東京へ上京して転職に必要なことは?

上京前に知っておきたい5つのこと

上京したい理由をはっきりさせよう

東京での転職活動について相談する →

①何故上京する必要があるのか?

上京して転職するためには、まず第一になぜ今の仕事を辞め上京しようと思うのかを、頭の中で考えるだけでなく全て書き出して、その合理的な理由を一つ一つ検証してみましょう。

その過程で、上京して転職することがあなたの人生に本当に必要かを考え抜くことです。

当たり前ですが、上京すれば必ず思い通りの仕事が手に入る訳ではありません。

いつ終わるとも分からない転職活動の中でモチベーションを保つには、しっかりした目的を持つことが大事になってきます。

逆に、「上京して転職すること」だけを目的にしてしまうと、ヒトも情報も多い東京では自分が本当に何がしたいのかが見えなくなって、安易に就職を決めてしまう危険性があります。

そんな失敗に陥らないためにも、自分のこれまでのキャリアをどんなふうに生かしていくか?

継続して技術やノウハウが得られて自分が成長していけるのはどんな仕事か?等を上京前にじっくりと考えることをお勧めします。

 

②面接で理由を聞かれることが多い

地方から上京しての就職の場合、面接で「なぜ東京に就職したいのか」という質問が必ず付いて回ります。

相手企業は「本当に上京してまでこの仕事がしたいのか?」と、疑問や不安を持っているので、その心配を払拭しかつ納得してもらえるように話をすることが大切です。

地方・地元での仕事のデメリットと、東京の会社に就職することでそのデメリットがどんなふうに改善されるのかを分かりやすく自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

仮に、東京で就職する目的が「遊びたいから」とか「恋人が東京にいるから」からだとしても、それはわざわざ答える必要はありません。

良識ある社会人として、あくまでも働くことに対する意欲のアピールが大切です。

運営会社 サービス詳細 まとめページ
マイナビエージェント
関東の転職と言えばマイナビ
首都圏・関西圏に特化しており、優良企業の求人が豊富。面談で上京できない場合は、電話面談も可能。リクルートとあわせて、東京転職には欠かせない転職エージェントです!
リクルートエージェント
東京転職におすすめ №1エージェント
全国に拠点がある最大手エージェントなので、地方在住でも地元で転職相談できるのが何よりの強み!もちろん東京の求人数も他社に比べて圧倒的に多いので、必ず登録しておきたい転職エージェントです。
アデコ
全国対応可なので、上京転職に◎
アデコは日本全国に160拠点を持っているので、どこに住んでいても相談出来る強みがあります。求人数も豊富で、キャリアコンサルタントもかなり親身にサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。
ハタラクティブ
20代向けの首都圏就職支援
20代の既卒・フリーターならハタラクティブ。20代なら社会人経験がなくてもOK! 登録後に担当者から連絡がありますので、東京で就職したい事を伝えましょう。首都圏中心の求人を扱っており面談場所は渋谷です。
JAC Recruitment
レベルアップを考えた上京ならJAC
本社が集まる都内には、国内外の企業が集まりますが、JACでは大手や外資系企業をはじめとした東京の企業と太いパイプを持ちます。高年収・好条件を取り揃え、管理部門の経理・人事・総務、金融・メーカー・IT系など幅広い職種に対応しています。

 

上京転職の手順

①先に引っ越して就活?内定後に引っ越す?

