就職したい!ニートOKな就職サイト一挙大公開!

一緒に内定をゲットしよう!ハローワークも行ったし、職業訓練の学校にも行った…。学歴なし・職歴なしのニートなんてどうせ就職できない…!そんな風に思っていませんか?

「ニートのままじゃ嫌だ!社会復帰したい!」というニートの為の、「ニート歓迎!」「現状ニートでも全然OKですよ!」の求人を集めた就職サイトがあるのを知っていましたか?

その中でも、特にニートが就職しやすいような就職サイトを厳選したので、自分にピッタリの就職サイトを見つけてみましょう。
もちろ全サイト登録は全て無料。とっておきの求人を紹介してくれるので、有効活用していきましょう。

「働きたい」「社会復帰したい」と思ってるその気持ちを、自分で大事にしてあげて下さい。
安心して就職活動に取り組めるように、凄腕のサポーター達があなたの社会復帰、内定獲得に向けて、徹底的にサポートしてくれます!

ニートにおすすめの就職サイトを厳選!

DYM就職は、1人1人に合った企業への紹介を徹底し、就職活動を徹底サポート。
就職成功率は驚異の96%。これまで5,000人を正社員として就職させている実績があり、DYM就職が厳選した優良企業の求人数は2,000社超え。マッチングを重視してくれます。
優良企業=ホワイト企業。誰もが働きたくないブラック企業は徹底排除しています。

対象者

10代、20代
既卒、第二新卒、大学中退、ニート、フリーター

1週間で入社できた!

職歴なし学歴なしだったけど、就職できた

入社するまでしっかりとサポートしてくれて嬉しかったです

DYM就職のポイント

100%正社員求人
ブラック企業排除の徹底化
職歴不問、学歴不問
もう書類選考で苦しまなくて済む
二人三脚で就活をサポート

DYM就職

JAIC(ジェイック)はニートの就職サポート最大手。ブラック起業を完全排除の就職支援に定評があります。
外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界などの離職率の高い企業は一切紹介していません。

就職成功率は80.3%で、通常の就職活動の2倍の成功率です。契約企業数50,000社以上で、これまで14,000名以上の就職支援実績があり、その後の定着率も94.3%となっていることから、就職先はホワイト企業であることが分かります。

対象者

18~29歳
既卒、第二新卒、大学中退、フリーター

jaic約束

4年間のニート生活後に正社員で就職!

無料就職講座がすごく良かったです

見事ニート脱却できました

jaic認定


更に、社内の雰囲気から福利厚生まで企業に直接確認済みなので、信頼性が高い事でも有名です。
ブラック企業だけは絶対に避けたい!という方にはJAICとの相性は◎です。

JAICのポイント

ほぼ毎日、説明会を実施している
310以上のメディアで紹介されている
無料就職講座で、社会人経験ゼロでも安心
未経験OKのホワイト企業の正社員求人だけを紹介してもらえる
社風や残業時間、一緒に働く上司の性格まで教えてくれる!
女性に特化した「JAIC女子カレッジ」もあり

JAIC

ワークポート未経験、スキルなしOK!
IT、インターネット業界に特化していて、これまで約2000社との取引実績があります。
その他、営業やバックオフィス系、販売系なども取り扱いあり。
15000件以上の求人数を抱え、中にはワークポート独自の非公開求人もあります。
面談総合満足度96%!紹介求人数満足度90%!利用者満足度97%

ワークポート利用者の、20代の5人に1人が未経験職種への転職に成功!
初めての転職や就職の人でも超安心。「分からないこと」は、ワークポートのサポーターが分かるまで、納得いくまでしっかりレクチャーしてくれます。

対象者

20代~40代前半
フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

就職したい時期に合わせてスケジュールを組んでくれた

ホワイト企業に入社できました

引きこもりだった僕が社会復帰できた。

私の良い所を企業にアピールしてくれた!

ワークポートのポイント

最短2週間のスピード入社も可能!
自分では見つけられなかった求人を紹介してもらえる
独自ツールの「eコンシェル」が便利
経歴や学歴に不安のあるニートでも歓迎!
何でも気軽に相談してOK

ワークポート

 

就職Shopベストマッチングを重視!利用者数9.3万人を突破!
営業、事務、企画、技術系の職種など多数の求人を取り扱い、登録企業数は8060社!

就職Shopは、人柄や意欲を評価する企業が集結している為、書類選考がありません。その為、書類で落とされる心配はなく学歴や経歴に自信のない方でもすぐに企業との面接に進むことができます。

対象者

18歳~30歳
フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

また、より多くの情報を利用者に伝える為、就職Shopのスタッフが自らの足で、企業へ直接訪問して取材をしています。100%直接取材した求人を扱っているので、職場の雰囲気や、給料の面、詳しい仕事内容など、実際に働くイメージがしやすくなっています。

4人に3人は未経験の状態で就職しているので、社会人経験がなくても安心!専任のキャリアサポーターがしっかりとサポートしてくれます!やり甲斐のある企業へ就職できるという事でも就職Shopは定評があります。

就職Shop店舗

アクセス情報や詳細はこちら
※他の地域の方は、全国対応のジェイックがオススメです。

就職Shopのポイント

模擬面接で自己PR力を磨ける
効率的な就活方法で納得感が得られる
定着率も重視
書類で判断せず、人間性を見てくれる企業が多数

就職Shop

 

