フリーターが就職して正社員になるには?

フリーターから正社員になる方法

今の日本は「フリーターはダメだ」と一括りには出来ない世の中になってきました。
様々な事情や理由を抱えている人もいれば、単にフリーターでいたくてフリーターをやっている人も中にはいます。
理由が様々であれば、就職事情も様々です。フリーターにとって就職とは不利なものなのでしょうか?
フリーターが将来を考え正社員への就職を目指す場合、どのように就職活動を進めていけばよいのでしょうか?
スキルやキャリアがなくても正社員として就職する方法、応募書類の書き方や面接対策などについてご説明します。

フリーターは転職エージェントを活用すべし!

フリーターから就職を目指す方のトレンドは転職エージェントの活用!
「就職活動で何から始めたらいいか分からない」
「どんな仕事に向いているか分からない」
「フリーター期間が長いから不安…」
といった様々な悩みにも対応してくれる転職エージェントの活用はフリーターの方の強い味方。転職エージェントでは、業界のプロである専門のコンサルタントがマンツーマンで就職サポートを行ってくれます。

◆転職エージェントのサポート
〇履歴書や職務経歴書といった応募書類の書き方指導・添削
〇自己分析ツールの活用
〇応募者にマッチングする求人情報の紹介
〇面接対策・模擬面接
〇求人への応募から入社までのやりとり代行
〇退職アドバイス
〇入社後のフォロー

このようなサポートが充実していますので、フリーターの方でも安心して就職活動することができます。前述した応募書類の書き方や面接での服装についても、マンツーマンでしっかりとアドバイスしてくれますので安心して就職活動に取り組むことができますね。

また、注目すべきは「求人への応募から入社までのやり取り代行」
就職の内定が貰えるまでの生活があるのでギリギリまでフリーターを続けなければいけない方も少なくありません。毎日忙しくバイトをしている中で就職活動を十分にする時間はほとんどない方が多いでしょう。
転職エージェントでは、企業への求人に対しての応募や面接や入社日の日時調整、希望条件の交渉など代行して行ってくれますので、時間がない方、毎日バイトをしている方もコンサルタントのサポートによって就職活動を進めることができますよ。

◆転職エージェントとハローワークの違いは?どっちがおすすめ?
就職活動といえばはじめにハローワークが思い浮かびますが、フリーターの方はハローワークよりも転職エージェントの活用がおすすめです。
ハローワークは求人情報の紹介が主となりますので、なんでもいいからすぐに仕事探しだけしたいという方は向いています。
しかし、専門のアドバイスを受けたい、良い条件の企業へ就職したい、自分に合った企業の求人情報を探してもらいたい、1人での就職活動は不安…といった方は就職活動全般をサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。

正社員になりたいなら転職エージェントの利用は必須!!

面接対策や書類対策など、就活に必要な様々なことを徹底的に指導、サポートしてくれます。
就職の専門プロとして、履歴書の書き方や面接へ行く時の服装など、大切な事を一から教えてくれるので、1人で就職活動するよりも心強いのがポイント!
転職エージェントも数が大変多く、探すのに時間が掛かります。フリーター向けの就職サイトをまとめたので、登録してみて下さい。
どこの就職サイトも無料で会員登録できます。
「安定した企業に就職したい!」「ホワイト企業に就職したい!」という方は、どれか一つでも登録をオススメします。

DYM就職の一番の特徴は利用対象者の制限がないこと。他の転職エージェントではニートやフリーターの利用が制限されていることがありますが、DYMは経歴に不安があるフリーターも全て無料で利用することができます。

「フリーターが利用できるなんで大した企業じゃないんじゃないの?」
「ブラック企業に入社してしまったらどうしよう」
と不安なフリーターも安心してください。

優良企業(ホワイト企業)の求人が多く、誰もが働きたくないブラック企業を排除することを徹底化。
DYMは求職者1人1人に合った企業への紹介を徹底し、正社員への就職活動を徹底サポート。未経験への業種、社会人経験のない就職も大歓迎!
就職成功率は驚異の96%。これまで5,000人を正社員として就職させている実績があり、DYM就職が厳選した優良企業の求人数は2,000社超え。マッチングを重視してくれます。
面談場所は東京・大阪・札幌・名古屋・広島・仙台・札幌とあり、都心部だけでなく地方の求人多数。フリーターにとって悩みの種のひとつである、書類選考がなく人物重視の採用をしている企業ばかり。キャリアカウンセリングや面接対策などもエージェントが徹底サポート!

DYM就職のポイント

正社員求人のみ取り扱い
ブラック企業への入社を避けられる
学歴・職歴不問
履歴書、職務経歴書は不要
圧倒的なサポート力

DYM就職

ワークポートは社会人経験のないフリーター大歓迎!
未経験でもOKということなので、フリーター歴が長く経歴に不安のある方も正社員への挑戦をすることができるエージェントです。
ITやインターネット業界に強く、約2000社との取引実績があり、その他にも営業やバックオフィス系、販売系なども取り扱いがあります。
15000件以上の求人を常備、中には独自の非公開求人もあり、求人情報のほとんどが正社員。
面談総合満足度96%!紹介求人数満足度90%!利用者満足度97%!
ワークポート利用者20代のうち、5人に1人が未経験職種への転職に成功!
初めての転職や就職の人でも、分からないことはサポーターが分かるまで、納得いくまでレクチャーしてくれるので安心です。
他の転職エージェントでは30歳までを中心とした求人情報の取り扱いが多いですが、ワークポートは30代、40代も利用できます。
やはり30代フリーターとなると難易度は上がってしまいますが、エージェントが応募書類や面接のアドバイスをしてくれますので安心!

