40代30代20代【世代別女性の転職事情】仕事はどうやって探す?

徐々に子供の手が離れ、働きたいと願う人が増えてくる40代。ただし若い頃とは違うさまざまな問題があり、思う存分働くことが難しい人も増えてきます。

40代女性の転職 厳しい現実

育児が落ち着いたら社会復帰しよう、と空いた時間で資格を取得した人も多いはず。でも、やはり実務経験がないとなかなか採用には結びつきません。採用されたとしても年収が新卒時とほとんど同じという声も聞かれます。
40代女性の転職活動には、主に以下のような問題があります。

  • そもそも応募できる求人が少ない
  • 応募書類が面接までいかない
  • 面接に呼ばれても内定が出ない
  • 手間や出費がかさみ、転職活動が滞る

思い当たる節はありませんか?これらの問題がある人は、もう一度自分の転職活動を見直し、効果が十分でないと思ったら方法そのものを変えていく必要があります。

これで成功!40代就職活動必勝法

「応募できる求人がない」というのは、当然のことです。若い人と戦っても勝てないし、応募できたとしてもすごい確率になってしまいます。

40代女性の就職成功率を上げる方法は2つです。まずは、転職サイトで条件を無視して応募すること。これってやる人は少ないですが、意外といけたりします。

実際問題年齢で人生経験を重ねている分、若い人よりもそういった意味では有利だし、年齢の部分は応募時の志望動機でいくらでもカバーできます。そのくらいの気合がないから仕事も決まらないのです。

特に狙い目は営業事務。特に工業系のメーカーや商社の営業事務は比較的中高年の女性が多いです。業界自体が中高年が多いので、働きやすさや、”若い人だと頼りにならない”という業界独特の体質によるものです。

次に転職エージェントを利用することです。一般公開されている求人は、応募人数も多いため高倍率になり、さらに若い人と戦うことになってしまうので不利ですよね。

ここで狙いたいのが転職エージェントの非公開求人です。倍率が低くなることはもちろん、転職エージェントが推薦してくれるので一人で就職活動するより内定率がグッと上がります。

40代女性の不安材料とは?

子供が小学校高学年から中学生になることが多いこの年代では、労働人口が増え、45~49歳では20代後半とほぼ同率の労働人口になります。40~44歳では、就業率が7割であるのに対し潜在的労働力率は8割と、働きたいと望んでいる40代女性は非常に多いことがうかがえます。

参照ページ http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141210.html (図4-1-2-3)

ただし、子供が成長し、教育費がかかり始める頃に親の介護が必要になる場合が多く、働きたくても働けない人の割合も増えていきます。晩婚・晩産化にともない子育て期間と介護期間が近づいたり重なったりするケースが増えているため、働きたいと願う女性にとって大きな負担となることが予想されます。

参照ページ http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141210.html (図4-1-2-10)

若い頃と違い、子供や親の都合といった外的要因で就業が困難になる。これが40代女性の不安材料といえるでしょう。

政府により「女性が輝く社会」が提唱されていますが、現実にはまだまだ男性社会。実際の女性の転職事情はどうなっているのでしょうか?

転職を考え始めるピークは24・5歳

女性が転職を考え始める年齢は男性よりもずっと早く、そのピークは24・5歳といわれています。ある調査によれば、女性の転職希望者の約8割が20代という結果が出ており、
結婚・出産・育児などでキャリアが中断されるのを見越して早めに転職を決意するケースが多いことがうかがえます。

参照ページ http://doda.jp/guide/ranking/058.html

また、30代になると正社員の採用数が20代よりも減るという実情もあります。

仕事もある程度軌道に乗り、プライベートも忙しい20代。まだまだ若いため、転職で新しい環境を手に入れ、どちらも充実させたいと考える人が多いようです。

20代女性の転職理由と傾向とは?

20代女性の転職理由で多いのは「経験の幅を広げたい」、「スキルアップしたい」という前向きなものから「仕事にやりがいがない」、「給与や残業などが不満」というものまでさまざま。毎日同じことの繰り返しで物足りない、このままでいいのだろうか…と感じた時に転職を考えるケースが多いようです。

厚生労働省が発表した2015年2月の有効求人倍率は1.15倍。これは93年3月以来の高い水準です。
売り手市場となった今、転職に挑戦する人が増えていますが、何社からも採用される人とどこからも採用されない人に二極化が進む傾向が見られます。
辞める前にまず自分ができること、やりたいことを整理し、足りないところは勉強を始めるなどの準備が必要です。

