ニートの脱出方法を徹底解説!

定年退職をしたわけでもない若者が無職でいる状態、いわゆる「ニート」は収入もなければ世間からも馬鹿にされ憐れまれる……と大変生きにくいように思えます。
しかし、2016年の統計では日本国内のニート総数は57万人となっており、「ニート生活をやめられない人」がとても多いことがわかります。

「ニート」は英語で「NEET」と表記され、正式名称である「Not in Employment, Education or Training」を日本語にすると「就業・就学・職業訓練、いずれの状態にも当てはまらない人」となります。

「ニート=若年無業者」ということで、一般的には「15歳から34歳の無職者(就労・家事・通学をしていない者)」を指すのですが、35歳になろうが40歳になろうがニート生活を続けていればニートのままです。
そこで今回は、ニートがニートを辞められない理由にスポットを当て、今後の解決策やニートの脱出方法をご紹介したいと思います。

どうしてニートを辞められないのか?

ニートや引きこもり問題が今日本の社会問題となっています。
ニートは本人が辛いだけでなく周りの人も辛い思いをしたり、社会経済の停滞にも繋がったりする問題です。周りにはなかなか理解されにくいニート、脱出しようと一念発起してもなかなか成功しないケースも…
ニート脱出できない理由と脱出方法をご紹介します。

「ニートから脱出したくてもできない」「好きでニートをしているんじゃない」という方も多くいらっしゃいますが、ニートから脱出できない原因は様々。

とてもわかりやすくシンプルな理由ですね。働く苦労も上司に厳しく指導されることもなく、家の手伝いをすることもなく、一日中家でゴロゴロしているのは「楽」以外のなにものでもありません。ゲームやマンガが好きだったり、没頭できる趣味がある人にとっては至福の時間が毎日続くのです。

ニートの多くは実家住まいなので、ごはんも自動的に出てきます。この楽さを知ってしまうと、厳しい社会の中に戻ることがとても難しくなってしまうのです。

ニートの中には、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人や、自分に自信を持てない人が数多くいます。
そのことが原因で学校や仕事をやめて家に引きこもり、そのままニート生活をしているケースです。ニートであることに対する羞恥心や罪悪感、他人への猜疑心を抱いている人も多く、「ニート期間についてしつこく追求されるのでは」「馬鹿にされ笑われるのでは」といった恐怖心が生まれ、社会復帰を果たすことができないのです。

働かなきゃいけないんだろうなぁという思いがありながらも、「自分にできそうな仕事がない」「やりたいと思える仕事がない」と立ち止まっているパターンです。
新しいことにチャレンジする意欲や自信がないということは、ある意味「ニートは楽だ」と感じている人よりも厄介な状況だと言えます。

働くことよりもやりたいことや楽な生活を優先するニートをオススメするわけではないですが、「無気力」だったり「やる前から諦める」というのは実りのある人生とはかけ離れています。

深刻な毒親問題

ニート脱出できないのは本人だけの問題ではなく毒親も関係しているということが少なくありません。不登校や引きこもりからニートが長引くケースが多くありますが、その要因のひとつが毒親。

ネットで毒親という単語がよくみられますが、毒親とはいったいどんな親のことを言うのでしょうか。
毒親は俗語で、アメリカの精神医学者であるスーザン・フォワードの著書『毒になる親(Toxic Parents)』から生まれました。
ネグレクト(育児放棄)や過干渉などの児童虐待、子供の人生を支配するという意味を持ち、毒のように悪い影響を子供に与える親のことをいいます。
毒親が子供に与える悪い影響はこれらになります。

過干渉の毒親のもとで育った子供は何か行動をするときに毒親が先回りして指示をし、その指示に従い行動をするため、自分で考えた行動ができなくなってしまう傾向があります。自主性や積極性が欠如し、指示以外の事態が起こったときにパニックになり、対応ができないという方もいらっしゃいます。
指示がないと行動ができない大人になってしまい、学校や会社に通うようになっても親の指示がないと行動を起こせず、外に出ることが怖くなり、不安感や無気力状態となり不登校や引きこもり、ニートとなってしまいます。
また、親の指示のもと行動をしていたことで失敗をするという経験がなく、社会にでて初めて挫折を味わってしまうことも理由のひとつとなります。

活気ある生活を送るためには、自分自身を認めてあげる自己肯定感が大切ですが、毒親に育てられた子供は親から否定されて育っているケースが多く、自己肯定することが困難です。自己肯定できないと、自分自身はダメな人間なんだと自信を喪失し、不安感に襲われます。
例えば…
「お前はダメな人間だ」
「お前なんか育てるんじゃなかった」
「90点以上じゃないと認めない」
「お前はバカだ」
など、否定され続けて大人になった方は自己否定してしまい、いつも自身のなさが目立ち、人と接することが怖くなり自宅に引きこもってしまうようになります。