ワークポートのポイント

最短2週間のスピード入社も可能!
ネット掲載求人にはないような求人を紹介してもらえる
オリジナルツールの「eコンシェル」が便利
経歴や学歴は不問
スキルなしOK

ワークポート

就職Shopは利用者数9.3万人を突破。企業と利用者のマッチングを重視しています。
営業、事務、企画、技術系の職種など多数の求人を取り扱い、登録企業数は8060社。

就職Shopは、求職者の人柄や意欲を評価したいと思っている企業が集結しているので、選考内容に書類審査がありません。
その為、書類で不採用になる心配がなく、学歴や経歴に自信のない方やフリーターの方でも、登録後はすぐに企業との面接に進むことができます。
また、より沢山の情報を求職者に伝える為、就職Shopスタッフが企業へ直接訪問をして取材をしています。
全て直接取材した求人なので、職場の雰囲気や、給料の面、詳しい仕事内容など、実際に働くイメージがしやすくなっています。
質の高い企業をエージェントが教えてくれますので、ブラック企業へ就職といったことはありません。
模擬面接や無料研修などが充実していますので、他の転職エージェントに比べてスピーディーな就職活動をすすめることができるでしょう。
4人に3人は未経験で就職していて、専任のキャリアサポーターがしっかりとサポートしてくれるので、社会人経験がなくても安心。
やり甲斐のある企業へ就職できるという事でも就職Shopは定評があります。

就職Shop店舗

アクセス情報や詳細はこちら
※他の地域の方は、全国対応のDYM就職がオススメです。

就職Shopのポイント

模擬面接で自己PR力に磨きがかかる
効率的で納得感のある就活ができる
定着率も重視
人物重視で選考

就職Shop

ハタラクティブは、幅広い年齢層やフリーター、ニートが利用できる転職エージェントです。
29歳までなら、職歴なしでもOK。他の転職エージェントには少ない30代、40代未経験でも紹介してもらえる求人情報も。
もちろん、年齢を重ねるごとに求人数は少なくなってしまいますが、チャンスがあるということはすごいことです。
未経験OKの企業数は1,500件以上で、正社員就職成功率も80.4%。(2015年10月実績)
過去に60000人以上の就職支援実績があり、書類審査通過率は91.4%で、かなりの確率で書類選考を通過するそうです。
登録後は担当者が付き、就職や将来の相談、マッチングした企業の紹介、面接のアドバイスやセミナーを受けることができます。

一般の求人掲載サイトには出ていない、独自の求人を集めていることも、ハタラクティブの大きな強みです。
JAICが営業職に強いのに対して、 ハタラクティブは様々な業種・職種の求人を揃えています。
フリーターやニートがいきなり月収27万円という例も過去にあります。
企業に直接足を運んでいる為、適切な求人を紹介してくれるので、信頼性の高いエージェントとしても有名です。
拠点が東京、神奈川、埼玉、千葉となっていますので関東圏で仕事を探している方におすすめです。

関東在住ならばJAICと一緒に登録しておくと良いでしょう。関東以外に在住の方は全国対応のDYM就職に登録しましょう。

【PR】QUOカード500円分プレゼント中!
ハタラクティブの詳細

ハタラクティブのポイント

5~10年後を見据えた仕事選びができる
ビックリするほくらい内定が出る
自分発見カウンセリングで向いてる仕事が分かる
手堅い面接対策

ハタラクティブ

JAIC(ジェイック)はフリーター・ニートの就職サポート業界最大手。
厚生労働省から認定された就職エージェントで、高校卒業した資格があれば10代からの利用もOK。
ブラック起業を完全排除の就職支援に定評があります。
先物取引、外食業界、アミューズメント業界、投資用不動産など、離職率の高い企業は一切紹介せず、気になる求人情報は全て正社員募集のみ。
就職成功率は80.3%で、これは通常の就職活動の2倍の成功率です。
契約企業数50,000社以上で、これまで14,000名以上の就職支援実績があり、その後の定着率も94.3%となっていることから、就職先はホワイト企業であることが分かります。

更に、社内の雰囲気から福利厚生まで企業に直接確認済みなので、信頼性が高い事でも有名です。
ブラック企業だけは絶対に避けたい!という方にはJAICとの相性は◎です。
登録後、就職支援研修に参加すれば、書類選考なしで企業20社との面接が可能。内定に前進ですね。
就職支援研修は無料で10日間ほどとなっており、基本的なビジネスマナーや履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策などの講習を受けます。
ビジネススキルをアップさせる目的として営業研修もありますので、営業職を目指したい方はぜひジェイックへ。

jaic認定


更に、社内の雰囲気から福利厚生まで企業に直接確認済みなので、信頼性が高い事でも有名です。
ブラック企業だけは絶対に避けたい!という方にはJAICとの相性は◎です。

JAICのポイント

説明会を随時開催
310以上のメディアで紹介
社会人経験ゼロでも安心の無料就職講座あり
未経験OKのホワイト企業の正社員求人のみを紹介
残業時間や社風、一緒に働く上司の性格まで教えてもらえる
女性に特化した「JAIC女子カレッジ」もあり

JAIC

アイデムスマートエージェントは、20代・若者・フリーター・社会人未経験者が対象で、正社員を目指したい人の為の、完全無料の転職支援サービスです。
500名以上の求人広告営業部隊と連携をとり、優良求人の獲得に力を入れています。人材ビジネスの実績が高いアイデムこその転職支援サポートが充実しています。
大手企業から中小企業、ベンチャー企業、地元の優良企業を含め、25万社以上の企業と太くて強いパイプを持ち、規模、業界、職種も様々な求人を扱っています。
厳しい基準に基づき、基準に満たない企業とは一切取引をしていません。
未経験者が抱いている不安を取り除き、安心して就職活動に取り組めるように、1人1人に専任のキャリアアドバイザーがつき、直接企業に紹介・推薦しくれて、履歴書や職務経歴書などの書類対策や、模擬面接(面接対策)までしっかりフォロー。
キャリアアドバイザーの質の高さは評価高く、一人一人に丁寧に時間をかけてキャリア相談をしてくれると定評です。
就活スキルアップの為のイベントやセミナーや合同企業説明会なども随時開催されています。
エージェントによる徹底的なフォローやアドバイスがあるからこそ、一次面接通過率は80%という高い通過率で先行に進めます。
入社までケアを怠らないのが、スマートエージェント就活サポートのモットーです。

アイデムスマートエージェントのポイント

理想の企業に出会えるまで、納得のいく内定がもらえるまで、何度でもお手伝い
業界研究会や合同企業説明会など無料イベントを開催
個人のキャリアデザインを実施
初就職、初転職の人にも安心の充実したバックアップ体制

アイデムスマートエージェント

20代の為の次世代型就活サポートで知られているUZUZカレッジで就活をした人の83%以上が、1社以上の内定をもらい、87%の書類選考通過率が出ています。
ITエンジニア、営業に特化していて、一から十まで全て教えてほしいという方に◎。