上京してから就活するか、内定後に引っ越してくるかは悩みどころかもしれません。

ですが、どこで仕事をするか決まっていない段階で地方から上京して引っ越してくるのは就職先の範囲を狭めてしまう可能性があります。

内定が出るまではウィークリーマンション等を使って身軽にしている方が無難です。

ウィークリーマンションは割高かも知れませんが、一度賃貸を借りてしまうと簡単には引っ越せないので、ここは初期投資と割り切りましょう。

面接の際に都内に引っ越していないことを心配されても安心させられるように、物件や地域の大体の目安は付けておいたほうがいいでしょう。

「まだ住所は決まっていないけれど、転職への熱意とやる気はしっかりある。」のようにアピールポイントにできるといいですね。

 

②転職エージェントに登録、相談

土地勘がないところで仕事を探すのは大変ですが、転職エージェントを使えば地方にいながらにして東京での就活が可能です。

例えば、平日夜に転職エージェントの担当者と連絡・相談して週末に気になる会社を面接という事も可能です。

何より、孤独で不安になりがちな転職活動をサポートしてくれる人がいるのは精神的にも助かります。

地元を離れて東京に行こうとすると、友達や家族に止められることが多いですが、転職エージェントの担当者はそういう人をたくさん支援してきていますから味方になってくれます。

ただし、会社によって、あるいは担当者(キャリアコンサルタント)によっては非協力的であったり、やる気がなかったり、対応が不十分な場合もあります。

1か所だけを使うよりは2~3のエージェントに相談して、最も対応が良い、あるいは担当者とウマが合う会社をメインエージェントに絞るのが良いでしょう。

転職エージェントに相談する →
 

③面接時の交通手段や宿泊先の手配

地方から上京しての就活はかなりお金がかかるので、計画的に準備を勧めましょう。

面接の際の交通費や宿泊費に家電購入・賃貸契約など新居初期費用は個人差も有りますが、100万円ぐらいを目安に資金を用意したいところです。

就職後もしばらくは安心できません。

みごと東京での就職が決まって働き出しても、お給料が振り込まれるまでにはタイムラグがあります。

「月末締めの翌月25日払い」だったりすると、4月1日から働き始めても、最初のお給料が振り込まれるのは5月25日です。

すると、最低でも2か月分の生活費がないとお金が回らないですよね。

 

上京転職にかかる費用

①交通手段

東京までの交通費

当たり前ですが東京から遠いほど交通費が掛かります。

新幹線にも回数券はありますし、金券ショップ・チケットセンター等を利用して少しでも安く抑えたいところです。

飛行機を利用する場合も早めにチケットを購入したり、LCCを利用したりすればかなり安く抑えることが出来ます。

また、新幹線が便利な東京~大阪をあえて飛行機(成田空港発着のLCCが多い)を利用することで、3000円代で移動することも可能です。

とにかく安く済ませたい場合には、高速バスや青春18きっぷなどの利用も視野に入れましょう。

高速バスであれば仙台~東京、大阪~東京、名古屋~東京などの便が2000円程度で利用できる場合もあります。

深夜発、早朝着の便を選べば、1日めいっぱい都内で活動できますね。

青春18きっぷであれば1日2400円程(5日分で11,850円)で山口県~東京までの移動も可能です。

帰りであれば、福岡県北九州市の小倉駅まで移動可能です。

お金はないけど時間はあるという場合には検討してみても良いでしょう。

 

東京都内での交通費

東京都内での移動にかかる電車賃もバカにならないもの。

東京メトロ、JR、東京都交通局(都営地下鉄等)では1日乗車券が有ります。

その日の行動予定が1つの鉄道会社の路線だけで移動可能な場合にはかなり安くなりますので、検討してみましょう。

JR「都区内パス」
概要:23区内のJR線を1日乗り降り自由
料金:750円

東京メトロ「東京メトロ一日乗車券」
概要:東京メトロ線全線が1日乗り降り自由
料金:600円

東京交通局「都営まるごときっぷ(1日乗車券)」
概要:都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーが1日乗り降り自由
料金:700円

※他の鉄道会社も1日乗車券を販売していますが、都内の主要スポットへの移動を網羅している鉄道会社は少ないです。

 