人間は失敗から学習することがたくさんあります。
赤ちゃんをみていると実感しますが、1度2度失敗を繰り返すと3度目には成功。親は見守り、成功したらたくさん褒めてあげないといけません。
褒められることで「嬉しい、次も頑張ろう」という気持ちになり、新しいことにチャレンジしていく勇気に繋がるのです。

親が毒親だと、赤ちゃんの頃から経験しなければいけなかった失敗、成功体験が経験できていないので、失敗することや挫折することに強い不安感を持ち、他者と接することができなくなってしまいます。

ゲーム依存症問題

今ゲームは多様化しており、続ければ続けるほど楽しいのが最近のゲーム。長くゲームをすることで強くなったり有利になったりするのも魅力的ですね。
また、インターネットのゲームでは、仲間とともに冒険をしたりボスを倒したり、コミュニケーションを取りながらゲームをするので、なかなか中断することができず気が付いたら長時間ゲームをしていたということも。
筆者も若い頃は某RPGにはまり、寝ずに大学に行ったことがあります。ゲームをしている最中は眠気もなくすっごく楽しいですよね。
実はそれがゲーム依存症の始まり。
ゲームが止められない理由はちゃんとあって、その一つがドーパミン。ゲームをしている中で楽しいと感じたり興奮したりすると脳が刺激され、ドーパミンという快楽物質が分泌されます。ドーパミンがさらにハッピーでポジティブな気持ちにさせるため、ゲームを止めることができず、気が付いたときにはどっぷりのめり込みます。
ドーパミンが過剰分泌されると、人間の身体は「これ以上ドーパミンを分泌させると体に悪い!」とイエローカードを出しドーパミンの分泌を抑えますが、「ドーパミンが減ってきたぞ!」とドーパミンの分泌を促そうとする脳。
脳からの指令でドーパミンを求めてゲームをし続けゲーム依存症となってしまいます。
楽しいからゲームをしているつもりなのに、気づいたら止めたくても止めることができない依存症になってしまうなんて怖いですね。

楽しいからという理由でゲームを始めた方はたくさんいますが、中には家庭や社会で居場所がない方が居場所を求める場所にもなっています。
ゲーム依存症と聞くと本人が悪い病気のように感じますが、実際は家庭内や社会に問題があり、ゲームの世界へ現実逃避した結果がゲーム依存症だったというケースが少なくありません。
ゲームをしているときはゲームの世界でなりたい自分になることができる、周りに必要とされる勇者でいることができる、そんなやり場のない想いがゲームへのめり込んでしまう要因です。

ニートを脱出するきっかけとは?

自分の貯金を切り崩しているニートもいれば、親のすねをかじっているニートもいます。中にはネットビジネスなどで収入を得ている「ネオニート」と呼ばれる人たちもいます。

しかし、貯金が底を尽きたり、親や国からの援助、そのほかの収入源を失ってしまっては、ニート生活は一気に破たんします。最悪の場合は生活保護を受けることになりますが、働いている両親と同居している人はそれも難しく、嫌でも外で働かざるをえなくなります。

「好きな人やアイドルができた」「興味を持てる文化や仕事を見つけた」など、人は新たな出会いがあることで瞬く間に変われるものです。
「ライブに行くためには外に出る必要がある、お金も稼がなくちゃいけない」「やりたいことと向き合うためにもニートではいられない」、そんな風に思えたらニートを辞めることは簡単です。
行動力が生まれ目標を立てられることは、ニート脱出方法の中で最もポジティブで望ましいことです。

はじめのうちは子どものニート生活を許容していた親でも、それが何年も続けばいつか限界が訪れます。ただ飯食らいを家に置いておくことは、経済的に負担がかかります。
しかし、それ以上に子どもの将来を案じて発破をかけるのです。厳しい言葉で叱られてはじめて自分の愚かさに気が付き、ニートを脱出する人がいます。

親が死んでしまってお金のあてがなくなり、仕方なくニートを辞めるというのは、とても悲しい脱出方法だといえます。自分の力でお金を稼いで喜ばせることも、ニートだった過去を謝ることもできません。気合を入れて仕事に精をだし、親の苦労や優しさを噛みしめるべきでしょう。

ニートは就職できる?

ニート脱出は思っているほど難しくない!