株式会社UZUZ(ウズウズ)が運営する同サービスは、スタッフが全員が利用者と同じ元フリーター、元既卒者。
『就職に対する怖い気持ちをわかってくれた』『共感してくれて嬉しかった』という声が多いサービスです。
「他社転職エージェントの20倍サポートに時間をかけます」と宣伝で謳っている通り、自己分析、自己アピールのアドバイス、模擬面接と丁寧なサポートを受けることができます。

ハイブリッドコースでは、就活未経験者に対して徹底サポート。研修費0円で社会人としての必須スキルが身につくのも魅力の一つです。最短5週間でスキルと内定ゲットが未経験でも可能なのです!
内定してもブラック企業へは入社したくない…という方も安心。
離職率の高い会社への紹介はせずに、キャリアを積み上げられる会社へ紹介すると強いポリシーを掲げています。

UZUZカレッジのポイント

18歳~29歳(最終学歴高卒以上の人)
スタッフ全員が元フリーター
ブラック企業の求人は排除
電話やメールでも対応してもらえるから地方在住でもOK
素人でもOK

UZUZカレッジ

女子のオススメと言えばジェイック女子カレッジ。ジェイック女子カレッジは就職成功率80%超え。

14,882人を正社員として就職させた実績があり、女性に人気のメーカー、商社、IT、広告、一般職・総合職の求人など、あらゆる業種を取り扱い、離職率の高い業界求人は一切紹介していません。
もちろん業界未経験でもOK!無料で6日間の研修が受けられるので、女性ならではの強みを引き出して、能力を最大限に発揮する為のスキルを磨く事もできます。
社会人経験のない方やフリーターの経験しかない女性の方にとっては、これから社会人となる前の研修として有意義な経験となるでしょう。
あまり知られていない女性の市場価値や、女性の為の就活方法などジェイック女子カレッジでしか学べないことが沢山あります。
女性が女性らしく働く為に。女性専用なので、女性の方は無料説明会への参加をオススメします。
無料研修後は、書類選考なしで企業面接へ進むことができますので内定獲得も遠くはありませんね。

ジェイック女子カレッジのポイント

集団面接会を実施
女性にとって働きやすい企業が多数
ビジネスマナーを学べる
メイク方法を伝授
ALL正社員求人

ジェイック女子カレッジ

急成長中の人材企業ネオキャリアが運営する就職エージェント・ネオは、経験・学歴は不問でニート、フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人の就職サポートに特化しています。
これまで15000人以上を就職成功させてた実績もあります。
対象年齢が18~28歳までと制限がありますが、経歴・学歴不問なので、中卒フリーターでも利用することができます。
また、未経験OKの求人を5000件以上を取り扱い、更にネオでは正社員の求人しか紹介していません。まさにフリーターやニートの救世主ともいえる存在です。

公務員から民間企業への転職、短期離職者、第二新卒(就業後3年以内の退職)、中途採用も完全無料で手堅いサポートをしてくれます。
担当者が企業へ直接訪問しているので、社風なども詳しく教えてもらえるます。
ブラック企業を徹底排除、優良企業・ホワイト企業のみを紹介しているから、安心して就職活動に取り組むことが出来ます。
なんと言っても!不採用の理由を教えてくれるから、自分がなぜダメだったのか一緒に考えて、改善に繋げることができるので、成長の幅が広がります。
入社前に「内定者研修」を実施しているので、電話のとり方や名刺の受け渡しなど、社会人にとって必須の基礎スキルを学ぶことができるのも魅力の一つ。
30秒の登録で脱フリーター&正社員採用を目指しましょう!

就職エージェント・ネオのポイント

18歳~28歳の方対象
フリーターOK
キャリアアップも実現可能
プロによる最適なキャリアプランニング
ブラック企業は排除

就職エージェント・ネオ

ブラッシュアップ・ジャパンが運営するいい就職.comは既卒の方、フリーター、ニートなど社会人経験の浅い第二新卒向けの就職活動を支援する転職エージェントです。
いい就職の一番のポイントはインターンとして働くことができ、ミスマッチ退職を防ぐことができるということ!
2000社以上の企業に対して、5000人以上を正社員として入社させた実績があります。10年以上の歴史があることからも、この業界では信頼のおける老舗企業と言えます。
紹介先企業はベンチャー企業や中小企業と言った、若者を必要としている企業が多いので「自分の力を試してみたい!」「自分の本当の実力で評価してもらいたい」という向上心の強い人との相性は◎
紹介される求人は正社員に限定されているので、フリーターやニートから脱出し、正社員として働きたいという方にはぴったり。

いい就職.comのポイント

第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者のみ対象
企業の担当者と応募前に会える
首都圏、関西圏、中京圏、沖縄に強い(他の地域も対応可能)
スタッフが直接訪問して企業情報を取得
ガイダンス、セミナー、研修等が充実◎

いい就職.com

「この仕事に会えて良かった」という利用者からの声をたくさん集めているリクナビネクストは、就職活動中の9割の人が使っていると言われています。
求人数と業種の多さはリクナビがトップ!就職活動をしている求職者はいくつかのエージェントサイトに登録されていますが、リクナビに登録していない求職者はいないといわれているくらいです。
掲載求人数は3000社以上で、そのうちの約85%がリクナビネクスト限定求人です。
日本全国対応で、あらゆる業界・職種の求人を取り扱い、派遣社員や契約社員、アルバイト求人も探せるなど、どんな状況でも仕事探しに使えるのが最大のポイントです。
「未経験OK」「社会経験なしOK」などの条件で検索できるので、ニートやフリーターでも応募できる求人を効率的に探すことができます。

特に30代でフリーターの方、もう就職することを諦めていませんか?リクナビを利用すれば初心者・未経験・社会経験なしの求人枠が多いので30代フリーターでも正社員を目指すことが可能です。
他の転職エージェントでは東京にしかオフィスがない場合も多々あるので、北海道、東北、東海、北陸、関西、中国四国、九州、沖縄などの地で就職希望している人にもリクナビの利用が最適。
利用にあたり、面談などの面倒な手続きは不要、メールアドレスさえあればたったの1分で、カンタン会員登録できるので気軽に利用できます。就活の第一歩として非常に人気の就職サイトです。

また、登録だけでもしておけば、求人に応募しなくても「グッドポイント診断」という無料の市場価値診断ツールを利用できるし、履歴書や面接のポイントについて、就活に役立つコンテンツを読むこともできます。

