> > 注意!引きこもり・ニートの職業訓練は危険?!

注意!引きこもり・ニートの職業訓練は危険?!

2510 views

ニートを抜け出そう!社会復帰したい!と一念発起したものの、何から手を付けようかと途方にくれてしまう事も多いです。

職歴もなければ資格もない、学歴も自信がない……ましてや人とのコミュニケーションなんてもってものほか……
もしもこれを読んでいるあなたがニートや引きこもりになっているなら、心当たりがあるのではないでしょうか。
「ニートからの社会復帰なら、まず職業訓練校に行け!」とよく言われますが、職業訓練校とは一体なんなのか…何をする場所なのか…。

社会復帰を考えている方向けに、職業訓練校について詳しく解説していきます。

職業訓練校ってなに?

「そろそろニートを卒業しようかな」「ニートの間にスキルアップを目指そうかな」と考えている方にぴったり、就職できるまで新しいスキルや技術を身に着けスキルアップしましょう。
スキルアップの手段のひとつとして、「職業訓練校に通う」という方法がありますが、職業訓練校についてご説明します。

年間30万人以上の方が利用している、国や各都道府県など自治体が運営している再就職をサポートする公共職業訓練や講座を行う機関です。
「離職者訓練」(ハローワークの求職者対象)「在職者訓練」(在職労働者対象)「学卒者訓練」(中学、高校卒業者対象)と3種類に分かれ、離職者訓練は、雇用保険受給者向けの「公共職業訓練」と雇用保険受給対象外者向けの「求職者支援訓練」に分かれています。

職業訓練を利用するには?

職業訓練を利用するには、職業訓練校に入学する必要があります。入学の条件として、「受講開始日から遡り1年以内に公共職業訓練を受講していない」「ハローワークに求職申し込みをしている方」となっています。
職業訓練校やコースによっては入学に面接や書類選考、筆記試験、適正検査がある場合があり、人気のコースは倍率が高く入学できないケースも。

職業訓練の費用は?

入学金や授業料はかからず、テキスト代など実費負担のみとなりますが、コースの期間が長いものだと月1万円程度の授業料が発生する場合もありますので確認が必要です。
職業訓練では受講手当(40日まで1日500円)、交通費(通所手当)が支給され、職業訓練校の入学日に雇用保険の受給資格者である場合、公共職業訓練を受講している間の失業手当は訓練終了まで延長し給付されます。

受給資格がない場合、職業訓練受講給付金(求職者支援制度)の支給要件に該当すれば、職業訓練受講手当と通所手当が支給されるようになります。

職業訓練は職歴なしでも利用できる?

なかなか就職できない方がスキルアップを図るため、職業訓練に通う選択肢が注目され、職業訓練に通い資格を取得できるコースでは人気が高く、入校倍率も上昇中。
職歴のないニートの方も職業訓練に通って資格を取得すれば、スムーズな就職ができるんじゃないか?と思う方が多いですが、一方で職歴がないと受講できないんじゃないの?という声もきかれます。

失業保険受給資格者(雇用保険の被保険者)でない方、職歴のない方は特定求職者となり、求職者支援訓練、公共職業訓練を受講することができます。しかし優先順位があるため、求職者支援訓練では給付金受給者、職業訓練では失業保険受給資格者が優先されます。
特定求職者が職業訓練の受講を希望する場合、所轄のハローワーク所長の支援指示があれば受講することが可能となります。

選考は学力と面接の2種類ありますが、まずは居住地の管轄となるハローワークに行き職業相談を受けた後、職業訓練の受講の必要性を認められることが必要です。
また、職業訓練校によっては以外の求職者に向けたものも多く、職業訓練校への入校を希望するなら自分が希望する職業訓練校の選考基準を確認してみましょう。

