> > 産後ママの再就職を応援!働きやすい職場を探す方法

産後ママの再就職を応援!働きやすい職場を探す方法

3209 views

出産後のママの誰もが仕事に復帰する際、育児と仕事の両立が上手くできる働きやすい職場はあるのか不安に思います。
やはり子供を育てるにはお金がかかるので、働かないわけにはいきません。

ですが、そもそも子供がいる事で就職できない女性も多く、企業としては子供の病気で急に休まれてしまうことが迷惑なので、雇いにくい現状があり不採用になってしまうケースが多いです。

ここでは、実際に育児と仕事を両立している人の働き方や、仕事の探し方を紹介します!
実際に育児と仕事をしている人の声を参考にしてみて下さいね。

出産後再就職のタイミング

「育児介護休業法」では、育休について一人の子に対して1回取得できる制度で、子供を出産した日から1歳の誕生日の前日までの期間で休むことができますが、保育所に入所できない場合や養育をする予定だった方が疾病や負傷、死亡といった理由で養育困難になった配偶者については1歳6カ月まで育児休業の延長をすることができると定められています。

最近では産休、育休のスムーズな活用や子育てへのサポートを重視する企業が増えてきましたが、時間の融通がきかず残業が多いといった企業では、職場環境や育児に専念できないことが少なくありません。

そのため、妊娠や出産を機に退職という道を選択肢して専業主婦になっても、家庭の事情や経済的理由で子どもが落ち着いたら再就職をしたいと希望されている方は多いでしょう。

出産前までバリバリ働いていた方でも子ども中心の生活になってしまうと、体力的にもきつく近くに子どもの世話をしてくれる環境が整っていないと再就職は厳しいですが、プライベートと両立できるサポートを整えている企業であれば正社員への再就職も望むことができます。

再就職を成功させたい!と思うママは早めの再就職を目指すことが大切です。

出産後4年以内に再就職への活動を始めた方の再就職成功率は4割と、離職期間が短ければ短いほど再就職がしやすく、再就職に成功した方の65%は2年以内に再就職しているという状況となり、離職期間が長くなると正社員としての就職が厳しく、パート勤務をしている方が多くいらっしゃいます。

ママさんに出産後の再就職について質問!

出産後の再就職するタイミング、どんな仕事が子育てと両立しやすいのかなど、迷うことが多くあるのではないでしょうか?そこで出産後再就職した時の状況について先輩ママにアンケート調査を行いました。

調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間:平成30年7月12~7月26日

Q 産後の就業形態は?

産後の就業形態は?<

産後の雇用形態を聞いたところ、パート・アルバイトが54%と過半数を占めています。

・正社員はハードルが高かったので、パートとして働くことにしましたが、子どもが熱を出したりと、迷惑をかけることが思っていたよりも多いと感じています。子どもとの時間も大切にするため、面接などで自分の希望はしっかりと伝えておくのが良いと感じました。(パート 30代前半 神奈川県)

・子育てを優先に考えていても勤務時間や休みの調整をしてくれる会社もあるので多くの情報を収集して働きやすい会社を探すとよいと思います。(正社員 40代前半  東京都)

子育てに配慮してパートを選ぶ女性が多くいる中、情報収集により働きやすい会社を探して正社員として勤務されている方もいました。

Q どうやってその転職先を見つけましたか?

転職先の見つけ方<

アンケートの結果、紹介・コネが47%と一番多い結果となりました。

・ライフワークバランスを考慮するなら、知り合いのツテをあたった方が主婦にも働きやすい職場が見つかりやすいと思いました。(契約社員 30代前半 栃木県)

・転職サイトはたくさんの求人情報があるので、有効活用するとよりスムーズに再就職できると思います。( 正社員 30代後半 宮城県)

人とのつながりを普段から意識していると、お仕事を紹介してもえらえる可能性は高まりますが、紹介がないようであれば転職サイト等を有効活用しましょう。

Q 出産してから再就職するまでの離職期間はどのくらいですか?

離職期間<

1年以上~2年未満が32%と一番多い結果となりました。

・なるべく早く復帰しましょう。働く喜びはなくせないものです。 (アルバイト 50代前半 東京都)

・なるべく間を置かないで、週1日からでもいいから専業主婦の期間を長くしない方がいいと思います。(派遣社員 30代後半 青森県)

離職期間が長いとスキルが低下するとみられたり、ますます再就職が難しくなってしまいます。家族の状況を見つつ、正社員として復帰したい場合は早めに再就職しましょう。

Q どんな職種の仕事をしていますか?