リクナビネクストのポイント

年齢制限なし
最終学歴不問
他サービスと併用OK
グッドポイント診断で自分の強みが分かる
毎週1000件以上の新着求人が更新される
非公開求人はレジュメ登録者のみ
閲覧可能
年収アップや異業種転職、多数の転職成功実績あり

リクナビネクスト

紹介予定派遣で正社員になる

紹介予定派遣とは、派遣社員として働いた後で双方が合意すれば正社員や契約社員になれる制度です。

実際に仕事をして、職場の雰囲気や労働環境、同僚になる人たちを知ってから正社員になるかどうか決められるので、入社後のギャップが少ないと評判です。

また、企業側にとってもあなたの能力やスキルをしっかりと把握したうえで、雇用することが出来るのでメリットが大きい採用方法です。

紹介予定派遣で正社員を目指す場合、まずは人材派遣会社への登録が必須です。その際、必ず注意してほしいのが「紹介予定派遣の求人を持っている派遣会社を選ぶ」という点です。

その他、職種や地域ごとに得意・不得意な会社がありますので、まずは概要を掴んだ上で、派遣会社を比較してみるのが良いでしょう。

紹介予定派遣で正社員になるコツ

紹介予定派遣 派遣会社一覧表

フリーターの就職事情

「フリーターは正社員の就職が難しい」世間では一般的にこう思われがちです。本当にフリーターが就職するのは難しいのでしょうか?

フリーターの就職難易度

やはり就職しやすいといえば新卒の学生、内定率は80%を超えています。そして卒業後からの年数が経てば経つほど、新卒の学生の半分近くに内定率は下がってしまう傾向にあります。
数字だけみているとフリーター期間が長いと就職難易度が高いのではないかと思ってしまいますが、実はここにはカラクリが。
新卒の学生は就職に向けて学生時代から真剣に取り組んでいますが、フリーターをしている方は新卒の学生ほど真剣に取り組めてはいないという現状があります。
エントリー数も新卒の学生に比べると少なく4分の3程度という数字になっています。
中途採用という道もあるため、フリーターが就職できないということは決してありません。

フリーター期間が長いと就職は不利?内定率は下がるの?

大学を卒業して就職せずに(就職できずに)フリーターとして仕事をしていた方は「就職に不利なのではないか」とネガティブに捉えてしまいます。フリーターのイメージは「ちゃんと就職していない」と確かにマイナスイメージが強く有利ではありません。

面接では必ずといってもいいほど「なぜ就職しなかったのか」「フリーター期間には何をしていたか?」ということが問われるでしょう。
やはりフリーター期間が長かったり、前職をすぐに退職していたら「仕事に対して熱意がないのではないか?」「うちで就職してもすぐに辞めてしまうのではないか?」と思われがちなので、ここで採用担当者を納得させられるだけの答えを用意しなければいけないというのが高いハードルですね。このことから内定率が下がるのではないかと言われている理由です。
ネガティブなフリーターのイメージを払拭するだけの理由を適切に答え、採用担当者にキャリアプランを伝えなければいけません。

フリーターを続けている男性と大卒で就職した男性とでは生涯賃金の差が2億円ともいわれ、年金だけで生活できず高齢になってもフリーターを続けていかなければいけません。
就職を目指すことだけでなく、将来の生活へもデメリットが大きいのです。

しかし、あなたがまだ若い方ならチャンスは大いにあるでしょう。

就活はいつ始めるのがベストなのか?

あなたがフリーターをしていて正社員への就職を少しでも考えているなら、今すぐ行動してください。
フリーターを長く続ければ続けるほどデメリットは大きく膨らんでしまいますので、デメリットを最小限に食い止めるためには「いつやるの?」「今でしょ!」と声を大にして言います。
年齢が上がれば上がるほど、フリーターとしてのアルバイトも探しにくくなりますので、転職を考えているなら正社員への就職を視野にいれてみてください。

フリーターの就職のキッカケ

フリーターの方が正社員として就職を目指すきっかけは様々ですが、きっかけとして挙げられた例をご紹介します。

結婚したい・子供が生まれる

やはりフリーターというとイメージが悪いため、結婚に向けて相手の両親へ挨拶行くのも躊躇しますよね。結婚を機にフリーターから正社員へ就職したという方が多いようです。
また、共働きという形で結婚はできても子供ができた場合、交際中に子供ができた場合と、子供ができると安定しないフリーターの収入では生活が厳しいというのが現実。
守るべき存在のため、正社員を目指す方が多いのですね。

老後が不安

フリーターは正社員に比べて自由度が高く、気楽な生活が送ることができるというメリットがある反面、将来が安定しないというデメリットがあります。
社会保険が不十分、年収も正社員に比べて低いため、十分な貯蓄ができません。
「安定した収入を毎月得て、老後に備えて貯蓄をしなければいけない」
「安泰な老後のため今頑張らないといけない」
「高齢のフリーターを見ていると自分の未来を想像して不安」
と、一念発起して正社員を目指す方も多くいらっしゃいます。

未経験・無資格でも正社員になれる可能性があった

今の自分で正社員になれるだろうかと不安感を持ちながら、フリーターをズルズル続けている方も少なくありません。今はどこも人材不足のため、未経験・無資格からでも正社員の雇用がさかんで就職市場も潤っています。
また、今の仕事から転職するきっかけで求人情報を見て、せっかくなら正社員に…と目指した方もいらっしゃいます。

フリーターが就職するベストなタイミング

「よし!就職活動をしよう!」と思い立って就職活動をするのはNG!
就職活動には効率よく活動できる時期がありますので知っておく必要があります。
就職活動を始める時期は求人数が多い時期を選ばなくてはいけませんが、それは春と秋、とくに3月・4月や9月・10月入社がおすすめ。
なぜ多いのかというとボーナスの支給を待ってから退職しようとする方が多く、この時期になると退職者と求職者が増える時期。新年に内定をもらうことを目標に就職活動をすれば春には新生活をスタートすることができるでしょう。
就職活動をスタートする場合は、今働いているアルバイト先に迷惑をかけることのないよう就職活動をしていることを伝え、シフトの調整をしてもらうことも大切ですよ。

現役就活生にはないフリーターだけの魅力とは

「フリーターは終わっている」「フリーター歴が長いと就職できない」とフリーターのイメージにはネガティブなものが多いですが、最近では現役就活生にはないフリーターだけの魅力を求めて第二新卒やフリーターを積極的に採用する企業が増えています。
企業が求めている人材は、現役就活性でもフリーターでも「企業の戦力となる人材」です。
フリーターならではの〇つの魅力があるのでご紹介します。

