> タイプ転職エージェント VS Spring転職エージェント

タイプ転職エージェント VS Spring転職エージェント

6 views

結局どっち?!転職エージェント対決、タイプ転職エージェントVSSpring転職エージェント

~結局どっちがいいの?~

転職サイト「@type」の進化系であるtype転職エージェントと、と、人材派遣会社「アデコ」が運営するSpring転職エージェント(アデコ株式会社)

転職エージェントを探した時に、必ずと言っていいほど候補に挙がる2サイトです。とはいえ、大切な転職先探しを知名度の高さや先入観だけで決めたくはないもの。両社の特徴を知ることでどちらの転職エージェントが自分に合っているか判明する上に、他の転職エージェントとの比較も可能になります。

優秀な転職支援サービスが溢れている時代だからこそ、厳しい目で見極めるのが大切。というわけで、タイプ転職エージェントとSpring転職エージェントが、それぞれどういった特徴を持っているのか比べてみました。

優秀な転職支援サービスが溢れている時代だからこそ、厳しい目で見極めるのが大切。

というわけで、タイプ転職エージェントSpring転職エージェント、が、それぞれどういった特徴を持っているのか比べてみました。

>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

■type転職エージェント
株式会社キャリアデザインセンターが運営しているタイプ転職エージェント
求人サイト「@type」との大きな違いは、専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職を支援してくれること。さらに、WEB上では紹介されていない非公開求人の約80%を保有しています。
「typeエンジニア」や「営業type」など、職種に特化した転職支援にも定評あり。個々のキャリアアップに最適なアドバイスにより、なんとtype転職エージェントを利用した人の70%以上が年収アップに成功しています。

■Spring転職エージェント
Spring転職エージェントを起ち上げたのは、人材派遣やアウトソーシングで知られるアデコ株式会社です。アデコの本部はスイス・チューリッヒにあり、世界各国の地域に拠点を持っているため、独自の企業ネットワークは10万社にも及びます。
Spring転職エージェントの最大の特徴は、ジャンルにとらわれない企業と人材のマッチング。特に外資系、IT・技術系、管理部門系、営業系の求人に強みがあり、管理職などの高年収求人も豊富に揃っています。

公開求人数が多いのはSpring転職エージェント!

公開求人数

9,000

バーサス

20,000

WEBサイトで検索できる公開求人数は、1万件もの差をつけてspring転職エージェントが勝利する結果に。「世界No.1の総合人財サービス企業」と称されるアデコグループの底力が伺えます。

アデコが持つ世界60ヶ国のグローバルネットワークは、「日本で転職するのだから関係ない」ということにはなりません。アデコは30年もの事業実績で得たネットワークを駆使して、日本全国の内資系・外資系企業から求人情報を収集しているのです。外資企業やグローバル企業など、spring転職エージェントでしか出会えない案件に期待が高まりますね。

一方、勝利を譲ったタイプ転職エージェントも転職エージェントの中では多くの公開求人を抱えていることをお忘れなく。「社名」でダイレクトに求人検索できるのも面白いポイントです。

非公開求人数が多いのもSpring転職エージェント

非公開求人数

7,000

バーサス

80,000

Spring転職エージェントが取り扱っている求人の約80%は非公開求人であり、その数は転職エージェント業界内でもぶっちぎりの8万件となっています。非公開求人とは、多様な事情を抱えた企業が一般に公開していない求人情報のこと。Spring転職エージェントが独占している案件もあるので、8万件もの求人を逃すことを考えると登録しない手はないでしょう。

企業は採用活動をスムーズに行うために求人を非公開にすることがあります。好条件の求人に数百人から数千人の応募者が殺到した場合、人事担当者の手に負えません。

条件やキャリアがマッチした人材だけを引き寄せて面接を行った方が、企業にとっても求職者にとっても効率的なことは明白。非公開求人は年収がアップする確率も高いので、なるべく多くのアンテナを張って紹介してもらうチャンスを増やすようにしましょう。

拠点が多いのはSpring転職エージェント!