20代女性応募者に期待されること

企業が20代の若い応募者に期待するのは、社内に新しい風を入れること。やる気や企画力、コミュニケーション力の高さが求められるので、積極的にアピールして◎。給与が少なくて済むので採用されやすいという面もありますが、転職市場において若さはかなり有利に働きます。

20代後半になると、前職である程度経験を積んでいると見なされ、わが社にどんな貢献ができるのかと質問されることが多くなります。応募者の意識も比較的高いため、企業から即戦力として期待され、最も引き合いが多いのもこの年代です。
ここでキャリアを積めるかどうかで今後の働き方が決まってしまう面があるため、焦らず慎重に活動を進める必要があります。

初めての転職・・・どうしたらいい?

働きながら一人で転職活動を行うのは大変な手間と時間がかかります。初めての転職なら、20代に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

自己分析やキャリアの棚卸しなど、自分ひとりでは難しい作業もキャリアアドバイザーがプロの視点でサポートしてくれるので安心。自分を客観的に見ることができ、市場価値を知ることができるので、それだけでも利用価値があるといえます。
さらに年収や休暇の交渉など自分からは言い出しにくいことも代行してくれ、これらのサービスはすべて無料で受けられます。まずは何社かに登録することをおすすめします。

30代になると、結婚、出産、育児など仕事の他に選択肢が色々あり、女性の就業人口がぐっと減ります。そんな中、転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか。

30代女性の転職理由とは?

それなりのキャリアを積み、ワンランク上の戦力として期待される30代。一生働き続けたいと望んでいる場合、手に職をつけようと考え、今いる会社に不安を感じて結婚前に転職を考える人が少なくありません。
また、一般的に「焦り」を感じる年代でもあり、キャリアだけでなく結婚、出産などライフプラン上でも選択を迫られ、仕事かプライベートかで揺れ動く人が多く見られるのも特徴です。

この年代の転職理由として一番多いのは「スキルアップしたい、経験の幅を増やしたい」など前向きなもの。自身のキャリアを重視し、能力に見合った働き方をしたいと望む人が多いようです。
一方でキャリアを積んだからこそ給与や勤務時間などの待遇に不満があるという答えも多く見られます。

30代の応募者に期待されること

30代の応募者に期待されていることは、即戦力として活躍できるスキルです。
それは単に欠員ぶんを埋めるだけのスキルではなく、一歩踏み込んで「会社の成長につながるような」スキルや経験のことを指します。

また、20代にはないバランス感覚を求められる場合も多く、社会人としての経験値も期待されます。中途採用で即戦力として採用されるわけですから、現在働いている人は現職で何かアピールできる実績を残すことが大切です。

しばらくブランクがあるという人は、社会人としての感覚を失わないよう、いつもアンテナを張って転職情報をチェックし、チャンスを逃さないことが大切です。専業主婦であっても地域の活動やPTA活動など、人とコミュニケーションを取りながら行った活動があれば、アピールポイントにつながるでしょう。

未婚女性の未来はあるの?おひとりさまの現実

独身を貫く女性……いわゆる一人暮らしの「おひとりさま」は、自由気ままな反面、老後の不安が常について回る生き方です。仕事が生きがいであり、自分のためだけにお金を使える「独身貴族」を謳歌している方はほんの一握り。

年齢を重ねるにつれ、既婚の友人と会話が合わなくなり、恋愛チャンスに恵まれなくなり、一人で親の介護をするようになり、最後は狭いアパートで孤独死……なんてマイナスな想像ばかりが膨らんでしまう人の方が多いのではないでしょうか。

20代、30代のうちはもっと単純に、「結婚しなくても一人で大丈夫なのかな?」と漠然とした不安を抱いているかもしれませんね。何を隠そう私、天職セイコも転職サポートに奮闘するあまり未だに独身……おひとりさまロードまっしぐらです。

そんなわけで今回は、おばあちゃんになっても安心して暮らす手段や、定年までがっつり働くために今やるべきことなど、おひとりさまが知りたい情報をまとめてお届けしたいと思います。
 

女性の生涯未婚率

「30歳までには結婚するぞ!」と意気込んでいても、気が付いたらあっという間に40代に突入していた……なんて話は珍しくありません。特に若い頃は仕事やプライベートが充実していると恋愛に熱中しにくいものです。

近年、女性の未婚率はアップし続けていて、25~29歳の女性の60%が独身です。生涯未婚率は約11%。意外と低い数字に思えますが、離婚歴などを含めると「50歳でも10人に1人はおひとりさま」というデータが出ています。

お仲間が多いことにちょっと安心した方、いずれ本格的に他人事ではなくなってくるのでご注意を。35歳を過ぎると一気に結婚率が下がってくるので、結婚を強く望んでいる女性はうかうかしていられません!