◆社会人経験がある
フリーターの評価が最も高いポイントは、社会人として会社で働いた経験があるということ。現役就活生は若さや初々しさといったポイントが魅力で、企業色に染めることができることが評価され採用されますが、社会人としての経験がない部分ではマイナスポイント。基本的なビジネスマナーやビジネススキルを指導する必要があります。

例えば、報告・連絡・相談という「ホウレンソウ」ですね。社会人なら誰しもが知っているビジネスマンとしての基本中の基本ですが、現役就活生では不十分なケースが多くみられます。反面フリーターはホウレンソウの大切さや流れ、チーム内での連携と協働など仕事を円滑に進めることができるスキルをすでに持っているという点が戦力となるのです。
フリーターの積極的な採用は、企業独自のやり方や特徴さえ理解できれば即戦力となる部分が大きな魅力となります。

◆精神的に強い
現役就活生はまだまだ学生気分が抜けていない方が多く、甘さや余裕といった精神面の弱さが目立ちますが、フリーターの方は社会の荒波にもまれ社会人として生計を立ててきた経験から精神的に強いという点が評価のポイントとなります。入社すると「思っていた仕事と違っていた」とミスマッチを感じ退職する新卒生が多く、仕事や残業、職場の人間関係などで悩み鬱になってしまう方も少なくありません。

企業が求めているのは、へこたれないポジティブな精神を持っている人材です。長くフリーターをされてきた方は特に世間からの風当たりも強かったでしょう。そんな苦い思いにもめげずに転職活動をして正社員を目指しているというのは精神力の強さが伝わりますね。
仕事に対して前向きで熱意をもって取り組むことができるバイタリティ、推進力は企業が期待するポイントのひとつ。
また、現役就活生と異なる点として、「次こそは正社員で骨を埋めよう!」と決意が固いため、仕事にもポテンシャルとして表れるのでしょう。ポジティブでポテンシャルが高いという点は仕事をスムーズに実行できることに繋がりますので魅力とされています。

フリーターと正社員の違い具体例

若い方の中では同じくらいの給料がもらえるならフリーターでいいと、正社員にならずフリーターとして生計を立てている方が多くいらっしゃいます。筆者自身も正社員として働いていたころよりも、アルバイトでガッツリ稼いでいた時期もありましたので気持ちはよくわかります。
しかし、フリーターと正社員、給与や社会保険以外にも違いがあります。
◆待遇面
フリーターと正社員、どちらも月給20万だったとしても年収にすると正社員の方が高く、5年後の年収ではさらに差が出てくるでしょう。その差のヒミツは昇給と賞与にあります。
正社員の場合は少なくても月給の1カ月~1.5ヵ月分、多くて3カ月分の賞与が出ますので大きいですよね。
昇給も1年に1回設定されている企業が多く、昇給があることでモチベーションアップにもつながります。例え月給が同じでもトータルすれば正社員の方が、支給額が大きいということが違いのひとつです。
また、フリーターが時給制なことに比べて正社員は月給制。休みが多い月でも毎月同じ給与が支払われるというのは金銭管理ができるといった面でもメリット。

◆仕事内容
待遇に次いで違いがあることは仕事内容。正社員になると責任のある仕事を任せられるようになります。将来大きな仕事がしたいとキャリアプランがある方は早く正社員として就職していた方が良いでしょう。
また、フリーターに比べ企業の投資額が変わってきます。セミナーや研修などの参加費用が交通費も含め会社負担であるケースがほとんどです。いつ辞めるか分からないアルバイトには投資されず、会社に貢献してもらうために正社員の人材育成に力を入れているということです。

◆雇用期間
アルバイトや契約社員などには契約期間に定めがあることに対して、多くの企業では、正社員に雇用期間の定めがありませんので、定年まで働くことができます。中には契約更新をする正社員の雇用もありますので求人応募の際は注意しましょう。
将来安定して生活したいという方は、安心の正社員がおすすめです。

こんなフリーターは就職できない

フリーターの就職事情で「採用される人はどこに応募しても採用される」「採用されない人はどこに応募しても採用されない」といった特徴があります。鳴かず飛ばずのフリーターの方が就職できない理由はこんな理由です。
◆基本的なマナーが出来ていない
社会人としての最低限のビジネスマナーが試される場は面接。学歴ではなく人柄を重視してくれる企業も多いですが、人柄重視ならなおさらマナーは大切。
人は見た目で9割決まるといいますが、落ち着いたカラーのスーツ、明るすぎない髪の毛の色、清潔感のある身だしなみを整え面接に臨まなければいけません。
見た目もですが、挨拶や姿勢、受け答えといったマナーが出来ていることも必要です。

◆自己分析できていない
多くの就職できないフリーターは自己分析できていないということが特徴です。自分自身を理解していないため、大手企業や有名企業ばかりに目を向け、「自分はもっと良いところにいけるはずだ」と理想ばかりが大きくなっていませんか?

また、「自分は〇〇業界に向いているはずだ」と自分で決めつけてしまう方も多く、本来の自分自身の強みではない企業へばかり目を向けていたということも。メリットは自分自身の強みをしっかりと確認できることと、視野が広がること。
自己分析によってマッチングする企業へ入社することで、入社後のミスマッチをなくし長く働くこともできるでしょう。

◆履歴書、職務経歴書が不十分
フリーターが正社員の就職を目指すときに避けては通れないのが書類選考。履歴書、職務経歴書を書くのが怖いという方も多いのではないでしょうか。
誤字脱字が目立つ、会社名や資格を正式名称でかけていない、写真が貼付されていない…というものもある中、「職歴欄にアルバイトの経歴しか書くことがない」という場合、職歴欄を空欄にしている方が多いこと!例えアルバイトの経験しかなくても書き方によってアルバイト歴を評価してもらうことは可能です。
アルバイトといえどもプロ意識をもって仕事をし、得た知識や技術などを今後に活かす場合ができることをアピールすることで高い評価を得て採用への近道となるでしょう。

職歴なし30代フリーターが就職する為には?

