> > 【託児所付き求人】狙い目の企業・職種10選まとめました

【託児所付き求人】狙い目の企業・職種10選まとめました

1230 views

保育園が入れないから託児所付きのところに預けたい!という人は多いはず。

託児所付き求人には偏りがありますが、意外と知らない人は多いもの。今回はそんな託児所付き求人の探し方、狙い目の業界・職種をご紹介していきます^^

東京の託児所・保育所付き企業10選

近年、企業内託児所・保育所を持つ企業が増えていますが、実際にはどんな企業に見られるのでしょうか?東京で社内に託児所・保育所を持っている企業を見てみましょう。

株式会社ジャパネットサービスパートナーズ

「夢のジャパネットタカタ♪」でお馴染みの大手通販会社ジャパネットです。
東京は江東区に大きなコールセンターがあり、正社員、契約社員と数多くの女性が勤務しています。

楽天株式会社

大手インタネットサービスの楽天は「ポピンズ」が運営する保育施設を事業所内に置いています。
ポピンズは1987年創業「働く女性の支援」を掲げている企業、保育運営企業が働く女性を応援してくれる企業です。

日本アイ・ビー・エム株式会社

IT大手のIBMにも保育施設が完備されています。
「こがも保育園~The Wild Duckling Nursery School~」という名前、コンピュータに自然に触れることで想像力などを養っていくプログラムを実施しています。
また、毎日、園内で栄養士指導による食事とおやつが提供されています。

株式会社ローソン

コンビニ大手のローソンの社内保育園は「ハッピーローソン保育園」といいます。
結婚、出産しても復職できるように社内保育園を設置してるそうです。
初めてのパパママには子育てと仕事を両立するための講座なども実施しているそうです。

株式会社ブリヂストン

世界的にも有名なタイヤ製造業のブリヂストンの保育施設は「ころころ保育園」、この保育園は運営元が「自然体験型保育園 メリーポピンズ」によるものです。
そのため手も足も泥んこになって畑作業をしたり、自然の中でおもいっきり身体を動かすのが特徴。

東京ヤクルト販売会社

ヤクルトは企業や個人宅の契約先にヤクルトを届ける仕事を行う、ヤクルトレディー呼ばれる職務があります。
このヤクルトレディーは子育て中の女性が中心であることから、いち早く園内保育を取り入れたのがヤクルト販売株式会社です。

GMOインターネット株式会社

近年、増えているインターネットによる証券取引ですが、GMOインターネット株式会社もそのひとつ。
渋谷に本社がありインターネットに関わるさまざまな事業を展開しています。
福利厚生に力を入れている企業で、24時間無料で利用できる食堂や昼休みには子供と一緒に昼食の取れる社内託児所があります。

ヱスビー食品株式会社

ヱスビー食品といえば主部にとっては身近に感じる企業のひとつ、毎日、スーパーで目にする商品ばかりですよね。
日本の大手食品加工メーカーであるエスビー食品はダイバーシティ関連の取り組みのひとつとして、女性の早期、役員任用を掲げています。
女性の活躍に力を入れるとともに、子供を持つ女性が安心して働けるように社内保育園「バジリッコ保育園」を運営しています。

株式会社みずほファイナンシャルグループ

みずほファイナンシャルグループでは子育て世代をバックアップする取り組みが盛んな企業です。
東京、千駄木にあるオフィスビルには社内保育園が設置され、女性だけでなく男性の育児休暇の取得100%を目指しています。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

東京、豊洲にあるエヌ・ティ・ティ・データでは、豊洲センタービルアネックスの1階に企業内託児所「エッグガーデン」を設置しています。
結婚、出産後も安心して復帰できる環境を整えることで働く女性をバックアップしています。

キャノン株式会社

日本が誇る映像機器メーカーの大手キャノンは東京都大田区に本社があります。
施設内に東京認証保育所「ポピンズナーサリー多摩川」があります。
ポピンズナーサリーはイギリスの名門「ノーランドカレッジ」のプログラムを取りれている、高水準のナニー育成企業です。
その「ポピンズナーサリー」が運営する保育施設、キャノンでは社員だけの利用ではなく地域の人も利用できる地域型保育所をして設置しています。

派遣会社はオフィスワーク系託児所求人が豊富!

