転職で年収が下がるのはなぜ?【年収アップは夢】

転職で給料は上がる?下がる?知るべきは『適正年収』

転職活動中、求人情報でまずチェックする項目はどこでしょうか?

職種については当然の事ですが、他の項目としては勤務地、休日、福利厚生……人によって様々とはいえ、やはり給与・年収については誰もが気になる項目だと思います。

どうせ働くのなら、実入りは良いに越したことはないと考えるのは当然のこと。けれど「転職=給料が下がる」という公式は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

本当に転職することで給料は下がる?でも転職したことでより高い年収がもらえる所に転職できたという声だって聞いたことがある。その違いはどこにあるのでしょうか。

もしも転職で年収が下がってしまうとしたら、それは上手に転職できないから起こっているのかもしれません。転職を考えた時にまずすべきことは、『適正年収』を正しく知ること。

転職を成功させるためにすべきこととは?

転職で年収が下がるのはなぜなのか

働く上で重要視する項目の上位に来るのは、やはり年収。どうしてもこの仕事がしたくて、年収が下がってでもこの仕事に転職したい!という理想があるのなら別ですが、そうでなければより高い年収で働きたいと考えるのは誰でも同じことです。

ですが、転職したことで前職よりも年収が下がってしまったという声は多く、ネット上には失敗談としていくらでも上がっています。

なぜ転職をすることで年収が下がってしまうのか……理由を知ることで解決策を探ってみましょう。

転職で成功・失敗を一番大きく左右するのが情報収集です。企業の事をしっかりと理解していなければ、面接対策もできず、面接官の質問にちぐはぐな返答をする事もありえます。面接官は求職者の情報不足を敏感に察知し、会社への関心がなくやる気が無いと判断されます。

企業の経営方針、経営理念、業態などの情報収集は基本中の基本。やっていて当然の事前準備です。

では、+αとなる『情報収集』とは何を指すかと言えば、「希望する企業の評判」の部分になります。

求人を出す企業は当然人が不足しています。不足しているから、できるだけ早くより使える人員を確保したいもの。できるだけ短期間でできるだけ多くの応募を稼げれば低コストにも繋がるからです。そのため、求人にはよほど良心的な企業でない限り良いことだけを書きます。

そして、そんな傾向がより強いのが良心的でない企業、いわゆるブラック企業なのです。
求人だけ見ると一見、給料高め、休日もしっかりありそう、いい事づくしの求人ほど注意が必要で、いざ入ってみたら巧みに言い包められて求人の条件よりもだいぶ足元を見られた条件で働かされることになっているという事も起こりかねません。

そんな事が無いようにやるべきことが、応募前の徹底したリサーチです。

ネット上には実際企業で働いた人がどんな状況で働いていたのかをレポートしているサイトがたくさんあります。

まずはリクルート系口コミサイトや掲示板などを利用して、徹底したリサーチを行うようにすれば、ブラック企業に引っかかるのを防ぐことができるかもしれません。

ネットを見れば、転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービス、転職のハウツー情報。それから友人・知人などから聞くハローワークやセミナーなどでの成功エピソードなど、情報は溢れています。

口コミ評価が高いから、友人知人にオススメされたから、といって自分にもそのやり方が合っていると思うのはまた別の話。そうであるとは限らないということです。

目指す業界や職種によって、有効的な転職方法が違うのは当然のことですし、また人それぞれに性格や好み、行動の違いがあるように、転職活動の方法の適正にだって違いがあって当然です。

一番評価が高いサイトだったから間違いないだろうと考えがちですが、高評価の口コミだけでなく低評価の口コミを見てみるとそれがよく分かります。

全然ダメ、サイテー、使えない、などと言っている人のコメント詳細をよく見てみると、サービスに問題があるというよりは、相性が悪かっただけなのでは……?という様子が見えてきませんか?

人と同じでは駄目です。まずは自分に合った活動方法を見つけ、実行することが大事なのです。

それでもなかなか内定を貰えない。何社受けても断られ続けるというのであれば、もしかしたら自己評価を高く見積もりすぎている可能性があります。

給料設定が高い求人に応募したくなる気持ちも分かりますが、給与設定が高いということは、相応の技能も求められます。企業側もいい人材を確保したいと必死ですし、当然選ぶのは支払う金額に見合う人材です。

不採用が一度や二度なら、自分よりも突出したスキルを持つ人が居たタイミングの悪さとして切り替えて次に進むこともできるでしょうが、それがどんどん積み重なって二桁を超えてしまったとなるなら、まずは改めて自分自身の棚卸しをきっちりとし、幻想を捨てて現実に向き合うべき時かもしれません。

転職で年収を上げたい人が気を付けるべきこと

転職活動を始めるに当たって大事なのは自身の棚卸しです。職務経歴やスキルの洗い出し、将来の展望など、詳細に洗い出せば出すほど、履歴書や職務経歴書などの応募書類に奥行きを出せて書きやすくなりますし、面接対策も万全に組むことができます。

それだけでなく、今自分が望むものは何か、スキル・キャリアアップがしたい、終業後や休日に習い事に行きたい、家族との時間を大事にしたい、などの希望に合った待遇の企業を選ぶこともできます。

そして前項でも書いた通り、自分の市場価値を正しく知ること。これも転職をよりスムーズにするために大事なことです。でも自身の市場価値とはどのように計るものなのでしょうか?

