jaic突撃取材
転職エージェント比較対決

自分に合った転職エージェントの選び方は?


求人情報転職エージェント

面倒くさがりで忙しいあなたにピッタリなのが『転職エージェント』、専任のアドバイザーが無料で転職活動をサポート。職務経歴書や面接のアドバイスに加え、条件や年収UPの交渉事もすべてお任せ。一人で活動するよりも転職成功率が格段にUP!また『非公開求人という一般の求人情報には出回らない有力な非公開求人があるのも特徴。』

経験なくてもOK?20代転職エージェント活用法人生の岐路?!30代転職エージェント活用法40代転職エージェント活用法
女性の転職は大変?女性の転職エージェント活用法外資の転職は今?!外資系 転職エージェント活用法求人数が少ない?IT系転職物語
転職エージェントがカギ。エグゼクティブ転職物語上京転職成功のコツ 東京転職エージェント活用法海外の就職事情は? 海外転職エージェント活用法
派遣 転職エージェント活用法転職エージェント 15社徹底比較

転職コンサルタント 書き下ろしコラム

キャリアコンサルタント梅田幸子の「初めての転職活動成功講座」

転職コンサルタント中谷充宏が教える、中高年の転職必勝法

女性のためのライフワークバランス講座



人気の転職エージェントへ突撃取材!!

おすすめ転職エージェント ジェイックへ突撃インタビュー
おすすめ転職エージェント アデコへ突撃インタビュー
おすすめ転職エージェント パソナキャリアへ突撃インタビュー
おすすめ転職エージェント レバテックキャリアへ突撃インタビュー
おすすめ転職エージェント ハタラクティブへ突撃インタビュー
オススメ転職エージェント 「type転職エージェント」へ突撃インタビュー
おすすめ転職エージェント MIIDASへ突撃インタビュー

転職エージェント利用者150人に聞いた!アンケート結果

転職エージェントはたくさんあるけど…正直、どうなの?
転職エージェントのメリットデメリットを、利用した150人に聞いてみました


「希望条件で転職できそう(23%)」、「条件交渉が苦手(10.9%)」、「年収アップが望める(10.2%)」と約半数が「条件アップ」のために転職エージェントを利用していることが分かります。自分では交渉しづらい条件アップも、転職エージェントを利用すれば可能であるという認識が強いようです。

条件面以外では、「今の仕事が忙しく時間がない(8%)」、「早く転職したかった(18.2%)」といった時間短縮に関する理由も多く、働きながらの転職活動にうまく活用したいという気持ちも垣間見えます。

「非公開求人」の多さを売りにする転職エージェントが多いですが、これについては意外にも11.2%という結果に。それよりも「良い条件で早めに(手間をかけず)転職したい」というのが本音のようです。

 

「年収がアップした(8.6%)」、「希望の職に就けた(16.1%)」、「短期間で転職出来た(18.0%)」、「勤務条件が良くなった(12.0%)」、「条件調整の代行や交渉をしてくれた(12.7%)」と過半数が条件アップの回答をしていることから、転職エージェントを利用したことで希望通りの転職ができた人が多いことが読み取れます。

「自分の強み・向いている仕事が見つけられた(19.1%)」、「応募条件の添削・面接対策が良かった(8.2%)」といった回答も多く、使ってみて初めて分かるメリットもあるようです。

その他自由回答では「丁寧な対応、アドバイスが貰えた」や「募集年齢を超えていたが、融通をきかせてくれた」、「未経験の職種にキャリアアップ出来た」など、転職を有利に進めるためのサポートが良かったという意見が多くなっています。

 

半数近くが「特になし」と回答しているものの、何らかの不満を持つ人も半数以上。特に、希望とは違う求人を勧められたり、妥協することを勧められたりしたという回答が気になります。「入社させることで手数料を得る」人材ビジネスの弊害と言えます。もちろん、すべての人材サービス企業がこのような対応をするわけではありません。

また、「担当者の対応が悪い」という回答もかなり多くなっています。「都合を考えずに電話をしてくる。(16%)」などは在職中の場合には迷惑でしかありませんね。

その他自由記述では、「話を聞いてくれなかった」、「レベルの高すぎる(または低すぎる)求人ばかり紹介された」、「全く求人を紹介してくれなかった」、「担当者に知識が足りない」と言った声もありました。