社内託児所派遣で働く人の約9割は女性。そのため、女性が働きやすい環境が整えられていることが大前提で出されている求人が多いためです。

職種としては、データ入力・コールセンター・受付事務・販売などが特に託児所や保育施設を持っていることが多いようです。

派遣会社自体が、働く派遣社員専用の託児所を設けているところもあります。特に、オー人事ネットでは産休取得制度を設けるなど、子持ち女性に優しい派遣会社と言えます。※ オー人事ネット 派遣スタッフは産休・育休は取れるの?より

定番の生保レディ!託児所併設の企業も

生命保険会社は託児所付きが多い女性営業が多いことでも人気の生命保険会社。生命保険会社も託児所付きの職場が多く、育児と仕事を両立したい方におすすめです。

2014年11月には、保険会社が子会社を通じて保育所を運営できるようになり、子育てに奮闘する方たちにとって嬉しいニュースとなりました。

パソナキャリアでは、女性の転職支援に力を入れており、託児所を完備した生命保険会社の求人が充実しています。
生命保険の契約をとってくる仕事はいわば営業職。
昔から女性が多い仕事なので、産休育休制度も充実、会社で保育所を運営しているところも年々増えています。また、生保レディは高給でも有名。シングルマザーや、女性でも高年収を目指せる仕事として人気でもあります。

社内に託児所完備の化粧品メーカーも

女性が多数働いている企業では、社内に託児所を完備していることが多く、その一つに化粧品メーカーが挙げられます。

近年は、国内化粧品メーカーの最大手ともいえる「資生堂」が、全国の事業所内で保育所を運営すると発表し、話題になりました。

女性の転職サポートに長けているパソナキャリアでも、託児所付き化粧品メーカーの求人を豊富に取り扱っています。勤務時間帯や雇用形態などを指定できるので、仕事を探す上で徹底的にこだわれるのが嬉しいポイントです。

ヤクルトなど女性が多い営業職もおすすめ!

女性営業職は託児所付き求人が豊富あらゆる業界・業種において営業職の求人数はとても多く、そのぶん託児所付きの職場も見つけやすくなっています。

有名なのはヤクルトですね。

マイナビエージェントは、大手人材サービスの「マイナビグループ」による転職エージェント。転職活動のプロと相談しながら仕事を探せるので、今まで「希望通りの職場が見つからない」「託児所が見つからない」と悪戦苦闘していた方は必見です。

社内託児所(保育所)付きの企業といえばヤクルト!

「ヤクルトレディ」のお仕事。
お子さんのいるママは一度は気になったことがあるのではないでしょうか?

ヤクルト保育所の一番のメリットは保育料が安いこと。なんと月々6,000円(全国平均)!通常保育園に預けると月2~3万円かかるので保育料の差は歴然ですね。保育中はヤクルトが1本もらえます。保育所は職場からも近く便利なので、無駄な時間がありません。

ただ給食がないこと、仕事の勤務時間のみしか保育所に預けられないことがデメリットです。

子供が成人するまで、平均1,000万円かかると言われています。自分の為、子供の為、どんな働き方がいいのか今一度考えてみてくださいね。

大手食品加工工場は関連保育所を経営しているところも

工場求人には託児所付きの案件が多数あり、中でも女性におすすめなのが「食品加工工場」での仕事です。

仕事内容は食品の加工や製造、工場内の清掃、検品、仕分けなどの軽作業・ライン作業がほとんど。未経験・主婦歓迎の求人が揃っているので思い立ったらいつでもスタートできます。

大手転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、「託児所付き」「保育所併設」といったキーワードで求人検索が可能。コンサルタントが紹介してくれるレアな非公開求人も見逃せません。

軽作業・流れ作業・在庫管理などの工場求人

こども 笑顔 安心正社員やアルバイト・派遣といった雇用形態にかかわらず、託児所付きの職場を見つけやすいのが「工場」です。

工場の仕事は仕分けやピッキング、梱包などの軽作業から、生産加工、運搬、モノつくり系まで多種多様。従業員には共働きの夫婦も多いので、託児所を完備している工場が多いのです。

地味に穴場なのが在庫管理などの工場事務。一般的な事務職だと倍率は高くなりますが、工場事務は存在自体があまり知られておらず、知っている人はあえて選ぶくらい希少な案件だったりもします。

工場といっても色々あるため、イメージや先入観だけで判断するのはNG。清潔で設備が充実しており、安心して子どもを預けられる職場はたくさんあります。

工場系求人に強いテクノサービス働くナビでさっそく検索してみましょう。

新聞配達店の求人

新聞配達や集金など、いわゆる「新聞屋さん」の仕事も託児所付き求人が多いことをご存じでしょうか?

