> > > 高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?

高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?

15552 views

「安定の公務員」はもう時代遅れ 公務員は本当に勝ち組なのか?

世間では「公務員=ホワイト企業」、「勝ち組」といわれる公務員、待遇や年収も一般企業と異なり「生涯安定!」を目指す方は公務員に憧れている方も多く、近年の経済不況もあり公務員への人気が高まっています。

公務員は大学生の卒業後の進路として選ぶイメージが強いですが、高卒の方でも公務員試験を受け合格、採用されれば公務員となることができます。しかし、高卒公務員の方からよく聞くことといえば「大卒公務員との給料の差が辛い」ということで、せっかく公務員になったのに給料の面で退職される方も少なくありません。

なぜ高卒公務員は大卒公務員に比べて待遇が劣るのか、高卒公務員の年収や大卒の方との違いは一体何でしょうか。

同じ公務員といっても高卒の方と大卒の方とでは学歴の違いや年収の差が生じます。高卒で公務員になった方は本当に勝ち組となることができるのでしょうか?

高卒で公務員は憧れ?みんなの声

高卒が国家公務員になるには?

国家公務員になるには、国家公務員一般職試験(高卒程度)、国家公務員専門職試験(高卒程度)、国家公務員社会人試験(高卒程度)のいずれを受験しなければなりません。

高卒の方が受験する多くは「国家公務員一般職試験(高卒程度)」ですが、21歳以上30歳未満であれば「国家公務員総合職試験(大卒程度支援)」を受験することも可能です。

難易度が高いため、合格者は難関大学出身の方ばかりなので、高卒で総合職を目指すのは難関と言えるでしょう。

国家公務員専門職試験(高卒程度)は、特定の分野での専門知識を有していることを重視した採用試験です。

職種によって異なりますが、年齢制限をクリアしていればや高卒見込みでも受験することが可能なケースが多いです。

30歳以上で国家公務員を目指すなら国家公務員社会人試験(高卒程度)。

採用されれば、民間企業から中途採用で公務員へ転職することができます。

民間企業で勤務年数の要件があり、自治体によって異なりますが多くの自治体が5年以上となっています。

1カ所での勤続年数が要件とされる自治体もありますので、何カ所か転職をした方はご自身の勤続年数の確認が必要です。

試験内容

試験内容は一次試験、二次試験とあり、二次試験は一次試験を合格した方が受験することができます。

【一次試験】
〇基礎能力試験
高校まで学習した基礎科目の知識が必要、英文を含む文章理解能力やグラフ・図形など資料を読み取る能力が求められます。またパズルなどがあり、合計40問、五者択一式となっています。

〇適性検査(択一式、合計120問)

〇作文
適性検査と作文は事務区分で行われ、事務処理能力や文章での表現力、理解力を確認するための試験です。

【二次試験】
〇人物試験
面接官3~5人に対し個別に行う面接試験で、15分から20分程度となります。なぜ公務員を目指そうと思ったか、趣味や長所・短所といった質問がされます。

難易度

基本的に、試験レベルは高校での履修範囲内で地方国立大学の合格レベルの学力が必要です。マークシート方式での筆記試験が高得点であっても適性検査や個別面接をクリアしなければいけません。
自衛隊・刑務官は難易度が低い傾向だといわれています。

倍率

人事院の資料で調べることができ、平成28年度の国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)
13393名の受験申込者数のうち合格者数は2392名、試験倍率は5.6倍とされています。

高卒が地方公務員になるには?