「この仕事に会えて良かった」という声を利用者からたくさん集めているリクナビネクストは就活活動中の90%の人が使っていると言われています。

掲載求人数は3000社以上。そのうち約85%がリクナビネクスト限定求人です。
日本全国対応、あらゆる業界・職種の求人がある、派遣社員や契約社員、アルバイト求人も探せるなど、どんな状況でも仕事探しに使えるのがポイントです。
「未経験OK」「社会経験なしOK」などの条件で検索できるので、ニート・フリーターでも応募できる求人を効率的に探すことができます。

対象者

年齢不問
フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なし

他の転職エージェントでは東京にしかオフィスがない場合も多いので、北海道、東北、東海、北陸、関西、中国四国、九州、沖縄などの地で就職希望している人にもリクナビがオススメです。
利用にあたって、面談などの面倒な手続きは不要ですし、メールアドレスさえあればたったの1分で会員登録できるので気軽に利用できます!就活の第一歩として非常に人気の就職サイトです。

また、登録だけでもしておけば、求人に応募しなくても「グッドポイント診断」という無料の市場価値診断ツールを利用できるし、履歴書や面接のポイントについて、就活に役立つコンテンツを読むこともできます。
あまり気負いせず気軽に登録してみて下さい!

リクナビネクストのポイント

年齢不問、学歴不問
業界未経験OK!
他のサービスとの併用OK!
グッドポイント診断で自分の強みを分析できる
新着求人が毎週1000件以上更新
レジュメ登録者限定で非公開求人が見れる
年収アップから異業種転職など多数の転職成功実績あり

リクナビネクスト

 

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントです。29歳までなら、職歴なしでもOK。
未経験OKの企業は1,500件以上で、正社員就職成功率も80.4%(2015年10月実績)となっており、これまで60000人以上を支援した実績があります。書類審査通過率は驚異の91.4%!
登録すると担当者が付き、就職や将来の相談、マッチした企業の紹介、面接のアドバイスやセミナーを受けることが出来ます。

対象者

20代
フリーター、既卒、未経験者
1都3県に在住の方(東京、神奈川、埼玉、千葉)

関東在住ならばJAICと一緒に登録しておくと良いでしょう。関東以外に在住の方は全国対応のDYM就職に登録しましょう。

【PR】QUOカード500円分プレゼント中!
ハタラクティブの詳細

求人に関しては一般の求人サイトには出ていない、独自の求人を集めていることも大きな強みです。JAICが営業職に強いのに対して、 ハタラクティブはあらゆる業種・職種の仕事を揃えています。
ニートがいきなり月収27万円という例もあります。
企業に直接足を運んでいる為、適切な求人を紹介してくれるので、信頼性の高いエージェントとしても有名です。

ハタラクティブのポイント

5~10年後を見越した仕事選びのコツを伝授
びっくりするほど内定が出る!
自分発見カウンセリングで自分に向いてる仕事が分かる
自分に向いている仕事が分かる
企業に見合った面接対策

ハタラクティブ

アイデムスマートエージェントは、20代・若者・社会人未経験者を対象とした、正社員を目指したい人の為の、完全無料の転職支援サービスです。

大手から中小企業、ベンチャー企業、地元の優良企業など、25万社以上の企業と太いパイプを持ち、規模、業界、職種も様々な求人を扱っています。厳しい基準に基づき、基準に満たない企業とは一切取引していません。

対象者

22~29歳
フリーター、既卒、第二新卒
正社員希望者
1都3県に在住の方(東京、神奈川、埼玉、千葉)

未経験者の不安を取り除き、安心して就職活動に取り組めるように、1人1人に専任のキャリアアドバイザーがつき、直接企業に紹介・推薦しくれて、履歴書や職務経歴書などの書類対策や、模擬面接(面接対策)までしっかりフォロー。
就活スキルアップの為のイベントやセミナーや合同企業説明会なども随時開催されています。
エージェントによる徹底的なフォローやアドバイスがあるからこそ、一次面接通過率は80%!高い通過率で先行に進めます。
入社までしっかりケアを怠らないのが、スマートエージェント就活サポートのモットーです。

完全無料でプロに就活を手伝ってもらえた

妥協一切なしで内定ゲット!

ニートや未経験者へのサポートが丁寧でした

自分の理想通りの結果、理想通りの企業と出会えるまでエージェントが代後まで、何度でもサポート。内定後も入社までしっかり支援してくれるので、まさに社会人未経験者の為のトータルサポート。
非常に丁寧なサポートなので、就職・転職が初めての人でも安心して利用できます。就職・転職について1人で悩んでいる人は、アイデムスマートエージェントを試してみましょう。

アイデムスマートエージェントのポイント

納得のいく内定、理想の企業に出会えるまで何度でもお手伝い
合同企業説明会、業界研究会など無料イベント開催
適性を鑑みたキャリアデザインを実施
初めての就職、転職の人にも安心な充実したバックアップ体制あり

アイデムスマートエージェント

 

20代の為の次世代型就活サポートで知られているUZUZカレッジで就活を行った人の83%以上が1社以上の内定をもらっていて、書類選考通過率は、驚異の87%!!
ITエンジニア、営業に特化していて、とにかく一から十まで全部教えてほしい!という方にピッタリ。

対象者

18歳~29歳(最終学歴高卒以上)
既卒者、就職浪人者、フリーター、大学中退者
転職希望者

「未経験職種に挑戦してみたい!」「短期で離職してしまったけど大丈夫かな…」「正社員に就職したい!」という方にピッタリ。

社会人経験なかったけど就職できた!