職歴なし30代フリーター…この言葉を聞くとネガティブなイメージしか思い浮かびませんが、「働こう!」という意欲があれば就職のチャンスを掴むことができます。
ただし、ハローワークや求人広告、求人サイトを見て闇雲に応募していても採用されることはありません。一人で職歴なし30代フリーターが就職を目指すのは厳しいため、事前準備とサポートが必要です。
職歴なし30代フリーターというだけで、履歴書を見てもらうこともできず書類選考で落ちまくり…といった方も多いでしょう。
就職活動の何から始めたらいいのか分からないという方少なくありません。
家族の介護や自身の健康上の理由、資格の勉強、理想を追い求めていた、引きこもっていたと、職歴なしの理由は様々ですが、正当な理由がある場合はさほどマイナスポイントになりませんので安心してください。
理想を追い求めていた、引きこもっていたといったネガティブな理由は深く追求されますので、的確に説明できるよう準備しましょう。

職歴なし30代フリーターが就職するためには、転職エージェントを活用することをおすすめします。職歴なし、ニートでも就職まで全面的にサポートしてくれるエージェントもあり、業界の専門家であるコンサルタントがマンツーマンでキャリアプラン相談や自己分析のアドバイスなど就職サポートしてくれます。
履歴書、職務経歴書といった応募書類の添削や模擬面接で採用されやすいようアドバイスを受けることができ、企業とのやり取りや面接日、入社日の代行もお任せできます。
書類選考なしで面接まで進むことが出来るエージェントもありますので、職歴なし30代フリーターにとっては心強いサポートですね。

ブラック企業の見抜き方

「早く正社員になりたい」といってもブラック企業に就職してしまっては元も子もありません。入社できたとしても心身ともに疲れてしまい退職するという結果になってしまうことも少なくありません。
そのためには入社前に企業研究をしてブラック企業を見抜き、ホワイト企業への就職活動を目指す必要があります。
◆ブラック企業の特徴
〇求人広告を常に出している
求人情報を見ていて「あれ?この企業っていつも求人募集しているな」と気付いたらブラック企業かもしれません。事業を拡大するために人材を多く募集しているケースもありますが、離職率が高く人材が不足し募集し続けているケースも。

〇給与が高すぎる
同業界に比べて給与が高い場合や給与に差がある場合は注意が必要です。みなし残業が含まれているケース、ノルマ達成できたときの給与を記載しているケースもあります。入社して「思っていたより給与が低かった」とがっかりすることのないように、給与事情はしっかりとチェックしなければいけません。

〇口コミサイトをチェックする
元社員や第三者の実体験に基づいた企業の評判が書かれている口コミサイトをチェックするのもおすすめです。口コミに「ブラック企業かも」と思うような情報が書かれている場合は避けたほうがベター。
ここで注意しなければいけないポイントは、誰でも自由に書くことができる口コミサイトではなく、ユーザー登録をちゃんと行わなければ書き込めないといった信憑性の高い口コミサイトを利用するようにしましょう。

〇就職四季報を活用する
就職四季報は給与や離職率などをチェックすることができます。離職率が3割を超えている企業、初任給が高く昇給率が低い企業は、「釣った魚には餌はやらない」パターン。
要注意しましょう。

フリーターの就職活動で気を付けた方がいいこと

◆早く就職活動を
年齢を重ねるにつれて求人数も少なく、フリーター期間が長くなることで就職しにくくなるというリスクが増していきます。「就職しようかな」と思ったらなるべく早く就職活動に取り組むことが必要です。
期間を決めて就職活動に専念するという方法もおすすめです。
なかなかスムーズにいかない就職活動では、「ただなんとなく」求人情報を見ているだけでは採用までたどり着くことが出来ません。例えば「6カ月の間に採用を目指す」と具体的な期間を定めて全力投球しましょう。
さらに具体的な目標として「1カ月の間に5社に履歴書を送る」といった目標設定も効果的です。短期集中して就職活動へのモチベーションをアップさせることが大切です。

◆経験済みの業界を視野に
全くの未経験でチャレンジすることは難しいケースが多いため、過去にアルバイトで経験した業界、前職と同じ業界を視野に入れ就職活動することで正社員として採用されやすくなるでしょう。
培った経験はたとえアルバイトでも貴重なものです。それを活かして自己アピールすることで即戦力として働くことができる人材だと採用されやすくなります。

◆サポートしてもらう
一人での就職活動では「本当に就職できるのだろうか」「この企業でいいのだろうか」といった様々な不安が付きまとうでしょう。「もっとスムーズに就職活動を進めたい」「自分に合った企業を見つけたい」という方は転職エージェントを活用することをおすすめします。就職活動には自己分析や仕事選び、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策と様々な対策を講じる必要がありますが、あらゆるサポートをしてくれるのが転職エージェント。
就職、転職のプロにサポートしてもらうことでスムーズに就職活動を進めることができますよ。

フリーターの応募書類の書き方は?気を付けるべきポイント?

履歴書は応募者の顔。ここで躓いてしまってはいけません。
正社員として働いたことがないからどのようにアピールしていいか分からない、どのように書いていいか分からないと悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
一般的な書類選考通過率は30%といわれ狭き門、フリーターの期間が長い方はさらに厳しくなるものでしょう。
採用担当者に「ぜひ一緒に働いてみたい」と思わせ書類通過できる履歴書のポイントをご紹介します。

履歴書の見た目

パッと見た第一印象が書類通過のスタート地点。
履歴書に折り目やシワ、シミがついていない綺麗な状態であるかということが前提です。「履歴書を大事に扱っていない人は、会社の書類も大事に扱えない人だろう」というマイナスイメージを持たれてしまいます。
履歴書の文字は上手な字であればプラスポイントですが、字が下手だったとしても誤字脱字のない丁寧に書かれた文字かどうか、読みやすく配慮された文字列かどうかが重視されます。
書くことがないからといって空欄を作るのは印象が良くありませんので、できるだけ項目をすべて埋めて空欄は避けましょう。

自己PRや志望動機

採用担当者が最も重視して見る部分の自己PRと志望動機。内容が薄くなっていませんか?
「御社に貢献したいから」「興味があったから」といった抽象的な理由はNG。具体的に、」「自分には何ができて、自分のキャリアプランの中と企業のキャリアプランがマッチしている、自分のスキルが企業にどのように役立てることができるか」という内容を具体的に記入します。
「なぜその企業を選んだのか」
「どうしてその企業で働きたいのか」
という自分自身の熱意や想いを伝えることが大切です。

そして1番記載してはいけないNGポイントは給料や福利厚生、残業、休暇といった内容を志望動機に記載することです。
「給料が良かったから」「残業がないから」といったことは絶対にNGです。

履歴書を書き終えたら、誤字脱字がないか、他者に伝わる内容になっているか、自分の伝えたい気持ちが書かれているか一通りチェックしましょう。

フリーターは、職務経歴書は必要?書き方のポイントは?