公務員全体の約8割となる地方公務員、地方公務員になるには地方公務員試験に受験し、合格しなければいけません。地方公務員試験は各自治体が実施し、募集職種、試験概要が異なりますので、それぞれ受験を希望する自治体サイトをチェックする必要があります。
どの自治体でも事務系は大抵募集されていますが、年度によって募集のない職種もあります。
新卒枠では、30歳まで、社会人枠なら40歳までの年齢制限が設けられ、社会人枠は約5年の社会人としての経験が必要とされています。

試験内容

【一次試験】
〇基礎能力試験
高校まで学習した基礎科目の知識が必要、英文を含む文章理解能力やグラフ・図形など資料を読み取る能力が求められます。またパズルなどがあり、合計50問、五者択一式となっています。
共通問題が多いのですが自治体により、独自の問題を出題しているところもあります。

〇適性検査(択一式、合計120問)

〇作文
適性検査と作文は事務区分で行われ、事務処理能力や文章での表現力、理解力を確認するための試験です。

【二次試験】
〇人物試験
面接官3~5人に対し個別に行う面接試験で、15分から20分程度となります。なぜ公務員を目指そうと思ったか、趣味や長所・短所といった質問がされます。自治体により、集団面接や集団討論などを行う場合もあります。

難易度

国家公務員一般職試験(高卒程度)に比べると易しい傾向ですが、公務員試験対策講座や予備校で受験対策することをおすすめします。
地方公務員試験は自治体毎で実施されているため、難易度は自治体により異なります。

倍率

自治体により実施されているため、難易度とともに倍率も実地自治体、職種毎に異なり、
4.5倍程度~12倍程度となっています。

高卒公務員の給料は〇〇〇円。それって本当に勝ち組?

高卒公務員の方の場合、個人実績を上げた昇給や賞与などで反映される一般企業で働く正社員に比べると給料に業務実績が反映されにくく、安定はしているものの給料が上がらないといった点がデメリットとして挙げられます。

公務員の給料は国民の税金。そのため、実績や景気に左右されにくいため「公務員は勝ち組」とは言えないのではないでしょうか。
特に高卒公務員の場合、大卒公務員に比べて給料に大きな差が生まれます。

(平成28年度の人事院発表の国家公務員給与等実態調査結果の中の行政職俸禄表 参考)
地域や職種によって異なりますが1年目高卒公務員の基本給が約14万円に対し、同じく1年目であっても大卒者の基本給は約18万円とその差は約4万円。

だいたいどの地域、職種によっても学歴で約3万円~5万円程の差があります。

高卒公務員が勤続年数10年の場合、約23万円、勤続年数30年で38万円、大卒公務員が勤続年数10年の場合、約26万円、勤続年数30年で約43万円となります。

給与の差が顕著となるのが中年以降の昇給となり、生涯年収では1000万円以上の格差、退職金が1700万円程度の格差となります。

国家公務員になった場合に比べて、高卒地方公務員は地域の財政や税収によって変動しますのでこれよりも厳しい状況であることも少なくありません。

基本的に毎年昇給があり、高卒公務員は勤続年数が大卒公務員に比べて勤続年数が長いため、初任給から比べると勤続するに比べて給与の差も小さくなってきますが、大卒公務員の場合は、昇給スピードが早いため生涯を通じての給与は大卒公務員の方が多くなります。

大卒と高卒の格差も

高卒公務員と大卒公務員との差は受験の段階だけでなく、公務員になった後も続きます。

大卒公務員と同じ勤続年数でも、昇給ペースに差があったり、同じ職種であっても大卒公務員の場合は管理職としての将来が開かれ、中年以降に課長クラスとして働くことができるのです。

高卒公務員の方が早くに就職し4年の差がありますが、大卒公務員は幹部候補生として採用されることが多く、その差を昇進のスピードでどんどん抜かしていくというのが現状で、高卒で自分の方が早くに働き始めたのに、10年後には大卒公務員は出世して管理職であり上司となっている場合があります。

部署異動、残業代ゼロも当たり前

公務員といえば部署異動がつきものです。冬が過ぎ春を前にそわそわする公務員の方は多いでしょう。

公務員の場合、長く同じ部署で働いていると馴れ合いが生じ、企業や地域との癒着や職務への不正を防止し、平等な職務を行うために異動をするという目的があります。

異動は2年~4年で内示される場合が多く、市区町村職員となった場合は他の都道府県や市区町村へ数年間の出向という可能性もありますが、基本的には退職まで採用された管轄内での異動となります。