事前にスキルを身につけられたので安心できた

5週間コースのおかげで社会復帰のリハビリになった

未経験前提なので、企業の人も優しかった

株式会社UZUZ(ウズウズ)が運営する同サービスは、スタッフが全員あなたと同じ既卒やフリーター経験者!『怖い気持ちをわかってくれた』『共感してくれたので安心した』という声が多いサービスです。

ハイブリッドコースでは、未経験就活のプロフェッショナルが徹底サポート!研修費0円で社会人としての必須スキルが身につくのも魅力の一つ。未経験でも最短5週間でスキルと内定ゲットが可能なのです!

UZUZカレッジのポイント

18歳~29歳(最終学歴高卒以上の方)
スタッフ全員が第二新卒、既卒、フリーター経験者
ブラック企業の求人を排除
電話やメールで対応してもらえるので地方在住でもOK
まったくの素人でもOK

UZUZカレッジ

 

女子のオススメと言えばジェイック女子カレッジ!ジェイック女子カレッジは就職成功率80%越え!
これまで14,882人を正社員として就職させた実績があり、女性に人気の一般職・総合職の求人や、メーカー、商社、IT、広告など様々な業種を取り扱い、離職率の高い業界求人は一切紹介していません。

対象者

18~29歳
女性
既卒、第二新卒、大学中退、フリーター
派遣、契約から正社員位になりたい女性

もちろん業界未経験でもOK!無料で6日間の研修が受けられるから、女性の強みを引き出して、能力を最大限に発揮する為のスキルを磨く事もできます。

意外と知られていない女性の市場価値や、女性ならではの就活方法などジェイック女子カレッジでしか学べないことが多数!
女性が女性らしく働く為に。女性専用なので、女性の方は無料説明会への参加を是非オススメします。

ジェイック女子カレッジのポイント

20人×20社程度の集団面接会
女性が働きやすい企業が多数
ビジネスマナーが身につく
上手なメイク方法を教えてくれる
全て正社員求人

ジェイック女子カレッジ

 

就職エージェント・ネオは急成長中の人材企業ネオキャリアが運営するサービス。
経験・学歴不問でニート、フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人の就職サポートに特化しており、これまで15000人以上を就職成功させてきました。
また、未経験OKの求人を5000件以上持っており、まさにフリーターやニートの救世主ともいえる存在です。

対象者

20代
既卒、フリーター、第二新卒

公務員試験から民間企業への転職、短期離職者、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途採用も完全無料でしっかりサポートしてくれます。
担当者が実際に企業を訪問しているので、職場の雰囲気なども詳しく教えてもらえるから安心。ブラック企業は完全除外して、優良企業のみを紹介してくれるから安心して就活できます。また、不採用の理由を教えてくれるから、なぜダメだったのか一緒に考えて、改善に繋げることができます!

入社後、うまくやっていけるかも不安なもの。そんな心配も就職エージェント・ネオなら必要ありません。入社前に「内定者研修」を実施してくれ、電話のとり方、名刺の受け渡しなど、社会人に必要な基礎スキルを学ぶことができるのも魅力の一つ。

就職エージェント・ネオのポイント

18歳~28歳の方対象
ニートOK
就活アップセミナーを実施
キャリアアップも可能
プロのキャリアカウンセラーによる、最適なキャリアプランニング
ブラック企業を徹底排除

就職エージェント・ネオ

 

いい就職.comはこれまで2000社以上の企業に対して、5000人以上を正社員として入社させた実績があります。10年以上の歴史があることからも、この業界では信頼のおける老舗企業と言えます。

対象者

第二新卒、既卒、新卒、留学帰国者のみ

紹介先企業はベンチャー企業や中小企業と言った、若者を必要をする企業が多いので「自分の力を試してみたい!」、「自分の本当の実力で評価してもらいたい!」という向上心の強い人にはかなりおすすめのサービスです。

いい就職.comのポイント

第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者のみ対象
応募前に企業の担当者に会える
首都圏、関西圏、中京圏、沖縄に強い(他の地域も対応可能)
スタッフが実際に足を運んで企業情報を得ている
ガイダンス、セミナー、研修等が充実している

いい就職.com

 

未経験でIT・WEB・ゲーム業界に就職 ニート脱出×年収500万も?

ニートが活躍?20代年収500万?そんなワケ…

IT・WEB・ゲーム業界で多くの元ニートが正社員として活躍しているのをご存知ですか?

PCが得意でITリテラシーの高い若者はこの業界から期待されています。実際に即戦力となれる場合もあり、スキル次第では29歳で年収500万円スタートという例も。

ニートが就職していきなり年収500万円なんてある訳ないだろ!しかし、いくら素晴らしい可能性を持っていても、未経験で正社員になれるチャンスは少ないのが若者の就職環境の実情。

社会経験の少ない未経験者はアルバイトや契約社員といった不安定な立場での雇用が多いです。

そんな中、未経験OKの正社員求人に強いIT・WEB・ゲーム業界特化型の支援サービスもあります。自分がどんな企業にどのくらいの年収で就職できそうか担当の方に相談してみるのも良いですね。

担当者との相性もありますので面談の雰囲気や親切さなど、どちらが自分に合っているか比べてみることをオススメします。

IT企業での経験を積んで技術を身につければ、フリーランスとして独立起業して働くことも可能です。フリーランス(自営業)としての働き方にはメリット・デメリットがありますが、まずはビジネスマナーや基本的な業務内容や仕事内容を身につけるためにも一般企業への就職がおすすめです。

ワークポートは20代のIT・WEB・インターネット・ゲーム業界の転職実績が豊富で、未経験でもチャレンジできる求人を数多く扱っている転職エージェントです。

求人数は13,719件!(2016.6.30時点)で全国対応。

担当者は業界経験・知識が豊富なので、気軽な相談も突っ込んだ相談も出来ます。

担当者が企業の内情を良く知っているので、事前に残業時間や教育体制などを確認できブラック企業を避けられます。

WORKPORT(ワークポート)

でもITとかWEBってブラックが多いんでしょ?