転職エージェントをうまく活用するには、会社選びと担当者に恵まれることが重要と言えそうです。担当者は自分で選べませんから、リスクヘッジのために複数の転職エージェントに登録しておくのも良いかもしれませんね。

 

「希望業界に強い(40.7%)」、「実績(40%)」、「口コミ評判が良い(36%)」、「紹介案件の量・質(49.3%)」、「サービス内容(30%)」と現実的な回答が上位を占めています。人生で何度もない転職活動。失敗を避けるために、実績や評判重視で転職エージェントを選んでいる堅実な心理が読み取れます。

その他自由記述では、「エージェントの能力」や「検索システムの使い勝手」などがありましたが、これらは実際に登録して使ってみないと分からない面もありますので、結局は登録してみるか、口コミ評判や実績から総合的に判断するしかありません。

 

7割の人が2社以上の転職エージェントに登録しています。平均は「2.19社」となっており、4社以上登録している人も1割います。求人の選択肢を増やすためや、ハズレ担当者にあたった時のリスク回避の目的で複数エージェントに登録していると考えられます。

    【調査概要】

  • 〇調査企画:株式会社まんまるeねっと
  • 〇調査目的:転職エージェントのサービス内容等に対する意識調査
  • 〇調査方法:クラウドワークスリサーチによるアンケート調査
  • 〇調査対象地域:日本国内
  • 〇母集団:転職エージェントを利用したユーザー
  • 〇調査対象:20代・30代・40代の各男女50人(合計150人)
  • 〇調査実施期間:2016年01月15日~2016年01月25日

転職エージェントを利用するメリット・デメリット!?

転職エージェントを利用するメリット・デメリット各企業と密接な関わりを持ち、転職成功のノウハウを持つ転職支援のプロ集団が転職エージェント。企業情報を提供してくれるだけの転職サイトと異なり、無料で様々な転職支援サービスが受けられるのが特徴です。でもそれだけに、上手に使いこなせないとダメージも大きくなりがち。転職エージェントに登録する前に、そのメリット/デメリットをよく知って転職活動を有利にすすめたいものです。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリット

企業側とのミスマッチが防げる

転職エージェントを利用すると、企業側にもあなた側にもミスマッチが防げるというメリットがあります。企業事情及び希望業界に精通したアドバイザーからの生の情報は、転職サイトを閲覧するだけでは決して得られないもの。あなたと企業双方の希望を聞いたうえでまさにwin-winのマッチングをしてくれるため、入社後に「こんなはずでは…」ということはまずありません。中には入社後もフォローしてくれる転職エージェントもあり、転職初心者でも安心して転職活動ができます。

自分の市場価値が分かる

転職エージェントは多くの企業、多くの業界とのコネクションを持っているため、あなたの市場価値を査定したうえで的確な企業選びをサポートしてくれます。これもひとりで活動していたのでは決して分からない、転職エージェント利用の大きなメリットのひとつです。もう少し年収・収入を上げたい、業界全体のニーズはどんなものか知りたい、そんなあなたはまず転職エージェントに相談して損はないでしょう。

面倒なことはすべてお任せ

なんといっても転職活動につきものの煩わしい作業を無料で代行してくれるのは転職エージェントの大きな魅力。企業選びや履歴書・職務経歴書作成のアドバイスはもちろん、面接の日程調整や年収・給与の交渉まで、自分では言い出しにくいこともすべて任せられるので安心です。キャリアアドバイザーに相談しているうちに自分の本当にやりたいことが見えてきた、という声もよく聞かれ、これも大きなメリットと言えます。

スピード転職が可能

働きながら自分でひとつひとつ採用情報を探し、転職活動を行うのは大変な手間と労力がかかります。でも、転職エージェントを利用すれば企業選びから面接対策、スケジュール管理までをサポートしてくれるので、短期間で効率的に転職することが可能になります。また、キャリアアドバイザーに相談することで自分では気付かなかった自分の強みに気付いたり、自分のスキルの市場価値が分かるなど、自分を客観視できることで結果的にスピーディに転職できるという側面もあります。

