> ニートの社会復帰は『支援』が重要!

ニートの社会復帰は『支援』が重要!

1027 views

一発逆転のチャンス! ニートの社会復帰ノウハウを伝授

「そろそろ働かないとお金が…」「なんとなく世間から、周囲からの目が気になる…」と気づき、煽られれば煽られるほど、いざ社会復帰をしようと思っても怖い、不安、失敗というワードが脳裏に焼き付いてしまうほど、辛くて悲しくなってしまいますよね。
なぜ、ニートや引きこもりになってしまうと社会復帰が厳しくなってしまうのでしょうか?

多くの経験者が語るには「精神的に病んでいってしまう」と言うことが多いようです。社会生活を避けてニートになっていったとしても、ホッとできるのは初めだけで、長く引きこもっていると、次第に「このままでいいのか?」と言う不安が頭をもたげ、やがてはその不安に心を蝕まれていってしまうようです。

ニートの社会復帰の重要なポイントは、社会復帰の支援です。

社会復帰失敗を避ける為には『支援』が重要である

ニートを長らくしていた方が単独で就職・転職をしようとすると、新聞広告に入っている求人情報やハローワークを活用するケースが多いでしょう。

しかし、このような媒体に掲載されている求人情報はごく一部の情報のみで実はブラックな部分が隠されている可能性もあることを忘れてはいけません。
せっかく社会復帰を果たしたのに退職してしまい、再びニート生活に逆戻り…ということにならないように就職・転職支援を受けて社会復帰することが大切です。

本気の社会復帰なら転職エージェントを利用

就職・転職支援を受けるには、就職・転職サイトやエージェントの活用をすることでプロのコンサルタントがマンツーマンでサポートしてくれますので心強いですよ。
例えば、求職者の希望やニーズに合わせた企業の提案や紹介、履歴書や職務経歴書など応募書類の添削、模擬面接といった直接就職に携わることから、求職者の悩み相談、自己分析やキャリア診断などがあります。

業界のプロであるコンサルタントが一般の求人情報には掲載されていない職場環境や給与面、残業時間など非公開情報を持っているケースもあり、未経験でも本当にストレスなく働くことが出来るか、ウェルカムな職場かどうか…といったこともアドバイスしてくれるでしょう。
なにより入社後のサポートが充実しているエージェントも多く安心して社会復帰の第一歩を目指すことができるでしょう。

ジェイック

ジェイックは今話題の業界最大手のサービスです。就職支援実績14,000名以上、就職成功率は80.3%で、310以上のメディアで紹介されるだけあり、その実績は群を抜くものです。
通常、自分の力だけで就職活動をすると精神的負担も掛かる分、就職成功率は48.9%です。これにに対して、ジェイックで就職活動をすると80.3%で約2倍の確率で就職成功できます。
ジェイックでは、社会で必要なビジネスマナーをはじめ、書類対策や面接対策まで、無料就職講座を開き、最初から最後まで充実したサポートを受けられるから、社会復帰がしやすくなっています。
今まで就職を支援してきた14,000名の中には、もちろん元ニートで社会復帰を遂げてきた方が沢山います。スキルも社会人経験も何も持っていなくても大丈夫、ジェイックなら社会復帰へと導いてくれます。

jaic認定


厚生労働省委託が決めた職業紹介優良事業者に認定されています。

JAICのポイント

  • 全てジェイックの社員が企業に直接取材した正社員求人
  • 契約企業数50,000社以上
  • 社会復帰に重要なサポート力が強い
  • 人物重視の企業と面接ができる
  • 学歴・職歴が不利でも、有利な就職活動ができる

DYM就職

学歴もスキルも何もないけど就職したい!という人の為の就職支援サービスであるDYM就職。
就職成功率は驚異の96%で、これまで5,000人を就職成功させてきました。
学歴や職歴は不問なので、社会からドロップアウトしてしまった人でも、DYM就職を利用すれば社会復帰のチャンスとなります。
また、ブラック企業を徹底的に排除しているので、非常に安心感のある就職支援サイト。
業界内でもトップを争うくらいの高い就職率なので、信頼性はもちろん、安定性にも定評があります。
利用者に寄り添う就活がモットーだから、社会復帰を考えている且つ、ホワイト企業(優良企業)に就職したい人は、DYM就職の利用価値あり◎