都道府県職員となった場合は、市区町村職員に比べ異動の範囲が広く、教育関係の公務員は頻繁に異動があるとされ、農業や漁業など専門の技術職の職員は異動が少ないとされています。

公務員の仕事は一般職であれば決められたことを決められた通り行いますので、基本さえ学べば仕事ができますが、1番不安なことといえば異動後の上司。

上司によって職場環境が左右するといっても過言ではありません。

多くの方の公務員のイメージは「仕事が楽で定時に帰ることができる」「残業もなさそう」「残業があってもちゃんと残業代が出そう」ではないでしょう。

部署によっては楽な仕事で残業がないところもありますが、残業代も出ないのに何十時間も残業を行っている部署があるのは事実です。

公務員で働く限り、楽な部署で働きたいといった希望が通らず、激務で残業代も出ないような部署へいつ自分が異動するか分からない…といった不安がつきまとうのです。

一般企業では残業代の支払いをしないサービス残業をさせた場合、労働基準法に違反していることになり、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金に処することが定められています。残業代未払いの場合は、残業代の請求や労働基準局へ報告するといったことを行うことができます。

「じゃあ公務員も労働基準局へ訴えればいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃいますが、

公務員は労働基準法が適用されません。

そもそも公務員の給与は税金から支払われており、残業代に関してはあらかじめ議会の承認で定められた予算の範囲で支払われることとなっているため、サービス残業を行ったとしても違反とはいえないのです。

部署によって残業代の予算が定められ、その範囲で支払われるので残業代に厳しい部署や上司のもとへ異動が決まった場合、残業代ゼロや休日出勤で毎日仕事に追われるという可能性もあるでしょう。

国家公務員、地方公務員といった働き方や自治体など地域によっても異なりますが、残業代ゼロという噂も嘘ではないようです。

公務員ではなく一般職を目指す

イメージと異なり公務員もブラックな部分もあり、特に学歴社会という点が大きいのではないでしょうか。定年退職するまで続く学歴格差はどれだけ努力しても埋めることができません。

「公務員試験が大変そう」
「残業代がちゃんと欲しい」
「規定通り休日が欲しい」
「異動はしたくない」
「学歴格差がない職場で働きたい」
「公務員並みの、それ以上の給料が欲しい」

と、公務員にこだわりがないなら一般企業にも目を向けてみてはいかがでしょうか?
一般企業は以前の年功序列社会から実力社会中心になってきており、学歴が関係ない職種が多くあります。

残業代や休日、異動の有無といった労働環境、給料面など希望の職種や働き方のサポートをしてくれる転職エージェントを活用することで、「公務員=ホワイト企業」といったイメージを超える企業と出会えるチャンスが広がるでしょう。

「高卒だから就職できない」と嘆くのはやめましょう!企業が人材に求めているのは学歴よりもスキルや経験なのです。

高卒特化の就職支援サービス

大卒者に比べて高卒者は就職困難で、高卒で新卒し就職した方の40%以上の方が入社から3年以内に退職しているという状況があります。

高卒の方は「ちゃんと転職できるんだろうか」と不安の中、転職活動をされているかと思います。

転職活動は転職エージェントを活用することで自身の希望やスキルに合った企業への転職がスムーズにできますが高卒の方は「高卒だけど転職エージェントや転職サイトを活用することができるんだろうか?」と疑問に思っている方も少なくありません。

転職エージェントや転職サイトは高卒の方も利用でき、登録企業の中にも「高卒の応募可」「高卒歓迎」といった企業もありますし、高卒の方に特化した就職支援サービスを行っているところもあります。

高卒の方が転職エージェントを活用するメリットは、客観的な視点で自分自身を社会人として評価してくれるということ。

一般的に学歴フィルターがどうしても壁になってしまうこともありますが、学歴フィルターを通さずにスキルやキャリアをみて、希望とニーズに合った企業とのマッチングを実施してくれます。