非公開求人を紹介してもらえる

大量の応募が予想される求人や新規事業立ち上げに伴う求人など、公開してしまうと不都合が起きる場合、企業側はそれらを非公開求人として転職エージェントに一任します。企業側には応募基準を満たす人材のみを転職エージェントに紹介してもらえるため選考の手間が省けるというメリットがあり、求職者側には一般に公開されていない求人を見ることができるというメリットとなるため、転職エージェントとしてもこの非公開求人が大きな売りのひとつになっています。

転職エージェントを利用した場合のデメリット

転職エージェントを利用するデメリット

応募者がフィルタリングされる可能性がある

転職エージェントに登録しても、思うように希望の企業を紹介してもらえない場合もあります。転職エージェントの収入源は企業から得られる紹介料であり、より多くの成約を得て収益を上げたいため、あらかじめ優秀な人材(応募者)を選んで紹介する場合があるからです。無料の転職支援サービスというビジネスである以上仕方ないともいえますが、このような場合、まず希望に見合うスキルを自分が持っているかを見直したうえでキャリアアドバイザーに率直に尋ねてみましょう。大手エージェントから中小のエージェントに切り替えて成功する例もあります。

希望に合わない企業を紹介される可能性がある

逆に、紹介されるのが今ひとつ希望に合わない企業ばかり、というケースもあります。これも上記のように、転職エージェントが自分たちの利益を追求している場合と、応募者がスキルに見合わない希望を出している場合とがあります。自分の希望がはっきりせず、紹介されるとなかなか断れない…という人は注意が必要です。

キャリアアドバイザーの腕に左右される

キャリアアドバイザーも経験豊富な人ばかりではありません。親身に相談に乗ってもらい、優良な企業に転職できれば言うことはありませんが、必ずしもそうではないケースもあります。まずは自分と相性がいいかどうか、そしてエージェント本位でなくあなたのことを真剣に考えて企業を紹介してくれるかどうかを見極めましょう。キャリアアドバイザーと合わない場合は替えてもらうなど対策をしましょう。また複数の転職エージェントに登録をして自分と相性のいいキャリアアドバイザーと話を進めていくというのも賢い方法です。

転職エージェント選びのコツは、キャリアアドバイザーにあり!

転職エージェントにお任せ!転職を成功させるために、転職エージェントを利用するのが最良ですが、どこの転職エージェントでも同じわけではありません。良い転職エージェントを選ぶポイントは、優秀なキャリアアドバイザーがいるエージェント会社を選ぶことです。その理由には、キャリアアドバイザーによって当たりはずれがあることが挙げられます。では、優秀なキャリアアドバイザーとはどんな人が当てはまるのでしょうか、またダメなキャリアアドバイザーとはどの様な人か下記で解説していきます。

優秀なキャリアアドバイザーが在籍する、転職エージェントを選ぶポイント

信頼できるキャリアアドバイザー

印象が良く、話しやすい

自分との相性も大事ですが、面談や電話の対応で感じ良い人が○。話しやすい人ほど、こちらもありのままの情報を伝えやすくなります。キャリアアドバイザーの方も企業に推薦できるように人物を見定めておりますので、お互いに良い関係を築けるアドバイザーに巡り合えると転職が成功する確率もぐっと高くなります。

独自の情報を持っている

キャリアアドバイザーによって、企業の裏情報や転職希望先の独自情報を持っている場合があり、あなたにとって大変有利にはたらく情報になるかもしれません。優秀なアドバイザーほど、業界・各企業に太いコネクションを持っていることがあるため、キャリアアドバイザーには色々と質問してみて情報を聞き出すことも大切です。

行動が早いエージェント

実は、一番大事かもしれないのが、行動が早いこと。メールや電話での連絡が早い他、求人の紹介から、面接の段取りなど、すぐに行動してくれるキャリアアドバイザーは短期間で早く転職したい人にとってありがたい存在となります。また、行動が早い人ほど、面接ではどんな担当者なのかなど、前もって調べてくれて対策法や転職ノウハウを伝授してくれたりしますので、アドバイザーの対応の早さはチェックすると良いでしょう。

