> > > 高卒より大卒が就職に有利?

高卒より大卒が就職に有利?

2338 views

「今時、高卒じゃどこも雇ってくれないよ」という人もいれば、「一流大学を出た人でも就職に苦労する時代」という人もいます。一見、矛盾しているようでどちらも真理に近いといえる言葉です。

どうしても格下に見られてしまう高卒。大卒との違いは初任給やキャリアアップのスピードなど、いたるところに現れます。もっとも理不尽だと感じるのは給料の差。それは生涯賃金に換算すると数千万円もの違いとなってきます……しかし、いくら大卒でも仕事ができなければ話になりません。

転職をすることで学歴格差を縮められる可能性があります。というわけで今回は、高卒者ならではの希望とチャンスを掴むコツをご紹介したいと思います。

高卒と大卒の初任給の差を見てみよう

一般的に、高卒と大卒では大卒の方が初任給が高くなります。
厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概要」を参考にすると、男性の場合、大卒で初任給が20万7800円、高卒で16万4200円と約4万円差があります。
一方女性の場合、大卒で初任給20万4100円、高卒で15万8400円とこちらは男性より大きい約5万円の差があることが分かります。

ちなみに大学院修士課程を修了した場合の初任給は男性で23万3400円、女性で23万2400円。やはり学歴が高いほど初任給は高くなる傾向にあることが分かりますね。

学歴・性別・年代別の平均年収

大卒の平均年収

20代男性:約360万円
20代女性:約320万円

30代男性:約490万円
30代女性:約390万円

40代男性:約590万円
40代女性:約430万円

高卒の平均年収

20代男性:約350万円
20代女性:約310万円

30代男性:約420万円
30代女性:約380万円

40代男性:約540万円
40代女性:約420万円

年代や性別、企業の規模によっても異なりますが、大卒全体の平均年収は660万円、高卒全体の平均年収は560万円となっています。同期入社でも初任給から数万円の違いがあり、その差は年々広がりますが。

が、実際には大卒で本当に高年収はごく一部。大卒でも年収が高卒と変わらない、もしくはもっと低い。という方もたくさんいます。

大手や銀行・公務員となると高卒は不利になりますが、中小企業や技術職では『学歴よりもスキル重視』という企業が多く、高年収の高卒者が増えているのも現状です。

一生のうちに稼げる生涯年収を予想しよう

高卒・大卒の年収金額だけを見ると100万円前後の差であることに安心できます。しかし、一生涯でどれくらいお金を稼げるのか……つまり「生涯年収」として考えると、その金額の違いに学歴格差を感じざるをえません。これからの人生プランを明確にして計画的にステップアップするには、自身の生涯年収を予想しておく必要があります。

年収・生涯年収の平均が自分の状況とかけ離れているからといって、落ち込んでいては何も始まりません。給料には基本給に残業代やボーナス・報酬、各種手当などが加算されているため、年代・性別・職種・勤務時間といった要素でひとりひとり異なるのです。

高卒と大卒で生涯年収が約5千万円~1億円とかなり差があることは事実。自分が高卒である事実を受け止めて、より多額の年収をゲットするには「転職をする」「キャリアアップを目指す」「副業をする」といった方法があります。

これらの方法の中で最も確実かつ現実的なのは「転職による年収アップ」です。実際に、大卒で中小企業に就職した人より、高卒で早いうちに実力を発揮して大手企業へ転職した人の方が生涯年収が高いというケースもあります。

理想の人生プランを実現するために稼ぐべき生涯年収、キャリアアップするためのノウハウについてはその道のプロに相談してみるのがベスト。転職エージェントのキャリアカウンセリングを利用すれば、自分の年齢・能力に応じた適正年収と働き方を知ることができますよ。

男女で異なる高卒と大卒の割合

「大学を出ていた方が有利」という世間の声がありますが、最終学歴の割合は「高卒以下が4割、専門・短大・大卒が6割」となっています。これはあくまでも20~30代の統計であり、40代以上になると中卒・高卒の人の方が多くみられます。

男女別でみてみると、大学・大学院卒は男性の方が多く、女性は短大・高等専門学校の出身者が多数。家庭に入ることを見越して進学先を選んでいる女性が多いことが考えられます。