これらのデータには、一生添い遂げると決めたパートナーがいるけれど婚姻届は出していない状態・また何年も同棲を続けている状態、俗にいう「事実婚」は含まれていません。

幸せの形は人それぞれですが、法律上は何の縛りもないのでいつ独り身になるかわかりません。事実婚だとしても「一人で生きていくための備え」は絶対に必要だということです。
 

未婚女子の事情と、老後に備えるには

独身女性の話を聞くと、結婚できない深刻な事情がある方から、「いい人がいれば結婚したい」「タイミング次第」といった曖昧な意見の方まで様々です。

最近はドラマや映画などでも「おひとりさま」が取り上げられていて、家庭に入ることが全てではないと言えます。昔ほど親に結婚を急かされる時代でもなく、「行き遅れ」と笑う人も稀……そのため、それほど焦っている方ばかりではないのです。

◆草食系の男性が多く恋人ができない
◆家と職場の往復で出会いがない
◆趣味が楽しいので恋愛が長続きしない
◆仕事が忙しくて婚活ができない
◆適齢期を逃したようでプロポーズされない
◆低収入で貯金もないので結婚に踏み切れない

何と言っても心配なのはお金の問題。年金だけでは生活費をまかないきれない上に、もしもの時のために保険に加入したり医療費を貯蓄しておく必要があります。

「独り身だから」という理由で親の介護を一手に引き受けることになる可能性も。さらに、いずれは自分自身が介護される側になるかも……介護付き老人ホームに入るくらいの蓄えが欲しいところです。

孤独は習い事や旅行をすることで紛らわせますが、それもお金があるから出来ること。安定した収入がないとおひとりさまは続けられません。
 

パートや派遣で大丈夫?未婚女性のお仕事事情

正社員としてバリバリ働いていて「今は仕事が一番大事!私はひとりでも生きていける!」という女性は、老後の心配は不要かもしれませんね(浪費癖があると問題ですが……)。

一方で、フリーターやパートタイマー、派遣社員などの非正規雇用で働いている方、またはいつ経営が傾くか分からない小さな零細企業に勤めている方は危機感を持っておくことをおすすめします。

「まだ親が生きてるし……」とか「いつか結婚して家庭に入るし……」といった考えは正直言ってとても甘いです。実家が資産家ならば話は別ですが、一般的に日本女性は男性よりも生涯収入が低いのに、長生きする傾向にあります。

未来の結婚相手が高収入という保証もありません。国民年金に加入していても、将来的な受給額は1ヶ月5万円程度とかなり心もとないです。そして当然、非正規雇用では退職金を得ることもできないのです。
 

老後に備えて今から何をすべき?

ドラマのように一流企業で活躍して仕事も恋も満喫しましょう!

……とまでは言いませんが、継続して働ける優良企業を見つけて、正規雇用で働くことで将来に対する不安が一気に軽減されます。いざ結婚のチャンスが巡ってきても、蓄えがないと「貯金ができない女性は無理」とフラれてしまうかも……!?

独身を貫く自分のためにも、いつか手にいれるかもしれない家庭のためにも、早いうちに現状を打破しましょう。

◆安定して働ける仕事に就く
◆最低4,000万円を目標に老後資金を貯める
◆女性に多い乳がん・子宮がんなどに備えてがん保険に加入
◆不動産投資のためにマンション購入資金を貯める
◆老人ホームに入る可能性を考えて貯蓄する
 

サイト名 サービス詳細 公式サイト
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
Spring転職エージェント
約半分が事務等のオフィスワーク
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)は国内160拠点を持ち全国をカバー。約半分がオフィスワークとなっていて女性が転職で活用しやすいエージェント。一般事務~経理事務など求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いので女性転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。更に上を目指す女性におすすめ。
パソナキャリア
女性・事務職に強い
業界実績トップを誇るパソナキャリア。経理・財務・人事・総務などの管理部門専門の部署があり、女性の転職にも力を入れています。コンサルタントの質が高く、その人に寄りそったキャリアプランの提案が魅力です。中小企業に特に強い。
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。

女性転職 関連コラム

藤井佐和子 女性のためのライフワークバランス講座

 

女性転職 鉄板ガイド



未経験から事務職に転職する方法


女性転職エージェント

このページの先頭へ