正社員経験のないフリーターの方は職務経歴書って必要なの?と思ってしまいますよね。しかし職歴がなくアルバイトの経験しかない方であっても、フリーターとしてその仕事で培った経験やスキルをアピールできる大事な書類となります。
職歴がないというマイナスポイントをカバーする職務経歴書を書いて書類通過を勝ち取りましょう。
もしフリーターとして働いていた仕事に関連する企業や同業者への就職を希望した場合、例えアルバイトの経験であってもその仕事の経験やスキルは企業にとっても即戦力をアピールすることができます。
企業としては1から新入社員へ指導するよりは、基本的な知識やスキルを身に着けている社員が欲しいものです。
業務内容、実績などを具体的に記載することが大切です。
関連する業種ではない場合でも、その仕事で得た知識やスキルを、希望する企業へ活かすことができるという内容が記載されていればOKです。

就職を目指すフリーターの面接対策

見事30%の書類選考を通過すれば、次のハードルは面接。企業によって異なりますが書類選考通過後、1次面接・2次面接と進むのが一般的です。内定を貰いやすくする面接のポイントをご紹介します。

基本的なマナーが備わっているか

面接はとにかく緊張との戦いとなるでしょう。
しかし面接官も「よし、落としてやるぞ」と面接を行っているわけではありません。
応募者のいいところや企業のキャリアプランにマッチングするかということ、どのような人物なのかということをチェックしているのです。
また、他者とのコミュニケーション能力やビジネスマナーといった基本的なマナーが備わっているかという確認も面接でされています。

簡潔に自分の想いを伝えることが大切

面接でされる質問がだいたい決まっているものですが、どんな質問も相手に伝わりやすく簡潔に伝えることが大切です。
(例)
「私が得意なのは〇〇です。その理由は…で、…のようなエピソードがあります。」
というように、先に結論を話し後からエピソードや理由を話していくという話し方は、相手にストレートに伝わり、その後にエピソードや理由を話すので面接官もついつい話に引き込まれてしまうといった効果があります。
話している間は面接官の様子や相槌などを見ながら、話すスピードや長さにも配慮しまとめましょう。
特に志望動機についての質問は重要です!
「なぜフリーターから正社員へ就職したいと思ったか」という理由を説明しなければいけません。面接官は「なぜ就職せずにフリーターだったのか」ということも併せて質問してくるでしょう。
その際、「何となく」や「仕方なく」といった内容はNGです。
仕事への熱意が感じられず、入社してもすぐに辞めてしまう可能性がある人物だと認識されてしまいますので、フリーターをしていたことについては目的や理由があってしていたという答えを用意し、フリーターでしていた仕事で培ったスキルを希望する企業で活かし、正社員としてのキャリアプランや熱意を伝えることが大切です。
志望動機を伝える際には、必ず企業研究しましょう。事業内容はもちろん、企業のキャリアプランを把握し、情報収集して志望動機に反映させていきましょう。

新卒などにはないフリーターの強みは、アルバイトといっても社会人経験があるという点と業務のスキルや経験があるという点。同じ業種や職種だった場合には、イチから指導する必要がなく即戦力として働いてもらえるということです。
いかにこの部分をアピールできるかがポイントになるでしょう。

面接の服装

アルバイトの面接ではカジュアルな服でOK髪型自由といったところもありますが、正社員としての面接は基準が厳しく服装や髪形に気を付けなければいけません。
社会人の第一歩として面接にふさわしい服装で挑みましょう。

〇男性
スーツ:黒・紺・グレーなど
ネクタイ:シンプルでスーツに合った派手過ぎないもの
靴下:意外と見落としがちなのが靴下。若者が着用するくるぶし丈の短いものではなく、ビジネス用の長さのものを選びます。色は紺や黒が良いでしょう。
靴:黒の革靴。磨いた綺麗な靴を着用しましょう。

〇女性
スーツ:黒・紺・グレー・ベージュなど。パンツ、スカートどちらでもOK
スカートの場合は膝丈のものを選びます。
ストッキング:無地のベージュ(肌の色に近いもの)、タイツはNG
メイク:ナチュラルメイクが基本。派手なマニキュアや長い爪も清潔感が感じられないため避けましょう。

〇髪型
男性・女性ともに身だしなみのポイントとして気を付けなければいけません。清潔感のある髪型を心がけ、派手な髪の色は好まれませんので避けましょう。
個性的過ぎる髪型は印象が良くありませんので、男性は短髪、女性は長い髪を束ね清潔感をアピールしましょう。

就職と並行して進める退職のタイミングは?

転職、就職と並行して進めなければいけない現在働いている職場への退職の申請です。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、社会人としてスムーズな円満退職をしなければいけません。
現在働いている職場を退職する際には、退職交渉や後任への引継ぎをする必要がありますので、新しい職場への内定をもらった後から退職の申請をするのでは遅すぎます。内定を貰ったので突然退職しますと申請されても人員不足が生じたり、十分な引き継ぎができなかったりと困ってしまう事態になりかねません。
転職を本格的に検討し始めたら新しい職場への入社日をおおよそ決め、退職時期を見通しておくことが必要です。
現在働いている職場の退職についての規定をチェックし、何ヵ月前から退職の申請をしなければいけないのか、それに伴う期間や引き継ぎ、手続きが必要なのかを把握しておきましょう。

退職の申請を行ってから就職活動をするという方法もありますが、一般的に転職や就職は2~3カ月の期間が必要といわれています。就職を急がない場合やその間の生活が難しくなければ構いませんが、3カ月以上かかるケースもありますので十分な生活の貯えがない場合は就職活動と退職の準備を並行して行うことをおすすめします。

フリーターに人気の就職先職種

◆営業職
フリーターが正社員の就職を目指す登竜門として営業職がおすすめ!商品やサービスを顧客に売り込むという対人関係スキルが重視される職種です。商品やサービスについての専門的な知識を習得するための勉強は入社後でもOK!商品やサービスの知識や魅力を熟知し、お客様へ伝える仕事は、専門的な知識や技術が必要と思われがちですが、最も必要なのがコミュニケーションスキルでしょう。

