30代が転職サイトで未経験職種に応募したら・・・


転職するならこれが最後のチャンスだ。と思って勢いで会社を辞めてみた。

働いてたら就職活動なんてできないし、辞めてフリーの状態で就活した方が就業中のヤツより絶対有利だろうと見込んだ。

クソみたいな客の相手はもうイヤなので、憧れの人事になる!と心に決めて早速転職サイトで応募したのに書類選考どころか、連絡がこない。

 
 
 

こんな人は珍しくありません。

ある程度社会人経験を積み『今ならもっと評価してくれるところがあるのではないか』『もっと自分に合った仕事があるのではないか』と思う30代。

ですが現実には、ポテンシャルのある20代、経験豊富な40代と比べられ、どちらも兼ね備えてこそはじめて土俵に上がれるのが現実。30代は難しい年齢なのです。

30代でも有利な転職サイトは?

書類選考が通ったとして、面接を受けるのはあなただけではありません。その中で若い20代と、経験豊富な40代にあなたは勝てますか?

転職サイトは求人探し・応募書類の作成から日程調整、年収交渉まで全て自分で行います。書類選考落ちてはまた作成し、面接落ちてはまた一からやり直し。就業中には骨が折れる作業です。

そもそも不利な状況で転職活動すること自体が間違い

転職サイトは求人が豊富で、誰でも閲覧することができます。ネットでいつでもどこでも見ることができるのです。

その便利さの裏には、それだけ応募者数が隠れていることを忘れてはいけません。

30代は転職サイトより転職エージェントを利用するのが吉◎

転職エージェントとは人材紹介業とも呼ばれ、求職者と企業の求人をマッチングさせ、企業から紹介料を受け取り成り立つサービスです。転職してもらう事自体、転職エージェントにとって利益になるので、無料で転職サポートをしてくれるのが魅力。

30代が転職エージェントを使うべき理由は明確で、20代・40代その他大勢と戦う転職サイトより、推薦された人しか応募できない転職エージェントを使った方が内定率が格段に上がるからです。

転職エージェントは非公開求人がほとんどで、転職サイトと違い登録者しか見ることができないのでその時点で応募者を絞ることができます。

転職エージェントが企業に推薦する形で応募するので、一人で転職活動するより強力なバックがいることになります。過去の面接の質問履歴や、企業レポートを確認できたり、一人のときとは情報量にも大きな差があります。ブラック企業にひっかかりにくいという点もメリットでしょう。

転職エージェントでは面接対策、内定後も年収交渉などの条件交渉を代行してくれるので、就業中でも転職活動がスムーズに進められるというわけです。

【目的別】30代におすすめの転職サイト

若くもない、経験豊富とも言い切れない30代。求められることは高く、それでも転職したい、キャリアチェンジしたいというなら、最初から20代、40代と戦わない転職サイトを選びましょう。

転職サイトでも知名度の高いマイナビ30代の転職にも力を入れています。

求人数は業界でもトップクラスで、そのうち約8割が会員限定の非公開求人となっています。

大手など優良企業の好条件求人は、応募が殺到するため非公開にされることが多く、倍率が低くなるという意味でも非公開求人には多くのメリットがあります。若い20代、経験豊富な40代と比較される30代は、非公開求人が多い媒体を使いましょう。

マイナビはサポートも手厚く、綿密な面接対策や書類の添削で、選考突破率が高いのも特徴です。

公式サイト https://mynavi-agent.jp/
年齢 20~30代に特化
地域 関東圏・関西圏
特徴 8割が非公開求人

マイナビエージェント詳細

首都圏特化のtypeの人材紹介。『転職@type』『女性の転職@type』などの転職サイトのサービスも展開し、中小企業とのパイプを持ちます。

typeが得意なのは、年収アップ。異業界への転職や、未経験職種への転職だと年収は落ちるものですが、typeの転職エージェントでは、利用者の約71%が年収UPの実績アリ。