ITやWEB系はブラック企業ばかり?IT系やWEB系の仕事は過酷な労働環境のブラック企業が多いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

・・・実際のところ、
かなり、というか超絶ブラックが多いのです。

特に大規模プロジェクトの納期前は終電どころか、午前様、何日も徹夜で泊まり込みも普通です。もちろんすべてサービス残業。

3日で辞めたとか7か月休みがないなんて話は珍しくもなんともない業界です。

しかし、それは武器を持たないで就活した場合の話。転職エージェントという武器を持てば、いとも簡単にブラックを避けることが出来ます。

可哀想なことに、このことをみんな知らなすぎるのです・・・
転職エージェントを使えば、ブラックなんて見つける方が大変なのに・・・

 
IT求人はハローワークに多数寄せられますが、無料で利用できるハローワークに求人を出す企業と、ワークポートにお金を払って採用活動をする企業、ブラックの可能性が高いのはどっちだと思いますか?

採用にお金を掛けられる = 人を大事にする企業
これはほぼ間違いありません。

さらに言えば儲かっているから残業代もボーナスも出る。新人を教育する余裕もある。

人材を紹介してもすぐに辞められてしまっては、人材会社の評判も悪くなりますし、報酬を返却しなければならない事もあります。

そんなリスクばかりのブラック企業の紹介を転職エージェントが避けるのは、ある意味当たり前と言えます。

WORKPORT(ワークポート)

 

ニートが就職する為の5つのポイント

ニートでもOK!な就職支援サイトをご紹介しましたが、登録するだけではもちろん正社員にはなれないのが事実…。
ニートの方が少しでも早く正社員になれるように、就職のポイントを5つご紹介します。

    就職のポイント

  • 転職エージェントに登録する
  • 担当サポーターにしっかりとサポートしてもらう
  • 自分の就職に対するモチベーションを維持できるものを見つける
  • 失敗しても諦めない!明るい未来をイメージする
  • ゴールが見えても油断しない!内定をもらう所までが就活!

ニートの就活は何から始めればいいのか?

思い立ったが吉日!
脱ニートを考えるならすぐに就活チャレンジしてみましょう。
今までニート生活をしていた方がいきなり就活といっても何をしていいか分からないのは当然です。そんなときは転職エージェントを活用して就職支援を受けるのもおすすめです。転職エージェントでは無料の研修が開催され、基本的なビジネスマナーや面接対策といった講習を受けることができますし、特に女性ニートでは、女性ならではのマナーを身に着転職ることも可能です。
就エージェントでは専任のコンサルタントが自己分析のアドバイスやマッチングする求人情報の提供、履歴書や職務経歴書の書き方アドバイス、面接対策など就職を手厚くサポートしてくれますし、面接日や入社日など企業とのやり取りを代行してくれます。
転職エージェントによっては入社後のフォローも充実していますので、不安なく仕事をスタートすることができますね。

ニートは就職するなら中途採用のタイミングを狙え!

企業の求人情報には新卒採用と中途採用の2つのパターンがありますが、学校を卒業後数年経過しているニートは中途採用で応募しましょう。
中途採用の求人募集がかかるチャンスは1年に2回あり、3月と10月。
なんで3月と10月なのかというと、ボーナスが支給された後で「ボーナスをもらったら退職しよう」と考える人が辞める時期だからです。
そしてニートの方におすすめの中途採用時期は10月!
それは下半期の3月にはスキル重視の採用がされやすく、ニートの方にとってはややハードルが上がってしまうからです。10月からの入社を目指して、梅雨が終わった7月8月頃から就職活動を始めるのがベストだといえます。

現役ニートでも就職すれば活躍できる人の条件とは?

採用担当者が「一緒に働きたい」「活躍が期待できる人材だ」と感じた場合、現役ニートでも就職に有利。活躍できる人に求められる条件はこれから紹介するスキルを上手くアピールできる人!

コミュニケーションスキル

企業が採用を重視する能力として1位のコミュニケーションスキル、最近の言葉でいうとコミュ力とも言いますね。企業に入社すれば自社、他社の方とともに協力して仕事をしていかなければいけません。どんなときでもコミュニケーションを求められ、仕事をするにあたって、人と人とが接し、良い関係を築くためのスキルとしてコミュニケーションスキルが必要なのです。

相手が話している内容を理解し、それを正確に他者へ伝え、間違っていれば問題解決までできる…この一連の流れが必要とされるコミュニケーションスキルです。

行動力

就活をしている方が自己PRで多用する「行動力」ですが、企業の採用担当者が見ている部分は「行動したこと」ではなく「行動するまでに至った過程」です。

なぜ、どんな思いで行動しようとしたのか
どのように行動したのか
そして行動した結果は
結果を受けてどのような想いになったのか

企業は自社のキャリアプランに合う人材を求めていますが、それに対してどのような活躍をしてくれるのかを重視しています。「こんな考え方でこのような行動力ができる人材なら一緒に働きたいな」と思わせることが採用の秘訣です。
ただ単に「こんなことをしました」というだけでなく、行動しようと思った原動力などをアピールすることが大切です。

ストレスコントロール

仕事をすると必ず様々なストレスを受けます。
職場の人間関係やノルマ、残業などたくさんのストレスに対応できる人材、ストレスに耐えることができる人材ではなくそのストレスをコントロールすることができる人材が求められます。
ストレッサーに対して「嫌だ」とストレスを感じるだけでなく、それにどうやって対応すれば良いか考え仕事をやり遂げることがコントロールできているということです。
どんなときでもポジティブな気持ちに切り替えることができること、壁にチャレンジして乗り越えられるような気持ちが大切です。
ストレス発散できる趣味をもつこともいいですね。

ニートはブラックにしか就職できない?