大手総合転職サイトの「リクナビネクスト」では、「サービス・販売・運輸系」の中に新聞配達・集金のカテゴリーがあり、求人情報を簡単に検索することができます。

新聞配達は深夜から早朝が勤務時間なので、小さい子どもがいる家庭は託児所に頼るほかありません。そのため、託児所を完備している職場が多いのです。無料の託児所付き求人が充実しているのも新聞屋さんのメリットです。

院内保育所がある!?医療事務

PC パソコン スマホ ネット登録看護師さんや医療事務に大好評なのが託児所完備の病院です。

リクナビネクストでは勤務地域や雇用形態に加えて、「託児所」「育児支援」などのキーワード指定検索が可能。仕事と育児を両立したい方に喜ばれています。

保育園などを利用する方もたくさんいますが、やはり同じ病院内に子どもがいた方が安心ですよね。看護師専門の求人サイトとリクナビネクストなどの大手求人サイトを併用することで、より好条件の仕事を見つけることができます。

ちなみに医療系は資格不要の職種もあるので、「未経験だけど託児所付きの病院で働きたい」という方も要チェックです。

介護職は託児所付き求人が簡単に見つかる!

介護・ヘルパーなどの病院も託児所併設のところもある上記の医療事務と同じく、託児所は医療施設・病院(クリニック)に多く併設されています。

介護職・ヘルパーは無資格、未経験から働けるお仕事で、病院求人も多く、病院に就職すれば託児所に子供を預けることができます。また、待遇面が他の介護施設よりも病院勤務の方が良いのも嬉しいポイントです。

介護業界大手のスタッフサービスの転職サイトは「主婦・働くママ応援」のこだわり条件で絞り込むことができるし、託児所のフリーワード検索でもたくさんの求人が確認できます。病院以外の施設にも介護職なら託児所付き求人はたくさんあります。

未経験から資格取得も可能、何歳からでもはじめられるので魅力的です。

手に職といえばWebデザイナー

女性ならではの視点や感性が活かされる場も多くあるWebデザイナーは、益々需要が高まっているお仕事です。

特別な資格はなく、職業訓練やスクールに通ったのち未経験からWebデザイナーになる方も増えています。

WEB業界は人材採用が活発で、大手から中小企業まで幅広く求人募集を行っています。求人数が他転職サイトより圧倒的に多いリクナビネクストで、こだわり条件「育児支援・託児所あり」を選択すれば簡単に託児所付き求人を探すことができます。

社内託児所とは?

社内託児所社内託児所とは企業が社内に設置している託児所のことで、区分としては「認可外保育園施設」となります。

出産を機に一度離職した場合、特に都市部では再度働きたいと思っても保育園は狭き門です。子供を預けて働きたいから申し込んでいるにもかかわらず「働いている実績がないと保育園に入れない」という矛盾も生まれており、そのニーズは高まるばかりです。

厚生労働省の調査では、件数的には社内託児所は増え続けていますが、地方の大手メーカーの工場や研究所など主に車で通勤できるところに設置されているのが現状で、2011年度末で1610件とニーズを満たすほどの件数ではありません。

託児所付き求人は転職エージェントで紹介してもらえる?

結婚、出産、育児…とライフイベントの多い女性の転職活動では子どもの預け先が問題となり、いまだ待機児童問題が解決されておらず、保育園に入るにはハードルが高く、正社員としてフルタイムで働きたいという女性の高い壁となっています。
託児所付きの求人の多くは看護師や保育士、介護士といった職種が多いイメージがありますが、職場に子どもを預けることができる託児所を併設している求人は以外と多くあります。
託児所は大型のショッピングモールやレジャー施設にも併設されているほか、大手企業や女性の社会進出支援を推進している企業では企業の建物に併設、企業内に託児所を設けているケースが増えています。
転職活動では、ハローワークや求人サイトを使って進める方が多いですが、「小さな子どもがいても預けてフルタイムで働きたい」という女性は、転職エージェントを使って探すのがねらい目です。