また、非公開求人が多く、ハローワークや求人広告などでは知ることのできない高卒に特化した求人情報を得ることができますので、選択肢が広がるといったこともメリットでしょう。

これからご紹介する転職エージェントは高卒の方におすすめですので、気になる転職エージェントがありましたらチェックしてみてくださいね。

ジェイック

平成3年から株式会社ジェイックが運営する就職支援サービスを行う「ジェイック」では、未経験の方も正社員を目指すことを目的としています。

ジェイックは企業の社員研修を提供している人材育成の企業ですが、そこで培ったノウハウと強いネットワークによって就職支援をスタートさせました。

20代の方対象に無料の研修制度や企業との面接や入社後の支援を行っています。

ジェイックでは、就職を希望する方に対して10日間のビジネス研修を行い、就職ノウハウや面接、応募書類の対策、社会人としてのマナーをゼロから学ぶことができます。

高卒の方も多く参加され、企業へ入社しても困らないように営業スキルやビジネススキル、コミュニケーションスキルを身に着けることができます。

研修後はアドバイザーによる求人情報の提案や合同面接会が行われ、直接企業の採用担当者と会って話をすることができます。

ジェイックだからこそできる書類なしで面接まで進むことができますので、内定率も高く、早く正社員で就職したいと思う高卒の方におすすめです。

大手から中小企業の商社やIT企業などの求人案件を持ち、他の求人情報には掲載されていない仕事環境や残業など聞きにくい情報などの提供もしてくれますので、入社後の不安も少なく、安心して入社することができるでしょう。入社後もアドバイザーによるフォローも充実しています。

就職ショップ

リクルートキャリアが運営している仕事紹介サイト「就職Shop」は、プロのキャリアコーディネーターによる面談が充実。

求職者のスキルやキャリア、希望によって潜在的な強みやアピールすべきポイントを発見してくれますので、活用することで今まで気づかなかった自身の長所に気づくことができるでしょう。

キャリアコーディネーターが企業に対して訪問し情報収取を行っていますので、インターネットの文字だけでは知ることのできないリアルな企業情報を知ることができます。

「高卒でも周りとうまくやっていけるか不安」というような方は社風や職場環境を聞き、安心して入社することができます。

高卒の方におすすめの点は、書類選考なしで面接まで進むことができる<ということ。 企業との信頼性が強い就職ショップだからこそのメリットです。 面接が苦手という方も安心してください。 キャリアコーディネーターが面接対策を行ってくれますので内定率もグンと上がり、さらにその間~その後の企業とのやり取りはキャリアコーディネーターにお任せでOKです。

DYM就職

株式会社DYMの運営による転職サイト「DYM就職」は2000社以上の採用企業を保有しており、年間1000人以上の方へ就職サポートを提供しています。

採用企業の多くは書類ではなく人物重視で採用していますので、書類選考がありません。

転職成功率96%を誇り、対象は第二新卒、既卒、フリーターの方をメインとしています。

面接に自身がない方も面接指導によって苦手を克服し内定を掴み取ることができるでしょう。転職活動開始から内定まで早くて2週間で決まりますので、「早く転職したい!」と思っている方におすすめです。

10代、20代の求職者からの人気が高く、今まで5000人を正社員をして就職実績もあり、高卒未経験の方でも正社員を目指すことができます。

ハタラクティブ

若年層を対象とした「ハタラクティブ」はレバレジーズ株式会社によって運営され、2014年~2016まで厚生労働省の若者キャリア応援制度の受託事業者として認定された信頼が高い転職エージェントです。

専門の就活アドバイザーがマンツーマンでアドバイスしてくれますので、学歴で悩むことの多い高卒からの就職活動をサポートしてくれるでしょう。カウンセリングによって適性を引き出し、アピールポイントを見つけ、求職者にマッチングする企業の提案を行ってくれます。