「ニートはホワイト企業に就職できない!」
「ニートはブラック企業で諦めろ!」
「ニートはブラック企業でもいいから働け!」
…こんなこと聞いたことありませんか?

ブラック企業といえば

離職率が高い
残業時間が長い
サービス残業が多い
パワハラやモラハラがある
退職させてもらえない

というような特徴があります。

ブラック企業と言われていますが果たして企業としての機能を果たしているのか?というような企業も多数存在します。
2017年12月、ある大企業において新入社員だった女性社員に月105時間もの残業をさせ過労自殺に追い込んだとして起訴された問題が記憶に新しいですが、この問題をきっかけに隠れ残業が通常業務のようになっている企業が多いということが分かりました。
政府が労働者の労働環境を改善するための働き方改革によって、ブラックからホワイトへの改革が進められています。

ホワイト企業ってどんな会社?ホワイトの基準とは?

誰しもがホワイト企業への就職を望んでいますが、ホワイト企業って一体どんな企業なのでしょうか?ホワイト企業とは、簡単にいうと社員が働きやすい企業といえるでしょう。
職場環境が良く、待遇や福利厚生が充実し、社員の定着率が良いことがポイント。
いきいきと仕事をすることができる企業がホワイト企業です。

どんな基準でホワイト企業かどうかを見極めれば良いのかというと、全ては企業研究にかかっています。就活を進める際には自分自身を知る自己分析が必須ですが、これと同じように希望する業界や企業を分析、研究することが必要です。
求人情報に記載されている職場環境や待遇、福利厚生以外に職場環境や実際の残業時間、人間関係などを知らなければ、ホワイト企業だと思って入社したけれど実はブラック企業だったとミスマッチ退職してしまう原因となります。

ホワイト企業かどうかを知る基準として代表的なものが3点あります。

  1. 給与額が適正
  2. 同じような企業に比べて高すぎる給与、飛びついてしまいがちですがこれはブラック企業の可能性が大。適正な給与水準で求人を出しているところを選びましょう。

  3. 求人情報があまり出ない
  4. 就活シーズン以外に求人情報があまり出ないということは社員の定着率が良いということ。反面ブラック企業では退職率が高く社員が定着しないため、求人情報がたびたび掲載されているという特徴があります。

  5. 社員の表情が明るい
  6. 会社見学や企業で行われる研修などがあればぜひ参加してください。その時に実際働いている社員を見ていきいきと仕事をしているか、笑顔があるかなどをチェックしましょう。
    仕事にやりがいをもって取り組むことが出来る、心身に負担なく仕事ができるという点でホワイト企業の見極めポイントです。
    会社自体がどんよりし、社員の表情が暗く覇気がない場合はブラック企業の可能性大でしょう。

働き方改革って?

国の取り組みのひとつである「一億総活躍社会」実現に向けて内閣官房に「働き方改革実現推進室」を設置。働く人の立場となって、労働環境の改善に取り組もうという働きです。
労働者の労働環境問題は一企業の問題だけでなく、国としての問題であるという認識をもつようになりました。
働き方改革の目的はこれら3点。

  1. 長時間労働の改善
  2. 正社員と非正規社員の格差是正
  3. 労働人口不足による高齢者の就労を促進

このような課題をクリアするべく、国として企業として取り組まれ、年々ブラック企業が減少し、労働環境は改善しつつあるといえるでしょう。
2017年2月24日より実施された政府と経済界が提唱した「プレミアムフライデー」では、月末金曜日は15時に仕事を終え、普段よりもプレミアムな生活を推奨しようという働き方改革と連携され、買物や旅行をして個人消費を増加させようというもの。
まだまだ全国的には浸透されてはいないものの、首都圏ではプレミアムフライデーとともに土日祝日休みという企業は当たり前になってきていて、ブラック企業は確実に減ってきているのが現状です。

ニートの就職におすすめの職種一覧

今まで働いたことがない、長期のニート生活で空白期間が長いという方は、どんな仕事が向いているのでしょうか。「自分にはどんな仕事が合っているか分からない」「どの仕事なら就職できるんだろう」と悩んでいる方も多いでしょう。
ニートの方や職歴の空白期間が長くても採用されやすい、おすすめの職種をご紹介します。

工場
工場の仕事は決まった仕事内容なので、突発的な出来事が起こりにくく残業も少ないケースが多いことがメリット。きっちりと時間が決められて仕事をしたい方にぴったり。
また、仕事内容は手順や作業内容を覚えたら比較的こなしやすいため、気持ちに余裕をもって働くことができます。
単調な仕事が多いので、常に頭をフル回転させたいという方には向いていません。

セールスドライバー、ドライバー職
1人の時間が長いため、人間関係が煩わしい方やコミュニケーションが苦手といったニートの方に向いています。
労働時間が長く、休日が少ないといった点がありますが、給与の高さは他の職種よりも高いため、何よりも高賃金を!という方はチャレンジしてみてください。