職業訓練の面接で志望動機を聞かれたら

職業訓練では選考に面接があり、「再就職のために職業訓練校で学び就職をしたい!」という熱意を面接でアピールしなければいけません。言い方を変えるなら、志望動機が就職につながらないと面接を通過することができません。
職業訓練校へ通うということは、希望する職業があり専門的な知識と技術を学ぶために通うということが前提なので、他の希望者もやる気や熱意のある方が多いでしょう。面接に通過するためには前提のもとで、面接官に良いイメージを与えるような工夫された内容を考えなければいけません。

人気の高い職業訓練をご紹介します。
◆簿記
経理への就職を主とする簿記は、事務職やどんな職業でもオールマイティに有用できる資格です。履歴書の資格欄に簿記の資格を記入すれば選考にも有利。簿記の資格では日商簿記が有名ですが、就職するには3級ではなく2級の取得を目指さなければいけません。
就職するために2級の資格を取得したいという強い気持ちを伝えましょう。

◆事務職
企業の縁の下の力持ちとなる事務職、特に女性からの人気が高いことが特徴ですが、事務職の仕事はデスクワークの書類処理だけではなく、受付、電話対応、データ入力、来客対応と多岐に渡ります。また、事務職は他職種との連携も必要となり、企業の顔でもありますので、他人に気配りできるコミュニケーションスキルが求められます。
職業訓練ではWordやExcel、PowerPointなどのパソコンスキルや簿記などを学ぶことができますので、これらのスキルとともに多岐に渡る業務をこなすこと、人への思いやりを大切にした仕事ができることなどをアピールすることが大切となります。

◆介護職
高齢社会が進み、介護を必要とする高齢者が増える一方でそれを担う人材が不足している…という慢性的な人材不足の介護業界では就職への難易度は高いものではありませんが、即戦力となる人材を募集している所も多いため、入社時に介護職員初任者研修を所持していると有利となるでしょう。
介護の職業訓練校では介護職員初任者研修を取得することができますので、資格を活かして介護の世界で働きたいという気持ち、厳しい仕事にも頑張っていくという想いをアピールしましょう。

◆OA事務
パソコンを用いた文書作成などの事務的な業務を学ぶことができるOA事務職業訓練。基本的な知識や技術(Word・Excel・PowerPoint、ITなど)、商業簿記を学ぶことができ、即戦力につながるスキルを身に着けることができます。
一般の事務職を希望する場合でも、OA事務のスキルをもっていることで就職に有利になるため、志望動機には含めましょう。

ニートが職業訓練に通うメリット

職業訓練校に通うメリットとしては、資格を取得して採用に有利となる・スキルアップすることができるなどが挙げられますが、ニートの方が職業訓練校に通うメリットはさらに+αあります。

◆規則正しい生活習慣
ニート生活をして夜型の生活になっている方いませんか?昼に起きて夜はパソコンやゲームをポチポチ…脱ニートをして社会人になれば、朝早くに起きて仕事へ行き、夜はきちんと寝るという規則正しい生活をしなければスムーズな業務を行うことができません。

◆お金の心配がない
一定の条件を満たすことで月額10万円の職業訓練受講給付金と交通費を受給することができますので、生活費の心配をせずに学び資格取得を目指すことができます。

職業訓練受講給付金の受給条件はこちら。
〇ハローワークを通じて職業訓練に通うこと
〇本人の収入が8万円以下となっていること
〇雇用保険に入っていないこと
〇世帯収入が年300万円以下、月25万円以下であること
〇世帯の金融資産が300万円以下であること
〇今住んでいるところ以外の土地、建物の所有がないこと
〇すべての訓練日に出席していること(遅刻・早退もNG)
※やむをえない事情の場合は申請期間中に8割以上出席していればOK
〇世帯内に職業訓練受講給付金を受給している人がいないこと
〇過去3年以内に不正行為などで給付金の支給を受けていないこと

◆仲間ができる
一人での就職活動は孤独との戦いですが、職業訓練校で就職を目指してともに学んだ仲間と励まし合い、悩みを相談しながら同じ目標に向かって頑張ることができるというのは心強いですね。