女性の場合、最終学歴にかかわらず男性よりも生涯賃金が低いのが気になるところ。「生涯独身でいたい」「仕事がたのしい」という女性が増えている世の中で、今後改善されるべきポイントだといえるでしょう。

いかがでしょうか? 2人に1人は大学を卒業していないのです。このことから、自分の学歴をネガティブにとらえすぎるのは生きていく上で非効率的だといえます。自信のなさやコンプレックスは雰囲気や言動に表れてしまうもの。転職活動においても不利な点が多くなるので前向きなスタンスを心がけましょう。

一目瞭然?人間性や考え方に違いは出てくるのか

学歴をネックととらえずにキャリアを積んでいる人がいれば、自分のキャリアを問わず尊敬の気持ちを持って接することができます。その一方で、仕事ができなかったり無知を恥じない言動をする人が高卒ならば大卒者は「やっぱり低学歴は……」と見下すことでしょう。

すなわち、高卒から見た大卒のイメージや大卒から見た高卒のイメージ。これらは身の回りにいる人の性格や振る舞いで決まってくるのではないでしょうか。

大学で専攻していた学問・サークル活動・留学経験などのあらゆる面で「大卒者の方が経験値が高い」「視野が広い」と思われがちです。しかし、単位がギリギリでなんとか大学を卒業したような人、4年間コンパや飲み会ばかりしていた人も大卒者にはいるのです。

高卒でも社会の厳しさを知っていたり、理不尽なことに立ち向かえる強さを持っていたり、世の中に必要とされる人はたくさんいます。つまり、人間性や考え方の違いが学歴にそのままあてはまることはないのです。

会社側にカテゴライズされることがあるとすれば、「優秀な大卒と無能な大卒」「優秀な高卒と無能な高卒」といった分けられ方になることでしょう。チャレンジする前から腐ったりせずにその壁を超えていくことで、学歴を感じさせない「優秀な人材」として評価されるのです。

高卒と大卒の格差はどんな場面で出てくる?

高卒と大卒の格差は各企業の初任給に反映されることはすでに見てきました。他にも高卒が大卒より不利になる場面はいくつかあります。
例えば就職先の種類です。ハローワークで検索すると、大卒以上でないと応募できない求人がいくつもあります。大卒は高卒に比べ、仕事の選択肢が増えるのです。
学校で就職活動を行う際もそうです。高校の進路相談室より大学の就職支援センターの方がたくさんの企業を紹介してくれます。高校の紹介する就職先が地元中心であるのに対し、大学では全国各地の会社にエントリーができます。

次に昇給の金額です。厚生労働省が行った「平成29年賃金構造基本統計調査の結果」によると男性の場合、大学・大学院卒の昇給カーブはかなり急であることがわかります。平均して40代になれば20代の給料の倍をもらえることになります。
一方で高卒の人の昇給カーブはとても緩やかです。もちろん若干の昇給はありますが、40代になっても20代の1.5倍の昇給にとどまっています。
高卒の場合、大卒と比べ初任給の段階で金額に格差がついているので、昇給の差も考慮に入れると生涯賃金の差額はかなりのものになるでしょう。

高卒と大卒。学歴で価値観の差はある?

高卒と大卒、学歴の差によって価値観の違いはあるのでしょうか。
高卒の人は高校を出てからすぐに働くことになるため、大卒の人が働きだす年齢ではすでにある程度仕事のキャリアを持って活躍していることになります。
後から入ってくる大卒の人に先輩として仕事を教えることもあるでしょう。そのため高卒の人は仕事は実力が大事だと考え、あまり学歴に価値をおかない人も多いです。
親が高卒の場合、子どもにも高い学力を望まない場合も多いです。それより「進学して学費がかかるよりは早く働いて一人前になってほしい」、あるいは「手に職をつけて生きていってほしい」と考えるのです。

一方大卒の人は総合職や管理職候補として採用されることも多く、仕事の経験は高卒の人に比べて浅いにもかかわらずリーダーとしての役割を期待されます。給料も高く仕事に対する裁量も大きい、それは学歴のおかげだと感じている人はたくさんいます。
学歴の力を知っているわけです。そのため大卒の人は学歴を非常に高く評価する傾向にあります。

高卒と大卒、生涯賃金の違い

一昔前は中卒で就職することはめずらしくありませんでした。

しかし今や学歴主義となった社会。高校進学までは当たり前です。

「大学までは行かせてやりたい」と願う親が増えた背景に、やはり高卒と大卒の年収差というものがあります。

サラリーマン・OLの生涯賃金

大卒の生涯賃金

男性:2億8,000万円
女性:2億4,000万円

高卒の生涯賃金

男性:2億4,000万円
女性:1億8,000万円

これらは、転職などをせずに定年まで同一企業に勤めたケースの平均金額となっています。特に女性は学歴による大きな差が見られますね。

残業や副業を行う人や、転職でキャリアアップする人もいるので、もちろん収入の個人差はあります。

大卒が一人勝ちというわけじゃない!