介護職
常に人材不足の介護職は、ニートの方でも就職しやすい職種となります。現在の需要も高く、今後もさらに需要が伸びるため、手に職をつけ将来を考える職種としては最適。
未経験からスタートしても、実務経験を積み資格を取得してスキルアップ&キャリアアップすることでケアマネージャーや施設の管理者といった上級職を目指すことも可能。
ニートの方は不安な気持ちや辛い気持ちに敏感な方が多いため、高齢者のデリケートな気持ちに寄り添うことができる方が多く、人を支える仕事が向いているでしょう。
介護職は夜勤もあり体力勝負の仕事ですので、しんどいことも多いですが「ありがとう」と言われ人から感謝される素敵な仕事です。

事務職
どの企業にも必ず存在する事務職、企業によっては経理や営業事務などを兼務するケースも多く、人気の高い職種です。
「事務職は楽」というイメージが強いため、求人倍率が10倍以上となることも少なくありません。特に資格が必要ではないので、「事務職に就きたい!」と希望する方は根気よく求人応募しましょう。

プログラマー・エンジニア
システム開発や携プログラミングを行う仕事です。インターネットの時代である現代ではプログラマーの需要は高く、引く手あまた。
プログラミング言語の使用が必須となり、プログラムを組み動作に不具合が生じた場合は修正作業を行います。
向いている方はパソコンが得意な方。研修制度が充実している企業も多数ありますので、未経験の方でも応募できるケースも少なくありません。
未経験でも知識がある方の方が優遇されるので、関心のある方は通信教育などで学習しておくことをおすすめします。

営業職
職歴が浅くても就職しやすい職種といえば営業職。
「ノルマがきつい」「嫌がられる仕事」といったマイナスイメージをもつ方が多いため求人への応募が少なく、営業職はいつも人材不足。職歴が浅くでも就職できる営業職は穴場といっても良いでしょう。
ニートの方に営業職をおすすめするのは、実務経験や資格といった評価ではなく、結果で評価されるという点。
いくら職歴が浅くても、ニート期間が長くても「結果よければすべてOK」と、実力がものをいう営業の世界。
給料も他の職種に比べて高めのことが多く、さらに結果を出すことで給料アップも期待できるでしょう。

ニートからの脱却を目指すには?

「ニートだからどうやって就職活動すればいいか分からない…」とお悩みの方、まずは就職支援サイトに相談してみましょう!
ハローワークや求人広告で就職活動がスムーズに進まない場合でも、就職支援サイトではうまく就職できる可能性があります。

就職支援サイトに登録すると、専任のコンサルタントがあなたに合った求人情報の紹介、就職相談、無料の研修制度など様々なサポートを受けることが可能。
業界の経験豊富なコンサルタントが履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削、面接対策など内定率アップの道しるべとなってくれます。

就職支援サイトは、公開求人・非公開求人を多数もっていますので、未経験でも応募できる求人情報も充実しています。
経験がないから希望の職種につけないといった悩みも解決するでしょう。
プロフィールの登録で、企業からのスカウトを受けることができるサイトもありますのであなたに合った企業と出会うことが出来る確率が高まります。

就職活動を1人で進めていると必ず壁にぶつかることがでてきます。
何から始めたらいいのか、企業とのやり取りに不安がある、応募書類の書き方が分からないなど、ニートの方や職歴の空白期間が長い方は特に悩みの種となる課題です。
コンサルタントと一緒なら怖くありません。
どんな些細な相談にものってくれるコンサルタントがいつもそばにいることは大変心強いことですね。
決して1人で悩まずに、コンサルタントと一緒に就職への第一歩を踏み出していきまっしょう。

不利じゃない!女性ニートでも就職を諦めない!ニート女性が就活の時に求められることとは?

今仕事をしていない、求職活動もしていない、家の手伝いもしていないという女性ニートが急増しています。昔女性は働かなくても「家事手伝い」という表現で家にいましたのでニートと呼ばれることは少なかったのですが、最近では女性ニートという言葉が広まってきています。
病気だったり、家族の介護をしていたり、資格取得のための学習をしていたり…といった働くことができない理由がなく働かない人をニートと呼び、今さら就職活動なんて…と諦めてはいませんか?

女性ニートでも就職を諦めるのはまだ早いですよ!就活のときに求められるポイントさえつかめば就活への成功も近いでしょう。企業の採用担当者によると「求める女性像」というのは特段なく、男性女性ともに社風や企業のキャリアプランに合った人材を求める傾向のようです。しかし、やはり女性ならではのポイントをチェックされているというのも事実。
女性ニートが就活のときに求められるポイントはこちら。

コミュニケーションスキルとマナー

男女平等といっても職場での男性の役割、女性の役割がありますので、女性に求められるポイントとしては女性ならではの物腰の柔らかいコミュニケーションやマナーでしょう。仕事でも男性とは違う視点で物事を見て提案ができるというのは女性ならではの強み。
入社後の接客時のことを考えて、気持ちの良いコミュニケーションができる女性の方が重宝されやすいでしょう。
マナーは男性もチェックされるポイントですが、面接時の挨拶や受け答え、後述する身だしなみに気を付けることが大切です。