◆履歴書に書くことができる
職業能力開発促進法において規定されている厚生労働省管轄の公共職業施設である職業訓練校は、受講歴を履歴書へ記載することができます。
そのため、職歴のないニートの職歴欄を空白にすることなく埋めることができます。

ニート・引きこもりに職業訓練をオススメしない本当の理由

職業訓練校では、就職に必要な履歴書や職務経歴書など書類選考に必要な応募書類の書き方やアドバイス、基本的なビジネスマナーや面接対策といったことを指導してもらうことができます。また、履歴書に記入することができる資格取得支援や同じ夢を持つ仲間と出会うことができますので、一人で不安と戦っているのではないと心強く思うこともあり、就職に不安を抱えるニートの方にとってはメリットがたくさん。
しかしメリットがある反面で実はデメリットもありますのでご紹介します。

手続きが大変

実はハローワークで簡単に手続きができると思ったら大間違い!
流れとしては…職業訓練窓口で受講の意思を伝え、求人情報を探す、職業訓練校に通うことが必要と認められたら申込書を受け取りますが、証明写真の用意や志望動機など記入事項が多いため当日中に提出は難しいでしょう。全て記入して正式な申込書を職業訓練校へ提出し、試験と面接を受けて入校が決定。
この時点で「面倒くさい」と思って断念する方も多くいらっしゃいます。

倍率が高い

希望する資格を取得するための職業訓練校に入るためには高い倍率を通過する必要があります。
就職に直結しやすい資格は人気が高いため入校することすらできないというケースが少なくありません。
簡単に入校できるコースを適当に選んでしまっては、就職への意欲も失われてしまうので絶対ダメ。

ストレスが多い

今までニート生活をしてきた方にとっては、毎日職業訓練校に通い課題をこなさなければいけないという生活や人間関係などのストレスを感じるでしょう。
資格所得と就職のためと思って頑張ろうと思っても辛い毎日が負担になる方も少なくありません。

就職の保証はない

職業訓練校で学び資格を身に着けたら就職できる気満々になりますよね。
「いざ就職!」と応募しても書類選考すら通過しなかった…というケースも少なくありません。
すぐに就職先が見つかるわけではないということを理解しておいてください。
資格をとったからといってもその資格を活かした仕事につける保証もなく、就職支援ということでは十分ではないので希望の仕事に就くことができるかどうか分かりません。
もし資格を活かした就職ができなかった場合は職業訓練校へ通っている期間がブランクとなり就職活動が不利になってしまう可能性もあるでしょう。

職業訓練校に通ったからと言って就職できる訳ではない

職業訓練校に通って資格を取れば就職することができる!と思い込んでいる方がいらっしゃいますが、介護業界など慢性的な人材不足で求人数が多い職種でなければ簡単に就職することは難しいでしょう。
職業訓練校で資格を取得すれば、要資格としている求人応募することができるようになりますが、採用を目指すとなると経験者と戦わなければいけません。知識と資格を身に着けたとしても未経験ということはハンデとなってしまいます。

また、「職業訓練校に通ったら何とかなるだろう」と思う方や資格を取得したことで満足してしまい就職活動への意欲が充分でない方もいらっしゃいます。

職業訓練校は就職への道のりを支援してくれる場所なので、訓練校によりますが直接的な就職支援が不十分といった点でニートの方が就職を成功させるには物足りないかもしれません。

30代ニートは職業訓練に行くな!