〇こんな人にオススメ!
・元気で明るくスムーズなコミュニケーションを取れる方
・適切な言葉を選び伝える力のある方
・約束や時間を守れる方
・相手の身になって考えられる方
・接客業を経験していた方

専門的な知識や技術よりもパーソナリティが採用に重視されるため、フリーターや未経験者への求人募集も多く設定されています。営業職は常にコミュニケーションをとる仕事なので、飲食店、アパレルなどの接客業をしていた方にぴったりです。
もちろん、経験がなくても人と接することが好きという方にもおすすめです。

◆事務職
事務職の中でも一般事務職は、特に女性フリーターの方に人気の高い職種です。金融事務、医療事務、英文事務といった専門的な事務職ではありませんので専門性に特化したスキルは必要ありません。
基本的なビジネススキルを必要とし、電話や受付対応、書類作成など仕事を円滑に進めるためのサポートとして仕事をします。会社の縁の下の力持ちとなりますが、会社のイメージを左右する仕事ということも覚えておきましょう。

〇こんな人にオススメ!
・責任をもって仕事を処理することができる方
・パソコンの基本スキルをマスターしている方、得意な方
・基本的なビジネススキルを身に着けている方

事務職にとって必要なスキルは仕事の処理スキルとビジネススキル。
そのため、学歴や実務経験を重視せずにパーソナリティを重視して採用を判断する企業が多く存在します。履歴書や職務経歴書の文字の丁寧さ、面接での身だしなみなどチェックされているので注意しましょう。
事務職として採用されやすい過去のアルバイトは、入社を希望する企業と同じ職種であるケースが多いです。仕事内容が重複する部分もあり、未経験者を採用するよりは即戦力になるという魅力があるからです。また、フリーターの方であっても前職の勤続年数が長い場合、コツコツと取り組む姿勢やスキルを高く評価されやすいでしょう。
正社員の事務職を目指したい!という場合にはMOS、秘書技能検定などスキルの証明となる資格を取得しておきましょう。

◆IT職
インターネットやスマホの普及でIT業界は多くの人材を募集していますので、フリーターでも引く手あまたの業界です。フリーターの中には日ごろからパソコンを使っている時間が長い方や得意な方はいらっしゃいますが、そんなスキルを眠らせておくのはもったいないですよ。
エンジニアやプログラマーのニーズが拡大している今、採用が活発になっているIT職を目指しましょう。
〇こんな人にオススメ!
・パソコンの知識やスキルがある方
・デスクワークが得意な方
・新しいことにチャレンジできる向上心を持っている方
・情報処理能力を持っている方
IT業界ときくと敷居が高いイメージがありますが、技術力があれば正社員での採用はスムーズでしょう。ただの趣味と思っていたパソコンのスキルが企業で役立つかもしれません。
パソコンと常に向き合って仕事をするのではなく、同僚とコミュニケーションをとり人間関係を構築させながら協働しなければいけませんので、接客業やオペレーターのアルバイトをされていたコミュニケーションスキルが高い方にもおすすめです。

フリーターの種類

正社員として就職せず、フリーターで生計を立てている方も多くいらっしゃいます。あえてフリーターでいる方、やむを得ずフリーターでいる方…
フリーターと一言で言っても3つのパターンに分かれます。

◆モラトリアム型
モラトリアムとはラテン語の「遅延」という意味をもち、本来であれば行わなければならないことが遅延されて状態のことを現します。
一番多いパターンがこのモラトリアム型のフリーターで、正社員になる意欲がなく、やりたいことや夢もない、ただなんとなく生活するためにフリーターとして生計を立てているパターンの方です。
フリーターは正社員に比べて自由度が高いため、社会に縛られることなく気楽に過ごしたいという想いが強いのです。

◆夢追及型
「バンドで成功したい」
「絵描きとして売れたい」
「芸能界デビューを目指している」
と、将来の夢を追い続けフリーターとして生計を立てているパターン。
プライベートを優先したいので、自分の都合に合わせて仕事をしたいため正社員として働くのは向いていません。

◆やむを得ず型
自分自身の健康上の理由や家族の介護、今まで勤務していた会社が倒産し、正社員を目指しているがやむを得ずフリーターをしているパターン。
フリーターとしての期間が一時的で、問題がクリアすれば正社員として働きたいと思い活動している方です。
クリアするまではフリーターとして生計を立てていますが、問題のクリアが見えてくるようであればすぐにでも正社員として安定した生活をしたいと思っているので採用率も高いタイプとなります。

フリーターには大きく分けてこのような3パターンあり、それぞれの理由や原因があるというのが分かります。

そもそも何で自分はフリーターなのか理解する

フリーター期間を正社員としての就職までの準備期間として捉えると、フリーターとして仕事をしている間に自分自身を知ることを始めてみましょう。
自己分析とよばれ、気付かなかった自分自身の性質や現状を理解することが大切です。
これからを考え、将来的に安定している、待遇面でも有利な正社員ではなく、どうしてフリーターという道を進んでいるのかを客観的に分析します。

前述したフリーターのパターン以外に、特に女性はフリーターを続けていてもネガティブなイメージは少なく、「結婚するまでのんびり働いていたらいいや」と想いフリーターを続けている方は少なくありません。

ブラック企業に疲れてフリーターとしてゆっくり働いている方もいらっしゃいますが、将来的に長い目で考えると、やはり年収や社会保険、福利厚生が充実している正社員として生活する方が将来的な不安なく安泰するでしょう。

まとめ

フリーターの方が正社員として就職する方法をご紹介しましたが、1人での就職活動は孤独で不安がつきもの。
就職や転職のプロであるコンサルタントと二人三脚で進めていくのがスムーズでしょう。
スキルやキャリアに不安をもつ方も転職エージェントを活用すれば、未経験・無資格・年齢不問といった求人情報の紹介、セミナーへの参加などで就職をサポートしてくれます。
非公開求人も多数ありますので、「就職しようかな」と考える方は軽い相談からでもOKなので転職エージェントにぜひ相談してみて下さい。

フリーター転職 鉄板ガイド

フリーター転職 鉄板ガイド
徹底比較!フリーターVS正社員
フリーター、いつまで続けられる?
フリーターも確定申告が必要?
正社員男性との結婚は難しい?!

このページの先頭へ