また、書類対策や面接対策も充実していますので、高卒の方も自身をもって面接にチャレンジすることができます。

他の転職エージェントにおいて高卒を理由に紹介できる案件が少ないといわれた方でもハタラクティブ独自の案件を多く保有しているため、学歴を問わない求人情報を得ることができます。

常時1000件以上の求人情報の中、未経験から正社員を目指す案件は最大手ともいわれ、書類通過率90%以上、内定率80%と高い実績も持っています。一般的な書類通過率が30%と言われる中、90%以上を保っているのはハタラクティブだけ。

まとめ

高卒という学歴に悩み、転職活動を諦めているかたはまだ諦めないでください!
今回ご紹介した転職エージェントは特に学歴に悩んでいる方におすすめ。

  • 無料で利用できる
  • 学歴不問
  • コンサルタントのカウンセリングが充実
  • 書類・面接対策などサポート体制が充実
  • 書類選考無しもあり

といった特徴があり、「学歴不問、未経験者可」の求人情報を多く保有しているサイトばかり。キャリアにも自身なく、悩んでいる方はカウンセリングを受けて客観的なアドバイスを受けるだけでもメリットです。

転職エージェントを活用することで、自身の希望や条件、キャリアプランに合った企業へのマッチングを可能としてくれるでしょう。無料なので気軽に活用されてみてくださいね。


高卒におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
DYM就職
DYM就職
就職成功率96%の実績と高卒者に強い転職エージェント
学歴に不利な高卒者でもポテンシャルや人柄を重視する企業案件を紹介し、書類選考をスキップして面接まで。強いパイプを活かして優良企業2000社以上から転職者に合った企業をマッチングし就職までサポート。
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)
18歳~29歳までの高卒フリーターの転職に特化
94.3%と入社後企業への定着率が高く、転職者のポテンシャルを重視するホワイト企業が多数。就職支援研修では座学と実践研修で基本的なビジネススキルを習得できます。就業後の継続したサポートもジェイックならでは。
ハタラクティブ
ハタラクティブ
4人に1人が高卒利用者の転職エージェント
10代・20代をメインに学歴に自信のない未経験高卒者の正社員への就職・転職をサポート。企業の採用ポイントを押さえた応募書類のアドバイスと面接対策の評価が高く、高卒フリーターの就職支援実績が豊富なことが特徴。
就職Shop
就職Shop
利用者数10万人以上大手リクルート運営
転職者の将来性やポテンシャルから登録企業数8370社以上の豊富な求人数からマッチング企業を紹介し、応募書類や面接対策、企業とのやり取りを個別サポート。店舗は全て駅チカなので気軽に通えるのもメリット。
type転職エージェント
type転職エージェント
大手からベンチャーまでカバーの実績20年以上の転職エージェント

学歴・職歴不問で登録でき高卒者からの評価も高い。IT系・営業系に強く企業との条件交渉が得意なので年収アップも期待できます。気軽な相談から入社までのフォローが充実しているので転職経験の浅い高卒者も安心。


高卒におすすめ関連記事

高卒のみんなに聞いた!就職先や口コミは?
「高卒はまともに就職できない」「ブラック企業にしか就職できない」なんて思ってませんか?高卒者の就職口コミや就職先についてまとめました。
高卒者に告げる!「公務員=安定」はもう時代遅れ!
いつまでも公務員が安定なんて思っていたら大間違い!その理由は…?
大卒よりも高卒の方が就職に有利って本当?!
大卒より高卒が有利ってどういうこと?!その訳は…?
高卒者が転職して年収500万!?
誰だって高年収になりたいものです。高卒者でも高年収になれる「得する転職方法」を特別にお教えします。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
93,850views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
38,443views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,944views
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
4
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
22,442views
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
5
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
22,382views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,579views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
19,364views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
8
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,582views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
9
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
15,552views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
10
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
15,362views
ページのトップへ