DYM就職のポイント

  • 社会復帰のキッカケ作りを最大限にサポート
  • 一部上場企業、トップベンチャー企業もご紹介
  • エージェントが最後まで二人三脚で就活をサポート
  • 書類選考カットで1週間のスピード入社も可能
  • 面接練習、書類添削、服装指導あり

就職Shop

リクルートの仕事紹介センターとして知られている就職Shopは、面談で利用者の可能性を広げて求人を紹介しています。
たくさんの選択肢の中から、強みや興味をサポーターと一緒に見つけ出していくことが出来るのが就職Shopの特徴です。
書類選考は完全カット、しかも未経験歓迎の求人がメインだから、学歴も職歴も関係なし!
完全個別対策なので、登録から内定までの流れがスムーズです。そのことから利用者はグンと増え、利用者数9.7万人を突破。
その人の意欲や人柄を評価したいという企業が集結しているので、自己PR力がどんどん磨けるから一石二鳥!

また、就職Shopは利用者により多くの情報を伝える為に、就職Shopの社員が直接企業へ訪問して取材を行っています。
取材した求人だから、給料の事や詳しい仕事内容、職場の雰囲気など、利用者が実際に自分が働く姿をイメージしやすいようになっています。

就職Shopのポイント

  • 利用者の9割が20代
  • 登録企業数8060社以上
  • 正社員就職をサポート
  • 4人に3人は未経験
  • 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫に拠点あり

ワークポート

若年層、未経験者にとにかく丁寧なサポートをしてくれるのがワークポートです。
ITやインターネット業界に特化していて、販売系やバックオフィス、営業など多数の職種を取り扱っていて、どれも未経験OKです。
だからワークポートは、社会人経験やスキルがなくても大丈夫!ネット求人等、自分では見つけ出せなかった求人もワークポートならきっと見つかる。
15000件以上の求人数の中には、ワークポート独自の非公開求人も存在します。
分からないことは分かるまで、納得できないことは納得いくまで、担当のサポーターがしっかり最後までレクチャーしくれます。
社会復帰したいけど、なんとなくあと一歩が踏み出せない…そんな時は是非ワークポートを利用してみて下さい。

ワークポートのポイント

  • 面接総合満足度96%
  • 紹介求人満足度90%
  • 利用者満足度97%
  • 経験を問わないから社会復帰しやすい

社会復帰する方法4選

社会復帰に対するハードルを、自らとても高くしていることはありませんか?
社会復帰する方法……つまり、働き方のスタイルはいくらでも存在します。
もしも大卒で「大手企業でしか働きたくない」と考えている人や、学歴を問わず「正社員じゃなければ社会人とはいえない」などと考えている人は価値観を改めましょう。
社会を支えている仕事や働き方は多種多様なのです。

バイトで社会復帰

まずは簡単なアルバイトから自信を取り戻していく方がいいでしょう。
数ヶ月に渡って働く通常のアルバイトは、求人誌や求人サイトを参照して探すのが一般的です。
ニートだった人がアルバイトを開始する、実はそれだけでも大きな一歩であると言えます。

温かい布団から出ることはどんな人でもちょっとした決意というか、踏ん切りが必要だったりします。
そもそも逃げ込んで始めてしまったニート生活ですから、そこを脱出しようとすることは非常に大変なことなのは想像に難くありません。
ですから、まず外に出よう、アルバイトでも仕事をしようという決意のもとに一歩を踏み出したということは重要な進歩です。特に一人暮らしのニート生活者にとっては収入は死活問題です。

勝負はここからで、今までにも述べてきたとおり、ニートや引きこもりに対するマイナスの評価や、正規雇用、正社員への険しい道のりが待っているのです。

しかし、アルバイトでも真面目に働いていることで、そこの店舗や企業に正社員として雇用される可能性もあります。このように、動かなければ何も始まりませんし、動くことで、色んなことが見え始めてきます。

バイトから始めよう!詳しくはこちら

派遣社員で社会復帰

いきなりフルタイム勤務は難しいなら単発勤務短期勤務で様子を見ることもできます。
短期バイトは派遣会社に登録するケースが多く、大半の場合は簡単な面接で採用が決まります。仕事は単純作業がほとんどです。採用も辞めるのも気軽なのが派遣のいいところです。