身だしなみ

ニート生活を長く過ごしていると身だしなみに手を抜いている方が多いでしょう。ニート女性のイメージは一般的に「ずぼら・すっぴん・片づけない」などが挙げられ決して良いものではありません。採用側としてもニートが長いという先入観をもってイメージされている場合があります。
社会人としてのメイクや髪形といった身だしなみに気を付けて面接に挑みましょう。
TPOに合わせたナチュラルメイクや髪形など清潔感をアピールすることが大切です。

高卒ニートの人生逆転方法

最終学歴が高卒の方は、大卒の方と比べて就職に不利なのは事実。しかし、企業側のメリットとして高卒を採用すると採用コストを抑えることができるという点で有利です。
高卒ニートが人生逆転するには、いち早く就活して採用を目指すことがポイント。

求人情報にも高卒OKとしているものもたくさんありますのでチャレンジしていきましょう。しかし、一人では不安という方は転職エージェントを活用することで高卒でも正社員を目指すことができ、入社前の無料研修によって基本的なビジネスマナーや営業スキルを身に着けることができるエージェントもあります。
ニートやフリーターを専門として扱うエージェントもあり、コンサルタントが就職をサポートしてくれますので心強いですね。
また、ニート期間中に資格取得を目指す、語学力を学ぶといったスキルを身に着けて置くことも人生逆転方法のひとつですよ。

既卒ニートってやばい?!空白期間の賢い説明の仕方!

既卒ニートの方が面接で必ず聞かれることといえば「空白期間は何をしていたのか?」ということ。数カ月程度でしたら何も困ることはないのですが、ニートをしていた空白期間が2年3年…と年数を重ねるごとにイメージが悪くなってしまいます。
「空白期間が長いと就職できないのではないか?」
「嘘をついた方がいいかな」
と、皆さん必ず悩まれます。
空白期間がない人に比べて空白期間がある人の就活は不利ですが、空白期間が必ずしもマイナスにしかならないかというとNO!
空白期間の説明を乗り越えて採用を目指しましょう。

正直に答える

親の介護や自身の病気療養など正当な理由がある場合はきちんと伝えることが大切です。資格取得のための勉強をしていたという方もマイナスイメージにはなりません。
ボランティアをしていた、勉強をしていた、留学していた、海外旅行をしていたなどこれからの人生経験になる理由はOKです。

例えば、ゲームやインターネット、音楽活動をしていた場合、遊びと判断されてマイナスイメージになってしまいますので少しポジティブに言い方を変えて説明し、ゲームやインターネットを通じて成長できたことをプラスαで付け足します。
趣味に没頭してニートをしていた場合、趣味をする過程で得たことや達成したことがこれからの人生や企業に対して活躍できるかどうかがポイントになります。

何もしていなかった場合、ニート中勉強も趣味もせずただぼーっと毎日を過ごしていた方の場合、何もしていなかったと伝えた後、なぜ働こうと思ったか、きっかけ、働いてからのキャリアプランを伝えることで少しでもプラスイメージに持っていけるでしょう。

転職エージェントを活用する

「空白期間の説明がうまくできない」と不安に思う方は転職エージェントの就職支援を活用しましょう。コンサルタントがキャリア相談を通じて応募書類の書き方や面接での答え方をアドバイスしてくれますので、空白期間についてもうまく答えることができるよう支援してくれます。
エージェントによっては書類選考なしで面接まで進むことができるサービスもありますので空白期間があるという書類の内容だけで不採用ということを免れますね。

30代ニートは就職ラストチャンス!

新卒で就職した会社がブラック企業だったり、人間関係に疲れたり…と20代の内に退職してニートになってしまい、「少しニートでゆっくりしよう」と思っていたらなかなか就職することができずにニート生活を続け、30代に突入していたという方が多いです。
20代ニートは若さを武器に就職することができますが、30代ニートはキャリアやスキルがないと就職は難しい場合が多いでしょう。

ハローワークや求人情報誌、求人サイトに掲載されている求人情報では年齢不問・未経験可と書かれているものもありますが、実はブラック企業である可能性も…

30代の方が就職を決めようと思ったら今すぐに行動してください!
どんどん年齢を重ねるごとに就職しにくくなり、気持ち的にも就活する想いが小さくなってしまいます。
一人での就活が難しい場合は、転職エージェントのコンサルタントと二人三脚での就活がおすすめです。キャリア相談をして就職支援を受けることができますので、求職者に合った企業とのマッチングを可能にしてくれます。

40代、高齢ニートはもう致命的?就職のチャンスは…?

今の日本では高齢ニートと呼ばれる40代のニートが増加しています。20代、30代は親のすねをかじってニート生活を満喫されていた方が多いですが、40代ともなると生活を支えてくれていた親が高齢となり、年金生活が始まったり身体を壊したり亡くなったり…と今までのように収入を得ることが難しくなってしまいます。

よほど資産がある家庭でないとこのままニート生活を続けるのは困難ですね。
しかし40代となるともはや一人での就活は難しいでしょう。
就職できたとしても長年ニートをしていたら社会人としての生活が続けることが出来ない可能性も…

こんな方は転職エージェントを活用し、派遣社員からスタートし一定期間働いた後、正社員や契約社員として直接雇用してもらえる可能性の高い紹介予定派遣制度を活用するのがおすすめです。幅広い働き方や希望条件で働くことのできる派遣社員として社会人としての生活に慣れることがまず必要でしょう。
職歴がない場合も研修制度が充実し、就職サポートしてくれるので不安なく進めていくことができますよ。

ブラック企業を避けて就職するなら今がチャンス

雇用情勢の改善が続き、今は8年連続上昇している絶好のチャンス!
人材不足と景気回復で企業の採用率が高まっていることが理由のひとつで、有効求人倍率は、1974年1月バブル期、約44年ぶりの高水準となっています。
ニートの方の就職支援サービスもハローワークやサポートセンター、ジョブカフェといった機関、就職支援サイトなど多くのサービスもここ数年で数十倍に増加しています。
政府が取り組んでいる働き方改革が推進され、ブラック企業撲滅の風潮が強くなりつつある今、ニートを脱却し、ホワイト企業の正社員を目指すことができるチャンスです。
この機会を逃さないように、就職を希望する方は就職支援サイトを活用しましょう。

実はハローワークよりも転職エージェントの方がニートにとって就活しやすい?!