離職期間<

オフィスワークが40%で、販売・サービス16%、介護・福祉・医療系15%という結果でした。

・前職が専門職(IT系、看護師、歯科衛生士等)の場合は再就職に強いように思います。他には離職期間が短い、子供の預け先が確保できていると、より有利だと感じました。(正社員 20代後半 千葉県)

事務職はやはり女性に人気が高いです。休みがとりやすいのもその背景にあるようです。

Q 何を一番重視して就職先を決めましたか?

一番重視したポイント<

勤務時間と子供がいても働きやすい職場環境が39%と一番多い結果となりました。

・保育園に預ける場合は、何時から延長料金がとられるのか気にして勤務時間考えた方がいいと思います。(正社員 30代前半 愛知県)

・子供が急に病気になったりして、直ぐに対応しないといけない事があるので、フレックスタイム制を採り入れている職場をお薦めします。(派遣社員 40代後半 神奈川県)

・子供の体調不良、子供の園の行事などで休暇取得しやすい雰囲気の職場を選ぶことがとても大切だと思います。(アルバイト 30代前半 神奈川県)

Q 転職活動時の状況は?

一番重視したポイント<

子供の預け先が転職活動前に決まっていた方が40%と一番多くなっています。

・預け先を決めるのに苦労すると思いますが、保育園だけでなく保育ママさんやベビーシッター、ショートステイ等利用してまず預け先の確保を優先させて下さい。(契約社員 40代前半 埼玉県)

・子供の預け先で悩む方も多いと思いますが、仕事と並行して探すこともできます。ハローワークもキッズスペースのあるところがあったりと、意外と行きやすいです。(契約社員 30代前半 広島県)

できれば、まず預け先のメドをつけてから転職活動をした方が、転職先にもプラスのイメージを持たれやすいです。(アルバイト 40代前半 東京都)

ママが本当に働きやすい職場とは?

子育て中のワーキングマザーが働きやすい職場を見極める特徴は大きく3つあります。

出産後のママが本当に働きやすい職場とは?職場探しのポイント3つ

  • 企業内に育児中または産休中の女性は在籍しているか
  • 休暇の取得しやすさ
  • 管理職や上司が育児経験者

一つ目は「企業内に育児中または産休中の女性は在籍しているか」です。同じ境遇の人が多くいる職場は、会社側にも理解があるので働きやすい環境となっています。

ここで注意したいのは「育児休暇取得実績あり」というアピールだけでは参考にならないということです。

なぜなら育児休暇を取得した女性が復帰しても、育児のしづらい環境の職場だと退職してしまうので「育児中の女性」が在籍していないことには本当に女性に優しい職場なのか判断がつかない為です。

また、育児休暇中の給付金は健康保険が財源になるため、会社の負担ではなく、育児女性に優しい職場でなくても、取得は以外に容易です。復帰した女性が過酷な労働環境に退職してしまうこともあるため、この表示は参考にしないようにしましょう。

職場探しのポイン二つ目は「休暇の取得しやすさ」です。子育てママにもっともよくある悩みが、子供の病気で仕事を休まなければいけなくなってしまうこと。

「年間休日数」が多い企業は必然的に急な休みをとる機会が減るの子育てママには安心です。また、「有給休暇取得率」が高い企業も休みがきちんととれるのでママが働きやすい職場といえます。

また三つ目のポイントとして、管理職や上司が育児経験者の場合も理解を得られやすいので働きやすいです。誰かが休んでも、サポートしあえる雰囲気がある職場は安心して働けますね。

また残業時間が少ない、通勤時間がかからない近場の職場を選ぶのも大切なので、残業については事前によく確認しておきましょう。

再就職成功ママの声

産後・子育てママの仕事の探し方

託児所付きの職場や子育てに理解のある職場を探すためには、個人での就職・転職活動ではなかなか難しいかもしれません。好条件の求人や希少な求人は一般には公開されない”非公開求人”となっている場合が多いからです。

では、どのように求人を探していけばいいのかと言う転職サイトや転職エージェントを利用しながらの就職・転職活動がおすすめです。転職サイトでは非公開求人を含め豊富な求人の中から”託児所付き”や”子育てに理解がある”などの希望条件を選択し、希望にマッチした求人を効率良く探すことが可能ですが応募からの流れも含め転職サポートはありません。自分のペースで就職・転職活動を進めていきたいママにおすすめです。

一方、転職エージェントは転職相談に始まり希望にマッチした求人の紹介、履歴書・面接アドバイス、雇用条件交渉など様々な転職サポートを受けることが可能です。希望条件に合った求人が見つかるのか?面接に不安を感じている‥といった産後・子育て中ママならではの悩みや不安もコンサルタントのサポートで安心し、スムーズに就職・転職活動を進めていけるはずです。

積極的に仕事を探しているママ、まずは相談だけしてみたいママ、どちらにも的確なアドバイスで新たな一歩を踏み出すきっかけを作ってくれるのではないでしょうか。

仕事量少な目、契約社員で子育てと両立!

