Uターン転職を考えてみませんか?

都会から地方への転職は難しい?Uターン転職は簡単に言えば生まれ育った地元に戻り、そこで再就職することをいいます。地方出身で進学、就職で地元を離れ仕事に付きます。
個人差はありますが、数年ほど働きその後、退職し生まれ故郷に戻り地元で就職するのがUターン転職と呼ばれるケースです。
これに対しIターン転職は都会で生まれ育ち、そのまま就職をした者が地方に移り住んで就職先を探すケースです。

Uターン転職のメリット

  • 慣れ親しんだ土地で生活が送れる
  • 通勤ラッシュがない
  • 都会に比べ生活費が安い
  • 地元治自体の支援を受けられることもある
  • 自然豊かな環境が望める

Uターン転職の最大のメリットは慣れ親しんだ土地で生活が送れるという安心感です。
地元が大都市でなければ毎日の通勤ラッシュもなくなります。
大都市で企業に勤務した経験やキャリアは地元に戻っても力になります。
住宅などの居住環境を含めた生活費も、都会暮らしよりは軽減されることが見込まれす。
また、地方治自体では地元住民の若者離れを食い止める策として、税金の助成、住宅支援制度、土地・住宅の無償譲渡などのさまざまな支援を行っているところもあります。

Uターン転職はこんな人が向いている!

  • 生まれ育った地元への愛情、貢献したい気持ちがある
  • 都会暮らしが合わない
  • 将来的に親の介護・同居を考えている
  • 自然豊かな環境で生活、子育てがしたい
  • 地域の人付き合いが好き

Uターン転職に向いているタイプはズバリ、都会の暮らしよりも地元で暮らすほうが自分には合っている思える人です。
地元が地方でのんびりとしている環境なら、その差は歴然です。
田舎暮らしと呼ばれるのんびりはしているけれど、人付き合いは都会よりも密だったりすることに抵抗がない人がUターン転職に向いているといえます。

これからUターン転職を考えている人に向けて

Uターン転職を考えている人は、自分がなぜUターン転職を望んでいるのか、地元で働く理由を明確にし、転職先の面接などでも説明できるようにしておくことがポイントです。
よくあるUターン転職の理由が、「都会の暮らしに疲れた」「企業でのストレスから抜け出したい」というものがあります。
これも理由のひとつといえますが、地元に戻ったときに何をしたいのか明確なビジョンがない人はUターン転職に限らず、転職が失敗する可能性があります。
地元に戻ることへの希望やポジティブなビジョンを掲げ、転職先の企業にもやる気を見せることが大切です。
もうひとつ、Uターン転職を実現させるには、自分だけでなく家族をも生活環境が変わることを考えなければいけません。
まず、家族との話し合いが大前提といえるでしょう。子どもは転校、共働きであれば奥さんの再就職先の問題もありますからね。

Uターン転職におすすめのサイト

Uターン転職を希望するならWEBで人気の転職サイトを利用するのが便利です。
毎日忙しく働いていると、遠く離れた土地の転職活動は大変ですよね。
そこで都心や故郷から離れた場所からも転職先を探すことができ、専門のコンサルタントによる細かなサービスを受けることができる、無料転職サイトを利用しましょう。
履歴書、職務経歴書の書き方や条件の提示、検索方法までアドバイスしてくれます。

>人材派遣会社「アデコ」が運営する転職支援サイトです。
全国に支店があるためUターン、Iターンの転職に強いサイトといえます。
国内だけにとどまらず海外にも16カ国、700人以上のコンサルタントを抱える大企業です。
全国的に給料水準の高い企業などの求人情報を掲載するなど、Uターン・Iターンの転職探しに力を入れているサイトです。

▶▶ Spring転職エージェント公式サイト

DODAはUターン転職・Iターン転職の専用ページがあります。そこには地方も含めた豊富な求人情報が掲載され、Uターン・Iターンの魅力なども紹介されています。Uターン転職を考えてはいるものの、まだ、迷いがある人などは参考にすると良いかもしれません。

▶▶ DODA公式サイト

Type転職エージェントは老舗の転職サイト、IT業界、IT関連に強いと人気のサイトです。長年の実績と企業との強いパイプで未公開の求人が多くあります。専門のコンサルタントが採用まで丁寧に相談に乗ってくれます。
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県などの関東圏が中心で、Uターンでこれらの地域への転職探しに向いています。

▶▶ type転職エージェント

就職・転職サイトの大手リクルートが運営するサイト、こちらのサイトはUターン転職の成功事例やUターン転職のノウハウなどを掲載、Uターン転職を詳しく取り上げています。非公開求人が多いのも魅力のひとつです

▶▶ リクルートエージェント公式サイト

Uターン転職にもデメリットはある?

  • 求人数、職種が少ない
  • 年収が下がる可能性がある
  • 車での通勤が必要な場合も
  • 地方ならではの人間関係

Uターン転職にもやはりデメリットはあります。まず、求人情報が都会よりも少なるのは必至。
首都圏に見られる大手企業の本社や主要支店といった求人が見込めなくなるので、年収も下がる可能性は大いに考えられます。
また、都会のように電車やバスが細かく整備されていないので、車での通勤が多く見られます。
その土地に昔からある独特の人付き合いというものも、都会で暮らした人にとっては煩わしく感じることもあるようです。

Uターン転職した人たちの声

実際にUターン転職をした人たちの声をまとめてみました。
Uターン転職に興味がある方の参考になればと思います。

まとめ

Uターン転職は昨今の調査によると増えている地域もあると言われています。
それには各地方治自体が積極的に住民の受け入れに力を入れているのも理由のひとつです。
Uターン転職者はもちろん、住居のサポートや税金のサポート。
これから子どもを産む若い夫婦にはうれしい、子育て支援制度などが充実している市町村が多くあります。
都会では結婚しても共働きを続け1人産んで育てるのがやっとという若い夫婦にとっては、のんびりと自然の中で子育てができ、しかも子供を2人、3人と産めることは大きな魅力といえそうです。

Uターン転職 鉄板ガイド

地元で就職!おすすめ業種や企業は?

このページの先頭へ