病気や障害があるために働けない人たちのことをニートとは呼びません。ニートは「バリバリ働ける身体と時間があるのにそうしない人々」を総称する言葉です。
つまり、ニートを続けるのも辞めるのも自分の気持ち次第なのです。

「ニート生活がらくちん」だと考えている人は、貯金や収入源がゼロになった時や養ってくれる親がいなくなった時のことを想像してみましょう。
親が残した持ち家があるとしても、食費や光熱費、住民税、保険料、固定資産税など、払っていくあてはありますか?
生活費は降って湧くものではありません。最悪の場合は野垂れ死にです。そうならないためにも、今すぐに自分を変える必要があります。

「今さら社会復帰するのが怖い」「他人とふれあいたくない」といったメンタル面が原因の方は、多少の開き直りが必要です。他人は意外と他人のことを気にしていません。
親しくもない人に「おしゃべりするのが苦手なのかな」「変わった人なんだな」と思われたところで、あなたの人生はあなたのものなのです。

コミュニケーション力を求められない仕事を見つけたり、専門的なスキルが身につく職について将来的に独立をしたり、未来のために「今がんばれること・耐えるべきこと」と向き合うようにしましょう。

ニートである自分に対する気持ちがネガティブだろうがポジティブだろうが、行動さえ起こせば結果はあとからついてきます。ニートでいることのデメリットはあっても、ニートを辞めるデメリットは限りなくゼロだといっても過言ではないでしょう。

ニート生活から脱出するとどうなる?

「ニートを辞める」ということは「社会に出て働く」ということです。「年収はどのくらいになる?」「キャリアアップはできる?」といった心配は、今の段階においてまったくもって不要です。自分で稼げるようになれば多かれ少なかれ給料がもらえます。ニート時代のお財布事情とは比べものになりません。

「将来や老後のことが心配」「欲しいものが買えない」といった不安は、自分の努力次第でさっぱり解消することができます。今の日本の経済状況を見れば、誰だって未来に不安を覚えます。だからこそ自分ががんばるしかないのです。

仕事につくことで人との出会いが増えます。一人でいるのが好きな方が、むりやり社交的になる必要はゼロ。とはいえ、友人や知人が増えることで行動範囲は広がり、プライベートが充実することは確かでしょう。また、ニートであったがゆえに今まで恋人がいなかった人も、誰かとおつき合いをしたり、結婚をするかもしれません。

はじめは慣れない仕事に悪戦苦闘するかもしれませんが、仲間に頼られるようになったり、上司に評価されるようになれば、自分に自信が持てるようになります。
ニートの方は「自分は社会から必要とされていない人間だ」と思うことも少なくありません。しかし、自信がつけばいつの日かニートだった過去ですら笑い話にできるようになるのです。

また、ニート生活の中で親との仲が険悪になったり、失望されてしまった場合でも手遅れということはありません。
自分が変われれば親の気持ちにも変化が表れ、お互い大切な家族として再スタートをきれるのではないでしょうか。

ニートからの脱出方法は?

「このままニート生活をしているとダメになってしまう」
「今のままじゃダメだ!」
「ニートから脱出しないと!」
と、ニートをしていると定期的にこんな気持ちが沸き上がってくるでしょう。

しかしなかなかうまくいかないのが現実、長くニートをしているとやる気はあっても行動にまで結びつかなかったり、いざチャレンジしようと思っても不安感が襲ってきたり…
ニートから脱出できずに、ずるずると長期的にニート生活を続けている方が多くいらっしゃいます。
いつかはニートを卒業しないと親も高齢で自分自身の老後も不安。ニート脱出方法やきっかけのひとつが「自立」精神的にも経済的にも自立するというのがニート脱出の1番の方法です。
今の日本経済は良くなりつつあり、どこの企業も人材不足となっています。そろそろニート脱出しようかなと考えている方はこの船に乗らない手はありません。
猫の手も借りたいくらいの人材不足なので、採用率も高いため社会復帰にはもってこい。

ニートから急に正社員を目指してバリバリ働くというのは、いきなりハードルが高いですが、アルバイトからならチャレンジしやすいでしょう。
将来的には、労働環境や社会保障が充実している正社員を目指したいところですが、アルバイトからスタートして経験を積み、派遣、契約社員や正社員への登用を狙ってみるのがおすすめです。

アルバイトで働くといっても長年ニートをしていた方には気持ち的にも身体的にも負担が大きいので、単発や短期のアルバイトから始めてみても良いでしょう。
少しずつアルバイトで慣れることで、自信の回復に繋がり、コミュニケーション不足の解消といったことにもメリットがあります。
アルバイトや派遣だと希望する勤務日や勤務時間で自分自身に合わせて働くことができますので、慣らし勤務をすることができますので安心ですね。
今までの趣味を少しでいいから継続したいというライフワークを大切にしたい方にも向いています。

