> > 【実体験】やりたいことがなかった僕が、方向性を定めて転職した話

【実体験】やりたいことがなかった僕が、方向性を定めて転職した話

466 views

「現職の人間関係が最悪」「労働環境が最悪」「なんとなく…」等々、やりたいことはないけど転職したいと考えている人もいますよね。僕もそうでした。

就職も転職も「弊社に入ってやりたいことは?」と聞かれますし、ネットや周りにも「やりたいことがないなら現職に留まった方が良いんじゃない?」と言われますよね。

「なんとなく辞めたい」という場合は現職に留まった方が良いのは事実。ですが、人間関係や労働環境の場合は病んでからでは遅いので、やりたいことがなくても転職した方が良いケースもあります。

そう口では簡単に言えてもうまく進まないのが転職活動です。

ここでは、今までやりたいことがなかった私が転職した実体験を書いています。同じ悩みを持っている方が転職する際の参考にしていただけると幸いです。

何がしたいかわからず仕事をこなす日々

当時の僕は、大手の飲食業に運良く入れましたが一人暮らし。やりたいことがない上に、会社でも何がしたいのかわからず…とりあえず生活費のために仕事をこなす日々。

飲食業もやりたい!というよりは、学生の時に飲食業のアルバイトをしていて楽しかったからという安易な理由(笑)。

飲食業の仕事は接客、調理、食材発注、アルバイトとパートの教育・採用、店舗内の販促、本社への報告書などの事務作業など多岐に渡ります。

将来お店を出したいなどの目標があれば、そのために技術・接客を極めたりするのですが、何となくで入った僕は全てがルーティンでお金が入れば良いという考えでした。

やりたいことがないと将来の目標も何もないと、仕事もルーティン化してただこなすだけになり、面白みもクソもない。
皆さんもこんな感じなのではないでしょうか?

やりたいことがない私が転職を考えたきっかけ

何だかんだ飲食業に勤めて3年の月日が経っていました。

仕事には慣れていたし、お客さんに感謝されること・アルバイトやパートさんも良い人で、それなりに楽しい部分もあった。

でも、飲食業は社員、アルバイト・パート問わず、人の入れ替わりが激しいので人員が確保できず、長時間労働やサービス残業が日に日に多くなり、月の1日休みは最悪の時では2日の時もあった。

半休は何回かあったけど、忙しければ定時で上がれないし、アルバイト・パートが出勤できなくなったら半休もなくなる…そんな状態でモンスター客の対応に追われる。

レジ金の誤差が出たら、ただでさえ安い給料から暗黙の了解で出さねばならず…貯金もほとんどできておらず、定期的に体調を崩すようになった。(それでも休めない)

『もう限界…だ。』

この会社にいたら身体を壊すと思って転職を決意。
やりたいことがなかったので、この会社じゃなければどこでも良い!そんな安易な考えでした。

やりたいことが定まっていないと転職は厳しい

お金に余裕がなかったので、厳しい環境でも在職しながら転職活動をしていた僕。今思うとよく生きてたなって思います。(笑)

ですが、やりたいことがない僕は転職活動をしていても、掴みどころがありませんでした。

何というか…「これがしたい!」というものがなく、ただ求人を見るだけ。求人の写真の雰囲気で「ここいいかも!」と思って募集要項を読んでいくと「何か違う…これじゃない。」やりたいことがないから「これだ!」と思うものが当然あるはずもない…。その繰り返しでした。

とにかく面接に行きまくった

このままじゃ何も決まらないと思って、とにかく転職サイトで求人を探して、少しでも気になったもの(職場の雰囲気が楽しそう・休みがいっぱいあるなど)に応募していきました。

面接官は厳しいものでした。
・何がしたいのかわからない!
・軸が見えないんですが…将来どうなりたいんですか?