また、期限付きの雇用もあれば、その職場でそのままレギュラーワークに切り替えることも可能です。働くことに体が慣れてきたら、正社員の道を模索できるといいです。そこまでくればニート脱却&正社員として社会復帰は近いです。

派遣の形態には、紹介予定派遣と言う形もあり、一定期間後に正社員や契約社員として雇用されることを前提としたものもあります。
この場合だと、採用時の基準がシビアになってきます。明確なスキルが要求されることが多く、仕事も事務職や営業職などが目立ちます。

正社員で社会復帰

社会保険やボーナス、退職金などあらゆる面において最強の働き方です。
正社員というだけでニート・フリーターとはまったく違う立場になります。人間に優劣をつけることは間違っていますが、日本では「正社員の方がえらい・信用できる」と考えられていることは否めません。
未経験・ブランクOKの正社員求人は意外とたくさんあるので諦めずに探してみましょう。
特に「販売・サービス」「飲食」「営業」といったジャンルの求人情報は、経験・資格不要の案件が多く狙い目です。

ニート社会復帰の現実

社会復帰のその先に待っているもの

社会復帰って一見とてつもなく意味のなさそうな事に見えますが、よくよく考えてみれば良い事ばかり。
安定した収入、安定した生活、安定した人生を不自由なく送ることができます。

ちなみに、ニートにとって社会復帰がつらいと思うのと同じように、連休明けの会社員も社会復帰に抵抗があります。
「また今日から働くのか…」「また今日からいつもの日常が始まる」なんて思う人の方がこの世の中には多いです。
でも本当はそんないつもの日常があることが、訪れる事が1番幸せかもしれないですね。

社会からドロップアウトしてしまった原因

過去に就活で失敗した・就職できなかった

新卒時に就職活動をしたものの、理想の会社に入れなかった人は数多くいます。
それは学歴や内定獲得率だけの問題ではなく、就活に対する自身のモチベーションの低下や、改善意欲が元々薄かったということも考えられます。

正社員として就職できずに就活リタイアをしたり、どんどん自信をなくして「就職は不可能だ」と思い込んでしまったり、就活が上手くいかずに脱落した経験がある場合、社会復帰する事に対する恐れが心にストップをかけているのかもしれません。

就職成功率96%の転職エージェントを利用する

就職したがすぐに退職してしまった

気合い十分で入社を果たしたにもかかわらず、すぐに退職してニートになるパターンも多数あります。
職場でいじめにあったり、同僚と上手く馴染めなかったり、人間関係のトラブルに巻き込まれるなど、さまざまな理由から退職せざるをえなかったのです。

仕事で失敗して厳しく叱られたことがトラウマになったり、「お前はまったく使えない」「いつになったら仕事を覚えるんだ」といった言葉に自尊心を傷つけられるのは辛いことです。
職場内での優位性をふりかざして精神的・身体的苦痛を与えてくる上司からのパワーハラスメント、俗にいう「パワハラ」も少なくありません。この場合、適切な転職活動をすることで社会復帰が実現します。

働くことがいやになった

「仕事が楽しくない」「自分の好きなことをしていたい」といった思いから、単純に働くことがいやになったという人もいるでしょう。
仮病を使ってずる休みをするなど、はじめのうちはほんの少し逃げ道を求めるだけで済んだことが、いつの間にかニートになっていた……というのはめずらしいことではないのです。

実家暮らしならば食べるものや寝る場所に困ることもないので、「別に働かなくても生きていけるじゃないか」と現状に甘え続けているのでしょう。
このケースは何よりも危険性が高く、社会復帰が一番難しいと考えられます。
自分自身を変えるつもりがない人に、周囲が気休めのエールを送っても一切届くことがないからです。

なかなか社会復帰できない本当の原因、本音

うつ病・精神病

仕事をしていた頃にうつ病などの精神的な病にかかった方や、ニート・引きこもり生活をする中で鬱になっていった方など、メンタル面の問題は社会復帰をする上でとても高い壁となるでしょう。

自分では病気のつもりがまったくなくても、実際はうつ病ということもありえます。ボーっとすることが多かったり、誰かと話したり自分で発言することが煩わしかったり、「あらゆることに対して無気力」「行動意欲がわかない」「突然キレたりなど感情の起伏が激しい」ということはありませんか?