②宿泊

東京近辺の知人宅・友人宅に宿泊させてもらう人も多いようですが、「お金は使っても気は遣いたくない」という人なら、ビジネスホテル・カプセルホテルの利用が一般的です。

最近話題のairbnbなら、ホテルよりずっとお安く且つ東京の雰囲気を楽しみながら泊まることができます。

長期戦でじっくり探したいならウィークリーマンションやシェアハウスなども視野に入れて。

ネットカフェは値段も安く手軽ですが、不特定の人と近い距離で過ごすので防犯面・安全面にも注意して選ぶようにしましょう。

英語が得意だったり異文化交流に興味があるならゲストハウスの利用も良いかもしれません。

値段も安いし英語のブラッシュアップにもぴったりですが、火災報知機や非常口などの確認をお忘れなく。

 

③食事

落ち着くまでは外食が続きがちです。

意識的に野菜の多いメニューを多くとるようにしたり、サプリメントを利用したりして健康管理に留意しましょう。

カット野菜やコンビニのサラダなども上手に利用してください。

少し割高にはなりますが、都内には健康志向の食事やお弁当やお惣菜、食品を扱うスーパーや飲食店も多いので利用するのも良いでしょう。

健康な体があってこその転職活動です。

 

上京転職成功のコツ

①友達で東京で転職した人に相談

実際に経験した人の話は、たとえ職種が違っても参考になることも多いです。

直接の友達ではなくてもSNSなどで繋がった人から思わぬ情報が得られることもあります。

「自分情報の発信がちょっと恥ずかしい・・・。」と思わずに、近況報告のつもりで信頼できる知人に相談してみましょう。

ただし、あくまでその人の体験が元になった話になりますので、内容が偏っていたりあなたの状況には合わない可能性も高いです。

友達に加え、多くの上京転職をサポートしてきた転職エージェントにも併せて相談しておきましょう。

 

②転職エージェントに相談

上京して転職する人の多くが利用している転職エージェント。

地方に居ながらにして東京の情報がゲットできるのが最大のメリットです。

利用手数料もかからず、担当スタッフがあなたの希望を細かくヒアリングして客観的にあなたの可能性を引き出してくれます。

特にマイナビエージェントリクルートエージェントアデコなどは、大手企業からの求人も多く上京転職サポートの実績も豊富です。

 

東京就職 オススメ転職エージェント

土地勘の無い東京での就職活動はタダでさえ不安なもの。

東京での仕事探しに精通している転職のプロを頼らない手はありません。

東京での転職に強い転職エージェントを3社厳選しました。

転職エージェントの担当コンサルタントが必ずしも優秀で協力的とは限らないので、両方登録しておくのがおススメです。

【参考】
転職に成功した人の7割が2社以上に登録(※)しています。(平均2.19社
※2016年 クラウドワークスリサーチ調べ

 

若者の支持率が高い「マイナビエージェント」

上京転職におすすめの転職エージェントはマイナビエージェント東京での転職で強みを持っているのがマイナビエージェントです。

東京を中心とした首都圏の求人に特化しており、さらに20代~30代という東京転職希望者に多い年代の求人が集中しているため、「関東の転職と言えばマイナビ」と言われるほど。

あえて首都圏に集中することで、首都圏での強みが増すとともに、企業の採用担当者とも太いパイプを築き上げています。

東京の他、神奈川、埼玉、千葉と言った近隣県の求人も網羅しています。

首都圏では都県を跨いだ通勤は当たり前であり、東京から神奈川・埼玉・千葉に通勤している人もかなり多いです。

「東京に住みたい」ということが大きな目標ならば、近隣県の求人情報も網羅しているマイナビエージェントは外せません。

また、最大手ではないからこそ、最大手にはできないきめ細かな対応に定評があります。

例としては・・・
 

  • 採用担当との信頼が厚く、職場の生の情報を教えてくれる(※)
  • 応募企業に適した面接対策や書類添削を指導をしてくれ、内定率UP
  • 入社後も手厚くフォローしてくれる(慣れない土地での就職も安心ですね)