ショック療法としていきなり正社員を目指す方法がありますが、社会経験もなく、コミュニケーションスキルが低いニートの方には挫折感を強く感じるリスクがあり、おすすめできません。しかし、どうしてもすぐに正社員になりたい!という場合は転職エージェントや就職サイトを活用することで専任のコンサルタントがつき、あなたに合う企業とのマッチングややり取りの代行を行ってくれますので心強い味方ですね。

年代別ニート脱出難易度

難易度20%
20代ニートの方は、まだまだ希望に満ち溢れています。ニート脱出しようと一念発起して6カ月後には正社員登用されている可能性もあります。
20代からニート脱出するには、やりたい職種や業種を絞り、期間を決めて行動し、ずるずるさせないという強い意思と、絶対ニートを脱出するぞ!という気持ちが大切です。

難易度50%
30代はそろそろ周りの友人は結婚して子供もいる頃ですね、どんどん置いてけぼりで不安か強い時期となります。
ニート脱出を試みるなら「とにかく早く!」が合言葉。30代になるとなかなか行動に移せずに、このまま40代ニートへ突入してしまう可能性が高くなってしまいます。ニートを卒業するなら30代が勝負の年です。

難易度80%
いよいよニート脱出も難しくなってくる年代40代。30代を過ぎると求人情報が少なくなり、採用率も低下します。履歴書や職務経歴書では空白期間が長く、「なんて説明したらいいか分からない」というのも悩みの種でしょう。
1人でのニート脱出は困難になりますので、転職エージェントや就職サイトでプロのアドバイスを受けながらニート脱出にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ニートに人気の就職サイト

今、最も人気な就職サイト!!!

1人1人に合った企業への紹介を徹底し、就職活動を強力サポート!

DYMは、二人三脚で一緒にゴールしてくれるので信頼性の高いエージェントです。

就職成功率は驚異の96%!これまで5,000人を正社員として就職させており、優良企業求人数は2,000社となっています。
優良企業=ホワイト企業!誰もが働きたくないブラック企業は徹底排除!!

非常に信頼性の高い就職サイトです。では、なぜそこまで信頼性が高いのか…

就職成功者の利用した感想

  • まさかこんなに簡単にニート辞められるとは思わなかった…!
  • DYMを利用したら、すぐ良い求人に出会えた!
  • 登録後すぐに連絡をくれて、翌日にはエージェントの方と面談が出来て、思ってた以上にスピーディーに感じました。
  • 入社するまで、しっかりとサポートしてくれて嬉しかったです!
  • まじでオススメすぎて、ニート仲間にも紹介したら就職成功してた(笑)DYM最強すぎでしょ!!

DYMではこんな実績がたくさんあります。
ホワイト企業の正社員になりたい!!そんな人にはDYMがおすすめです。

対人関係に相性があるように、企業との相性もあります。どんな企業と出会えるのか、それは人それぞれ違うものです。
就職成功者5000人というのも、5000通りの相性があるという事です。
登録したら、もうそれで正社員への第一歩です。小さな一歩が、大きな一歩に変わる日がいつか来ます。
自分を変えられるのは自分しかいません。登録の先に待っているのは、凄腕の持ち主たち。あなたの就職活動を徹底サポートさせて下さい。
働く意味をDYMと一緒に見つけていきましょう!

DYMのポイント

  • 10代、20代対象
  • 100%正社員求人なので安心
  • 書類選考なしで最短1週間でスピード入社!
  • 経歴や学歴に不安のあるニートでも歓迎!
  • 若者向けなので仲間が沢山いて安心
  • 60秒で簡単登録!もちろん無料!
  • DYM就職

1人1人に合った企業への紹介を徹底し、就職活動を強力サポート!

就職Shopは、登録企業数7692件!!!
書類選考がありません。書類で判断するのではなく、人間性を見て判断をする企業が集まっています。
その為、書類で落とされる心配はなく、学歴や経歴に自信のない方でもすぐに面接が出来ます。
100%直接取材した求人を扱っているので、職場の雰囲気や、給料の面、詳しい仕事内容など、実際に働くイメージがしやすくなっています。
4人に3人は未経験の状態で就職しているので、社会人経験がなくても安心!専任のキャリアサポーターがしっかりとサポートしてくれます!

