> > 仕事をしながら転職活動するのは有利?不利?!上手くすすめるためには

仕事をしながら転職活動するのは有利?不利?!上手くすすめるためには

5408 views

今の会社を辞めて転職したいけど、仕事を続けながら転職活動をした方がいいの?それとも退職してからの方がいいのか。どちらが最善策なのか悩んでしまいますよね。

ここでは現在の会社に在籍したまま転職活動を進めていく事のメリット、デメリットや転職を成功させるためのポイントなどをご紹介します。

どちらがいいのか悩んでいる方はぜひご参考にして下さい。

在職中or退職後で企業から好印象なのは?

会社に在籍したまま転職活動をしているのと退職してから活動をしているのとでは、応募した企業からの印象は変わるのか気になりませんか。どちらが好印象なのでしょうか。

結論を申しますと、どちらも印象に変わりはありません。ですので自分に合った方法で活動すると良いでしょう。しかし、面接時などに現在の仕事状況、引継ぎのためにかかる期間などをしっかり話すと責任感がある人という印象を与えることができるでしょう。

在職中の転職活動のメリット

ではここから在籍中に転職活動することのメリットをご紹介します。

メリット① 経済面の不安がない

転職活動には交通費や履歴書などの書類費、場合によってはスーツなどの服代など想像以上にお金がかかるものです。退職してから貯金でやり繰りしていくとなると生活費なども合わせて経済的に苦しくなってしまいます。

ですが在職中であれば定期的に収入があるため経済的な面では心配しなくても大丈夫でしょう。

メリット② もしもの時でも無職にならない

転職活動を始めても必ずしもうまくいくとは限りません。中々上手くいかず新しい就職先が決まらず、転職活動も嫌になり無職になるという可能性もあります。

しかし在職中であれば就職先が決まらず転職活動が長引いたりしても無職になることはありません。無職というだけで精神的にも不安な気持ちになってしまうので在職したままなら心に余裕を持って転職活動ができます。

メリット③ ブランクができない

会社を退職してから転職活動をするとなると仕事をしていないブランクの期間ができてしまいます。

すぐに転職先が決まればいいですが中々受からなかったり、希望に合った就職先が見つからなかったりして転職活動が長引いてしまう場合があります。そうするとブランクの期間が長くなってしまいます。

企業によってはブランクの期間が長いことを気にしたり、その期間について深く質問をしてくる企業もあるので注意が必要です。

メリット④ 社会保障などの手続が不要

一旦会社を辞めてしまうと、社会保障などの手続きを自分で市役所などの指定された機関で行わなければいけません。しかし、在職中であれば面倒な手続きはしなくて済みます。

在職中の転職活動のデメリット

次に在職中に転職活動をする際のデメリットをご紹介します。

デメリット① 時間に余裕がない

在職中に転職をする場合の一番のデメリットは時間に余裕がなくとにかく忙しいことでしょう。転職活動を始めたとしても普段通り会社に行って仕事をしなければいけません。それに加えて転職のための企業研究や面接準備をします。忙しくなかなか時間が作れないとこれらが不十分になってしまい、転職活動も上手くいかないでしょう。

また、忙しさや疲れが理由で判断が鈍ってしまったり、早く転職活動を終わらせなくてはと焦り、妥協して企業を選んでしまうこともあります。

デメリット② 面接日時が合わせづらい

選考が面接まで進んだ場合、時間や日付を合わせることが非常に難しいです。大抵の企業は面接日時が平日の9時~18時頃まででしょうから土日休みの会社に勤めている方はこの時間に面接に行くのは厳しいでしょう。

企業によっては相談すれば始業前や休日に時間を作ってくれる会社もありますが、自分で有給などを上手く使い調整する必要があるでしょう。

デメリット③ 入社日が合わせられない可能性も

事前に退職出来そうな日を予想し入社可能日を伝えますが、予想していたより引継ぎに時間がかかってしまったり、今の会社に引き止められたりし入社日が大幅にずれてしまった場合、内定取り消しの可能性もあります。

また、急募の求人であればすぐに入社できないと落とされてしまうこともあります。

履歴書の書き方って?

在職中の方が履歴書を書くときに大事なポイントがあるのでそれをご紹介します。

履歴書には備考欄や本人希望欄がありますよね。そこに退職予定日、入社可能日、電話対応可能時間などを記載しましょう。そうすることで互いの認識の相違が防げますし、仕事中に電話がかかってきて出られないといったこともありません。

退職予定日はすでに決まっていればその日を記載すれば問題ありませんが、まだ会社に申告しておらず未定の場合は最低1~3か月を逆算して目安の日を記載するといいでしょう。

転職成功のためのポイント

ではここでは在職中に転職活動をする方へ成功するためのポイントをいくつかご紹介しますね。

会社にバレないための対策

転職活動をしていることが会社の同僚や上司に知られてしまうと仕事もしづらくなってしまいますし、関係もギクシャクしてしまう可能性もありますから出来れば会社にバレないように転職活動を進めていきたいですよね。

会社に一番怪しまれるのは応募した企業から電話やメールの連絡が来た際でしょう。ですのでその際はさりげなくオフィスから出て連絡をとりましょう。また、登録するメールアドレスは絶対に会社で使ってるものとは別のものにし、フリーアドレスなどを使うことをお勧めします。

現職への配慮を忘れない

転職すると決めていても今の会社での仕事を疎かにすることはNGです。転職活動との同時進行で疲れてしまい現職を怠けてしまったり、面接に行くため仕事をサボることは絶対あってはいけません。

今抱えている仕事を最後まで責任をもって終わらせ、自分が退職した後もスムーズに仕事が進められるよう引継ぎをしっかり行いましょう。そうすることが円満退職に繋がります。

時間を有効活用する

何度も述べていますが在職中の転職活動はとても忙しいです。休日に転職活動を進めようとしても仕事で疲れて昼過ぎまで寝てしまい、ダラダラ過ごして気づいたら一日が終わる。いつまでたっても転職活動が進まないといった悪循環に陥らないためにも時間を自分から作る努力をしましょう。

例えばいつも朝起きる時間より30分早く起き履歴書などの書類を作ったり、通勤時間を利用し電車の中でスマホで企業研究をしたり。短い時間でも意外と出来ることは沢山ありますよ。

転職エージェントを利用する

一人で抱え込まずに転職エージェントの力を借りるのも一つの手です。転職エージェントを利用すれば希望に沿った企業を紹介してくれますし、履歴書などの添削もしてくれます。また、企業との面接時間を調節してくれたり連絡もエージェントが仲介してくれるので効率的に転職活動を進めることが出来ます。

転職エージェントにも様々な種類があり、未経験の方、ハイクラスの方の転職をサポートしていたり、IT系やWeb系に特化した転職エージェントもいます。一人で今の仕事と両立していくのは不安だという方は是非、自分の希望に合った転職エージェントを見つけて二人三脚で転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

在職中の転職活動は計画的に

ここで述べてきたように在職中に転職活動をするのはメリットもデメリットもあります。確かに現職と転職活動を同時進行することはとても忙しいことですが、経済的な面や気持ちの面でもプラスになることは沢山あります。

在職中に転職活動をするなら退職日を見越して仕事を進めたり、スキマ時間を有効活用させながらなるべく短期間で転職活動を終えるためにも、計画をしっかり立て準備を進めていくことが大切です。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
304,461views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,403views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
3
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,013views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
74,112views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,401views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,757views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,934views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,599views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,236views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,462views
ページのトップへ