miidas
 
MIIDASは利用者の市場価値に合わせた企業からオファーが届くという、少し他とは違ったサービスを行う転職サイトです。

その市場価値はどうやって決めるかというと、サイト内で診断を行い、そこであなたのスキルに合わせた適正年収を算出します。その算出された年収額に合致した企業からオファーが届くという仕組みになっています。

ぜひ利用して、あなたの適正年収を確認し、どんな企業に応募すればいいか、よりスムーズに転職成功させることができるか確認してみてください。

公式サイト https://miidas.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 毎月8000人が登録する転職サイト

MIIDAS 詳細

転職を考えた時に、まずあなたなら何をするでしょうか。ハローワークに行く、転職情報誌を見る……人それぞれに使う媒体はあるでしょうが、昨今の転職活動で一番利用されている媒体はやはりインターネットで、転職サイトをまず一通り見てみるという人が大半であると思われます。

スマートフォン普及率も高く、自宅に居なくても通勤時間や休憩時間などの空き時間を利用してチェックできる転職サイトはお手軽で、誰でも使いやすいツールです。

ですが、お手軽な反面実は転職サイトによる転職は人を選ぶ側面があります。
大手の人気転職サイトは、大手だけあって上場企業などの大手企業や人気企業を多く取り扱っていますが、その分当然利用者も多くなるため競争も激化します。突出したスキルや経験がないと、多くのライバルたちとの競争に勝ち抜くことは難しいです。

サポートがない転職サイトでは、書類作成、アポ取り、面接対策、待遇交渉など、すべて自分で行う必要があるため、プレゼン力も必要になります。

もしもその自信が無いようであれば、転職エージェントというプロの力を借りるのも一つの手です。自分の特性にあった転職活動を見極め、よりスムーズに転職活動を行うのが成功のカギになります。

また、転職エージェントもネットの口コミなどで人気だからと安易に選ぶのは禁物です。
転職エージェントにも得意とする業界や、年収レベルなどの特徴があります。希望する年収レベルが低すぎたために、紹介できる企業はありませんと断られるケースもありますので、自分のレベルや希望する業界、職種などに合った転職エージェントを選ぶようにしてください。

せっかく転職するのであれば、昔は諦めたあの業界にもう一度挑んでみよう。一度社会人を経験した今ならきっといけるはず。

そう考える人は要注意です。基本的に未経験の転職が成功する可能性があるのは20代までと思ってください。

30代以降となれば、どの業界でも将来性より経験や知識を求められます。知識も経験もない未経験の30代以降となれば、長期戦は覚悟すべきですし、運良く転職できたとしても確実に年収は下がると思ってください。

年収が下がってでも夢を叶えたいという確固たる意志があるなら別ですが、「自分なら大丈夫、やれるはず」といった慢心でこれまでの経験を捨てて未経験の業界に飛び込むのは失敗の可能性があります。

転職したいけど年収は下げたくない。でもアピールの仕方も分からない人は

何年もかけてスキルを磨いて信用を得た会社から、また新人としてやり直すことになる転職と考えれば、一般的には年収が下がって当然と考えるのが妥当ではありますが、それでもやぱり年収を下げたくないと思うのもまた当然のこと。

今までの経験や知識を即戦力という武器として転職するにはどうしたら良いかと言えば、それはやはり自分を売り込めるプレゼン力になります。

けれどただでさえ緊張しがちな面接。上手く自分を売り込める自信がない……そんな人には転職のプロのサポートが受けられる転職エージェントの力を借りるという手もあります。

基本的にはサービスを全て無料で受けられるところがほとんどですので、とりあえず登録して様子を見てみるだけでも損はありません。

ただし、完全に受動的で活動を丸投げという姿勢でいると、エージェントに転職の意志が無いと見なされ満足なサポートを受けられなかったという声もあるので、自分自身でも能動的に活動する姿勢を見せるのは大事です。

関東、首都圏の20代・30代の年代に向けた案件を得意とする転職エージェントです。大手エージェントに比べて、登録数の人数の多さは負ける中規模エージェントではありますが、その分、登録者一人ひとりに対してサービスが親身で丁寧と評判のエージェントでもあります。

大手企業の案件取り扱いが多く、非公開求人の質がいいと評判のエージェントでもあります。

エグゼクティブ層に特化したサービスもあり、丁寧なサポートで、自分で転職活動を行うのでは年収維持・アップの転職に不安がある人にはぜひ登録してほしい転職エージェントです。

公式サイト https://shoukai.type.jp/
年齢 20~30代に特化
地域 首都圏中心
特徴 異業界・未経験でも年収アップ

type転職エージェント 詳細

冒険できるのは20代まで。30代の転職は現実的な準備が成功のカギ

転職で未経験の業界に飛び込む。経験や知識は乏しいけど、熱意と根性はある!といった無理や冒険が成功に繋がるのは20代までです。

30代以降となれば、企業側は経験があって当然、スキルがあって当然といった目線で求職者を選定するようになります。要するに即戦力を求めているということ。
だからこそ、希望する企業で自分が最大限能力を発揮できるか、そしてその企業の求めるものに、自分の能力は合致しているか

自分の正しい市場価値、適正年収を分析し、現実的な転職活動で成功を掴みましょう。

30代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

 

30代転職 鉄板ガイド

30代転職 鉄板ガイド




30代転職エージェント

このページの先頭へ