就職活動といえば1番に思い浮かぶ場所といえばハローワークという人が多いでしょう。ハローワークは職業を紹介する機関ですが、実はブラック企業の宝庫とも言われています。
ハローワークを活用して入社したけれどブラック企業だったと悩んでいる方も少なくありません。

ハローワークの求人票には、勤務時間や給与、残業時間などが記載されていますが、入社したら実は嘘だった…ということも。4割の求人票が事実とは異なる求人情報を記載していたという情報もあります。
ニートの方がハローワークへ職業相談に行くとすぐに働くことができる、希望条件に合った求人情報を教えられるでしょう。しかし本当に自分に合った企業なのか?というと不安が残ります。
ハローワークの職員は求職者へ職業を紹介するのが仕事なので、本当に求職者に合った仕事かどうかという部分にまでは着目していないのです。

その反面、転職エージェントを活用すれば希望条件を細かく確認し、自己分析を行いキャリア相談などの就職支援を受けることができます。
また、コンサルタントは業界のプロばかりですので、強いネットワークやコンサルタント自信が足を運んで入手した企業情報を持ち、一般の求人票には記載されていない情報を提示してくれます。例えば、職場環境や雰囲気、本当の残業時間などです。
履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削やテンプレートの提供、面接対策として模擬面接やアドバイスを受けることができるのも転職エージェントのメリット。
「どこでもいいから早く就職したい!」という方はハローワークでも構わないかと思いますが、「良い環境で長く働くことができる職場」「自分に合った職場を見つけたい」という方は転職エージェントがおすすめです。

職業を紹介すれば後は求職者と企業にお任せのハローワークと異なり、入社前の研修や入社後のフォローが充実しているのも転職エージェントならでは。

「ニートあるある」を理解して自分改革

現役ニートやニート経験者にしか分からないニートあるあるをご紹介します。

「昼夜逆転がひどい」

ニートは昼夜逆転している人が多く、夜は活動的。ネットサーフィンやゲームを楽しみ、朝のテレビ番組が始まることに寝て昼過ぎに起きるという生活。
時には気が付いたら夕方や夜になってしまっていることも…
乱れた生活習慣のためか働いていないのに疲労感が強い人もいますが、朝の散歩をして適度な運動をするなど健康には気を付けましょう。

「Facebookやインスタを見るのが辛い」

周りの友人は新卒で働き活躍している、もう結婚して子供がいる人も…こんなキラキラした友人の姿を見ると「自分はなんてダメな人間なんだ」「ずっとこのままだったらどうしよう」と不安感に襲われ落ち込んでしまうことも。
Facebookやインスタのリア充の日常を見るのが辛いと思ってしまうでしょう。

「身内での肩身が狭い」

子どもがいい年をしてニートというと親の肩身も狭く、親戚の集まりや冠婚葬祭で「来てほしくない」と思われてしまうことも。子どもがニートということをひたすら隠している親も少なくないようです。

「好きでニートやっているだけ」「まだ本気出していないだけ」

ニートの生活を楽しんでいる人もいますが、強がっているだけなのかもしれません。「自分が本気を出せば一流企業にもすぐ入社できるはずだ!」という幻想を捨て、着実に就活していくよう一歩進んでみることをおすすめします。

日本が抱えているニートと社会問題に関して

現在日本にいるニートは約60万人、ニート、引きこもりといったことが日本の社会問題となっています。
「働いていないだけで迷惑なんてかけてないでしょ?」というニートの方、「マイナス要素にはなるけれどプラス要素には全くならない」ということを自覚しましょう。

日本には国民の三大義務が存在します。
日本国憲法に定められた「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」の3点です。日本で公的なサービスを受けて安全に暮らすことができているにも関わらず、義務を果たしていないのがニートです。
働いている人は皆所得税が減収されていますが、ニート人口が増えると本来国の税収となるべき所得税の額がかなりマイナスされてしまいます。今ニートをされている方が仕事をして所得税を納めると税収が増え、日本の景気が良くなり公的サービスももっと改善される可能性も出てきます。
ニートが日本経済に影響を与え社会問題となっているといわれる理由です。

まとめ

働く事は大変な事かもしれないけど、本当に自分自身に合ってる仕事と出会えれば、その分喜びや達成感は感じる事ができるもの。
脱ニートをする為には様々な手段があるけど、最近はこのようにニートの為の就職支援サービスも沢山あります。
どこを目指すのか、何を目標とするのか、自分で考える事も大切だけど、分からない時は誰かに頼ってみましょう。就職のプロ達があなたの悩みや気持ちを聞いてくれますよ。

自分に合った就活方法が見つからない場合は、これを機会に就職支援サービスに登録してみましょう。

 

ニート就職 鉄板ガイド
4ステップでニートから正社員!
ニートの社会復帰、その方法は?
リスクだらけのニートの収入源
職業訓練の活用方法とは?

このページの先頭へ