> > 意外と楽勝?!30代転職アンケート取ってみた結果

意外と楽勝?!30代転職アンケート取ってみた結果

3169 views

30代転職 働き方改革は追い風となるか否か

年収アップして転職成功なら天国、失敗して年収ダウンやブラック企業に入ってしまったら地獄。

30代転職は最も転職結果に格差が出る年代と言われています。

ネガティブに語られることも多いですが、その実態はどうなのでしょうか?アンケート結果を元に30代の転職の実態を紐解いていきます。

転職するなら年齢は30代前半までが有利

【質問】何歳の時に転職しましたか?

何歳で転職しましたか?
30代前半が84%、30代後半は16%

30代前半までに転職している人が全体の8割以上と、圧倒的多数。30代はギリギリ若手とみなしてもらえる年齢でもあるので、転職を考えるならばなるべく30代前半までに決断したいところです。

30代前半までであれば未経験の仕事にもチャレンジできるので、年齢を気にしすぎなくても転職か可能であると言えます。

30代後半だからと必要以上に悲観する必要はありません。6人に1人は30代後半で転職しています。

30代後半でもポイントを押さえれば転職は可能。ただそこにはコツがあり、闇雲に活動するのではなくしっかりとした戦略が必要となってきます。

30代は転職成功者が多く、失敗・後悔は7%

【質問】転職してよかったですか?

転職してよかったですか?
73%が転職成功!

転職理由は様々ですが、30代の転職者の73%は転職して良かったと考えています。つまり転職に成功したと言えます。

逆に転職しなければよかったと回答した人も7%ほどいますが、これは思ったよりも少ないと感じた方が多いのではないでしょうか?

少ないとはいえ、一定の転職失敗者がいるのも事実ですが、失敗を回避する方法はちゃんとありますし、正しい方法でしっかりと活動すれば十分に成功する可能性を上げることができます。

30代ならば年収アップはかなり現実的

【質問】年収はどうなりましたか?

年収はどうなりましたか?
6割が年収アップに成功、一方年収ダウンも24%

待遇改善(年収アップ等)を目的に転職する人は多いですが、30代の転職では6割の人が年収アップに成功しています。

ネガティブに取られることも多い30代の転職ですが、蓋を開けてみると成功者が多いという結果に。

年齢的には30代前半の転職成功者が多いので、特に30代前半までで年収に不満があるならば、積極的に転職を考えてみるのも良いですね。

転職サイトやエージェントを使わない人が約半数

【質問】どうやって転職しましたか?

どうやって転職しましたか?
転職サイト、エージェントの活用が50%、ハロワも根強い人気

転職サイトや転職エージェントといった転職サービスを活用している人と、それ以外(ハローワークや紹介、コネ採用)で転職した人が半々という結果に。

地方の転職手段としてはハローワークがメインになるため、25%がハローワークを利用と回答。地方企業や大手企業の地方支社でも、採用ではハローワークを活用しているケースも多いため、使って見る価値は十分にあると言えます。

また、気になるのが、4人に1人が紹介やコネによる転職という点。30代ともなると、社外の人脈も増え、思わぬところからお声がかかり転職ということも多いようです。

今の仕事や会社が仮に納得のいかないものであっても、手を抜いたり、社内・社外の人からの印象を悪くするようなことのないように注意しましょう。ちゃんと頑張っている人を見ている人は見ています。

転ばぬ先の杖ではありませんが、いざという時の保険としても、今の会社で精いっぱい頑張って結果を出しておくというのは効果的な転職の準備と言えます。

複数の転職サービス活用が成功のカギ?

【質問】転職サービスはいくつ利用しましたか?

転職サービスはいくつ利用しましたか?
転職サービスの利用数に関しては、「1つ派(35%)」と「複数派(65%)」に綺麗に分かれています。

1つのサービスをしっかりと使い込むか、複数のサービスでそれぞれのメリットを生かしながら効果的な転職活動をするか、それぞれ考えがあるようです。

転職サイト、転職エージェントには素晴らしいサービスが多いものの、やはり当たりはずれはあります。お勧めは最低でも2社、できれば3社の転職サービスに登録して、最終的に自分に最も合ったところに絞っていくという使い方です。

たとえ優良なサービスだとしても、担当者にも当たりはずれはあります。担当者の変更を申し出ることも可能ですが、やはり決まずいもの。リスクヘッジのためにも複数登録は必須です。

30代なら未経験職種、業界への挑戦も可能

【質問】転職したのは同業?未経験?