拠点の数

1カ所

バーサス

15カ所

Spring転職エージェントの拠点は全国各地にあり、アデコグループ全体の拠点数は国内160ヶ所にも及びます。ただし、実際にコンサルタント業務を行っているのは東京・大阪・名古屋なので、地方にお住まいで「直接会って面談をしてほしい」という方は注意が必要です。

面談が難しい場合は各地域で行われる個別転職相談会への参加がオススメ。定期的に開催されているのでHPで日時をチェックしておきましょう。

type転職エージェントは東京に拠点を置くのみですが、大型転職フェア&転職相談会などコンサルタントや企業の人事担当者に会える機会が多いのが特徴です。

対応エリアが広いのはSpring転職エージェント

対応エリア

首都圏メイン

バーサス

全国

Spring転職エージェントは国内全域と海外の求人情報をカバーしています。求人情報が少なくなりがちな中国・四国・九州エリアも1,500件近くの案件が揃っているので、Iターン・Uターン転職のメインエージェントとして利用する価値も大いにあります。

type転職エージェントもほとんどのエリアを守備範囲としていますが、北海道の求人検索は不可。地方の求人情報も紹介しているものの数はかなり少な目なので、首都圏での転職を考えている方以外は手を出しづらい印象です。

面談可能日はいつ?

面談可能日

平日・土曜

バーサス

平日・土日

type転職エージェントの面談は、運営会社であるキャリアデザインセンター本社で行われます。東京メトロ赤坂見附駅から徒歩で約1分なのでアクセスも抜群。平日の日中はもちろん、夜間や土曜日も対応してくれるので仕事を終えてからの面談も可能です。来社するのが難しい方とは電話でのキャリアカウンセリングも実施しています。

Spring転職エージェントの面談は東京(霞が関・秋葉原)・名古屋・大阪で行われます。平日昼間だけでなく夜間や土日も対応しており、電話でのカウンセリングは22時まで受け付けています。コンサルタントによっては出張面談もあり。現在の職場や家の近くなど、希望のエリアで面談できることもあるのでまずは問い合わせてみることをオススメします。

転職実績を比較すると?

転職支援実績

年間約1,000人
以上が転職

バーサス

満足度ランキング
1位

type転職エージェントは1998年に事業を開始して以来、年間約1,000人以上の転職を成功させています。得意分野はIT・WEB系のエンジニアやクリエイター、メーカー系のエンジニア、個人・法人にとらわれない営業系、経理財務や経営企画、総務人事などの企画・管理系。それらの求人情報を紹介するキャリアアドバイザーの9割が転職経験者なので、各業界に応じた転職ノウハウをゲットできます。

その一方で、「2018年版オリコン顧客満足度ランキング」の総合1位に輝いたSpring転職エージェント。「利用のしやすさ」「担当者の対応」「紹介案件」「紹介案件の質」「交渉力」といった項目でアンケートをとった結果、転職希望者・転職成功者にとって最も満足度の高い転職エージェントとなりました。

両者とも転職サポートの歴史や実績、満足度といった点が明らかなので安心して利用できるでしょう。

海外求人ならタイプ転職エージェント!

海外求人数

400

バーサス

200

公開求人・非公開求人ともに白星を逃していたタイプ転職エージェントですが、海外の求人数はSpring転職エージェントの倍という結果に。さらに、非公開求人を加えると500件近くの「海外で働けるチャンスがある」ということになります。

メーカー、商社、IT・通信、建築・土木と業界もバラエティに富んでおり、グローバルな働き方を目指している方は必見です。海外への転職に不安がある方は、専任のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。自分にマッチする企業の探し方や働きたい企業へのアプローチ方法など、あなたの経験や希望に合わせて最適なステップを提案してくれますよ。”

地方でも対応してくれるのは…どっち?

地方対応

登録OK

バーサス

登録OK

どちらも全国の求人を検索できますし、もちろん登録OKです!さらに、何かの事情でインターネットが使用できなくなっても、どちらも書類郵送で登録を受け付けてくれます!!