集中力・記憶力・自尊心の低下、心に常にぽっかりと穴があいているような空虚感や虚しさ、物事への関心・感動の喪失なども精神病の症状に挙げられます。

「自分は何の価値もない人間だ」
「やるべきことがわかっているからこそ焦ってしまう」
「生きていることに罪悪感がある」
「また社会に出て馬鹿にされたり笑われることが怖い」
「できることなら死んでしまいたい」

ニートの精神状態は人それぞれですが、自己否定が強い方が多くいます。精神的なプレッシャーや焦りから、胃痛や吐き気など身体的にも症状が出て外に出られない。
気分が晴れなかったり、憂鬱な状態が続いたり、とにかく誰とも顔を合わせたくない……このような状態になると自分の力だけでは解決しにくいと考えられます。

ブランクがあるから不安

ニートを続けている期間とはつまり、人生に生まれた空白期間です。自分の気持ちとしては充実していても、社会から見たら「何もしていなかった期間」ととらえられてしまいがち。
この長期にわたる無職期間がネックとなり、社会復帰することを躊躇してしまうのです。
「再就職できるだろうか」「こんな自分を受け入れてもらえるだろうか」といった心配は、ニートの方ならばほとんど人が抱えています。
空白期間に対する質問をされた時の上手い切り替えしが思いつかない、今から挽回しようにも埋め合わせ方法が分からない……このように雁字搦めになってはいませんか?

ブランクあり・未経験OK!

社会に出てまた失敗するのが怖い

自分が置かれている環境を変えることでまた失敗するのは確かに怖いことです。
しかし、ニート以外の社会人が「みんな自分に常に自信がある」「怖いことは何もない」などと、いったい誰が言い切れるでしょうか。
恐ろしくても一歩ずつ前に進んで、失敗を繰り返しながら成長していくのが人間のあり方で望ましい生き様だと、そう思えたなら「怖がっているのは自分だけじゃないんだ」という勇気にもつながります。

就活をがんばったものの失敗した経験や、せっかく入った会社で上司や他人に存在を否定された過去など、心に抱えているトラウマは簡単には消せません。
反対に、就職はしたけれど逃げ出してしまった自分のことを「社会から脱落した負け犬」「人生を投げ出したクズ」と責め続けることは簡単です。
「戦わない方が楽だから」「挑戦しなければ失敗することもないから」といった理由で、ニート・引きこもり生活から抜け出せない……これは心の病気ではなく単なる「逃げ」でしかありません。

社会復帰が怖いと感じる理由は?

ニートの方が社会復帰に躊躇してしまう理由は「社会復帰が怖い」と感じることが多いですが、それは過去に嫌なことを経験したというトラウマが理由であることが多いとされています。
ニートの方が抱くトラウマの多くは学生時代や職場の人間関係が起因しているといわれています。学生時代にイジメに合った経験、職場で上司に怒られた経験、ミスをして恥をかいてしまった経験…社会に出て同じような経験を繰り返すことが怖いと感じるため人目を気にしたり、人との交流を避けたりとなかなか社会復帰できないということに繋がっているのです。

前職がブラック企業でパワハラを受けたり、女性ではセクハラを受けたりということもトラウマのひとつになるでしょう。
こうしてなかなか社会復帰できず、空白期間が長くなるにつれて新しく人間関係を築くことが怖くなり引きこもってしまうということも。
ニート生活から社会復帰をしようと考えるならば、「どうして自分はニートをしているのか」「何に対して怖いと感じているのか」と社会復帰できない理由を明確にして原因を探ることが大切です。

社会復帰できない原因がはっきりすれば、その要素がない企業へ就職すれば良いことなので社会復帰の近道になりますよね。

うつ病ニートは社会復帰は不可能?