などです。
※平均残業時間、育児休業の取得状況、採用のポイントetc・・・

東京で就職活動するならば、必ず登録しておきたい転職エージェントです。

また、どうしても面談で東京に行けない場合は電話面談も可能となっていますので、まずは相談してみることです。

【拠点一覧】
東京、大阪、名古屋、静岡

■ マイナビエージェントに相談してみる

 

あらゆる地域、業界、職種をカバーする「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは上京転職・東京就職に強いエージェント転職実績NO1といえばリクルートエージェントですが、東京への転職においてもおススメ度ナンバー1の転職エージェントです。

リクルートエージェントは北海道から九州まで全国に拠点を持っているので、地方在住であっても近くに拠点がある場合が多く、地元の支社で気軽に相談することが出来ます。

Iターン、Uターン転職といった地域をまたぐ転職支援実績も多く、上京のケースもたくさんあります。

求人の紹介だけでなく、東京で就職することに関しての不安や注意点なども十分にアドバイスしてもらうことが出来ます。

また、大手企業・優良企業の非公開求人が多く集まるのも同社の特徴。

9万件の非公開求人には東京をはじめとした首都圏の求人が大量にあります。

地方からの転職でも遠慮する必要はなく、あなたにマッチした企業を紹介して貰うことが出来ます。

■ リクルートエージェントに相談してみる

しかし何と言っても一番の魅力は、上京しなくても地元で転職の相談が出来ることですね。

 
【拠点一覧】
北海道  : 北海道支社(札幌市)
東北   : 東北支社(仙台市)
関東   : 本社、宇都宮支社、さいたま支社、千葉支社、西東京支社、横浜支社
中部・東海: 静岡支社、名古屋支社
関西・近畿: 京都支社、大阪支社、神戸支社
中国・四国: 中四国支社(岡山オフィス、広島オフィス)
九州・沖縄: 福岡支社

■ リクルートエージェントまとめ →

 

まとめ

転職エージェントにお任せ!上京して転職するのは人生の一大決心ですよね。

そんな重要な転職活動をサポートしてくれるのが転職エージェント。

東京での就職を希望する人はたくさんいるので、転職エージェントには成功のノウハウがたっぷりたまっています。

無料なので使わない手はないですね!

■ 東京転職エージェント活用法はこちら→

 

東京転職エージェント一覧

運営会社 サービス詳細 まとめページ
マイナビエージェント
関東の転職と言えばマイナビ
首都圏・関西圏に特化しており、優良企業の求人が豊富。面談で上京できない場合は、電話面談も可能。リクルートとあわせて、東京転職には欠かせない転職エージェントです!
リクルートエージェント
東京転職におすすめ №1エージェント
全国に拠点がある最大手エージェントなので、地方在住でも地元で転職相談できるのが何よりの強み!もちろん東京の求人数も他社に比べて圧倒的に多いので、必ず登録しておきたい転職エージェントです。
アデコ
全国対応可なので、上京転職に◎
アデコは日本全国に160拠点を持っているので、どこに住んでいても相談出来る強みがあります。求人数も豊富で、キャリアコンサルタントもかなり親身にサポートしてくれるので、登録しておいて損はありません。
ハタラクティブ
20代向けの首都圏就職支援
20代の既卒・フリーターならハタラクティブ。20代なら社会人経験がなくてもOK! 登録後に担当者から連絡がありますので、東京で就職したい事を伝えましょう。首都圏中心の求人を扱っており面談場所は渋谷です。
JAC Recruitment
レベルアップを考えた上京ならJAC
本社が集まる都内には、国内外の企業が集まりますが、JACでは大手や外資系企業をはじめとした東京の企業と太いパイプを持ちます。高年収・好条件を取り揃え、管理部門の経理・人事・総務、金融・メーカー・IT系など幅広い職種に対応しています。

東京転職エージェント 鉄板ガイド

東京転職 鉄板ガイド
東京で正社員を目指す際に押さえておきたい3つのポイント
東京で転職したら、いくらお金かかるの?
東京の転職にハローワークの活用はアリ?

東京転職エージェント

このページの先頭へ