面談時間はタイプ転職エージェントが長め

面談対応時間

約1時間半

バーサス

約1時間

type転職エージェントの面談時間は平均で約1時間半。転職先への希望や今後のキャリアプランについて、じっくりと話し合うことができます。電話でのキャリアカウンセリングの場合は30分から1時間。「顔が見えないと本音を言いにくい」という方もいれば、「直接会うのは緊張する」という方もいます。自分の性格に合わせて面談方法を選ぶのも一つの手です。

Spring転職エージェントの面談も1時間程度であり、日時や場所は求職者の希望に柔軟に対してくれます。長く話し合えば良い方向に行くというわけではありません。自分の希望条件や質問などをメモにまとめておいて、テンポよく会話を進めるようにしましょう。

20代登録者の割合は?

20代の割合

転職実績多数

バーサス

やや少なめ

type転職エージェントの利用者でもっとも多いのは26~30歳。20代の若手に支持されていることがわかります。年収アップ率が70%以上というのはキャリアを備えたミドル世代に限った話ではなく、20~30代で年収アップに成功した方も数多くいます。

「若い人材に強みがある」ということで企業から信頼されている面もあるでしょう。type転職エージェントが得意とするIT・通信系やメーカー系の求人は、未経験OKの若手向け案件が多いので理にかなっているとも言えます。

Spring転職エージェントも20代から60代まで幅広い年代が利用していますが、求人の多様さゆえか20代よりも30代以降の世代に人気があります。

30代登録者の割合は?

30代の割合

転職実績多数

バーサス

転職実績多数

type転職エージェントの利用者層は26~30歳、31~35歳の割合がほぼ同じ。それに続くように36~40歳の方々が利用しています。働き盛りの30代は、type転職エージェントを通して積極的に転職活動をしているのです。

Spring転職エージェントの利用者も30歳前後が多く、特に20代後半から30代前半の転職成功例が多数。キャリアアップだけでなく、職種を変えるキャリアチェンジ・ジョブチェンジもめずらしくありません。また、他の転職エージェントと比較すると女性の割合が多いのも特徴。30代女性にとって魅力的な求人が揃っているのではないでしょうか。

40代登録者の割合は?

40代の割合

転職実績あり

バーサス

転職実績あり

40歳以上の転職成功者が多いのもtype転職エージェントの特徴。転職活動は30代後半から急激に難しくなると言われていますが、これまでの経験やスキルが強力な武器となるのは経験豊富な40代以降だとも考えられます。

Spring転職エージェントは若手よりもミドル世代に注目されている転職エージェント。たとえ40代でも、優秀な方は年収が倍以上になるケースもあります。定年を迎えたあとも再就職する人が多いことを思うと、40代での転職は老後の生き方を決める大きな分岐点となるでしょう。

タイプ転職エージェントもSpring転職エージェントも転職サポートに期限はありませんが、なかなか転職先が決まらないことで消極的になり、ついには諦めてしまう人がいます。転職活動に積極的でないと判断されるとチャンスを逃すことが増えるので、キャリアコンサルタントには「条件にマッチした案件があればどんどん連絡をください」とアピールしておきましょう。

希望職種に詳しいのはtype!

職種別コンサルタント数

14

バーサス

様々な業種ごとに担当が細かく分かれていれば、自分の希望職種により詳しい人が見つかる可能性があり、その分仕事ならではの悩みもわかってくれますね。

独自コンテンツ(ツール)数を比較すると?