30代は関東圏にとってはまだまだ働き盛りの一番欲しい世代。地元の中小企業に強いので、転勤を希望しない人にも人気のエージェントです。

公式サイト https://shoukai.type.jp/
年齢 20~30代に特化
地域 首都圏中心
特徴 異業界・未経験でも年収アップ

type転職エージェント詳細

定番のリクルートエージェント。全国から海外まで、職種・年齢ともに幅広い求人を扱います。

紹介実績はNO.1で、32万人がリクルートエージェントで転職をしています。歴史から培ったノウハウが生かされた、独自の企業レポートや、簡単に職務経歴書を作成できるツールは大変便利です。

企業からの知名度も高く、求人数は業界トップなので一つは登録しておきたいところ。

公式サイト https://www.r-agent.com/
年齢 全世代対応
地域 全国・海外
特徴 転職成功実績NO.1(32万人)

リクルートエージェント詳細

全国に求人を持つDODA

転職活動で悩んでいる人、ヒアリング・面接・応募書類対策に特に力を入れ、転職者満足度NO.1を獲得しています。

30代は一番微妙な年代なので、親切なエージェントの後押し、サポートがある方が内定率はグッと上がります。特にはじめての転職、異業界への転職の場合はわからないことも多いので、流れ作業で大量に人をさばく大手エージェントより、DODAのような親切なエージェントに頼んだ方が精神的にもいいかもしれません。

DODAは転職サイト、転職エージェントを兼ね備えたサービスでもあるので、自分で求人を探す&エージェントからの紹介を待つ。という両軸で進められます。

全国に求人を持っているので、Uターン・Iターン転職にも強く、男性向け求人が多い傾向にあります。

公式サイト https://doda.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国・海外
特徴 転職サイト、転職サービスどちらでも使える

DODA転職支援サービス

CMでもおなじみのビズリーチ

エージェントとしての機能だけではなく、7200企業・1800人のヘッドハンターと提携し、スカウト求人が多いことでも知られています。

年収600万円以上の利用者からの満足度が高く、専門職にも強みを持ちます。
業界最大級の転職サイトで、未経験OKの案件を多く扱います。

公式サイト https://www.bizreach.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 高年収案件が多い

Bizreach詳細

20代とは違う経験とスキルを積んで、転職をきっかけに年収アップを狙いたい人にオススメなのがJACリクルートメント

年収500万円以上のハイクラス向け求人を扱う転職エージェントです。
ハイクラス向けだけに、利用者の約70%が35歳以上なので、30代の転職にはまさにうってつけのサービスです。

取り扱う求人の内容としては、エグゼクティブ・管理職・スペシャリスト求人などで、日系企業だけでなく外資系企業の求人も多く扱っています。
転職で年収を落としたくない…むしろ年収アップの可能性も充分ある転職エージェントです。

公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/
年齢 30~50代に強い
地域 全国・海外
特徴 専門職・管理職の高年収層に特化

JACリクルートメント詳細

人材派遣業界で大手のアデコが運営を行っているSpring転職エージェントは、管理職転職にオススメ。

20代にはない経験と、40代には負けないポテンシャルや将来性を武器に管理職へのステップアップ転職が狙えるのが30代です。

若い世代だけでなく、ミドル層の転職も得意とするSpring転職エージェントでは、検索ツールに各業界・職種にほぼ必ず管理職の項目があります。これまで培った経験を活かして、管理職へのステップアップに挑戦してみてはいかがでしょうか。

公式サイト http://www.springjapan.com/
年齢 全世代対応
地域 全国・海外
特徴 外資・管理職の転職にも強い/td>

Spring転職エージェント詳細

未経験で新しい業界に飛び込めるのは30代が限界。そこで将来を見越して手に職をつけたい人にオススメなのがワークポートです。

ワークポートはIT・ゲーム業界の求人が得意な転職エージェントです。
昨今では高額年収を狙いたいならIT業界と言われています。SEなどは経験を積めば積むほど重宝される職種ですし、業界としても将来性は抜群。