マネジメント経験はありますか?
何と半数が未経験の職種、あるいは未経験業界への転職でした。

よく「未経験の転職ができるのは25歳まで」などと言われますが、実際には30代転職者の半数が異業種・未経験への転職はかなり多いという実態が見られます。

建設、IT、介護福祉、流通業界などでは震災復興、東京オリンピック、少子高齢化の影響もあり、慢性的な人手不足。こういった業界では特に未経験者に対しても門を広く開けて広く受け入れている傾向にあります。

介護福祉系業界においては40代、50代で異業種から転職している方もたくさんいます。将来性のある成長業界ではありますが、抜本的な待遇改善がされるまでは人手不足は解消されないと考えられています。

IT系も慢性的な人材不足業界の代表格。30代未経験からエンジニアに挑戦できる労働市場環境も整いつつあります。手に職をつけていきたい場合には、IT業界への挑戦は現実的な選択肢としてお勧めです。

30代ならマネジメント経験はなくても転職できる

【質問】マネジメント経験はありますか?

企業へのアピールに使えそうな実績、スキルはありますか?
マネジメント経験があるのは21%と5人に1人程度。

ベンチャー企業やそういった気質のある企業を除き、管理職に登用されるのは一般的には早くても30代後半からであることを考えると、妥当な数字と言えます。

30歳以上の転職ではマネジメント経験は必須と言われることも多いですが、実際にマネジメント経験者が5人に1人ということを考えると、マネジメント経験者以外は転職しにくいというのは現実的ではないですね。

仮に管理職経験が無くても、営業職であればそれまでの実績や人脈、専門職であれば専門知識やスキル、1級管工事施工管理技士や弁理士、社会保険労務士などの高度な資格等をアピールすることで十分に戦うことができます。

もちろん管理職としての転職を希望するならば、管理職経験があるに越したことはありませんが、そうでなければそれほど悲観する必要はないと覚えておきましょう。

スキル、実績がないと転職は厳しい

【質問】企業へのアピールに使えそうな実績、スキルはありますか?

企業へのアピールに使えそうな実績、スキルはありますか?
管理職経験が無くても転職できるという前項の結果に対して、転職している人のほとんどが何らかのスキルや実績があるという結果に。

社会人になってから10年程度は経っている30代であれば、何かしらの結果を出したり、専門知識やスキルを持っていないと転職は厳しいです。

逆に何もないと、面接官から「10年間何をやってきたの?」と思われることでしょう。

自分では大したことがないと思っているスキルや実績でも、他社から見るとすごかったりするものです。自分の市場価値を客観的に見つめなおすことも重要。

どうしても何のスキルも実績もないという場合は、先に会社を辞めることだけは絶対にしないようにしましょう。転職サービスに登録しておいて、自分に合った求人をじっくり待つというのも1つの手です。

30代前半にお勧めの転職エージェント、転職サイト

年収アップならtype転職エージェント

type転職エージェントは年収に強いことを売りにしているエージェント。71%が年収アップに成功してる等、文句なしの実績となっています。

特に20代~30代前半までのサポートを得意としており、30代前半で年収アップを希望するなら欠かせない1社となります。

1都3県のみという制約はありますが、首都圏に住んでいて年収アップを希望しているならば必ず登録しておきましょう。

丁寧なサポートを受けるならマイナビエージェント

マイナビエージェントはサポートの丁寧さに定評のあるエージェント。

20代30代や女性の転職サポートに力を入れているという特徴があり、求人の傾向としては大手企業が多めになっています。

位置づけ的には最大手というわけではありませんが、求人数も多いので穴場とも言えますし、より丁寧なサポートが期待できます。

未経験・異業種への転職ならワークポート

未経験・異業種の転職ならワークポート。

ワークポートはもともとIT・WEB系に特化した転職エージェントでしたが、ここ最近は総合転職エージェントとして業態転換しています。

特に初めての転職や、未経験の仕事への転職サポートに注力しており、転職に自信が無かったり、未経験転職を希望している人からの評判が高くなっています。

IT系の求人も引き続き充実しており、IT系・WEB系や未経験の転職には欠かせない1社となっています。

仙台、首都圏、中京圏、関西圏、福岡に支店があるので、面談に行けるのであれば相談しておきたいところです。

まだ方向性が決まっていないならリクルートエージェント

対話を通じて自分の求めているものがはっきりわかってくると評判です。

最初は転職する気が無くても、自分が見えてくるにつれ転職へと気持ちが固まることもあります。

求人数は業界最大級、日本全国あらゆる企業規模、業界、職種の求人を扱っていますので、転職の方向性が決まっていない場合には最初にリクルートに相談してみることをお勧めします。

30代後半にお勧めの転職エージェント、転職サイト

スカウト機能特化のビズリーチ

年収500万を超えたら登録すべき転職サイト。

ハイキャリア向け転職サイトで、スカウトサービスに特化しています。

ビズリーチに登録するヘッドハンターは2,500人以上。一般的なエージェントサービスと違い、多数のヘッドハンターからスカウトを受けることができます。

求人を案内されることはもちろん、自分のための求人が作られることもしばしば。レジュメを登録しておくだけで、多数のスカウトメールが届くので、簡単で楽。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
50,141views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,597views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
21,206views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
19,695views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,870views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
14,479views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
14,213views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
12,700views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,491views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9,935views
ページのトップへ