ニートの方の中には前職での経験から心と体にストレスがかかり、うつ病になってしまった方も少なくありません。うつ病になる原因は様々ですが、前職での人間関係やプレッシャー、過労などブラック企業によるものが多く、仕事に気が入らない、朝仕事に行きたくなくなる、体調不良になる、落ち込むことが増えた、突然涙が止まらなくなる…といった症状が出てきます。
うつ病となり退職しニートになった場合、退職してしまった自己嫌悪や何もしたくないといった空虚感が強く、しばらくは自宅に引きこもりがちになっているでしょう。
近くに家族や友人がいる場合は心療内科への通院をすすめられ、通院し薬物療法により症状がだいぶ緩和されてきます。

症状が緩和すると少し社会復帰への光が見え始める頃。
ここで大切なのは、症状が緩和されたからといって自己判断で薬の服用中断や、通院しなくなることです。
うつ病を改善させるには薬物療法以外に、ある日常生活にも効果があり、それは日光浴。
幸せホルモンと呼ばれるセロトニンという神経伝達物質ですが、精神を安定し良質な睡眠、ポジティブになることができる効果があります。

セロトニンの分泌を促すにはこの2つが大切です。
・日光浴
・適度な運動
この2つを実行するとしたら、朝日を浴びながらウォーキング、心身共に健康的になり、うつ病の改善につながりますよ。

少し休んでうつ病の症状が落ち着き、自信がついたら社会復帰ももう間近。
外で仕事をすることがまだ不安な場合は、自宅でできる在宅ワークがおすすめです。

社会復帰できない人の特徴

ニート生活をしている方の多くは実家で生活をされていますが、その実家が資産家だった場合、生活費の心配がないのでニート生活からなかなか抜け出すことが難しいでしょう。
生活に不安がないので「このままでいいや」とだらだらとニート生活を続けてしまいます。

また、ニートから社会復帰を目指そうとして焦って仕事を探してしまう人はNG。企業研究をせずにブラック企業へ転職してしまう可能性も…
社会復帰として仕事を探すのは良い傾向ですが、焦らずにじっくり研究をして自分自身に合った仕事場を探すことが大切です。

社会復帰に最適のアルバイトとは?

ニート生活からすぐに社会復帰として仕事を始めるのは難しいので、まずはアルバイトからスタートするのがおすすめですが、社会復帰に最適のアルバイトはこちら。

在宅ワーク

ニート期間が長い方はいきなり外に出て働くということが難しく、例えアルバイトでもストレスに感じてしまうかもしれません。決まった時間に出勤をして職場での人間関係を構築することに慣れていないからです。
急な環境変化は心身に負担になってしまいますので、今流行りの在宅ワークがおすすめです。
イラストやパソコンのスキルがあればデザイン、ライターの仕事を始めたり、ハンドメイドに自信のある方はハンドメイド作品をネット販売してみるのもひとつの方法です。
自分のペースでストレスなくお金を稼ぐことができますので、外に出る前に自信をつける方法として最適です。

単発・短期アルバイト

在宅ワークのスキルがない場合やアルバイト程度ならできるかも…という方は単発・短期のアルバイトがおすすめ。
例えば、イベントの設営や引っ越し、サンプリング、試食販売といった1日単位の仕事やお中元やお歳暮時期の短期のアルバイトに参加してみるのも良いでしょう。

新聞配達・ポスティング

他者と交流が少ないアルバイトを探すなら、新聞配達やポスティングも。
配達前に同じメンバーと顔を合わせた後は単独での行動になりますので、人間関係に悩まされることも少ないことがメリット。
朝日を浴びて適度な運動にもなりますので、セロトニンの分泌も期待できますね。

コンビニ

どうしても朝・昼に活動できない夜型のニートの方にはコンビニの深夜勤務がおすすめです。深夜のコンビニは日中に比べてお客さんも少なく、比較的ゆっくりと働くことができるのでストレスが少ないことがメリットです。
コンビニの仕事はレジ、品出し、配送、調理…と何役もこなさなければいけないので大変ですが、コンビニを経験すると要領よく仕事をこなすことができる、ペース配分を考えるといったスキルが身に付きますよ。

いきなり正社員で社会復帰は厳しい?