ワークポートはIT業界の求人を得意としているだけあって、未経験者でも飛び込める求人も多く取り扱っています。

公式サイト https://www.workport.co.jp/
年齢 全世代対応
地域 全国
特徴 IT、未経験転職に強み

ワークポート詳細

30代が未経験で転職するのに、転職サイトは絶対不利

社会人経験を積んで余裕が出てきたタイミングで、ふと「昔夢見た仕事を今こそ始められるんじゃないか?」と考える30代は実はかなり多いです。

20代では就活のコツも分からなくて結局諦めてしまった夢を、今の自分なら実現できるんじゃないのかというわけです。
でも実際は世の中そんなに甘くありません。

未経験で業界に飛び込むには、柔軟性や将来性などのポテンシャルを売り込む必要がありますが、面接官の目線から見ると実はよその業界で身につけた経験や知識、プライドがあることが逆にマイナスに働くこともあり、30代では20代ほどの魅力を感じてもらいづらいのです。

転職サイトを利用した転職は、その売り込みまで全て自分一人で行わなければならず、客観性に欠けてしまいがち。けれど転職にはその客観性こそが一番大事なのです。

さらに言えば、未経験で業界に飛び込むには経験も知識も技術もない。そんな中で自分を採用することでどんなメリットがあるのかについて売り込まなければなりません。

その際に自分には何があるか。企業にとってメリットになる自分のスキルなど、自分一人で考えて答えを出すのは結構難しいものです。

それらが一人でできるプレゼン力があれば問題ないですが、その自信がない30代の転職活動には転職サイトは手軽ではありますが難しいツールなのです。

30代は転職サイトより転職エージェント

20代ほどのポテンシャルを感じてもらえない。40代ほどの経験やスキルもない。それでは30代はどうやって転職すればいい?
そこで使えるのが転職エージェントというわけです。

登録時に関しては転職サイトが圧倒的に手軽で面倒がありません。転職エージェントによっては、サイトだけではなく直接面談に赴かなければならない所も少なくありません。

けれど、転職活動全体で見れば、転職サイトに比べてかなりメリットが多いです。

自分ではそこが企業にとって魅力的なものだとは思っていなかった!という点を、転職のプロの目で客観的に見ると、十分武器になるところだと教えてもらったという利用者の声も上がるくらいです。

また、応募書類の作成や面接などはそうは経験するものではないため、一人で行っていると煮詰まってしまうことも。そんな時に、より効果的に企業側にアピールするにはどこを修正していくべきか教えてくれる存在は、かなりありがたいものです。

意外と自分では気づけない売り込みポイントが多く隠れているのが30代。だからこそ、転職のプロである転職エージェントの力を利用して、客観的に自分を棚卸しし、サポートしてもらうことで、転職を成功させる可能性も上がります。

 

30代NGかOKを募集要項で判断する方法

NGキーワード

  • 社会人経験1年以上
  • 第二新卒歓迎
  • 平均年齢28歳
  • ポテンシャル採用
  • 経験不問、職歴なしでもOK
  • 未経験歓迎
  • 20代中心の職場です
  • 若手が活躍している会社です!
  • 給与例に20代の例しか掲載されていない
  • 若手社員の顔写真が掲載されている

 
上記のNGキーワードが転職サイトの募集要項にあったら、30代には注意が必要です!
 
経験不問、未経験歓迎は20代まで例えば、「第二新卒歓迎」は30代にはマッチしません。第二新卒とは、一般的に新卒から入社して3年以内に退職した人を示します。年齢でいうと22歳~25歳、26歳くらいまでとなります。

また、わざわざ「平均年齢28歳」と書くのは、暗に28歳に近い人を求めているということです。

20代中心の職場です」は20代の人に来てほしい、という意味です。30代が応募しても、まず間違いなく面接まで行けません。

ポテンシャル採用」は文字通り、今までの経験よりも潜在能力を買うという意味。30代前半からは経験値・即戦力が求められるので暗に「20代までの人材を希望している」という意味になります。

他にも「経験不問」・「未経験歓迎」も伸びしろが大きいという意味でも、若い人のほうが有利になります。

【30代転職サイト】 企業の建前⇔本音 変換表

  • 第二新卒歓迎・・・25歳くらいまでの人材を希望
  • 平均年齢28歳・・・28歳前後までの方を希望
  • ポテンシャル採用・・・伸びしろのある若い方を希望
  • 経験不問・・・経験は不問だが、年齢は若い方が良い
  • 未経験歓迎・・・同上
  • 20代中心の職場です・・・20代の方に来てほしい
  • 若手が活躍している会社です・・・若手に来てほしい
  • 給与例に20代の例しか掲載されていない・・・20代の方に来てほしい
  • 若手社員の顔写真が掲載されている・・・写真くらいの年代の方を希望
  • 【番外編】20代~30代の女性が活躍・・・20代~30代の女性に来てほしい(男性NG)