数千万円もの生涯賃金の差にショックを受けてしまった方、絶望するのはまだ早いですよ。

この国では、勤続年数による昇給が一般的。スキルや資格に応じた手当を支給する企業も多く見られます。

つまり、大卒でも転職を繰り返していては生涯で得られるはずだった収入に満たないことがあり、反対に大卒よりも稼げる高卒者が出てきます。

また、中小企業や公務員の大卒者よりも、大企業に入った高卒者の方が平均年収が上という説もあるのです。

高卒と大卒、公務員になった場合の違いは?

公務員には国家公務員と地方公務員があります。
国家公務員試験は大卒の人が受ける「総合職試験(大卒程度試験)」「一般職試験(大卒程度試験)」「専門職試験(大卒程度試験)」と、高卒の人が受ける「一般職試験(高卒者試験)「専門職試験(高卒程度試験)」」に分かれています。高卒程度試験に無くて、大卒程度試験にあるのが「総合職試験」です。総合職というのはいわば「キャリア官僚」になる道です。
当然総合職は初任給もお給料の上がり方も速いです。一般職・専門職に関しても高卒者試験より大卒程度試験に合格した人の方が初任給は高く設定されています。

国家公務員の初任給(平成27年統計)
総合職大卒 18万1200円
一般職大卒 17万6700円
一般職高卒 14万4600円 

地方公務員の場合は、(どの地方自治体の職員かにもよりますが)一般的には「上級(大卒程度)」「中級(短大卒程度)」「初級(高卒程度)」に難易度が分かれています。こちらも試験区分によって初任給に差がつけられるのが普通です。

一般行政職(平成28年東京都の場合)
大卒 181200円
高卒 144600円

ちなみに年齢など受験条件を満たせば、高卒の人でも大卒程度試験を受験することが可能な場合もあります。
ただし大卒程度試験の試験内容は大変難しく、難関大学出身のライバルと競い合わなくてはなりません。高卒の人が大卒程度枠で公務員試験に受かるのは現実として難しいと言えるでしょう。

高卒と大卒、出世速度の違い

昔は、ほとんどの企業が年功序列システムで成り立っていました。学歴が異なっても同期入社組は同じように昇進し、ある程度の出世が出来たのです。

ところが、大学出身者が高卒者を上回った1998年頃を境に、状況は一変してしまいました。

どんなに仕事が出来ると自負していても、上司に評価されていると思っても、新人の大卒者にあっという間に追い抜かれてしまう……今はそんな時代です。

とある大手企業の例

高卒者は45歳くらいで係長レベルになれれば大出世ですが、大卒者は30歳半ばから40歳までの間に係長以上の役職についています。

大卒でも課長クラスになれるのは45~50歳。学歴重視の企業にいると高卒で部長は夢のまた夢……というのが現実です。

高卒の場合、50歳を過ぎて課長になれれば御の字だと言えるでしょう。

ただし、最近は企業によって昇格基準が全く異なります。出世スピードがスキルに比例する職場ならば、高卒でも高給を狙うことができます。

少しでも早く入社することで昇給スピードも変わるので、じっとしてはいられませんね!