コンテンツ数

9個

バーサス

8個

type転職エージェントの独自コンテンツ&ツール

◆転職活動の進め方
転職をしたくても何から始めるべきかわからない方や、効率的な進め方を知りたい方に最適なノウハウ集。

◆職務経歴書の書き方
これを見ればキャリアが浅い方も安心。経歴を魅力的にみせる書き方のポイントや、職種によって異なるフォーマットが用意されています。

◆転職お悩み相談室
転職活動に関する疑問や今さら誰にもきけない質問に、type転職エージェントが回答しています。

◆面接での逆質問例20選
面接で戸惑うことが多い「何か質問はありますか?」という、いわゆる面接官からの逆質問を切り抜けるコツが載っています。

◆IT業界の企業特集
type転職エージェントが精通しているIT業界の企業を紹介。企業の一覧と気になる詳細がわかります。

◆転職成功者インタビュー
タイプ転職エージェントを活用して転職に成功した方のインタビュー。転職活動の参考になるエピソードが満載です。

◆転職トレンド特集
「営業」「販売・サービス」「社内SE」「IT業界」など、業界・職種別のトレンドをピックアップした特集ページ。

◆注目企業インタビュー
タイプ転職エージェントが厳選した企業のインタビュー。人材を積極的に採用している企業や、求められている人物像、採用の背景などを知ることが可能。

◆type女性の転職エージェント
女性の新しいワークライフバランスやキャリアを提案する転職支援サービス。女性が働きやすい社風や環境の企業に出会えます。

Spring転職エージェントの独自コンテンツ&ツール

◆レジュメ作成マニュアル
人事担当者が思わず会ってみたくなるような履歴書・職務経歴書の書き方をレクチャー。書類選考を通過するためのノウハウがわかります。

◆英文履歴書の書き方
英文履歴書を作ることで、外資系企業をはじめ、転職先企業の選択肢が広がり、年収アップの可能性も高まります。

◆面接対策講座
「事前準備篇」と「面接マナー篇」に分けて実践的な面接テクニックを紹介。内定後の面接も気を抜けません。

◆転職成功事例
Spring転職エージェントを通して転職に成功した事例やポイントを紹介。年収のアップ率もリアルに公開しています。

◆円満退職のコツ
会社を辞めてからも人脈は大きな財産となります。スムーズに退職手続きを行うコツを心得ておきましょう。

◆転職コラム
IT転職業界の実態や面接の落とし穴など、ベテランのコンサルタントが綴るお役立ちコラム。

◆コンサルタントブログ
各専門職に精通するコンサルタントが、転職に関するあらゆるニュースをお届け。

◆セミナー・個別転職相談会
業界や職種別のセミナー・個別転職相談会を全国各地で開催しています。

タイプ転職エージェントとspring転職エージェントの総評

公開求人や非公開求人、拠点数など数字においてはSpring転職エージェント(アデコ株式会社)に多数の軍配が上がった今回のバトル。spring転職エージェントの運営会社であるアデコグループは人材派遣のイメージが強いですが、正社員転職のサポートにおいても信頼できることがわかりました。

また、両者とも転職に役立つ独自のコンテンツ・ツールを発信しています。診断系のツールはなく、転職エージェント業界においては、やや固めで真面目な印象を受けるコンテンツが多くみられました。サイトの作りも両者似ており、ごちゃごちゃしていないのが好印象。求人情報や転職ノウハウだけを純粋に求めている方にオススメです。

利用者の年齢層としては、タイプ転職エージェントが20代に人気があり、spring転職エージェントは30~40代のミドル層の支持が厚め。自分の年齢に合わせて利用してみるのもよいでしょう。

 

■結論■
首都圏の求人に強いtype転職エージェント
海外・外資、I・Uターンもお任せ!Spring転職エージェント

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

人気の転職エージェント対決 どれを選ぶ?

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
6,379views
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
2
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
3,504views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
3
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
2,258views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
1,907views
【男女別】高卒の就職先ランキングと口コミ体験談【おすすめ】
5
【男女別】高卒の就職先ランキングと口コミ体験談【おすすめ】
1,847views
正社員になれる?派遣転職物語
6
正社員になれる?派遣転職物語
1,835views
50代からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50代からの転職OKな仕事10選【未経験可】
1,751views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
8
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
1,536views
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
9
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
1,328views
DYM就職(旧Meets Agent)の気になる口コミや評判は?!
10
DYM就職(旧Meets Agent)の気になる口コミや評判は?!
1,234views
ページのトップへ