PC パソコン スマホ ネット登録よくあるのが、”正社員が一番良い”という思い込み。同じ場所でずっと働けるという意味では、安定しているかもしれません。企業側からすれば子持ちの女性は扱いが難しいというのが実際のところです。

応募自体はできても、行事や子供の体調などで休みが多くなってしまう子持ち女性は、どうしても選考では通りにくくなってしまいます。

正社員に企業が求めることは利益なので、残業をしたくない・・・という時点で、女性の理想とはかけ離れてしまうのです。

そこでおすすめしたいのが契約社員です。

シフトの融通が利きやすく、企業側も割高な残業をさせるメリットがないので、プライベートとの両立がしやすく既婚女性が多く働いています。

正社員ではないので精神的負荷も少なく、定時で上がれて家庭と両立できる派遣は、まさに女性にピッタリの働き方と言えます。

年々企業からの派遣求人も多くなり、特にオフィスワークでは時給の高騰が続いています。最近ではあえて契約社員を選ぶ女性も増えてきています。

キャリアに固執せず昇進は望まない働き方は家庭と両立しやすくなります。

契約社員求人も多い転職エージェント

マイナビエージェント(ワーキングマザーが利用すべき転職エージェント)

定番のマイナビエージェント。世間が女性の転職に力を入れる前から、女性の転職支援を積極的に取り組んできた実績があり、女性向けの求人が集まりやすい傾向にあります。

中小企業から大手まで、オフィスワーク、女性向け営業職、女性向け企画職などなど、女性に特化した求人に強みを持ちます。

求人の8割が、会員限定の非公開求人なので、倍率も少なく好条件で仕事を見つけることができます。

パソナキャリア (女性に特化)

女性向け求人が豊富なパソナキャリア

残業が少ないと女性人気のオフィスワーク(一般事務・受付・経理・人事・総務)などの管理部門に強く、専門のコンサルタントが在籍しています。

他にも女性営業職や企画職など、あえて女性向けに出している求人を扱っているのも特徴です。

キャリアプランを一緒に立て、長い目で見た転職サポートに力を入れています。全国に求人を持っているところも魅力。

type転職エージェント(東京、神奈川・埼玉・千葉限定)

首都圏在住ならtypeの人材紹介
首都圏以外の方はSpring転職エージェントがおすすめ。

『女性の転職@type』など転職サイトのコネを使って、中小企業などの求人を多く扱います。

自宅近くの中小企業でアットホームに働きたいなら、中小企業に強いtypeの転職エージェントがおすすめです。職種としては、オフィスワーク、営業、企画、経理・財務、人事などに強みを持ちます。
IT、web業界にも強いのが特長です。

Spring転職エージェント

おすすめは、Spring転職エージェント(派遣ではありません)
Spring転職エージェント求人の約半数がオフィスワーク!女性のアドバイザーや登録者が多いことで人気のエージェントです。

一般事務・営業事務、秘書・経理事務・人事など初級~上級者向けの事務求人を幅広く扱っています。

事務職などのオフィスワークは残業が少なく休みが安定していることから女性に人気の職業です。オフィスワークと女性求人に強いSpring転職エージェントはおすすめです。

キャリアや給料も重視の正社員

家計 収入

今後かかるであろう子供の教育費や老後の資金のことを考えると、正社員を目指すのはとても賢い選択と言えるでしょう。

今の平均賃金は今後それほど上がる見込みはないため、旦那さんが大出世をしない限り年収の上向きは期待できません。

奥様であるあなたの収入が世帯年収を左右します。

厚生労働省の2016年の調査によると、定年まで正社員で働き続ける人と、出産・育児で仕事を中断し非正規で再び働く人では、生涯賃金で1億円の差があると言われています。

早いうちが断然有利ですので、正社員を目指すなら今すぐに踏み切るべきです。

正社員でも育児と両立できる?

出産後のこのタイミングで仕事を探しているということは、今または以前の会社は、長時間働くことが当たり前で、出産前は帰宅が何時になってもお構いなしだったあなたも、もうその時間で働くことに限界を感じているのではありませんか?