職業訓練校で学ぶことは就職活動のスタートや自分自身を変えるきっかけ、脱ニートを目指す方法として意義のあることですが、「絶対に就職したい!」という強い気持ちを持っている方には就職の保証がないのでおすすめできません。
ハローワークでは、仕事相談や紹介、求人検索などを利用することができますが、ハローワークの職員は就職・転職のプロではないので、納得できるアドバイスをもらうことができず、基本的には情報量の少ない求人案件を見て自分で仕事探しを進めていかなければいけません。
無料で掲載できるためブラック企業が多いこともあり、せっかく就職できるチャンスを掴み取ったのにブラック企業へ入社してしまったと就職に失敗してしまうケースが多く、年収や待遇の良い求人が少ないということが特徴で、求人募集を出しているけれど採用する気がないというカラ求人も実は多いのです。

また、職業訓練校で学んだ知識や技術を活かすことができず、まったく異なる業界へ就職が決まったというケースも少なくありません。

就職活動では、自分に合った、自分らしく働くことができる仕事を探すことが大切。
ハローワークの求人案件を見ても、どんな会社でどんな仕事をするのかなかなかイメージがわきませんよね。実際面接で初めて仕事や給料の詳細が分かったということもあり、入社の意欲が落ちたり、思っていた仕事と違っていたと面接が無駄足になってしまったりというリスクがあります。

「絶対にチャンスを逃したくない!」
「学んだスキルを無駄にしたくない!」
「いい会社へ就職するぞ!」という方は、ハローワークではなく転職のプロに相談することをおすすめします。
お金をかけずに手軽に利用できる転職エージェントを利用すれば、業界で実績のあるプロのコンサルタントからキャリア相談から仕事探し、応募書類の添削、面接対策…と徹底的なサポートを受けることができます。
企業との日程調整や希望条件の交渉もしてくれますので、ニートも安心。
入社後のアフターフォローも充実していますので、はじめての職場で困ったことや不安なことがあってもすぐに相談してOK。

コンサルタントは業界や企業との繋がりも密なので、求人情報にはない職場環境や人間関係などの内部事情まで保有していますので、自分に合った仕事探しをすることが可能ですので、「こんなはずじゃなかった」とミスマッチ退職が少なく安心して働くことができますね。
本気で就職を目指すなら、プロの転職エージェントを利用しましょう!

最終的にハローワークに行っても結局自力で就職しなくちゃいけない

就職活動を始めようと思ったとき、まずはハローワークに行こう!という方が多く、就職相談、求職検索、求人情報の紹介などを行ってくれますが、実はニートの方にとってハローワークは活用しにくい可能性が高いでしょう。

ハローワークの管轄は厚生労働省で行政が運営しています。ニートやフリーターといった方の就職にはノウハウが必要ですが、浅く広くといった職業支援で専門性の高い支援は得意ではありません。
また、求人検索で「ITエンジニア」「事務職」「営業職」など大まかな職種は選択することができますが、就職支援の担当者が業界に精通しているわけではありませんので、特化した就職支援は難しいでしょう。
そのため、自分自身である程度希望の業界や職種を定めてから求人検索する必要があり、就職支援の担当者は詳細な企業情報を把握していないケースも多く、企業の詳しい情報を知ろうと思えば自分自身で企業研究を深めなければいけません。

ハローワークで就職した場合、頑張って就職活動をして入社したけれどブラック企業だった…という方もいらっしゃるでしょう。ハローワークの求人は無料で掲載できるため、ブラック企業が排除されていないケースも多く、求職者にとって入社は運試しのようなもの。

就職への支援はしてくれるし、仕事も紹介してくれるけれど、結局は自分自身が頑張らなければいけないというのがハローワークの特徴です。

ハローワークに対して過度の期待は禁物です。所詮はお役所、担当してくれる職員にもよりますが、自分は来所してくる何百人の一人であることを自覚しなくてはなりません。先のようなぞんざいな扱いを受けることもあります。

研修付き転職エージェントなら、無料で研修+就職支援がセット!