高卒と大卒、仕事内容の違い

企業が人材に求めていることは、高卒・大卒でそれぞれ違います。

大学を出た者には高い学力や発言力などが期待されますが、高卒者に求められるのは協調性や柔軟性です。

大卒者(特に高学歴)の中には変なプライドを持っていて、企業にとって扱いづらい人がよくいます。

その反面、高卒者は素直に「人に教わること」が出来るため、若手をじっくり育てたい職種・企業に向いているのです。

高卒者が多い職種

「大企業は高卒を雇わない」といったイメージがありますが、大手メーカーの製造現場や技術職に就いているのは高卒者が多数。

建設会社の現場社員や一流企業の工場勤務など、体を動かして働くブルーカラーのお仕事は高卒可の求人が充実しています。

ネット社会となった今では学歴にとらわれない仕事選びができます。IT・WEB業界の間口は広く、未経験の高卒者も歓迎されています。

女性に多いのはやはり事務職です。資格を取って経理事務や医療事務職を目指す方もいます。

営業職や飲食業、レジャー・アミューズメント施設など、学歴よりもコミュニケーション力が必要な仕事でも、男女の高卒者が活躍しています。

大卒者が多い職種

専門的な業界を除くと、大卒者の多くはホワイトカラーの仕事を選んでいます。ホワイトカラーの方が賃金が高い印象があり、肉体労働でもないからです。

ホワイトカラーとは「白い襟」のこと。ブルーカラーの作業服ではなく、白いワイシャツを着て働く人のこと指します。

大卒との違い

同じ企業に大卒者と高卒者が入った場合、早い段階で仕事内容に差が出ることがあります。

「自分より後輩の大卒に大きなプロジェクトが任さるようになった」というエピソードもあるため、苦い思いをすることもあるかもしれません。

そのためにも、学歴がハンデにならない企業選びが重要となります。

大卒より高卒優遇の仕事はある?

最初から大卒より高卒の方が好待遇である仕事を見つけるのはなかなか難しいです。
ただし、条件によっては高卒の方がうまくいく場合もあります。

まず職場に大卒の人があまりいないような職場です。高卒の人が多い職場だと大卒の人に対し「大卒なんだからこれぐらいできるだろう」と過度な期待をかけがち。
仕事がうまくいかないと「大卒なのに」とがっかりされるなんてことも。こうした職場の場合は大卒の人はいづらくなってしまいます。逆に高卒の方が仲間として受け入れてもらいやすいのです。

次に若い人材の方が好ましいというような職種です。若いうちから修業をしなければならない職人の世界などは、できるだけ年齢が低いうちから現場で働いた方が技術が伸びます。
高卒なら10代のうちから修業に入ることができます。優れた技術を持った人材になれば、転職はもちろん自営業でも食べていけるのでサラリーマンとしての年収を大きく超える可能性もあるでしょう。

また実力主義を取っている会社ならば、学歴はあまり関係ありません。営業職など結局沢山顧客を獲得した人の方が優遇されるのですから。「大卒には負けない」という気持ちで結果を出せば、学歴に関係なく昇給や出世ができるでしょう。

どんなイメージ?大卒から見た高卒

自分の学歴コンプレックスを感じている高卒者は少なくありませんが、実際のところ大卒者は高卒者をどんな風に見ているのでしょうか。コメント一覧を見てみると、プラスなイメージもあれば、マイナスなイメージもあることがわかります。

大卒から見た高卒のコメント

  • 高卒の人とは話が合わない。世間のニュースや話題ひとつをとっても価値観が違うと感じることが多く会話すると疲れることがある。
  • お金さえあれば大学まで行ける時代なのに高卒という人は、学生の本分である勉学から逃げた印象がある。給料や出世スピードにも差が出るのに「どうして大学に行かないんだろう」と思ってしまう。
  • 遊ぶために大学に入る人も多いから大卒がすべてではない。勉強する時間は多いかもしれないが、大卒でも常識がない人は多い。社会に出れば仕事ができるかできないかの二択でしかない。
  • 中学・高校時代の友達と今でもよく会うし、その後に進学したか就職したかは気にならない。友達でも恋人でも気が合う相手ならいい。
  • 学歴で遊ぶ友達や付き合う相手を選ぶことはないが、結婚相手は大卒がいいと思う。給料や出世の待遇が違うイメージがあるので、出産・育児のことを考えると高卒は不安。

高卒より大卒が有利なのはなぜ?