子供がまだ小さいうちは眠りも浅く、夜泣きは当たり前、しょっちゅう熱を出したり具合を崩します。

それにつきあう母親も眠れなかったり、体力的につらいことが多いですよね。

それなのに職場の人にはそのつらさが通じず、子供の病気などで休みがちなのを白い目で見られている…そんなことはありませんか?

それならばいっそ、子育て女性のキャリア育成に理解のある転職先を探しましょう!

今の時代、子育て中の女性が働いている職場も少なくありません。

同じ境遇の人が他にいるだけで、相談などもでき、気が楽になりますよ。

また有能な人物を時短などの一定の条件で働かせてくれる、子育てや介護に理解のある職場も急増しています。

職場のダイバーシティ(多様性)が企業の競争力を高めるということも、いまや常識になりつつあるのです。

子育て支援企業を取り扱う転職エージェント

マイナビエージェント

関西・首都圏に強いマイナビエージェント。女性の転職にも強く、転職サイトの『マイナビ転職』とのパイプを活かした求人も多数取り扱っています。

営業、IT、医療、販売サービス、金融、企画管理職等々、多数の経験者向け求人あり。

パソナキャリア (女性に特化)

女性向け求人が豊富なパソナキャリア

英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職に強いなどの管理部門に強く、専門のコンサルタントが在籍しています。

他にも女性営業職や企画職など、あえて女性向けに出している求人を扱っているのも特徴です。

キャリアプランを一緒に立て、長い目で見た転職サポートに力を入れています。全国に求人を持っているところも魅力。

経理・財務・人事職種、メディカル業界で多くの実績あり、全国の求人多数です。

リクルートエージェント

業界一の求人数を誇るリクルートエージェントの真の強みは多種多様な人材の要求に対応できること。
女性の昇進実績があったり、産後の復職率が高い企業など、女性活用意識が高い企業を、業界に精通した専任アドバイザーに紹介してもらいましょう。

経営・企画・マーケティング、各種事務、物流・購買、IT系等、中級~上級者の経験者向けを扱っています。

type転職エージェント(東京、神奈川・埼玉・千葉限定)

首都圏に強いtypeの人材紹介。『女性の転職@type』など転職サイトのコネを使って、中小企業などの求人を多く扱います。

法人営業、MR、経理・財務、人事、経営コンサルタントなどの求人があり、IT、web業界にも強いのが特長です。

パート・派遣社員で自由に働きたい!

派遣社員 快適

社員ではやっぱり時間の制限が厳しいし、いざという時に休みづらい…そんな方におすすめの働き方が派遣ですよね。
派遣なら出産前のスキルを活かしながら、自分のライフバランスに合わせやすいので、育児をしながらの復職にはおすすめのワークスタイルだと思います。

企業によっては出産後の女性の復職支援として優しいサービスが充実しています。保険や有給はもちろん、レジャー施設や旅行が格安でできる福利厚生の充実、そして何より、ベビーシッターなどの育児サービスの充実が、育児中の女性には魅力。

パートなら派遣で選ぶのが賢い選択です。
時給が高く、派遣ならサービス残業も少ない。
パートは飲食店や販売職が多いのに対し、派遣は負担んが少ないオフィスワーク案件が多いのがポイントです。

派遣社員のメリット

派遣社員だと、正社員のように決められた仕事内容以外のことをしなくてもよく、時間も細かいところは5分刻みで時給につながるので、私生活とのワークライフバランスはとりやすいでしょう。

またパートに比べて全体の時給が高いため、収入もそれなりにあり、家計はおおいに助かることになります。

派遣おすすめサービス

スタッフサービスオー人事ネット

スタッフサービスオー人事ネットではオフィスワークから販売職まで幅広く扱っています。

うれしいのは、派遣は来社するのが億劫ですが、オー人事ネットは来社不要のオンライン登録ができるので、お子さんがいてもタイミングを見て登録することができます。

オー人事ネットでは各種キャリアアップのためのスキルアップ制度を取り入れているので、ブランクがある方や、初めてのオフィスワークでも安心です。

テンプスタッフ

派遣会社で一番人気のテンプスタッフ

パート勤務や時短求人が多いことで、女性や主婦に特に人気です。スキルアップ支援制度が充実しているので、働きながら資格などの勉強もできます。

派遣会社の中でも拠点数がダントツなので、行きやすい点や求人数が多いところも◎

出産後の女性の再就職事情 まとめ

家庭と仕事の両立はまだまだ難しく、どちらかを諦めざるをえない女性が多いのも事実。
ただし、JRグループなど大手企業を中心に、ワークライフバランスを重視して産前・産後休暇などを取りやすく務める企業も増えています。無理のない範囲で始めて、徐々に専門性を身に付けていきましょう。