託児所付き求人を探した場合のメリットは…
◆保活のストレスがない
保活とは、保育園に入れるための活動のことをいい、入所選考に有利になるように就労条件を変更したり、入所しやすいように待機児童の少ない地域へ引っ越しをしたり…認可保育園の入園申込期間は一般的に10月~12月となっており、産前・産後すぐから保育園の見学や役所への手続きを行ったりと肉体的にも精神的にも大変な保活。
就活のように一括エントリーできないため、一軒ずつ保育園の情報を収集しなければならず、ホームページや電話での問い合わせ、保育園の張り紙と情報もバラバラ。
希望者が多いため見学予約もとりにくく、予約がとれたとしても産後すぐにしんどい身体、首がすわっていない子どもを抱えて見学に行くといった手間も負担になります。
地域によってはフルタイムで働く正社員でも認可保育園への入園が困難なケースが多く、とくに妊娠や出産を機に退職してしまった女性の場合、無職扱いとなってしまうため保活では不利になりなかなか保育園への入園ができず悩む方も多いですが、転職エージェントを利用すれば保活をする手間がありません。
保活をする必要がないので、その分子どもと過ごす時間が増え保活ストレスもかかりません。
◆コストが安い
保育園が月額に対して多くの託児所は1日単位や1時間単位の設定になっています。小さな赤ちゃんはすぐに熱を出してしまうため保育園や仕事を休まなければいけないことが多くあります。保育所では仕事を休んでも保育料が少なくなることはありませんが、託児所では託児所へ預けなかった日は託児代の加算がされません。
保育園あるあるの「子どもが熱を出して仕事を休んだのに保育料がかかる…結局赤字になってしまう」といったことがありませんのでメリットといえるでしょう。

◆送迎の手間がない
自宅や職場の近くの保育園に入園できれば良いのですが、希望の保育園に入園できず送迎に多くの時間を費やしているという方も少なくありません。忙しい育児の中で仕事も行かなければいけないし、子どもを保育園へ送らなければいけないし…と送迎の負担は大きいものとなります。
働く場所と子どもを預ける場所が同じなら送迎の負担が少なく、手間がかからないことがメリットですね。

転職エージェントでは、登録後に専任のキャリアコンサルタントとのキャリア相談後、自分自身のライフスタイルやキャリアプランに合った働き方や求人情報の紹介をしてくれるほか、資格支援といった就職支援を受けることができます。
「小さな子どもがいても預けてフルタイムで働きたい」という希望をキャリアコンサルタントへ相談すれば、これに合った企業の紹介を受けることができるでしょう。

・託児所付き企業の特徴
最近では託児所付きの企業が増加傾向にありますが、どんな特徴があるのでしょうか。

◆人手不足の企業
看護師や介護士といった社員に女性が多く、慢性的な人材不足の業界では託児所付きの求人が多くみられます。看護師、介護士といった職種だけでなくそこで働く栄養士、事務員や調理員に対しての支援も充実し、子どもを預けて安心して働くことができる環境を整備しています。
また、美容業界でも人材不足が問題視され、美容院内に保育士のいるキッズスペースを設置し、働く美容師、顧客ともに子どもを預けることができるサービスを展開している企業も増えています。

◆離職率が低い企業
働きながら子どもを育てることができるため、妊娠や出産、育児を気に退職する社員が少ないといったことが特徴。近くに子どもがいるという安心感もあり「ずっとこの会社で働きたい」と考える社員が多くいるため、企業全体としての離職率が低いケースが多いです。

◆企業イメージが強い企業
託児所付き求人はとくに大手企業からの導入が進んでいて、女性の社会進出や社会全体で子育てサポートをしているというイメージがあり、社員を大切にしているという企業イメージが強いことが特徴。仕事と子育てを両立できる職場なので、社員の意欲も高いでしょう。

社内託児所付きの求人を見つけるには?

派遣社員、パート、アルバイトも視野に入れる

まずは女性向け転職サイトを利用しよう
社内託児所付きの求人は、数としては決して多くはありません。まずは女性向け転職サイトを利用して、女性の採用に積極的な企業をピックアップしておきましょう。

そして、正社員に限らず派遣やパート、アルバイトにまで選択肢を広げてみることも大切です。

派遣会社の中には託児所を運営している企業もあり、カリキュラムも充実しています。また、パートやアルバイトが多く活躍しているコールセンターなどには社内託児所完備のところもあり、働くママ仲間が増えるというメリットもあります。

また、転職エージェントに登録しておき、非公開求人の中から託児所付きの求人を紹介してもらう方法も。アドバイザーに相談しながら確実に探すことができます。

託児所がある求人を効率的に探す方法とは?

託児所付きの求人は絶対数が少ないです。

しかし、子供を育てながら働くにはとても魅力的な託児所・・・。

保育園に入れなかった場合はもちろん、保育園に入れる場合でも格安の料金無料のところも!)で利用できることが多いので、できれば託児所付きの求人を探したいものです。

しかし・・・何度も言いますが、託児所付きの企業は少ないです。そこで、ここでは効率的に託児所付きの会社を探す方法を、正社員・派遣に分けてお教えします。この2つでは作戦が異なります。

作戦が違うので注意!