業界の動向や展望に詳しい

優秀なキャリアアドバイザーであれば、各企業の情報に精通しているのはもちろん、その業界全体の動きまで把握しているもの。アドバイザー自身が以前その業界にいた、という実績やケースもあり、実情を内側から見た情報が得られるため、希望業界がはっきり決まっている場合は転職活動を有利に進められます。転職エージェント自体が営業・IT系に強い、外資系に強いなどの特色があればさらに安心です。

真剣に自分の将来を考えてくれる

転職エージェントを利用する最大のメリットは、キャリアアドバイザーの存在と言っても過言ではありません。悩んでいること、迷っていることなどがあれば率直に気持ちをぶつけてみましょう。本当にあなたのことを考えてくれるアドバイザーなら、あなたの本質を見抜き、的確なアドバイスをくれるはず。エージェント側の都合でなく、あなた本位の求人を紹介してくれるアドバイザーを選びましょう。

ダメなキャリアアドバイザー、見極め5選!!

ダメなキャリアアドバイザー

クロージングをすぐ迫る

転職エージェントにとって企業は「お客さま」。企業側からの締め日を守ろうとするあまりあなたの側にクロージングを迫ってくるようなキャリアアドバイザーでは、今後の転職活動を任せられません。特に初めて転職エージェントを利用する人は「こんなものかな」と思ってしまいがちですが、おかしいと思ったらキャリアアドバイザーを変える、あるいは転職エージェントを変える必要があります。

紹介したい企業を推してくる

上記と同様、「お客さま」の都合ばかりを優先し、あなたの希望に合わない企業を推してくるアドバイザーも要注意です。このような場合、「受かりそうな企業」を勧めて自分の成約につなげたい、あるいはその企業自体がブラック企業である可能性があります。あなた自身の希望がはっきりしていない場合は特に、何となく押し切られてしまったということのないようにしたいものです。

希望業界について知識が乏しい

あれこれ企業を紹介してくれるのに、業界について質問しても答えに詰まってしまうキャリアアドバイザー。転職エージェントにとっては優秀な営業マンなのかもしれませんが、あなたにとって優秀なキャリアアドバイザーであるとはいえません。あなたの希望業界がはっきりしていて、かつ社内に業界に詳しいキャリアアドバイザーがいない場合、転職エージェントを変える必要があるでしょう。

都合を考えずに連絡をしてくる

仕事をしながら転職活動をしていることを知りながら、勤務時間内に連絡をしてくるキャリアアドバイザーも困りものです。やむを得ない場合を除き、このようなキャリアアドバイザーはすぐに変更してもらいましょう。

連絡が遅く、相談しにくい

反対に、全体的にアクションが遅いキャリアアドバイザーでは転職活動自体を任せられません。また、話してみた印象が悪く、何となく相談しにくい…という場合も遠慮なくキャリアアドバイザー変更を申し出ましょう。

優秀なアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶコツ

天職セイコ優秀なキャリアアドバイザーがいる転職エージェントの特徴として、大手企業が運営する転職エージェントが1番に挙げられます。優秀なアドバイザーほど、大手企業に転職しガッツリ働く傾向があり、研修や教育システムがしっかりしているため新人アドバイザーでもしっかり育つ環境が整っています。そのため、アドバイザーに当たりはずれが少ないです。

また、大手はキャリアアドバイザーが多数在籍していますので、もし、『このアドバイザーと合わないかも・・・』と思ったら、アドバイザーを替えてもらうことも可能です。大手企業が運営する転職エージェントを多数比較してみましたので、チェックしてみてください。

転職エージェントまとめ一覧表 口コミ評判あり
type転職エージェント(旧typeの人材紹介)
マイナビエージェント
リクルートエージェント
アデコ転職エージェント
DUDA
ハタラクティブ
アイデムスマートエージェント
パソナキャリア
エンエージェント
JAC Recruitment
キャリアカーバー
ランスタッド 転職支援
ビスリーチ
ファッショーネ
就職agentneo
ジェイック
レバテックキャリア
ワークポート
マイナビAGENT×IT
いい就職.com


転職サイトの活用方法は2通りあります。

自分で探す!求人情報型 プロに任せる!転職エージェント型

このページの先頭へ