ニートからいきなり正社員で社会復帰は厳しいか?というとそれはNGです。企業の求人情報は様々なので未経験者OKとしている企業も多く、やる気次第で正社員を目指すことも可能です。
しかし、いきなりフルタイムの正社員として勤務するとなると心身に負担がかかりますので、後々しんどくなってしまい退職せざるを得ない状況に陥るリスクも…
不安要素が残るならアルバイトや派遣社員として仕事をスタートし、働くことに慣れたら正社員を目指すという方法もあります。

【タイプ別】ニートの現状を解説

ニートになるタイプは様々で理由も様々。
一度ニートになってしまうと社会に出るのが億劫だったり恐怖を感じてしまったりとなかなか社会復帰の機会を逃しやすいものです。「このままニート生活をしていてはいけない!」と感じ就職しようとしても一人では社会復帰できないこともしばしば。
タイプ別にニートの社会復帰への厳しい現実、社会復帰難易度とニートから社会復帰への最適方法をご紹介します。

中卒ニート

〇社会復帰難易度:80%
最終学歴が中卒、高校を中退、高校へ進学しなかった方が対象です。近年では中卒の方は少なく、ほぼ100%の方は高校へ進学していますので、中卒ニートの社会復帰は難しいケースが多いでしょう。

中卒ニートで空白期間が長いと面接ではかなり怪しまれますので、ニートをしていた理由があるならはっきり伝えなければいけません。中卒ニートで社会復帰できないまま年齢を重ねてしまうと後戻りできない状態になってしまいます!
今は親のすねをかじって生活することができますが、親もだんだん高齢になってきます。よほどの資産家でない限り、一生ニートのままで生活するのは厳しいですよ。
中卒ニートからホームレス…といった悲惨な将来もあり得ないことではありません。

中卒というだけでも選択肢が狭まってしまう中、ニートになってしまうとさらに選択肢が狭まるため、社会復帰はかなり困難です。
社会復帰の支援を受けないと一人での転職活動は厳しいでしょう。

〇最適方法
・学歴不問の求人へ応募
学歴不問としている求人情報も多いので、脱ニートを目指すなら一度トライしてみるのも方法のひとつです。行動は早ければ早いほうが良いでしょう。
学歴不問としている企業の求人情報に集中して応募することが大切なので転職エージェントを活用して支援を受ければ社会復帰率も高くなります。

・高校入学や高卒認定資格を取得
高校に入学しなおすというのもオススメです。通信制高校や定時制高校などは年齢層が高く仕事をしながら通っている方もいますので、高卒の学歴を手に入れることで求人情報の選択肢が広がり、就職率も高くなるでしょう。
早く高卒の資格が欲しい方は最短数カ月で取得できる高卒認定資格を取得し、高卒認定試験合格がおすすめです。

高卒ニート

〇社会復帰難易度:60%
高校を卒業後、大学や専門学校、短大へ進学しなかった方や進学したけれど中退、高卒で就職したけれど退職してニートになってしまった方などが対象です。

求人情報では学歴を高卒程度としている企業が多いため、やる気次第で社会復帰は可能なレベルです。
中卒と同じように親に頼って生活していられるのも今のうち。
親はどんどん高齢になり働けなくなるかもしれないという現実をみて早急に社会復帰の準備をすることが大切です。

中卒よりも社会復帰はしやすいですが、大卒者に比べるとやはり社会復帰は難しくなってしまいます。企業への転職が成功しても入社後に大卒者と比べられるようなこともありますので、企業選びが肝心です。
「就職できたらどこでもいい」という考えではブラック企業へ入社してしまい、またニート生活に逆戻りといったことも考えられます。

〇最適方法
・アルバイトをする
高卒ニートが社会復帰するのにおすすめなのがアルバイトをすることです。高卒ニートが社会復帰をしようと思ってもはじめから正社員への登用は少ないでしょう。
まずは脱ニートをするために短期のアルバイトからスタートして社会生活に慣れるということが大事です。
アルバイトで必要な学歴の多くは高卒程度なので、仕事を選ばなければたくさんの種類のアルバイトから選ぶことができるでしょう。アルバイトから契約社員、正社員への登用もされるケースがありますのでコツコツと経験を積むことがベスト。
社会復帰の第一歩としてアルバイトから始めてみましょう。