①正社員に拘る場合・・・求人件数を確保

②派遣でもOKの場合・・・自前の保育園を持つ派遣会社を利用

正社員にこだわる場合は、とにかく求人数を多く確保

絶対に正社員として再就職したい場合は、とにかく求人数をたくさん確保することが重要です。各転職サービスごとの「託児所」を含む求人情報数は下記のようになっています。

ハッキリ言って1サイト登録しただけでは、託児所付きの会社から内定をもらうことはできません。最低でも3つ以上、できれば全部登録して毎日チェックするくらいの気持ちは欲しいところです。

保育園に入れるかどうかわからない場合も、今の内から求人をチェックして良い求人を見つけて就職活動しておけば、そもそも保育園に入れる必要もなくなるかもしれません。

※転職サイトならば正社員の他、アルバイト、契約社員の求人も探すことができます。

託児所、時短、子育てママ応援の求人件数(2016.6.7時点)

託児所付きのパートなんてあるの?

フルタイムの正社員ではなく、扶養内や短時間のパートで働きたいという女性も多くパートでも託児所付きで働くことができるのか心配ですよね。
「働いて収入も欲しいけど子どもとの時間もとりたい」というママのためにパートでも企業内託児所を利用できる託児所付きのパートもあります。
短時間の労働を希望する場合、認可保育園に入るのはなかなか厳しいですが、託児所付きの企業ならライフワークバランスに合わせた働き方ができるので安心ですね。

ハローワークや求人サイトでも検索することができますし、インターネットで「パート 託児所 〇〇(地域)」と検索してもヒットしますが、より詳細に調べたい場合は転職エージェントの利用をおすすめします。
託児所内の実際の雰囲気や詳細な利用料、働くママの本音などが事前に分かりますので、入社してから「思ったのと違う」といったミスマッチを防止することができますよ。


女性におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
スキルを持った女性の年収アップ転職にうってつけ

Spring転職エージェントはグローバル展開するアデコが母体。外資系企業に強いパイプを持っています。また専門分野によって担当が分かれているため職種に精通したアドバイザーから転職支援を受けることができます。年収アップを目指したい専門スキルのある女性にはお勧めの転職エージェントです。
type転職エージェント
type転職エージェント
女性専用転職サービスを実施

type転職エージェントは女性専門の転職サービスとして「type女性の転職Agent」を展開しています。年間5000名以上が受けているキャリアカウンセリングサービスでは結婚、出産などライフイベントによる働き方の変化を相談できます。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
将来像を見据えた親身な対応

マイナビエージェント+Agentでは、女性を対象にした転職に特化した転職サービス。女性アドバイザーが相談者の将来像についてじっくり話を聞き、今後のキャリアを共に考える体制が整っています。
パソナキャリア
パソナキャリア
自社をモデルにした女性活躍社会を目指す

「女性活躍推進コンサルティングチーム」を立ち上げているパソナキャリアは女性活躍社会の実現に意欲的。女性管理職も多い自社の働き方をモデルとしたサービスを展開し、女性のキャリアアップに向けた転職を後押ししてくれます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
国内ナンバーワンの転職実績で女性の就職も後押し
リクルートエージェントは転職市場調査で転職実績ナンバーワンを誇る、転職エージェントの頂点。もちろん女性の転職実績も高くなっています。平日夜、土日の面談も可だから、家事に育児に忙しい女性でも相談しやすいエージェント。

派遣でもOKの場合は託児所付きの派遣会社に登録

派遣会社の中には女性の育児と仕事の両立を支援している会社もあり、託児所や保育園を自前で持っている会社もあります。ここではそんな2社をご紹介。

パソナの派遣

パソナファミリー保育園「派遣と言えばパソナ」というくらい人材派遣業界では有名な同社ですが、自前で保育園を持っています。

パソナファミリー保育園」は東京の大手町にある企業内保育園。パソナのスタッフならば利用することが出来ます。

ただし定員もありますので、まずはWEBより登録して「託児所付き派遣登録会」に参加しましょう。

◇◆◇ パソナの人材派遣 公式サイト ◇◆◇

 

テンプスタッフ

テンプスタッフ保育園 ピュア・テンプ

テンプスタッフは「ピュア・テンプ」という保育園を恵比寿、代々木、代々木上原の3か所に展開しています。

こちらもパソナ同様に定員がありますので、まずはスタッフ登録をして問い合わせてみましょう。

◇◆◇ テンプスタッフ 公式サイト ◇◆◇

 

忙しくて時間がないなら転職エージェント

どうしてもサイトをチェックしている時間がない!