私自身も「やりたいことはなんですか?」「将来のキャリアプランは?」と聞かれても答えられず、面接で無言状態が続くこともあった。

結果はもちろん不採用。

「数打ちゃあたる」そして何か見えてくると思って、ひたすら面接に行ったけど現実は厳しくて、やりたいことがないと転職すらできない上に、社会に必要とされないのか…と感じていました。

転職エージェントに相談

面接にいっても先に進まず、受けても通過しないな…と正直諦めていました。

それと同時期に転職エージェントの存在を知って、有名な大手企業のエージェントから中小企業の転職エージェントまで登録しました。

担当アドバイザーには「飲食業は辞めたい…でもやりたいことがないです」と伝えました。ただでさえ未経験の転職で難易度高いのにプラスしてやりたいことがない…アドバイザーからしたらサポートしたくない求職者だったと思います。

もちろん中には『初回面談だけで連絡なし』『面談では優しいが、その後求人の紹介がない』というところもありました。

逆に深堀して、「大学生の頃に熱中したもの」「現職で熱中したこと、少しでも楽しいと思えた業務」など、熱心に聞いてくれたアドバイザーもいました。

簡単に言うと【自己分析】をしてくれたわけです。個人的には「自己分析なんて意味ない。むしろやればやるほど、自分がわからなくなる」って思ってましたし、正解がわからないのでやっていませんでした。

でも「高校生・大学生の頃にパソコンの授業に熱中していたこと」「飲食業では数値を見て販促活動に力を入れており、自分も楽しかったこと」ことから、他にも色々ヒアリングしてくれて【webマーケティング】の仕事を薦められました。

在職しながら転職活動を始めて半年が経っていましたが、やっと道が開けたような気がしました。webマーケティングの仕事に応募していくことを決め、選考を受けていくことで関心も高まり絞って活動できるようになった。

webマーケティングに絞って転職活動を始めてからは、今までの経験から「これをやってみたい!」と整理できたため、選考も徐々に進むようになり、ついに内定をいただきました。

転職できたから思うこと

今はこうしてwebライティングだけでなく、広告運用やサイト修正など、様々な業務に挑戦しています。

正直いうと大変ですが、自分の転職経験を活かせていますし、僕が担当した記事でアクセスを増やしたり売上に繋げられたことはやりがいです。

その上、誰かの転職の助けに貢献できていると考えると自分には何ができるか・・・考えることも多々あります。

今はこの仕事をできるようになりたいという気持ちで、毎日失敗して怒られながらも勉強して仕事に挑んでいます。

就職も転職も”自己分析が必須”と聞きますが、自己分析が苦手・嫌い・やり方がわからないと決めつけてやらないのではなく、”自分を見つめ直す”ためにやる必要があったと考えます。

自分で行うとどう見て行けば良いのかわからなくなり悪循環に陥りますが、客観的視点から自分を見てくれる”他己分析”を行うことで道が開けます。それでもわからない場合は、転職エージェントに相談しプロの視点から棚卸ししてもらうことも前に進む近道であると考えます。

やりたいことがないなら、できることを整理して転職する

「現職が辞めたくて転職したい。でもやりたいことがない」僕も同じでした。

「人生100年時代」と今は言われていますが、たったの2割程度生きたくらいで、やりたいことを見つけるって相当難しいのでは?と今だから思います。

でも、社会は厳しくて個人でそう思っていても「やりたいことがないと転職は難しい」と僕は自分が活動して痛感したため、やりたいことってある程度決めた方が良いと考えます。

がむしゃらに行動してやりたいことを見つけられると良いですが、その前にやはり””自己分析””をすることは大切だと僕は考えます!

幼少期から振り返らなくても、自分が学生時代・社会人になってから携わったもの(できること)を仕事に関係なくても洗い出していき「自分ができること」「これが楽しかった」というものを、まずは書き出してみることが近道と考えています。

そして、ひとりではなく客観的な視点から自分を評価できる友人・家族・転職エージェントなどに相談することで、自分一人では気づけない視点からアドバイスや方向性を決められると僕は考えます。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,120views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,282views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