なぜ就職において高卒より大卒の方が優遇され、採用条件やお給料に影響をもたらすのでしょうか。

まず、大卒の人は大学受験を潜り抜けてきた優秀な人材であるという認識が企業側に存在するからです。
特に有名な大学を卒業している人はそれだけ勉強を頑張り、結果を出してきていると最初から好印象です。もちろん大学受験の勉強が仕事に直結するわけではなく勉強ばかり出来て仕事はロクにできない可能性もあるのですが、企業からすれば採用するまで学生が仕事ができるかどうかはわかりません。それならば勉強ができる人を取った方が優秀な人材に出合える確率が高まるというわけです。

次に大学で専門的な知識を学んでいる場合、企業は一から仕事の基礎を教える必要がありません。特に理系の大学生は専門分野を生かせる仕事では重宝されます。
大学でどんな分野の勉強に取り組んできたかを面接でアピールすることで、企業に「役に立つ存在」として認識してもらいやすくなるのです。

また高卒は若すぎるという問題があげられます。高校を卒業した時点の年齢は18歳です。
一方で大学を卒業した時点での年齢は22歳。アルバイトや一人暮らしを経験する大学生に比べ、高校生では経験値が足りないと思われる部分もあるでしょう。大学生はお金の使い方や社会人としての基本的なマナーを身に着ける機会が多いとみなされています。
もちろんアルバイトをしたり、ボランティアに参加したりと経験豊富な高校生もいるでしょうし、なんの成長もしていない子供っぽい大学生もいるでしょう。
しかし、一般的には大学生の方が大人だと思われているということです。

高卒が利用した方が有利な転職サイト3選

未経験、学歴不問、内定率高め!と言えばワークポート

経歴や学歴なんて関係ない!!!

ワークポートは社会人経験なしOK、未経験OK、高卒歓迎!

20代、30代、40代前半を対象に、就職活動や転職活動をフルサポート。ネット求人などを見て自分では見つけ出すことのできなかった求人も紹介してもらえるのも、ワークポートの強みの一つです。書類対策から面接対策、年収交渉までサポートが充実しています。サポートが充実していることから、最短2週間のスピード入社した人もいます。

だから、初めての転職でも安心。「分からないこと」は、ワークポートのサポーターが分かるまで、納得いくまでしっかりレクチャーしてくれます。
ワークポート利用者20代の5人に1人が未経験職種へ転職成功している為、ほとんどが未経験者というのは事実!

あっさり転職できた!

ワークポートを利用したらホワイト企業に入社できました

サポートのお陰で不安なんて吹き飛んだ!

「高卒」がコンプレックスだったけど、自信が持てるようになりました

私の良い所を企業にアピールしてくれて好印象を持ってもらえた!

ワークポートのポイント

  • 面談総合満足度96%
  • 紹介求人数満足度90%
  • 利用者満足度97%
  • 業界トップクラスの支持率
  • 経歴や学歴に不安のある人でも歓迎!

就活者のほとんどが登録しているリクナビネクスト

就職活動中、転職活動中の約90%の人が登録して利用しているリクナビネクスト。
年齢不問で誰でも使える事から、特に高卒者から絶大な人気を受けています。
日本全国対応で、様々な職種・業界の求人があり、アルバイト、派遣社員や契約社員、もちろん正社員求人も探せるなど、どんな状況でも仕事探しに使えるのがポイントです。
他の転職エージェントでは、拠点が東京にしかない場合も多いので、北海道、東北、東海、北陸、関西、中国四国、九州、沖縄などで仕事探しをしたい場合はリクナビが最適です。
利用にあたって面談などの面倒な手続きは不要ですし、メールアドレスさえあれば1分で簡単WEB登録だけで気軽に利用ができるので、就活の第一歩として非常に人気な就活サイトです。

また、登録のみの場合でも求人に応募しなくても「グッドポイント診断」という無料の市場価値診断ツールを利用できるほか、履歴書や面接のポイントなど、就活のお役立ちコンテンツも読むことができます。

リクナビネクストのポイント

  • 年齢不問、学歴不問
  • 業界未経験OK!
  • 毎週1000件以上の新着求人が更新
  • レジュメ登録者限定の非公開求人が見れる
  • 取り扱い求人数3000件以上

書類選考なしで大手企業と面接できるのが就職Shop

就職Shopは、書類選考がありません。履歴書や職務経歴書で人を判断するのではなく、その人の意欲や人柄を見て判断をする企業が集まっています。
「面接までなかなか辿り着けない…」という人も、書類審査で落とされる心配がないので、学歴や経歴に自信のない方でも安心。転職活動が履歴書作成からスタートではなく、いきなり面接からスタート出来ます。
また、就職Shopの社員が直接取材した求人だけを扱っているので、職場の雰囲気や給料面、詳しい仕事内容など、利用者が実際に自分が働く姿がイメージしやすくなっています。
4人に3人は未経験の状態で就職しているので、社会人経験がなくても大丈夫!担当のキャリアサポーターがしっかりとサポートしてくれます。