そういう場合は、あなたの代わりに求人を探してくれる転職エージェントがおススメです。サイト同様、多くの求人を集めるには求人数の多いエージェントへの登録が必須。

求人数の多い大手エージェントにはリクルートエージェントマイナビエージェントSpring転職エージェントtype転職エージェント等があります。

女性に強い転職エージェントランキングも参考にして、最低でも2社は登録しておきましょう。


女性におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
スキルを持った女性の年収アップ転職にうってつけ

Spring転職エージェントはグローバル展開するアデコが母体。外資系企業に強いパイプを持っています。また専門分野によって担当が分かれているため職種に精通したアドバイザーから転職支援を受けることができます。年収アップを目指したい専門スキルのある女性にはお勧めの転職エージェントです。
type転職エージェント
type転職エージェント
女性専用転職サービスを実施

type転職エージェントは女性専門の転職サービスとして「type女性の転職Agent」を展開しています。年間5000名以上が受けているキャリアカウンセリングサービスでは結婚、出産などライフイベントによる働き方の変化を相談できます。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
将来像を見据えた親身な対応

マイナビエージェント+Agentでは、女性を対象にした転職に特化した転職サービス。女性アドバイザーが相談者の将来像についてじっくり話を聞き、今後のキャリアを共に考える体制が整っています。
パソナキャリア
パソナキャリア
自社をモデルにした女性活躍社会を目指す

「女性活躍推進コンサルティングチーム」を立ち上げているパソナキャリアは女性活躍社会の実現に意欲的。女性管理職も多い自社の働き方をモデルとしたサービスを展開し、女性のキャリアアップに向けた転職を後押ししてくれます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
国内ナンバーワンの転職実績で女性の就職も後押し
リクルートエージェントは転職市場調査で転職実績ナンバーワンを誇る、転職エージェントの頂点。もちろん女性の転職実績も高くなっています。平日夜、土日の面談も可だから、家事に育児に忙しい女性でも相談しやすいエージェント。

社内託児所のメリット・デメリットは?


社内託児所のメリットは、何といっても職場内で子供を見てもらっているという安心感。

職場に連れていくことになるので送り迎えの時間的ロスもなく、結果的に親がゆとりを持って働けるという点が挙げられます。また、福利厚生の一環として運営されているため金額も安く、なかには会社が保育料を負担してくれるところもあります。

デメリットとしては、電車通勤の場合、子供を抱えてラッシュ時の電車で通わなければいけない点が挙げられます。また、ほとんどの場合園庭がないので、年長児には物足りないという問題も。また、当然ながら定員があるのでいっぱいなら入れません。まずはその託児所の実態をよく調べてから応募を考えましょう。

いずれにせよ、社内託児所があることを絶対条件にして転職先を選ぶと選択肢がかなり狭くなってしまうため、得策とはいえません。夫の会社の託児所を利用する手もあります。

 

託児所付き企業みんなの口コミ、感想

託児所付き企業で高収入は実現可能?

託児所付きの企業で高収入を期待するのは不可能かというと、そんなことはありません。
少し前まではパートや契約社員として働く女性向けに小規模な託児所を置く企業が見られましたが、近年の日本企業における働く女性の支援は目覚ましい成長を見せています。
働く女性の支援が充実している外資企業や海外諸国の政策を見習い、出産しても仕事に復帰できるよう社内保育所を設置する企業が増えてます。その中には誰でも知っている大手企業の名前が多くあります。

一部上場、二部上場といった企業で子供を保育施設に預けて、出産前と同じように正社員として働く女性増えている恵子にあります。
子供を産んでも年収を下げず、賞与も取得し高収入を維持することは可能です。

託児所付きのアルバイトってあるの?