・就職、転職エージェントに相談
高卒の方が一人で脱ニートを目指しても挫折してしまうケースが多いですが、それは求人情報において高卒が欲しい!と思う企業が少ないからです。やっぱり企業側としては大卒者が欲しいというのが事実。
転職エージェントでは、学歴ではなく人柄重視の企業の求人情報も多くもっているので学歴に悩まずに積極的に応募することが可能となります。
専任のコンサルタントに相談することで、学歴コンプレックスも解消され自分自身に合った就職先とのマッチングをしてくれるでしょう。

大卒ニート

〇社会復帰難易度:30%
大卒ニートの場合は空白期間がどれくらいなのかによって難易度が大きく異なりますが数カ月程度~1年程度では問題ないでしょう。

大学を卒業して全く就職せず職歴がないままニートをしていた方の場合はちょっと厳しいかもしれません。学歴的には問題ありませんが、ニートの空白期間の間に何をしていたのか?ということが面接では必ず問われるでしょう。
病気をしていた、親の介護をしていたといった正当な理由がある場合は問題ありませんが、何もせずにダラダラしていた場合、企業の採用担当者を納得させられるだけの理由が求められます。
ここさえクリアできれば難易度はそんなに高くありません。

やる気とアピール力があれば社会復帰できるレベルです。そろそろ両親も定年退職し年金を貰う年齢になっていることでしょう。
このままニート生活を続けていれば、親が病気をしたり、介護が必要になったり…あるいは亡くなる可能性もありますので、ずっと親の年金を頼りに生活していくことは難しいです。

大卒ニートが40代、50代と年齢を重ねるにつれて社会復帰するのは困難、生活保護で生活しようと思っている方も多いようですが現実はそんなに甘くありません。
年々受給審査も厳しくなっていますので、受給できないケースも少なくありませんので、働くことができる体があるなら積極的に社会復帰を目指しましょう。

〇最適方法
・資格を取得する
大卒の方は中卒、高卒ニートの方に比べて学歴があるため就職しやすいですが、より就職への成功率を高めるためには仕事に役立つスキルや資格を身に着けるということです。
資格を取るといっても何でも良いというわけではなく履歴書に書ける、自己PRに活かすことができる資格でないと意味がありません。
企業にとって欲しい資格者であれば書類選考で通過しやすいのでまずは履歴書で資格をアピールして面接まで進むことが大切です。
ニートという時間がたっぷりある期間中に企業研究をして、キャリアプランやビジネスで必要なスキルや資格を取得しましょう。
資格は通信講座やハローワーク、職業訓練校で取得することができますし、転職エージェントが開催しているマナー研修やビジネススキル研修に参加することもおすすめです。

・プライドを捨てる
大卒ブランドや変なプライドは捨て、誰かに相談するということを考えましょう。筆者の友人にも「自分にはもっといい仕事があるはずだ!」と言い大学卒業後5年もの間ニート生活をしていた方がいます。
就職・転職エージェントを活用すれば自己分析のアドバイスや自分自身で気付かない強みなどアドバイスを受けることができ、最適な企業への提案をしてくれます。
大学という学歴に固執せず、ハローワークや転職エージェントなどを活用して就職支援を受けるという選択肢を検討しましょう。
また、親や友人のアドバイスも耳が痛いと言ってスルーせずに、しっかりと受容し可能性を広げる努力をしましょう。

社会復帰支援の重要性

家で「社会復帰したいなぁ」とただぼんやり思っているだけでは何も変わりません。家にいて時間がある今だからこそできる行動に取り掛かりましょう。

【ニートが今やるべきこと】
まずは、ペンとノートを準備してください。
・今の自分の状況
・自分ができること
・近い未来にしたいこと
・ずっと先の未来のゴール
これを書きだしてみてください。

ゴールを目指すためには、何が足りなくて何が必要なのか…ということが自ずと出てくるでしょう。現状を把握することは自己分析の方法のひとつで、社会復帰や仕事へのモチベーションをあげるためとキャリアプランを確認することに必要な作業です。
キャリアプランが少しでも見えてきたら就職・転職エージェントに登録をしてコンサルタントとキャリア診断を行い、キャリアプランを実現させるために必要な支援を受けることが大切です。

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
50,137views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,597views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
21,206views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
19,691views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,869views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
14,478views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
14,212views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
12,700views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,491views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9,934views
ページのトップへ