるタイプ。

転職が成功するタイプは、不採用だった時になぜ不採用だったのか、そこを直せば次の面接に活かせるといったポジティブな方向に思考を転換することができる人が多いです。

上昇志向がある

自分の将来のビジョンをしっかりと持っているタイプが多く、その夢に向かってキャリアプランを立てています。

どんな資格が必要か、どんな知識や経験を身につける必要があるか、そのための転職。といった、将来への道筋をきっちり立てて、努力を惜しまない上昇志向があるタイプは、転職でもキャリアアップや年収アップが実現できる人も多いです。

転職がうまくいかない人は、まず成功例をチェックしよう!

転職に成功する人のタイプは、自分と比較してみてどのように感じたでしょうか?もしも「自分は全然できていない…」と感じたなら、ぜひ参考にしてほしいと思います。

転職がうまくいかない人は、「なぜうまくいかないんだろう、やっぱり自分には何もないんだ」とネガティブに陥ってしまいがちです。しかし、ただただ自分のダメなところを見て落ち込んでいても、何も始まらないのです。

そんな時こそ、実際に転職に成功した人の体験談を見てみてください。ネットで『転職 成功例』『転職 成功 体験談』などのワードで検索をすれば、たくさんの成功例を読むことができます。

その記事を読むことで、自分には何が足りなかったのか。自分との違いは何なのか。比較すれば対処法も見つかるかもしれません。

柔軟性や応用力も、企業が求めるポータブルスキルの一つです。柔軟に成功例を受け入れ、自分を変えていきませんか?

うまくいく転職活動の方法とは?

在職中に転職活動をする

やはり転職活動を行う上で大事なことは、できるだけ在職中に転職活動を行ってほしいということです。

確かに、もう嫌気がさした企業にいつまでも居なければならない苦痛も分かりますし、転職活動は仕事をしながらだと時間の捻出などに苦労してしまうのも分かります。

けれど、転職活動は「どうせすぐに次が見つかる」などと甘く見てはいけません。もしも長期化した場合、全然仕事が決まらない事と、どんどん目減りしていく貯金などで焦ってしまう場合があります。

転職活動に焦りは禁物。冷静な判断ができなくなることで、入れればいいやと希望していたものとは全然違う職種に転職してしまう。給料が大幅に下がってしまう。入社してみればブラック企業だったという事になりかねません。

転職にかかる平均期間とは?いつぐらいから焦るべき?

一般的に、転職活動は3か月?半年はかかると言われています。ということは、3か月や半年くらいなら一般的で、まだまだ焦るような期間ではないということです。

それなら半年以上になれば焦るべきなのかと言えば、先に言ってあるように転職に焦りは禁物。焦って良いことは一つもないのです。

とはいえ、長期化すればどうしても不安になってしまいますし、このまま決まらなかったらどうしようと焦ってしまうのも分かります。

そのため、やはり少しでも焦りを軽減するためにも、離職後の転職ではなく、在職中の転職をおすすめします。

転職がうまくいかない時は、プロに頼るのもアリ

もし在職中の転職活動は時間を取るのも大変だし、平日の面接などスケジューリングも難しいと考えるのであれば、転職エージェントといった転職のプロに頼るのも一つの手です。

転職エージェントであれば、自己アピールの方法や、あなたの市場価値などについてもプロの視点から一緒に考えてくれます。

応募書類の添削や面接対策も行ってくれますし、あなたの市場価値や適正に合った求人をあなたの代わりにピックアップして紹介してくれるので、仕事を終えて疲れた帰宅後に行う転職活動のストレスも軽減されるでしょう。

そしてそれら全てのサービスが無料という転職エージェントも多いので、試しに使ってみても損はありません。

転職がうまくいかない人こそ、成功例をチェックしてテクニックを盗むべき!

転職がうまくいかない人は「自分は何が足りなかったんだろう」と内に籠もる前に、まずは成功例を読んでみてください。

元々ネガティブ思考で、全然転職がうまくいかなかった。長期化して数十社落ち続けたという体験談もあります。そんな人が、どのように転職成功することができたのか、似た境遇の記事に共感できるかもしれませんよ。

中には自分と違いすぎて無理、参考にならないと感じるものもあるかもしれませんが、一つでも共感できる記事があれば、ぜひその人のテクニックを盗んで、あなたも転職を成功させませんか?


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