アルバイトやパートで社内の託児所を利用できるの不安に思っている人が多いようです。各企業の福利厚生制度にもよりますが、社内託児所をいち早く取り入れた「ヤクルト株式会社」の一例を見てみると、午前のみのアルバイト、パートでも託児所を利用できます。

勤務時間が短時間でも雇用形態がアルバイト、パートが多い企業では、社員でなくても託児所を利用できるようです。

働くママの気がかりなこと

子育てをしながら働いている女性は昔に比べれば増えているといえます。しかし、近年では子供を預けることが困難で職場復帰できない、再就職できない女性が多いのも現実です。保育施設の不足など国を挙げて取り組んではいますが、解決には至っていません。
そんな中でも保育施設などに子供を預けることができ、働いている女性にも悩みや気がかりなことがあるようです。実際、働くママはどんなことが気がかりなのか見てみましょう。

子供の急病、健康状態

子供とのコミュニケーションの不足

定時退社の良くない雰囲気

2人目以降の育児休暇

アウターファイブに行われる歓送迎会、忘年会など

手作り料理の頻度

急な残業時の延長保育

自身の出世、タイトル取得

保活で苦しむワークママ、託児所や保育所の実態は?

「保活」は子供保育園に入れるために活動することですが、出産して間もなく保活を始めている女性が多いようです。それほど保育施設に入るのが困難で、自分が希望している時期に職場復帰、再就職を果たすのが難しいからです。

一時期、保活中の女性がインタネットに投稿した発言が話題となり、国会でも話し合われるまで大きくなったことがありました。保育園に落ち続けた結果、日本自体に失望したというないようでした。

このことからも保活をはじめても3つ以上、多い人は10個以上、保育園を落ち続けるということもあるようです。保育園自体の数が圧倒的に不足していること、入園にはいくつもの条件がありすべてを満たすのが難しいことなどがあげられます。

認可保育園は3人に1人が落ちている

保育園が決まらず育休を延長

認可保育園を諦めた

保育園のために引っ越した

小池都知事の働き方改革!子供と一緒に通えるオフィス化

日本の中心的存在の東京、海外からも何かと注目が集まる東京都ですが、その東京都の代表、東京都知事を務めているのが女性知事として絶大な知名度のある小池百合子都知事です。
小池都知事は都知事選に立候補した当初から、待機児童問題対策を強く訴えてきました。実際、東京都知事に就任後の29年度の予算案で待機児童対策費を4割増としています。

「働きながら子育てしやすい環境づくり」をテーマに掲げ、保育園の整備と働き方改革を推進しています。
その中には保育所の整備と促進、保育現場における人材の確保と定着、保育施設利用者のサポートなどがあります。
保育施設の整備としては民有地や空き家などを保育施設として活用することを促進、保育現場における人材の確保と定着では宿舎の借り上げなどがあります。

また、子供を預ける側として一番の問題点である、利用料金の軽減や保育の質の向上などもあります。
小池都知事は28年に都庁内に保育園を設置しました。これは都庁で働く職員と東京都民のための保育施設です。

早朝出社する社員はモーニングカフェで子供と一緒にモーニングを食べることもできます。まさに子供と一緒に出社し退社できる働く女性にうれしい試みといえます。

託児所と保育所の違いはなに?


結婚して子供が生まれてから再就職を考えたときに最初にぶつかる問題が子供をどこに預けるかですよね。近くにどちらかのご両親が住んでいれば見てもらえるかも知れませんが、大半の働くママは子供を預かってくれる施設に預けて働いています。

そこで保育園と託児所で検討することがおおいようですが、このふたつの施設の違いを知っていますか?まず、保育園と託児所の違いを見ておきましょう。

保育所

保育所とは通常、保育園と呼ばれることが多く、もっとも一般的な子供を預ける施設といえます。保育園の大きな特徴は厚生労働省が管轄していること、児童福祉法に基づいて設立された施設であることです。
基本的には生後6ヵ月の乳幼児~小学校就学前の児童が対象となっています。児童福祉法、第39状には「日々保護者の委託を受けて,保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」とあります。
保育所では国家資格を持つ保育士が保育にを行い、保育時間内は生活習慣の基本的なことを指導し、身の回りの世話も行います。また、心身の発達や集団の中における協調性、社会性などを遊びと通して育成していきます。

保育園の基本的には8時間以上となっていますが、働いている家庭が多く夜間まで保育を延長しているところが多くあります。気になる保育料ですが国の定めた基準を満たしている認可保育園は各治自体が保護者の課税状況から決めていることが多いようです。国の定める基準をクリアしていない無認可保育園と呼ばれる施設は経営者が保育料を決めているのでバラツキがあります。

託児所

託児所は簡単にいうと国の認可を受けていない施設です。大きな特徴は認可保育園に比べ、入園するための条件がほとんどないことです。そのため正社員として勤務し、世帯の収入が多くても入園できるということです。
もひとつの特徴が保育園は教育を行うのに対し、託児所はあくまでも子供を預かる施設であることです。そのため、保育士のような国家資格を持っていないものが勤務にしています。