そして転職す成功する人の特徴は高望みしすぎない人です。

これは前職で大きな成果を上げていたり、大企業に勤めていたりした人が陥りがちなのですが、いったん退職してしまうと、あなたの労働者としての価値を決めるのは上司ではなく転職市場になります。

そして一般的に多くの人は転職後に賃金が下がることも理解しておいてください。年収3割減が普通とも言われます。

そもそも、産前休業・産後休業という長い休みを取った後で、出産前と同じパフォーマンスが発揮できるとも限りません。

前職と同等程度、あるいはそれ以上の給与にこだわりすぎるあまり、離職期間が長くなり、ますます再就職しづらくなる例も多いので、あまり自分のキャリアを過信しすぎないように注意しましょう。

産前・産後休業を終え、就職活動をはじめる場合は、「年収の高い業界ランキング」なんかを見るよりも、「今の自分はどのくらいの待遇で働けるのか?」を知る方がずっと重要です。

女性転職 関連コラム

藤井佐和子 女性のためのライフワークバランス講座

女性におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
スキルを持った女性の年収アップ転職にうってつけ

Spring転職エージェントはグローバル展開するアデコが母体。外資系企業に強いパイプを持っています。また専門分野によって担当が分かれているため職種に精通したアドバイザーから転職支援を受けることができます。年収アップを目指したい専門スキルのある女性にはお勧めの転職エージェントです。
type転職エージェント
type転職エージェント
女性専用転職サービスを実施

type転職エージェントは女性専門の転職サービスとして「type女性の転職Agent」を展開しています。年間5000名以上が受けているキャリアカウンセリングサービスでは結婚、出産などライフイベントによる働き方の変化を相談できます。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
将来像を見据えた親身な対応

マイナビエージェント+Agentでは、女性を対象にした転職に特化した転職サービス。女性アドバイザーが相談者の将来像についてじっくり話を聞き、今後のキャリアを共に考える体制が整っています。
パソナキャリア
パソナキャリア
自社をモデルにした女性活躍社会を目指す

「女性活躍推進コンサルティングチーム」を立ち上げているパソナキャリアは女性活躍社会の実現に意欲的。女性管理職も多い自社の働き方をモデルとしたサービスを展開し、女性のキャリアアップに向けた転職を後押ししてくれます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
国内ナンバーワンの転職実績で女性の就職も後押し
リクルートエージェントは転職市場調査で転職実績ナンバーワンを誇る、転職エージェントの頂点。もちろん女性の転職実績も高くなっています。平日夜、土日の面談も可だから、家事に育児に忙しい女性でも相談しやすいエージェント。

女性におすすめ関連記事

女性におすすめの転職エージェント人気10社
男性向け求人ばかりの転職サイトですが、女性に強い転職エージェントもあります。女性におすすめの転職エージェントを10社まとめてみました。
【経験別】事務職の転職エージェント活用法
あなたの経験に合わせた内定ゲット法をご紹介♪未経験でも事務職で内定を勝ち取るコツって・・・?自己PR例・志望動機例もあり◎
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
手に職をつけて一生食べるのに困らない仕事がしたい!簿記・宅建・IT系・介護…知識・経験ゼロから取れるおすすめ資格とは?
結婚を機に転職は不利?メリットと志望動機の伝え方
結婚は人生の転機。結婚を理由に転職して不利にならないのか?メリット、志望動機の作り方を解説していきます。
40代女性が正社員で転職するのは至難の業?
年齢を理由に諦めがちな40代女性はどうやって仕事探してる?正社員や人気の事務職に就職する方法とは?再就職を成功させるポイントを伝授。
【託児所付き求人】狙い目の企業・職種10選
託児所付き・子持ち女性へ配慮のある企業・職種を10個まとめました。企業内保育所がある有名企業もご紹介!
【出産後の再就職】タイプ別・働きやすい職場を探す方法
出産後に復職したい女性を4つのタイプ別に分けて、転職活動方法をご紹介。 あなたに合った企業や仕事を探す方法とは?

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
104,305views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
43,689views
50歳から始める仕事の探し方
3
50歳から始める仕事の探し方
24,715views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
24,393views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
5
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,027views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,650views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
21,005views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
17,332views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
16,933views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
10
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,739views
ページのトップへ