脱ニートしたい!安心して就活に取り組みたい!
そんな人には就職Shopがオススメです。
ニート向け就職サイトの中で、登録に最も時間がかからないのが特徴!
1分でカンタン登録!最速で登録できるのは就職Shopだけ。
登録するだけでも脱ニートへの第一歩です。迷った時は登録だけでもしておきましょう。

無料登録してみる

 
東京都(銀座駅・新宿駅・立川駅)、埼玉県(大宮駅)、神奈川県(横浜駅)、千葉県(千葉駅)、兵庫県(三ノ宮駅)、大阪府(大阪駅)、京都府(鳥丸駅)に店舗があります。
アクセス情報や詳細はこちら

※他の地域の方は、全国対応のDYMがオススメです。

就職Shopのポイント

  • ニートの背中を押してくれる!
  • 20代の若者対象
  • 面倒な書類選考なしで楽々就活
  • 定着率も重視
  • 書類で判断せず、人間性を見てくれる企業が多数
  • 就職Shop

ハタラクティブは20代に特化した転職エージェントです。29歳までなら、職歴なしでもOK。

正社員就職成功率も80.4%(2015年10月実績)となっており、これまで40000人以上を支援した実績があります。

1都3県を主なサービス対象としているので、関東在住ならばJAICと一緒に登録しておくと良いでしょう。登録すると担当者が付き、就職や将来の相談、マッチした企業の紹介、面接のアドバイスやセミナーを受けることが出来ます。

【PR】QUOカード500円分プレゼント中!
ハタラクティブの詳細
 
 
求人に関しては一般の求人サイトには出ていない、独自の求人を集めていることも大きな強みです。JAICが営業職に強いのに対して、 ハタラクティブはあらゆる業種・職種の仕事を揃えています。

ハタラクティブのポイント

  • 書類通過率91%、内定率80.4%
  • びっくりするほど内定が出る!
  • 未経験OKの企業のみをご紹介
  • 自分に向いている仕事が分かる
  • 5年後、10年後を見据えた仕事探しができる
  • ハタラクティブ

外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界の企業は一切紹介していません。

そう断言するJAIC(ジェイック)はニートの就職サポート最大手。ブラック排除の就職支援に定評があります。

就職成功率は80.3%、これまで12,174人を正社員として就職させており、その後の定着率も94.3%となっています。
※就職先はホワイト企業であることが分かりますね。

4年間のニート生活後に正社員で就職!見事ニート脱却!
ジェイックではこんな実績がたくさんあります。

ブラック企業だけは絶対に避けたい!そんな場合はJAICがおすすめです。

JAICのポイント

  • ほぼ毎日、説明会を実施している
  • 無料就職講座で、社会人経験ゼロでも安心
  • 未経験OKのホワイト企業の正社員求人だけを紹介してもらえる
  • 社風や残業時間、一緒に働く上司の性格まで教えてくれる!
  • 女性に特化した「JAIC女子カレッジ」もあり
  • JAIC(ジェイック)

リクナビネクストは就活中の転職希望者の90%が使っているとも言われる転職サイトですが、実はニートやフリーターでも利用することができます。もちろん年齢不問。

「未経験OK」、「社会経験無しでもOK」などの条件で検索できるので、ニート・フリーターでも応募できる求人を効率的に探すことができます。

利用にあたって面談などの面倒な手続きは不要ですし、メールアドレスさえあればWEB登録(1分で可能)だけで気軽に利用ができるので就活の第一歩としてお勧めです。

日本全国対応、あらゆる業界・職種の求人がある、派遣社員や契約社員、アルバイト求人も探せるなど、どんな状況でも仕事探しに使えるのがポイントです。

「いきなり正社員はちょっと・・・」
そんな時はリクナビネクストで仕事探しをしてみましょう。

また、登録だけでもしておけば、求人に応募しなくても「グッドポイント診断」という無料の市場価値診断ツールを利用できますし、履歴書や面接のポイントといったコンテンツも読むことができます。

他の転職エージェントでは東京にしかオフィスがない場合も多いので、北海道、東北、東海、北陸、関西、中国四国、九州、沖縄などで職探ししたい場合はリクナビがお勧めです。

リクナビネクスト公式サイト

まとめ

ニートと一言で言っても、ニートになる原因は様々あり、それぞれニートになった経緯を調べると自分自身が原因だったということは少なく、親や周囲が原因だったということが多くあります。
ニート脱出は1人では難しい場合がありますので、困ったときはプロの力をぜひ借りてくださいね。

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

ニート就職 鉄板ガイド

ニート就職 鉄板ガイド
ニートに待ち受ける悲惨な末路

30代ニート、将来はどうなるの?

ニートにオススメの資格とは?

目指せ脱ニート!バイト面接攻略法

このページの先頭へ