託児所は大型レジャー施設やショッピングモールなどにも一時預かりというスタイルで運営しているケースもあります。また、近年では大手企業などでは自社の建物内、敷地内に社員専用の託児所を設けている企業が増えています。

託児所、保育所のそれぞれの費用について

子育てをしているとなにかと費用がかかり、託児料も気になるところ。託児所、保育所のそれぞれの費用についてご説明します。

◆託児所
企業に設置されている託児所は認可外保育園という種類になり、施設ごとの利用料金の設定となります。認可保育園とことなり、入園金やその他料金の設定がされているケースや自治体からの助成を受けているケースもあり、利用時には料金についてチェックしなければいけません。
企業内託児所では月2万円~3万円という企業が多いですが、企業によっては約1万円や無料というケースや一般の保育園と利用料金が変わらないケースもありますので、働き先の託児所がどのような利用料金になるか計算しましょう。

◆保育所
認可された保育所は市町村など自治体で統一された利用料金の設定となっています。また、子どもの年齢、世帯所得や保育時間によっても利用料金が異なり、月2万円~8万円と幅広い料金設定となっています。世帯所得が高い方の場合は認可外のほうが安いということも。
託児所にはないメリットとして第2子以降の保育料が減額されたり、第3子以降では無料となったりと軽減措置がとられるケースがあります。

藤井佐和子 女性のためのライフワークバランス講座


女性におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
スキルを持った女性の年収アップ転職にうってつけ

Spring転職エージェントはグローバル展開するアデコが母体。外資系企業に強いパイプを持っています。また専門分野によって担当が分かれているため職種に精通したアドバイザーから転職支援を受けることができます。年収アップを目指したい専門スキルのある女性にはお勧めの転職エージェントです。
type転職エージェント
type転職エージェント
女性専用転職サービスを実施

type転職エージェントは女性専門の転職サービスとして「type女性の転職Agent」を展開しています。年間5000名以上が受けているキャリアカウンセリングサービスでは結婚、出産などライフイベントによる働き方の変化を相談できます。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
将来像を見据えた親身な対応

マイナビエージェント+Agentでは、女性を対象にした転職に特化した転職サービス。女性アドバイザーが相談者の将来像についてじっくり話を聞き、今後のキャリアを共に考える体制が整っています。
パソナキャリア
パソナキャリア
自社をモデルにした女性活躍社会を目指す

「女性活躍推進コンサルティングチーム」を立ち上げているパソナキャリアは女性活躍社会の実現に意欲的。女性管理職も多い自社の働き方をモデルとしたサービスを展開し、女性のキャリアアップに向けた転職を後押ししてくれます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
国内ナンバーワンの転職実績で女性の就職も後押し
リクルートエージェントは転職市場調査で転職実績ナンバーワンを誇る、転職エージェントの頂点。もちろん女性の転職実績も高くなっています。平日夜、土日の面談も可だから、家事に育児に忙しい女性でも相談しやすいエージェント。


女性におすすめ関連記事

女性におすすめの転職エージェント人気10社
男性向け求人ばかりの転職サイトですが、女性に強い転職エージェントもあります。女性におすすめの転職エージェントを10社まとめてみました。
【経験別】事務職の転職エージェント活用法
あなたの経験に合わせた内定ゲット法をご紹介♪未経験でも事務職で内定を勝ち取るコツって・・・?自己PR例・志望動機例もあり◎
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
手に職をつけて一生食べるのに困らない仕事がしたい!簿記・宅建・IT系・介護…知識・経験ゼロから取れるおすすめ資格とは?
結婚を機に転職は不利?メリットと志望動機の伝え方
結婚は人生の転機。結婚を理由に転職して不利にならないのか?メリット、志望動機の作り方を解説していきます。
40代女性が正社員で転職するのは至難の業?
年齢を理由に諦めがちな40代女性はどうやって仕事探してる?正社員や人気の事務職に就職する方法とは?再就職を成功させるポイントを伝授。
【託児所付き求人】狙い目の企業・職種10選
託児所付き・子持ち女性へ配慮のある企業・職種を10個まとめました。企業内保育所がある有名企業もご紹介!
【出産後の再就職】タイプ別・働きやすい職場を探す方法
出産後に復職したい女性を4つのタイプ別に分けて、転職活動方法をご紹介。 あなたに合った企業や仕事を探す方法とは?

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,373views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
23,808views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,680views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,372views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,077views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,718views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,015views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,087views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,555views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10,979views
ページのトップへ