 
書類選考で20回以上落ちている場合、そもそも応募企業が採用したいターゲット(属性)にあなたがマッチしていない可能性が高いです。

限られた期間の中で合理的に転職活動の進め方をするためにも、30代という年代ならではの転職サイトの賢い使い方を学びましょう。

30代 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえ首都圏求人に強く、求人数も豊富です。特に30代までのの求人に力を入れています。
DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!今の職場を辞める前にスカウト機能で自分の市場価値を図るのに利用するのも手。
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。現在の年収が500万以上の人はビズリーチが最適。会員登録後は職務経歴書を充実させてより多くのスカウトを受けよう!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
世界60ヶ国で展開
Spring転職エージェントの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収1000万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収600万以上の30代に必須のエージェント!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

 

30代には転職サイトや転職エージェントがオススメ!求人媒体を採点!

30代 転職サイト 30代に合った求人媒体を採点
30代 転職サイト まる転職サイト・・・90点
幅広い業種・職種の求人情報が掲載されている。
在職中でもネットで閲覧・応募が可能。
比較的新しい情報が掲載されている。
30代 転職サイト 疑問ハローワーク・・・50点
地方では有効。ただし仕事内容や会社の情報が少ない。
職員が仲介役になってくれる。
30代 転職サイト バツ人材バンク・・・10点
主に40代向けの管理職や技術職の求人が多い。
圧倒的に求人数も少なく拠点数も少ない。
30代 転職サイト バツ折込チラシ・求人雑誌・・・30点
地元に密着した求人が多い。
パートやガテン系の求人が多い。ホワイトカラーの求人は少ない。
詳細情報が少ない。
30代 転職サイト バツ新聞・・・30点
大手企業や外資系企業の求人が多い。
人気企業の場合、応募者が殺到し競争率が高くなる。
日経新聞日曜版はこの年代の求人が豊富。
30代 転職サイト まる転職エージェント・・・100点
企業からの求人依頼を受けスキルや経験を満たす人材を紹介する。
実務経験と経験がマッチすれば積極的に動いてくれる。キャリアがある人には有利。
非公開求人がある。コンサルタントによる求職支援があり、尚且つ費用がかからない。
30代 転職サイト まる転職フェア・・・70点
多くの企業の説明をきくことができ、面接につながる。
会社からのスカウトも受けられる場合あり。
30代 転職サイト まる企業ホームページ・・・70点
希望する企業が明確であればHPから直接応募するのがベスト。

 

目的別に探す!求人媒体まとめ

~年収アップを目指すなら~(転職エージェント 編)

人材を採用したい会社から要望を聞き、それに見合う人材を紹介する会社です。採用が決まれば、紹介料という形で企業から報酬をもらうので、求職者は利用料が無料です。人材紹介会社としては少しでも優れた人材を紹介したいので、スキルのある人や経験値がある人向けです。

~大手企業の求人探しなら~(新聞 編)

大手企業を狙うなら日経新聞の日曜版。しかし、優良企業が大掛かりな募集をしているときに限ります。特にリーマンショック後は急速に求人広告が減ってしまいました。大手企業であれば優秀な人材はヘッドハントされるかも知れません。

~地域密着で探すなら~(ハローワーク 編)

ハローワークや折込チラシは主に地元の求人が多くあります。ただし、ハローワークは求人を出すのが無料なので、企業の質はあまりよろしいとは言えません。折込チラシはパートヤアルバイトなど非正規雇用の求人が多いので、30代には向かないでしょう。

~効率的に就活するなら~(転職サイト 編)

お勤めをしながら転職活動をするなら転職サイトがおすすめです。年齢や業種などを絞り込んで検索できるので、スマホで転職活動も可能です。空いた時間求人を探したり、企業からの連絡をチェックできます。

30代転職サイト 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

 

30代転職サイト 鉄板ガイド

30代転職 鉄板ガイド




30代転職エージェント

このページの先頭へ