「脱ニートを目指して就職活動したい」
「資格も取れて就職支援もしてくれるところないかな」
という方におすすめ。
職業訓練校の多くは研修だけですが、研修付き転職エージェントを活用すれば就職スキルを身に着け、就職支援をしてくれるのでニートにとっては心強いでしょう。
研修付き転職エージェントの魅力をご紹介します。

研修が無料

職業訓練校ではコースによって受講料やテキスト代などコストがかかるため、収入のないニートにとっては大きな痛手となりますが、転職エージェントが開催している研修は無料で受講することができます。コストなしに就職活動のノウハウやビジネススキルを習得することができるのは嬉しいですね。

転職エージェントによって研修は様々ですが、採用されやすい履歴書や職務履歴書といった応募書類のアドバイスや面接対策といった研修、ビジネスマナーを学ぶ研修、特定の職種をメインに実践研修などどれも就職に役立つものばかり。

書類選考なしも

ニートの方が苦手な書類選考。「書類で受かる気がしない…」と不安感をもっている方も多くいらっしゃいますが、転職エージェントによっては研修や説明会などを受講することで書類選考なしで面接まで進むことができるというものもあります。
学歴や職歴に自信のない方やブランクが長く書類選考通過に不利な方におすすめです。

プロの就職支援

転職エージェントの就職支援は業界の経験豊富なプロによるもの。希望する業界や企業についての情報量が多く、実際に訪問した企業を紹介してくれるため、一般の求人情報には掲載されない職場環境や人間関係、残業時間など求職者が本当に知りたい情報を提供してくれることが特徴。企業との強いネットワークを活かして書類添削や面接対策といった就職へ直結する就職支援を受けることができます。
また、就職活動で地味に面倒くさいことがスケジュール管理。
転職エージェントを活用すれば、企業との面接日や入社日などスケジュール調整を代行してくれますので、交流の浅い人との対応が苦手…というニートの方も安心ですね。

スピーディー

早く脱ニートをしたい方にとって最も重要な部分がスピーディーさですが、職業訓練校を活用しての就職はハローワークを通じての就職活動となるので対応が遅く、ハローワークはいつも求職者で溢れ、就職相談や求人の紹介を受けるだけでも長時間かかってしまうケースも。
転職エージェントでは短期間でキャリア相談から内定までステップアップすることができ、インターネット、チャットを通じて就職支援を受けることができますので早く仕事を見つけたい方にとって大きなメリットとなりますね。

研修付き転職エージェント

ジェイック営業カレッジ


ジェイックでは社会人基礎力や、入社後に即戦力となれるように、7日間の無料研修を行っています。
残念ながら、ほとんどの会社が中途入社の人の為にわざわざ研修を行ってくれません。
つまり、社会人としてのマナーや名刺交換など、大切な事を何一つ学ばずに、働き始めるという事になってしまうのです。
職業訓練校は確かに、専門的なスキルは身に付くかもしれませんが、こういった社会人として学ぶべき事は誰にも教えてもらえないのです。
その上、就職活動も結局は自力なので、ジェイックのような研修付きで、しかも就職活動までサポートしてくれる転職エージェントに利用した方が一石二鳥になりますよね。

それなりに厳しい研修になりますが、社会に出ればもっと厳しい事が待ち受けています。
ここで歯を食いしばって頑張れば、立派な社会人として羽ばたいていけるのです。
ジェイックの研修制度を過去に利用した人は、多数の企業から評判が良く、即戦力になると言われています。
確かなスキルを身に着けて就職を目指したい方にオススメです。

UZUZカレッジハイブリッドコース


ニート期間が長い方、社会人未経験で自身がない方におすすめ。実践的な無料研修が特徴で研修修了者の内定率90%以上と高く、ビジネススキル0から内定を目指します。

営業・エンジニアを目指す方に向けたハイブリッドコースでは5週間で営業・エンジニアどちらのスキルを学ぶことができます。基礎的なビジネスマナーとスキルをはじめ、営業分析や実践的な電話営業・IT関連知識、プログラミング、どちらの職種を目指すのかは研修終了後に決めることができます。

キャリアカウンセラーの就職支援では平均20時間というカウンセリング時間と充実。
合同面接会に参加すれば書類選考なく優良企業との面接へ進むことができます。
即戦力となれる人材を目指すならUZUZへ。

職業訓練を受けただけではどうにもならない

職業訓練が終了すると、ハローワークから強制的に就職を迫られます。給付金をもらっている以上当然のことではありますが、訓練中にしっかりと学科を学ぶことはもちろん、面接などでも対応できるだけのコミュニケーション能力は身につけておきたいものです。

どんなに技量を身につけても、まずは面接を突破し内定が貰えなければ何の意味もないですからね。

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?


ニートにおすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
DYM就職
DYM就職
最短1週間でニートから正社員への就職支援サービス
株式会社DYMが運営のDYM就職は、書類選考なし未経験から正社員を目指せる就職サポートが魅力的。就職率は96%と高水準。企業の採用担当や社長と直接交渉でき、学歴や職歴に自信がないニートもポテンシャルを高く評価。
就職Shop
就職Shop
脱ニートをして自分らしく働きたい方へ
正社員を目指すことを諦めてしまったニートの方へおすすめの就職Shopは安心の大手リクルートキャリアが運営。一人一人にキャリアコーディネーターがつき、正社員への就職をサポート。書類選考を省きスピーディーに就職へ。
ハタラクティブ
ハタラクティブ
若年層ニートに特化した就職支援が充実
未経験から正社員になりたい若年層ニートにぴったり!ニートの苦手な面接対策が充実。約6万人のカウンセリング実績をもつプロの就活アドバイザーが無料でサポート。非公開求人多数で優良企業への就職を目指します。
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)
ビジネススキルを習得できる就職支援サービス
就職支援の実績が高いジェイックでは、自己分析のサポートであなたの強みと特性を探求。就職成功率80%超え!未経験ニートでもセミナー参加でビジネスマナーを習得し書類選考なしでダイレクトに企業面接に進むことができます。
ワークポート
ワークポート
IT・Web業界に特化した充実の転職サポート
IT・Web業界の独占求人多数、老舗企業やベンチャー企業とのパイプが強く登録から内定までがスピーディー。早く脱ニートしたい方へお勧め。キャリア相談から求人紹介、応募書類添削、面接対策、希望交渉と無料でサポート。


ニートにおすすめ関連記事

ニートから就職!もうブラック企業には引っ掛からない!
ブラック企業には入りたくないし、就職できる自信もない…。そんなニートの方に一度は使ってみてほしい就職支援サイトを厳選しました。
最近のニートはこうやって稼いでる!?
えっ、今時のニートはこんな稼ぎ方をしているの!?ニートの収入源について詳しく説明します。
ニートの社会復帰方法を伝授
怖くて社会復帰できない方でも、ある意外な方法で社会復帰できちゃう?!その方法とは…?
実は危険?!ニートの職業訓練には落とし穴が…
職業訓練に行けば就職できる!なんて安易に考えているニートに警告です。
脱ニートも夢じゃない!脱出方法を徹底解説
考えれば考えるほど、抜け出せないニート生活。ニート脱出できる方法を分かりやすく解説します。
ニートの末路は一体…?
このままニートを続けたらどんな末路が待ち受けているのか?年代別で末路をご説明します。
まだ間に合う!30代ニート脱却
20代が終わり、30代に突入してもまだニート状態。挽回のチャンスはまだまだあります!30代ニート卒業は可能!
これがラストチャンス!40代ニートでも使える就職支援サイトを厳選
親にももう頼れなくなってきてしまった40代ニート。これがラストチャンス…!これを逃したらもう悲惨…。思い切って社会復帰しましょう。
バイトで脱ニート
いきなり正社員になるのはちょっと抵抗が…。そんなニートの為に、バイトについて詳しくご説明します。
ニートにオススメの資格
就職前に資格取得!ニートでも取得できる資格をまとめてみました。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
67,296views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
29,249views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,763views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,456views
50代転職は無理?再就職に失敗、厳しい現実
5
50代転職は無理?再就職に失敗、厳しい現実
18,546views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
17,878views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
7
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
16,098views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
8
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,216views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
12,639views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
12,637views
ページのトップへ