東京都(銀座駅・新宿駅・立川駅)、埼玉県(大宮駅)、神奈川県(横浜駅)、千葉県(千葉駅)、兵庫県(三ノ宮駅)、大阪府(大阪駅)、京都府(鳥丸駅)に店舗があります。

Point

※他の地域の方は、全国対応のDYMがオススメです。

就職Shopのポイント

  • 登録企業数7692件
  • 20代の若者対象
  • 面倒な書類選考はなし
  • 利用者数9.7万人突破
  • 定着率を重視
  • 模擬面接で充実サポート

高卒の既婚者は少ない?結婚の重要ポイント

最終学歴は収入以外の面においても影響を及ぼします。結婚して家庭を持ちたいとお考えの方は、学歴による既婚率が気になるところでしょう。

国勢調査によるデータ上では「高卒よりも大卒の方が結婚している人が多い」とされています。やはり、今後の人生を左右する結婚において互いの年収は無視できないポイント。

近年は共働きの家庭が増えていますが、残念なことにまだまだ家事・育児における負担は女性の方が大きいという現実があります。そのため、高学歴・高収入の女性は自分よりも年収の低い男性と結婚するメリットがありません。

そのため、「収入が低い男性」の未婚率は特に高く、男女ともに金銭面の不安から結婚できないカップルは数多くいます。好きなだけでは結婚できない……それは当然のこと。しかし、結婚を決める理由は人それぞれであり、「この人と一緒にいられれば幸せ」と思える人は相手の学歴なんてまったく気になりません。

素敵な出会いと幸せな結婚生活を夢見るならば、学歴以上の魅力を感じてもらえる自分を目指すことが何よりも大切だといえます。


高卒におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
DYM就職
DYM就職
就職成功率96%の実績と高卒者に強い転職エージェント
学歴に不利な高卒者でもポテンシャルや人柄を重視する企業案件を紹介し、書類選考をスキップして面接まで。強いパイプを活かして優良企業2000社以上から転職者に合った企業をマッチングし就職までサポート。
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)
18歳~29歳までの高卒フリーターの転職に特化
94.3%と入社後企業への定着率が高く、転職者のポテンシャルを重視するホワイト企業が多数。就職支援研修では座学と実践研修で基本的なビジネススキルを習得できます。就業後の継続したサポートもジェイックならでは。
ハタラクティブ
ハタラクティブ
4人に1人が高卒利用者の転職エージェント
10代・20代をメインに学歴に自信のない未経験高卒者の正社員への就職・転職をサポート。企業の採用ポイントを押さえた応募書類のアドバイスと面接対策の評価が高く、高卒フリーターの就職支援実績が豊富なことが特徴。
就職Shop
就職Shop
利用者数10万人以上大手リクルート運営
転職者の将来性やポテンシャルから登録企業数8370社以上の豊富な求人数からマッチング企業を紹介し、応募書類や面接対策、企業とのやり取りを個別サポート。店舗は全て駅チカなので気軽に通えるのもメリット。
type転職エージェント
type転職エージェント
大手からベンチャーまでカバーの実績20年以上の転職エージェント

学歴・職歴不問で登録でき高卒者からの評価も高い。IT系・営業系に強く企業との条件交渉が得意なので年収アップも期待できます。気軽な相談から入社までのフォローが充実しているので転職経験の浅い高卒者も安心。


高卒におすすめ関連記事

高卒のみんなに聞いた!就職先や口コミは?
「高卒はまともに就職できない」「ブラック企業にしか就職できない」なんて思ってませんか?高卒者の就職口コミや就職先についてまとめました。
高卒者に告げる!「公務員=安定」はもう時代遅れ!
いつまでも公務員が安定なんて思っていたら大間違い!その理由は…?
大卒よりも高卒の方が就職に有利って本当?!
大卒より高卒が有利ってどういうこと?!その訳は…?
高卒者が転職して年収500万!?
誰だって高年収になりたいものです。高卒者でも高年収になれる「得する転職方法」を特別にお教えします。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
48,419views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,577views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
21,179views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
18,619views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,825views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
14,080views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
13,830views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
12,354views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,467views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9,678views
ページのトップへ